保育園の見学に「質問リスト」を作成!保育園見学前にチェック【保育士監修】

保育園 見学 質問 リスト







育休を終え、仕事復帰を目指すママさんの一番の壁といえば「保育園探し」ではないでしょうか?

 

職場の近く、自宅の近くの保育園に通わせたいというのが本音ですが、実際に保育園に入所できない子どもは多く、希望通りに行かないのが現実です。

 

じゃあ空きがあればどの保育園でも良いのか?と言われるとそれは違います。

 

保育園にはそれぞれ特色があり、一言で「保育園」と言っても保育内容も違えば、保育方針も異なります。

 

預け先によって我が子が楽しく園生活を送れるか送れないかが決まる、

と言っても過言ではありません。

 

そこで保育園選びを失敗しないために「保育園見学」をするのが一般的。

 

保育園見学を行う時に何をチェックしたら良いのか、又、「これは必ず聞いておきたい」という質問の内容を「質問リスト」形式で紹介します。

 

保育園見学に行く際には必ずチェックしてくださいね。

保育園見学を行うことで得られるメリットは?

保育園見学のメリットは?
  • 保育園の雰囲気を生で感じられること。
  • 保育士に会うことができる。

保育園の入所申し込みは役所で行うので、保育園の見学は別に行かなくても良いのでは?と忙しいパパママは考えるかもしれませんね。

 

保育園の見学にいくことで得られるメリットは、「その保育園の雰囲気を生で感じられる」ということです。

 

パンフレットや役所から得られる保育園の情報は正直「外面」と言えます。

 

実際に保育園で保育の様子を見たり、子ども達の表情、保育を行う保育士の表情を見るだけで、

「ここに預けたい」「ここには預けたくない」という二択にまで絞ることができます。

 

見学先の保育園が良い保育園なのか、あまり良くない保育園なのかを見極めるポイントを3つ紹介します。

保育園見学の3つのポイント

保育園見学のポイント
  • 保育士の表情、子ども達の表情を見る
  • 保育方針と保育内容が異なっていないか
  • 保育室やトイレなどの環境をチェック

①保育士と、子ども達の表情を見る

保育園には子どもがいて、その子どもを保育する保育士の存在があります。

 

保育士の表情というのはとても大切。

  • 見学に来た来客者に対して挨拶が出来るか?
  • 保育中の保育室に来客者が来たときにも気さくに対応ができているのか?

という点は見ておきましょう。

 

来客者の存在にも気づかないほど、

保育にいっぱいいっぱいになるほど忙しい園では、自然と保育士の笑顔が無くなり、

それは子どもにまで影響します。

 

楽しい雰囲気の保育園というのは、保育士の表情が良く、自然と子どもの表情も良くなる保育園です。

 

それは保育園見学で見極めるべき大切なポイントです!

②保育方針と保育内容が異なっていないか

素人が見て分かる内容ではありませんが、見学の際、一番初めに対応する保育士から保育園のパンフレットを頂き、そこから保育方針の説明や保育内容の説明を受けます。

 

その後、各保育室を見学し、保育の様子を見学するといった手順で行われるのが一般的です。

 

ここで気にして欲しいことは、

その保育園の保育方針・保育内容が「自由=のびのび」とした内容なのか、

「教育=多彩なカリキュラムを取り入れている」のか、

その中間なのかを確認することです。

 

自由な保育、教育重視の保育のどちらも悪くはありませんが、子どもによっては向き不向きというのがあります。

 

そこの見極めと、現場で働く保育士が保育方針に沿って保育を行っているのかを見ましょう。

 

一番良くない保育園の典型的な形は、「上司が決めた事を保育士が実践できていない」です。スタッフの連携が取れていない…園長が統率し切れていない保育園はおすすめできません。

③保育室やトイレなどの環境をチェック

「明日、○○時に園見学者が来ます」と言われれば保育士は前日の内で保育室をきれいにしておきます。

 

しかし、毎日掃除を欠かしてはいけないトイレというのは、汚れなどを隠し切れない場所になります。

 

私が学生の時に先生に言われた言葉は「トイレがきれいな保育園は良い保育園」です。

 

正にその通りで、毎日やらなければならないという場所を、当たり前のようにきれいに出来る保育士と、手を抜いてしまう保育士では、保育園の質としても大きく差が出てきます。

 

保育園見学の際には必ず保育室やトイレもチェックしましょう。

保育園見学で聞いておきたい質問リスト!!

保育園 見学 質問 リスト

保育園見学は、見学を担当する保育士が一方的に話し、最後に「何か質問はありますか?」と聞かれて、約30分程の時間で終了します。

 

突然の「何か質問はありますか?」には大体が「大丈夫です」と答えてしまいますし、保育士側からしても「全て伝えた」という実感があるので、そこで見学終了となってしまいます。

 

しかしせっかく保育園見学にまで来たのに、それでは勿体無い!

 

様々なチェックポイントをおさえることに加え、この質問タイムも有効に活かしましょう。

 

そこで、保育園見学を充実させるための「質問リスト」を伝授します。

保育園見学に持参すべき質問リスト!
  1. 延長保育について
  2. 発熱時のお迎え基準
  3. アレルギー対応の可否
  4. 夏休みや冬休みなどの長期の休園について
  5. 慣らし保育の期間

この5つの質問を細かく解説します。

1.延長保育について

保育園 見学 質問 リスト

働くママにとって、延長保育があるのとないのとではかなり生活環境が異なってきます。

 

大体の保育園が延長保育を取り入れていますが、場所によっては「3歳以上児のみ」などの条件付きな場合があります。

 

仕事の勤務時間に合わせて延長保育は必要になる場合があるので、料金設定や、急な延長保育にも対応しているのかなどは必ず聞いておきましょう。

2.発熱時のお迎え基準

子どもというのは、保育園に入所した途端様々な感染症や病気にかかってしまい、体調を崩します。

 

保育園はこまめに検温をし、熱が高い子や体調が優れない子は、保護者が仕事中であっても「お迎えの要請」のための連絡を入れることがあります。

 

この体制はどの保育園でも同じなのですが、熱が○○度以上になったらお迎え要請の連絡を入れる、という点は異なります。

我が子たちが言ってた幼稚園では、軒並み37.5度でした!

保育園見学の際には必ず「緊急お迎え要請の基準」というのは確認しておきましょう。

3.アレルギー対応の可否

近年アレルギー疾患の子どもの数が激増しており、なんらかのアレルギー疾患を抱えた子どもも保育園には多く在籍しています。

 

「保育所保育士指針」アレルギー疾患児に対する対応のことは記載されているくらいなので、保育士も特に注意して保育に携わっています。

 

特に食事に関してはアレルギー時に対応した「除去食」を提供している保育園もありますが、その子のアレルギーの状況によっては、除去食の提供ができないという場合もあります。

 

そうなってしまうと、毎日我が子だけ「弁当持参」という結果に。

 

そうならないためにも、我が子にアレルギーがあり、除去食が必要であれば受けられるかの確認は必須です。

4.夏休みや冬休みなどの長期の休園について

保育園 見学 質問 リスト

保育園によっては、夏休みは冬休みなどの「長期休園」を設けている場合があります。

 

子どもが入所後「えっ!?こんなに休みがあるの?会社休めないわよ!」とならないためにも、長期の休園の有無や、期間などの確認は事前に行うことをおすすめします。

 

仮に長期の休園期間があったとしても事前に知ることで、早いうちから祖父母へ預けるなどの対応ができるからです。

 

意外と落とし穴になりがちな確認なので、絶対に質問リストには入れておきましょう。

5.慣らし保育の期間

保育園 見学 質問 リスト

初めて出産する女性は意外と知らないかもしれませんが、0歳児の進入園児は子どもが保育園に慣れるまでの間、「午前中のみの保育」となり、これを「慣らし保育」と呼びます。

 

「せっかく預け先を見つけて仕事復帰できたのに、当分は半日しか仕事が出来ない」という声も上がり、実際には自治体によってはこの「慣らし保育」は「義務ではない」という場所もあります。

 

子どもの負担を考えると慣らし保育は必要という面もあると同時に、働く人にとっては半日しか預かってもらえないというのは辛いですね。

 

保育園見学の際には、慣らし保育の有無、期間、どうしても半日で迎えられない場合はどうしたら良いのかなども聞いておくと良いでしょう。

まとめ

保育園探しの際、保育園見学は「メリットが多い」と言えます。

 

しかし、ただ保育園を見に行くだけでは意味がなく、見ておきたいポイントをおさえる必要があります。

そのポイントは…

  1. 保育士の表情、子ども達の表情を見る
  2. 保育方針と保育内容が異なっていないか
  3. 保育室やトイレなどの環境をチェック

一度に全てを見ることは難しいので、この3点に絞って保育園見学をすると良いでしょう。

 

又、見学を担当する保育士の話だけでは伝わらないことや、腑に落ちないことも出てきます。そこで質問しておきたい内容として・・

保育園見学の時の質問内容
  1. 延長保育について
  2. 発熱時のお迎え基準
  3. アレルギー対応の可否
  4. 夏休みや冬休みなどの長期の休園について
  5. 慣らし保育の期間

この項目を質問し、確認しましょう。

一度入所すると最長で5~6年は在籍する保育園です。

 

適当に選ぶのではなく、通う子どもが安心して楽しく過ごせるように、又、働く保護者が子育てと仕事の両立が図れるような保育園を見つけてください。

 

この記事はこの方に監修していただいております。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です