幼稚園の水筒・サイズはどう決める?年少時期の重さ対策法も紹介!

幼稚園 水筒 サイズ







  • 幼稚園の年少の水筒のサイズはどのくらい?
  • 子供が重く感じない工夫は?
  • サイズ以外の水筒選びのポイントは?
  • 水筒の柄は?飲み口は?

初めての子供が始めての幼稚園に行き始めたとき、多くのママが悩むのが「水筒のサイズ」ではないでしょうか?

 

たいていの幼稚園は「その子供が飲みきれる適切な水筒サイズ」といいますが、夏と冬の水分補給量も全然違うし、子供の体格によっても水筒サイズは大きく変わります。

 

そこで今回は、幼稚園・年少期の、水筒サイズの選び方を詳しく解説して行こうと思います。

 

お子様の水筒サイズに迷っている方は、以下を参考にして、年少我が子の水筒サイズを決定しましょう!

Contents

水筒サイズを間違えると…

年少に800mlは大きすぎ?

長男が年少に入ったとき…、先輩ママのアドバイスで買った800mlの水筒が「大きすぎで買い替えるよう、先生から言われました。

 

その後買った400mlはジャストサイズ!と思ってたのに、夏になって飲む量が増えて「もっと大きい水筒を」と先生に再びいわれることに。

 

仕方がないので400mlと800mlの間を取って、600mlの水筒を買ったら、これまた「少なすぎると(;Д;)

 

「じゃあやっぱり800mlじゃん!」と思って持たせたら、一瞬「ちょうどいい」期間をはさんで夏休み。

 

夏休み明けたら再び「大きすぎて、飲みきれないようです。あまると荷物が重くなるので…」って先生に言われましたwww

 

800mlは重すぎ?


普通ここまで言ってくる先生はいない!と思われるでしょう。仕方がないんですよ。

 

長男は当時クラスで一番のちびっ子で、800mlの水筒に中身を入れて持たせたら、水筒が重くてふらふらしちゃってたんで、先生も心配してくれていたんです。

 

だから秋→冬は600mlを持たせよう!と思ったら…

 

水筒の柄も重要

数週間後、長男が「小さいの(400mlの水筒)の絵の方が好き!」って、水筒表面にポケモンの絵が描かれた水筒を持って行きたがりました。

 

600mlは確か、新幹線とかそんな柄だったかな~。もう、どうすりゃいいんじゃ!と思ったけど、長男の意思を尊重。400mlを持たせていました。

 

するとやっぱり先生から「水筒の量が少なすぎるようで、お友達のお茶をもらおうとしていました」って(TдT) ウゥ…

 

まだ幼稚園に行き始めて半年目くらいだったのに、仕方がないから説得して600mlを持たせたら、ことあるごとに「あっち(400mlの水筒)がいいのにな~」って言われましたよw

 

で、冬休みが終わる頃に、冬ボーナスも入ったしと、600mlの長男の好みの柄の水筒をイオンに一緒に買いに行きました。

 

年中になると飲む量もアップ

やった!コレで水筒問題解決!!と思ったら…2~3月くらいに先生から「水筒のサイズが小さすぎるみたいで…お友達のをもらおうとしてました」ってwwww

幼稚園 水筒 おすすめ

 

まてよ、コレってもしや、答えなしどの水筒サイズが正解なのかって、そういう問題じゃないの?

 

というか、水筒の中身なくなったら水道水のめばいいのに、なんでいちいち友達のをもらう、我が子よww

 

もう、あきらめました、水筒サイズについて悩むことを。

 

400mlと600mlと800mlサイズがそろってれば、時期によって持たせ替えれば対処できるはず!

 

そう開き直ったんです。

 

「柄がこっちのほうがいい~」とか言われても、今度から聞き入れず、サイズでジャッジ。

 

新たに買いに行く水筒の柄は、長男と一緒に選ぶってことで解決!

 

…実はこの後も、成長したり夏になったり冬になったり妖怪ウォッチが流行りだしたり壊したり色々あって、結局長男の幼稚園時代に、合計何個水筒買ったかしら…。

 

当時の水筒の墓場にあったものは、もれなく次男が使いつぶしてくれて、結局役にはたちましたが笑。

 

長年我が家を悩ませてきた、この「水筒迷走事件」が次世代のお母さんたちのお役に立てばと思い、幼稚園年少さんの水筒サイズの選び方について、以下に詳しく解説していくのでごらんくださいね。

 

幼稚園、年少期の水筒のサイズは?


 

年少の入園時の水筒のサイズは、400ml、600ml、800mlのどれかです!

 

1000mlは、体の大きい子でも飲みきらない可能性がある上に、何より重たいので、入園時期にはおすすめできません。

 

幼稚園に入園するときの体格にもよりますが、90~100cm以上の身長のお子さんは、600mlか800mlでも持って通えると思いますよ!

 

年少の800mlは、夏だけでいいかもしれません。

 

外遊びの多い子は動き回って汗をかくので800mlでも飲みきっていますが、室内遊びが好きな子は、夏でも400ml~600mlでOKかもしれませんね。

 

長男は80cmくらいだったので、後で思えば400mlか600mlを最初に買い与えておけば、段階的にサイズアップしてバランスよく進めたような気がします。

 

今この記事を書いていて気がついたのですが、470mlなんていうジャストサイズの水筒も多数販売されているので、小柄で力が弱い子は、470mlの水筒でもよさそうですね。

年少時期は多くの子供が80cm~100cmの身長だと思うので、600mlを買っておけば、サイズとしては問題ないのではないでしょうか。

 

ただ、夏になると水分摂取量が急に増えるため、600ml→800mlに変える子もたくさんいました。

 

「それならば最初から800mlを買っておけばいいのでは?」と思いますよね。

 

そうなんです、私は先輩ママからそうアドバイスいただき、最初に800mlを買ってしまったんです。

 

背が高いとか、力持ちのお子さんであれば、最初から600mlでなく、800mlでも大丈夫ではないでしょうか。

 

「800mlは重過ぎるんじゃ?」と思うのですが、中身のお茶を半分~6割くらいにするだけでもずいぶん軽くなりますよ。

 

600mlか800mlかを判断できる簡単な方法を以下にご紹介いたします!

 

店で買うときは必ず試着!


 

水筒は、ネット購入が断然お得でおすすめです。

 

ネット水筒ショップの方がデザインの選び幅も多い上に、価格もとってもリーズナブル。

 

いざ、店に買いにいくとなると、近所のホームセンターでは2~3タイプの柄しかなかったり、大人用ばかりだったりして、意外と「水筒売り場」って近隣にないんですよ。イオンなどの大型モールに行けばあるでしょうが…。

 

しかし幼稚園に初めて入園。どの水筒を買おうか迷っているときは、お店に行くことをおすすめします。

 

まずは試着してからの購入が、その子の持ち物耐性をはかる指標になるからです。

 

800mlか600mlか、サイズや重さをお店でチェックしましょう。店に行かなくても、家にある水筒でもOKですよ!

 

水筒の重さは、中にお茶が入ることで激重くなるため、それを見越して中に水分をいれた水筒を試着してもらい、重いかどうかをお子さんに聞いてみるといいですよ。

 

水筒本体の重量が約300ml~400mlで、そこに600mlくらいのお茶が入ると、あわせて1kgくらいの水筒を首にかけて登園することになりますよね。

 

「重い~~」ということ必至なのですが、水筒を持ち運ぶのは登園と降園のときだけ。

 

ほんのちょっとだけ子供が重そうにしていても、ママ判断で「この子なら…持ち運べる!」と潜在能力指数がOKならば、大丈夫だと思います。

 

万が一間違えたサイズを買ってしまっても、夏と冬の水分摂取量の違いなどで、結局使い分けに役立つことになるから心配要りませんよ!

幼稚園・水筒のサイズの選び方まとめ
  • 身長80cmくらいの子は400~600ml、身長100cm前後の子は600ml~800mlがおすすめ
  • 家や近くのショップにある、水筒で「重さに耐えられるか」を試着で判断する!
  • 冬と夏の水分摂取量により、結局2サイズを同時活用する可能性も、あらかじめ覚悟しておく

 

幼稚園・水筒の柄の選び方

ネットショップでの購入がおすすめ!

さて、水筒のサイズ、重さが600mlか800mlか1000mlか決まったら、次に柄選びをしていきましょう。

 

水筒のサイズと重ささえ決まれば、柄はネットショップで子供と写真を見ながら決めていくことをおすすめします。

 

ネットの水筒ショップの方が、選び幅が多くて安価だからです。

 

子供の希望+ママの先読みが重要

 

子供は気ままに「○○の柄がいい!」なんていって、その通りの水筒を買ったら翌月には「友達と同じキャラクターの水筒がいい!」なんて言い出します。orz

 

買うときにとりあえず意見を聞きつつも、結局は「自分で選んで買ったものだから、大切に使うんだよ。」と説得していくことになるでしょう。

 

ともかく、柄選びは慎重を期したとしても、子供は急に意見を変えてきたりするので、子供の意見は50%くらいに考えましょう。

 

残りの50%はというと…ママが見て、子どもが飽きなさそうで、2~3年はしっかり使い続けられそうな柄を選ぶと、結果OKな場合が多いですよ。

 

男の子&女の子のおすすめ柄

上記の説明に該当する幼稚園水筒のおすすめ柄は、以下の通り。

幼稚園水筒のおすすめ柄・男の子&女の子
  • ドラゴンボール(男の子)
  • ディズニー関連(男の子&女の子)
  • プラレール(男の子)
  • ドット(女の子)
  • ストライプ(男の子&女の子)
  • マリオ(男の子)
  • ミニオンズ(男の子&女の子)
  • キティ(女の子)
  • ミッフィ(女の子)
  • ドラえもん(男の子)
  • 妖怪ウォッチ(男の子)
  • ポケモン(男の子)
  • 無地
  • ノーブランド柄

女の子の鉄板柄はディズニーアニメです!

 

ディズニー柄であれば、年少から年長までずっとファンであり続けられるからです!

 

年中の途中で「この柄、子供っぽすぎるよ!」なんて子供に言われずに(子供だろーがw)すみます。

 

男の子向けのドラえもん、ドラゴンボール、妖怪ウォッチ、ポケモンも同様です。

 

今(2018年現在)入園したとしても、3年後にもおそらくテレビ放映され続けている人気アニメであれば、途中で水筒の柄交換を、我が子から言い渡されることもないでしょう。

 

幼稚園水筒のNG柄!

 

NG柄・・・というか、子供が1年後とかに「やっぱりこの柄、嫌だ」ってことになりうる可能性のある柄をお伝えいたします。

 

個人的におすすめできない水筒の柄は「仮面ライダー」と「プリキュア」。

 

この2つは1年間でシリーズやキャラが変わるので、毎年買い替えを希望される危険があるからです。

 

仮面ライダーもプリキュアも、毎年爆発的な人気を誇って、幼稚園の水筒柄としても人気なんですけどね。

 

年少の頃はよくても、年中の頃は別の仮面ライダーに置き換わっています。そこをどう乗り切るか…お母さんの説得力が試されますね。

 

また、「アンパンマン」や「お母さんといっしょ」の柄もおすすめできません。

 

年少の頃は赤ちゃんが抜け切らなくてかわいかったわが子たちも、年長になるとアンパンマンを見て、「おい、この柄…子供じゃねーんだぞ?」と文句を言ってきます。(子供だろーがw)

 

「オレを子ども扱いすんなよ?!」とか言われます。言いながら、おひざ抱っことかしてるんですけどね笑。

 

かわいさの中にも「男らしさ」を出してくる幼稚園の年長期には、「いないいないばぁのワンワン」の柄とか、赤ちゃん扱いされているようで嫌がられちゃうんですよ。

 

柄に文句を言われたときの丸秘テクニック!

入園のころは自分で望んだ水筒の柄だったくせに、翌年に「この柄いやだ!」ってなる子もけっこういますよね。

 

そうなったときに、水筒買い替え以外の有益な方法があるのをご存知ですか?!!

 

それは水筒カバーを買い換えることです!もしくは、水筒カバーを手作りすること!

 

水筒そのものは燃えないゴミだし保冷仕様だと、たかが柄くらいの理由で使わなくなるのは惜しいんですよね。

 

できることなら幼稚園いっぱい使い続けて欲しい。そう願うママも多いはずです。

 

そんなママは是非、お子さんの好きな柄のキルティング布を買ってきて、水筒カバーを手作りしてみてください。

 

生地購入は種類が豊富でリーズナブルな「ユザワヤ」がおすすめです!

 

幼稚園水筒の「飲み口」の選び方

さて、幼稚園の水筒のサイズと柄の選び方をお伝えしてきましたが、もう一つ、水筒選びの大事なポイントをお伝えしますね。

 

それは水筒の飲み口です。飲み口には以下のようなタイプがあります。

水筒の飲み口タイプ
  • ストロータイプ
  • ワンタッチの直飲みタイプ
  • コップタイプ

お子様の好みにもよりますが、幼稚園の年少のころは「ストロータイプ」が一押しです。

 

ワンタッチタイプだと、飲むときの水筒の傾き加減の調整ができずに、顔にお茶を浴びる子も多数。

 

コップタイプは、飲みきれない量をコップに出してしまう子が多数。コップからお茶をあふれさす子もいます。

 

もちろん、ワンタッチタイプでもコップタイプでも、お子さん自身が「これがいい!」と希望して、なおかつママ判断で「できそうだな」と思えるならOK

 

こぼさず適量飲めるストローが、幼稚園年少の水筒として、一番無難でよく選ばれていると思います。

 

直飲みタイプとコップタイプの両方の「2wayタイプ」という水筒もあり、そちらも人気です。

 

でも2wayタイプの多くは「コップタイプ要素8割」で、直飲みに適してなかったりするのでご注意ください。

 

2wayタイプの飲み口の水筒で直飲みしようとすると、お茶を顔に浴びる率が高まるんですよ、なぜか。

 

口先のちょっとした違いなんでしょうかね。2wayタイプの水筒の購入をご検討の型は、同じ型の水筒を持ってるママにちょっと借りて、実際に飲み方を試してみるといいですよ。

 

幼稚園の水筒・おすすめ商品(男の子)

では上記の内容を総括して、具体的におすすめの水筒を紹介していきたいと思います!

 

長男と次男と周囲のママや子供たちの情報を元に、人気のものや好評の水筒を集めてみたので、幼稚園入園時に是非、お役立てください!

 

アニマル柄のストロータイプ(380ml)

あまりのトラのかわいさに、上に延々と書いてきた「幼稚園のおすすめ水筒選び」を全て無視したこのチョイスw

 

こちらは380mlなので、春先や冬の年少さんの、小柄な子にちょうどいいのではないでしょうか?

 

オーダーのときにお願いすれば名入り可能なので、知り合いのお子さんの入園祝いにもぴったりですね!

 

おすすめはトラと白熊です!ペンギンとワニは、キスを迫っているような口元で、お子さんちょっとキモがるかもしれません…笑

 

ミッキー柄のストロータイプ(400ml)

無難中の無難。400mlで年少の入園時にぴったりのサイズ!

 

年中にも年長にも文句を言われにくいディズニー柄!…でも400mlなので、年中になったら「足りない」って言われるかもしれませんね。

 

足りなくなってサイズの大きなものに買い換えたとしても、ちょっと公園行くときとかに活躍してくれるので、大丈夫ですよ!

 

トーマスのストロータイプ(450ml)

これ、次男が年少のときに使っていました。この水筒、他の水筒に比べると格段に安いんですよ(1,680円)。

 

ステンレスじゃなく、プラスチックだからかな。でも2層構造で、そこそこの保冷効果もありました。プラスチックだったから軽かったし、重いの苦手な子にはおすすめです!

 

次男はクラス一からだのデカい子供だったので、年少のときに450mlではすぐに「ママ、お茶が足りない」ってなりましたww

 

長男の経験役立たなかった…(´Д`|||)

 

仕方がないから買い替えたけど、たまに公園行くときとかに役立ちましたよ!

 

しかし、数ヶ月で次男が、この水筒のストロー噛み千切った…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 苦い思い出のある水筒です。

 

ポケモンのストロータイプ(400ml)

こちらも重宝したストロータイプの水筒です。安いし軽いしベルトの着脱簡単なので洗い安いしで、2回くらい買い換えました。

 

…そう、プラスチックって、ステンレスに比べると格段に壊れやすいんです。劣化しやすいので、安いからと買うと、2回買う羽目になりかねないのでご注意くださいね。

 

2回買い替えだったとしても、年少の冬など、水分摂取量が減ったときのために、このサイズの水筒が一個あると重宝するんですよね。

 

長男のお下がりを使ったら、次男、やっぱりストローを噛み切っていたwww歯が丈夫系男子でした…orz

 

ミッキー直飲みタイプ(500ml)

500mlって珍しいですよね。水筒って400mlとか、今は470mlとか600mlが主流で、500mlって意外とレアだと思います。

 

400mlじゃ「少なすぎ」で、600mlじゃ「重い!」ってなる子には、ちょうどいいのではないでしょうか。

 

500mlくらいならば、年中の冬とかも余裕で使えますよ!

 

コロボックルの2wayタイプ(600ml)

こちらは600mlと、ちょっと大きめです。が、年少であっても暑い時期は600mlくらい余裕で飲んじゃいますけどね。

 

小柄だった長男も、小柄だからと言って水分量が少ないわけじゃなかった。がぼがぼ飲んで、しょっちゅう先生に「足りなかったみたいです^^;」って言われました。

 

夏に増える。やがて増えるということを見越して、年少の入園時から600mlサイズの水筒を持たせることは有益です。

 

この柄はめずらしいせいか、かぶる子があまりいないところもメリットの一つ!

 

動物柄の2wayタイプ(600ml)

こちらも直飲みとコップが併用できる2wayタイプの水筒です。

 

一見プラスチックに見えるけど、立派なステンレスで、保冷効果も抜群です!

 

雑貨屋っぽい素朴なオシャレ感がただよい、男の子も女の子も受け入れてくれそうなユニセックスな柄もgoodですね。

 

ディズニーの2wayタイプ(600ml)

ディズニーの中でも男の子に人気の高いのは、カーズとトイストーリーです。

 

我が子はトイストーリーを知らぬ間に卒園したので(未だに知らないかもw)興味を示さなかったけど、お友達の男の子のトイストーリー率は高かった気がします。

 

このくっきりとした色合いが目立ってかわいいな~と思っていました。

 

ルパンレンジャーの直飲み600ml

 

上のほうで戦隊物や仮面ライダーのような、1年でシリーズやキャラが入れ替わるのはやめとけ…って言っておきながら、我が家は子供の強い希望で戦隊ものの水筒も買っていました笑。

 

「俺はどうしてもコレがいいんだ!」と舌足らずで説得してくる子供がかわいくて…、かわいさ負けで買っちゃってました。

 

でも翌年のヒーローが出てくると、とたんに流行が廃れた戦隊物の柄を持ち歩くことになっちゃっいますね。

 

我が子たちは水筒をふりまわしたり汚したりひきづったり…。

 

おまけに水筒って毎日洗うから柄がいい感じで薄く(劣化)なって「コレ、何の絵?」状態になっていたから2年目からも問題なく使えましたよ笑。

 

型番落ちが気になる方は、翌年は上にすすめた様に、翌年のヒーロー者のキルティング生地で、水筒カバーを作ってあげましょう!

 

キャラクター各種の2wayタイプ(600ml)

 

男の子も女の子も選び幅がある、2wayタイプの飲み口の水筒も人気です!コレは幼稚園でよく見かけたな。

 

トミカやプラレール好きな男の子にはぴったりですね。でも同じの使っている子もいる可能性が高いので、しっかり名前を書いて取り違えないようにしましょう!

 

サーモスのコップタイプ(800ml)

800mlって一つの大きな壁です。そう、幼稚園時代にかならず超える壁(言いすぎ?笑)。

 

年少のときにやっとのことで800mlの水筒を持っていた長男も、年長の時には楽々引っさげていました。

 

女の子は年長の最後まで470mlの水筒で行っちゃう子もいるくらいだから、水分摂取量は個人差が大きいなって感じます。

 

幼稚園の年中くらいになると、園でそのままもよおされる、放課後のサッカークラブや体操クラブなどのスポーツを始める子も増えますよね。

 

するとと単に水分摂取量がふえて、「クラブのある日は800ml~1000ml」「クラブのない日は470ml」など使い分ける家庭も出てきます。

 

そんなのを見越して、幼稚園入園時から800mlを小さい我が子に持たせてしまって、水筒買い替え地獄に突入しちゃった自分ですがw

 

みなさまは私の失敗を踏み台にして、水筒コスパを押さえてくださいね!

 

ドラゴンボールの直飲み(800ml)

 

これ、次男が年少の終わりごろから愛用していた水筒です。

 

800mlという容量も、ドラゴンボールという男子に人気キャラの柄もよかったのだけど…難点が一つ。

 

外側のカバーがめっちゃやぶれやすかったです。

 

底面 が糸がほどけて取れそうになって縫い直し…ってやってました。新たなカバー作るほどでもない軽いほつれなのに、しょっちゅう縫い直してましたw

 

お買い上げのお母さんは、「気付けば底面がない!」ってならないよう、気をつけておくことをおすすめします。

 

タイガーの直飲みタイプ(800ml)

 

年中くらいからは直飲みがおすすめです。男子は特に。

 

蓋にチョコチョコ注いで飲む…っていうワンアクションの手間を省きたがる、嵐のような男の子が多いからです。

 

「嵐のような」って、つまり、ワーッと走ってきてガーっと飲んでポイっと水筒投げ置いて、ダーっと再びどっかいっちゃう系男子ってことね。

 

座って蓋に入れてお茶を飲む…って平和アクションがそぐわない男子には、直飲みがただ一つの選択肢。

 

こういう男子はストローも噛み千切るから、ストローは早い段階で卒業します。

 

あと、スポーツを習い始めると急に「ボク→オレ」になったり、「アンパンマン?だせーよ」とかいい始めてワイルド性質がスタートするので、そうなったらもう、柄も要らないんじゃないかと思えました。

 

上のようなスポーツ系の柄であれば、小学校上がってからも継続して使えるので、年長期の水筒買い替えのときは「スポーツ柄+800ml・1000ml」がおすすめです。

 

幼稚園の水筒・おすすめ商品(女の子)

我が家は女の子いないので、あまり詳しくはないけど、男の子の水筒選びの容量でかわいいデザインのものを選んでみました!

ディズニープリンセスのストロータイプ(355ml)

今回ご紹介する中で、一番小さいかもしれません。

 

男の子に比べると小柄な子が多い女の子ならではのサイズかもしれませんね。こういう可愛らしさ、男の子では味わえないので選んでいて楽しそうだなって思いました!

 

ミニーのストロータイプ(400ml)

 

女の子の商品って、とたんにピンクになってかわいいですね。

 

男の子ってちょっとワイルドにあこがれる年齢(年長)になると、平気でオッサン柄選んできたりしますからねw。

 

ミニーやプリンセスなど、女子はピンクのディズニー系が人気があるようです。

 

直飲み(600ml)

ほら!ノーブランドでも女子のものはなんかかわいいです!

 

ちなみに水筒の飲み口が「洗いやすい!」って銘打っている水筒メーカー多いのだけど、はっきり行って全ての飲み口は一律で洗いにくいから、判断ポイントにはなりません。

 

ストロータイプのストロー内部は極度に洗いにくいから、定期的な漂白は必須になります。

 

その辺を踏まえて、最初からお茶を顔に浴びる覚悟で直飲みを持たせるお母さんもけっこういますよ。

 

女の子ならば直飲みしてもこぼさない可能性高そう(想像)。

 

ディズニープリンセスの2wayタイプ(600ml)

 

コレ多かったな~。ディズニープリンセス。

 

私自身もオッサンみたいな子供だったので、女なのに未だにこのかわいさに1mも心動かないけど、普通の女の子たちにはたまらない柄なのだと思います。

 

幼稚園女子に女度負けてるわたしですよ、はいw

 

タイガー直飲み(800ml)

 

同じタイガーでも、女の子のってドット柄とかでかわいいですよね。

 

でも激しい系女子は、やっぱり男子顔負けで、水筒カバーとかビリビリだった気がします笑

 

中の水筒が守られればカバーは作り換えでOKですね!

 

幼稚園・水筒のサイズが「重すぎ」対策

どんなに水筒選びに時間をかけて、サイズや柄を熟考しても、中に600~800mlのお茶を入れると100%「重い~!」って言われます。

 

で、幼稚園入口付近まで「ママが水筒もって~」ってなって、幼稚園の先生に目撃される直前に自分で持ち始め、「家からもってきましたけど、なにか?」って顔をします。

 

可愛らしい幼稚園の先生にニコニコしながら「○○君、水筒は自分で持つとかっこいいよ!」とかいわれて、バレバレなんですけどね笑。さすが先生。

 

そんな水筒の重さ対策、実は簡単にできるんです!

幼稚園の水筒が重いときの対策方法
  • 飲む量が少ない日は、中のお茶を少なくする
    :そのまんまです。お茶を減らせば水筒も格段に軽くなるので、うっかり早々とでかい水筒を買っちゃって、毎日持たされてるママは、中身を軽くして見ましょう!

 

  • ベルトカバーを自作する
    :水筒って首を通して肩にかけるのが一般的ですよね。このベルトが、重いと首に食い込んでいたそうなんです!そうならないために、ベルトカバーを厚めのキルティングなどで作ってあげるといいですよ!
いかがでしょうか?できそうでしょ?

 

特にベルトカバーはおすすめです。肩にかかる部分が広い面積に分散されるせいか、重い水筒も重く感じなくなるみたいで、子供にも好評でした!

 

赤ちゃんの抱っこ紐ベルトも、そういえば年々進化しているでしょう?アレと同じです!

麦茶の簡単な作り方

またまた「最後になりますが…」夏の子供の麦茶消費量、半端ないですよね?

 

我が家は基本、湯銭で作って冷ましてから冷蔵庫に入れてますが、夏は冷蔵庫に入っている…と思い込んでいたのが、朝になってなくなってたりします。

 

そして朝に慌てます。水筒に入れるお茶がない!!!!ってTT

 

そのため、夏は基本的に2リットルペットの六条麦茶とかを買い置きしてあります。で、ないときはそれを水筒に入れるんですが、「今日のお茶、いつもより美味しかった!」とか我が子に言われると、ちょっぴり複雑な気持ちになりますよね。

 

ママのいつもの一手間は?って笑。かといって、常にペットボトルのお茶ってのもアレなので、結局作り続けるのですが。

 

長男が幼稚園時代は家にあったウォーターサーバーの水で、水出しや、水をそのまま水筒に入れてもたせていました。

 

最近のウォーターサーバーの水って、天然水で軟水のものは口ざわりがものすごく滑らかで、小さい子でも「美味しい!」ってごくごく飲んでくれるんですよ。

 

赤ちゃんミルク時代から幼稚園時代まで、間違いなく活躍するウォーターサーバーのお得な購入は「富士山のバナジウム天然水 CLYTIA」よりどうぞ!

 

入会金とか要らず、レンタルサーバー代だけの負担なので、はじめやすく終わりやすいからおすすめです!Ro水よりも天然水が一押しですが、その理由とかはまた別の機会に!

 

まとめ

こうして改めて幼稚園の水筒のサイズについて検証してみると、3年間の幼稚園生活の中で、最低2つは買い換えることになりそうです。

 

我が家みたいに途中でケチって劣化の早いプラスチックを買ったりすると、すぐに壊れて再び買いなおし…ってことも。

 

そこで幼稚園の水筒の選び方を、以下に総まとめしてみました!

幼稚園水筒のサイズについて
  • 年少の入園時は470mlがベストに思える
  • 身長やチカラによって400ml~600mlを買い分ける
  • 買う前に、水分を入れた状態の水筒の試着ができたら、なるべくする!
  • が、結局夏やスポーツ系習い事を始めると、800mlや1000mlを買い足すことになる
  • プラスチックは劣化が早いので、ステンレス製がおすすめ!
  • 柄は子供と飽きのこなそうなものを選ぶ
  • それでも柄に飽きてしまったら、水筒カバーで乗り切る!

たかが水筒選び。されど水筒選びです。

 

幼稚園で我が子ののどを潤すだけでなく、見るたびにテンション上がるようなお気に入りの一つを、母としては見つけてあげたくなっちゃいますよね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

幼稚園のお子さんがいる方は、こちらの記事もよく読まれます。

そろばん、いつから?幼児から?」

子供が喜ぶホテルはキャラクター部屋!」

子供の遊び場・室内で無料!東京編!」

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です