村瀬鞄行 ランドセル 口コミ

村瀬鞄行ランドセルを買う前に、口コミからわかる「失敗した…」の原因を必ずチェックしてくださいね。

 

村瀬鞄行ランドセルは3月に販売開始の

4月売り切れ

という大人気のランドセルブランド。

蓮

あまりの完売の速さに、ランドセルランキングサイトなどでもほとんど見ることもできないほどです。

  • 村瀬鞄行ランドセルを確実に買う方法
  • 一番安く買う方法

 

もしっかりと書いたので、買う前に必ずチェックしてくださいね!

 

以下の記事もご覧ください”]

村瀬鞄行ランドセルとは?

公式サイトはこちら▶▶
色:
価格:
軽さ:
背カン:
革の質:
6年保証:
合計:93/100点

村瀬鞄行ランドセルは1957年からのランドセルの老舗メーカーです。

 

村瀬鞄行ランドセルの革や金具の質や技法は

ランドセルメーカーの中でもトップクラス!

 

村瀬鞄行ランドセルは匠が手縫いでこだわりぬいて作るランドセルとして、根強い人気を誇っています。

 

  • カラーも豊富
  • 背当てカラーも選べる

 

牛革の質から価格は高めだけど、

村瀬鞄行ランドセルは、

名入りや名匠の手による技法が

他に類を見ない完成度。

蓮

老舗なのでおじいちゃんおばあちゃんの世代からの人気が高いんですよね。

人気トップクラスを走るランドセルメーカーです。

村瀬鞄行ランドセルの「失敗」例って?4つのデメリット

村瀬鞄行ランドセルの4つのデメリット”]

  1. 店舗が少ない
  2. 売り切れが早すぎ
  3. コードバンランドセルは重い
  4. 「A4クリア」と書かれているものは注意

店舗が少ない

村瀬鞄行ランドセルは2店舗しかありません。

6年間使い続けるランドセルは、はっきり言って

試着を絶対にした方がいい!

2店舗に出向くのが難しい方は、

お近くで試せる機会を探してみてください。

村瀬鞄行ランドセル名古屋店”]

  • 住所:453-0804愛知県名古屋市中村区黄金通4丁目10番地
  • 電話:052-452-1112
  • 営業時間:10:00〜17:00

村瀬鞄行ランドセル渋谷店”]

  • 住所:150-0002東京都渋谷区渋谷1-9-5 ナスタックビル1F
  • 電話:03-6434-1004
  • 営業時間:11:00〜18:00

売り切れが早すぎ

村瀬鞄行は売り切れが速すぎます!

 

4月にはパンフチェックを終えたママたちが押さえ始め、5月には「売り切れ」となる年も多いです…

蓮

長男のランドセル選びの時は4月のランドセル展示会で「いいなぁ」と候補に挙げてたら、5月には売り切れてましたよwww(トラウマ)

なので村瀬鞄行ランドセルを子どもに贈りたい方は、早めの即決をおすすめいたします!

>>村瀬鞄の公式サイトはこちら▶▶

コードバンランドセルは重い

もう一つデメリットを挙げるとすれば…

村瀬鞄行ランドセルの牛革やコードバンのランドセルは重い!

 

おおむね1500gを超える重量感があります。

カラの状態でも「重い」と感じる子供も多いようなので、

村瀬鞄ランドセル展示イベント」で試着してから決めるといいでしょう。

人工皮革(クラリーノ)を選べば、1,090g~の軽いランドセルもあるので、村瀬鞄の公式サイトでラインナップを見てみてください!

蓮

村瀬鞄行ランドセルにもクラリーノはあります(笑)もちろん匠の手によるランドセルなので、手法はそのまま!

「A4クリア」と書かれているものは注意

「A4クリア」=A4クリアファイルは入るけど、分厚いA4のnoteや教科書は曲がるよ?

ってことです。

選ぶなら「A4フラット」と書かれているものを選びましょう!

村瀬鞄行ランドセルの口コミ評判

OKの蓮

  • 春から小学校に上がる長男のために購入致しました。初めての入学準備ということで、ランドセル選びも、通う園からパンフレットを一度にたくさん頂いてどうやって選ぼうと悩みましたが、村瀬鞄行さんの展示会をGWに見に行かせて頂いた時に、息子がこちらの『ブラック・マリンブルー』の色合いのランドセルに一目惚れして購入を決めました。男の子ということもあり、六年間使う上で、傷などが一番心配だったのですが、展示会でスタッフの方がとても親切に素材の特性のお話をしてくださいましたので、安心して使えると確信しました。息子は今から小学生になる日がとても待ち遠しいようです。このランドセルと共に楽しい小学校生活を送ってくれたら嬉しいです。

GUMI さん

OKの蓮

  • 待ちに待ったランドセルが届き、息子が大喜び!早く背負って小学校に行きたいと楽しみにしています。いくつかのメーカーでランドセルを実際に見て、背負ってみました。その中で1番背負い心地、デザイン、お色が良かったので選びました。小柄なので、体にピッタリフィットして背負えることが必須でした。このランドセルは重さを入れてもピッタリ体にフィットし、軽く感じると子供が言っていました。素敵なお品をありがとうございました。

FromKobe さん

OKの蓮

  • 5月に注文して12月に届き、お正月に祖父母から贈られました。待ちに待ったランドセル、娘はすぐに背負ってみましたが、背中にピッタリフィットし、あまり負担を感じないようでとても気持ち良さそうでした。娘の希望であったピンク色のステッチの赤のランドセル、赤と言ってもとても落ち着いた色味で母親の私もとても気に入りました。どこをとってみても文句のつけどころがなく、大満足です。春の入学式が今から楽しみです。

スガワラさん

参考元URL:村瀬鞄ランドセル公式サイト

村瀬鞄ランドセルの公式と楽天の価格比較!


(TM127)
レザーボルカコンビ
(LB959)
匠コードバン
(TC-103)
レザーコンボ (LC985)
公式税込88,000円税込75,900円税込121,000円税込83,600円
公式・特別
価格期間
税込79,000円税込69,000円税込108,000円税込76,000円
楽天税込88,000円税込75,900円税込121,000円取扱なし

公式通販サイトの特別価格期間:3月20日10:00から6月30日20:00

一番安く買う方法は?

村瀬鞄行ランドセルを一番安く買うには、公式サイトの特別価格販売期間を利用することです!

蓮

コードバンでもこの期間なら1万円以上も安い!

村瀬鞄ランドセルのおすすめランキング

1位2位3位おすすめ
品名
(TM127)
レザーボルカコンビ
(LB959)
匠コードバン
(TC-103)
レザーコンボ (LC985)
画像
公式サイトURL公式サイトでこの商品を見る▶▶公式サイトでこの商品を見る▶▶公式サイトでこの商品を見る▶▶公式サイトでこの商品を見る▶▶
カラー黒・紺黒×グリーン
黒×ブルー
黒・紺・赤
価格88,000円75,900円121,000円83,600円
重さ1,550g1,530g1,590g1,570g
本体素材牛革ストロング牛革ストロング牛革ストロング
コードバン
牛革ストロング
売り切れ目安時期4~6月12~2月4~7月夏前

村瀬鞄行の1位:匠(TM126)

公式サイトでこの商品を見る▶▶

村瀬鞄行ランドセルが50年以上改良を加えながら作り続けてきた真骨頂のランドセル!迷ってる間に売り切れる人気商品なので、前年度からチェックしている人が多数います。近くで展示会があり、お子さんが背負って表情がパッと明るくなったら決めてもいいくらい、素材も製法も技法もこだわりも、文句なし!の一品です。女の子用を見るとキャメルカラーも選べますよ。

村瀬鞄行の2位:レザーボルカコンビ

公式サイトでこの商品を見る▶▶


オーソドックスな黒に、背面のカラーでアクセントと売り切オリジナル性を高めた1品。おしゃれ男子&ママに人気です!革質&手作り&技法&細部のこだわりなど、村瀬鞄行ランドセルのこだわりを反映させてなお、スタイリッシュさが加わりました。

村瀬鞄行の3位:匠コードバン(TC-102)

公式サイトでこの商品を見る▶▶

技と素材を形にした、最上位のコードバンランドセル。コードバンとは、馬のお尻の革で(革の宝石)と呼ばれる上質な素材です。12万円越えのランドセルということで、おじいちゃんおばあちゃんが贈ることが多いようです。学校で一番上質なランドセルに違いない(笑)元気な男の子の6年間でもへこたれずに凛とあり続けてくれるでしょう!

より個性的な村瀬鞄行の1品:レザーコンボ (LC985)

公式サイトでこの商品を見る▶▶

ヌメ革をワンポイントに使ってオリジナル性と「昭和レトロ感」を出している他にはないランドセル。創業50年以上という村瀬鞄行ランドセルならではのこだわりの一品です。デザイン性でオリジナル感を出したいけど、縁や糸のカラーをかえるのはイヤ…という方に、革でのワンポイントはおすすめです。

村瀬鞄ランドセルを確実に買える時期!

2020年度の販売も、4月には人気商品すべて売り切れとなった村瀬鞄行ランドセル。

2021年度も、

2022年度も、

4月の売り切れが予想されます。

ということで、村瀬鞄行ランドセルを確実に手に入れたい方は3月6日の販売スタートを狙うことをおすすめします!

蓮

入学の1年と1か月前…早すぎw

と思うけど、早めにランドセル選択が終われば気持ちは楽になりますよ!

動き出すのは年中さんの時です。

村瀬鞄行ランドセルを確実に手に入れたい方は、3月6日の販売スタート期を狙ってください!

 

>>販売スタートと売り場を公式サイトで詳しく見る▶▶

 

以下の記事もご覧ください。