わがままな子供は将来どうなる?イライラしない接し方を保育士さんに聞いてみた

わがまま な 子供 将来







わがままな長男次男…

「この子たち、将来大丈夫かしら?」と心配になって、パパさん保育士さんに「イライラしない接し方」を聞いてみました。

  • 「理想を押し付けない」
  • 「他の子どもと比べない」
  • 「みんなそんなもんだよね、と割り切る」

 

「この子はこれでいいんだ」って、

親が自分の愛情に自信をもって見守る姿勢が大事だなって実感する素晴らしい回答をもらえたので、

皆さまとも共有いたしますね。

 

この記事はこの方に監修していただいております。

わがままな子供は将来どうなる?

子どものわがままは「意思表示」の一つでもあるので、仕方のないことだと言えます。

ですが、子育ての中の「環境」「言葉掛け」「関わり方」「対応の仕方」によっては、

子どものわがままを助長してしまうことだってあるのです。

 

意思表示の一つのわがままなら良いのです。

が、子どもと関わる大人の対応や、周囲の環境によってわがままが助長されてしまうと、

その子の将来にも少なからず影響をもたらす可能性があります。

例えば…

  • 「金遣いが荒くなる」
  • 「自分の思いばかりを優先し、他人との共存が難しくなる」
  • 「努力をしなくなる」

などなど。

必ずってわけじゃありません!が、そうなる可能性を助長する関わり方があるってことです。

幼少期にこのような姿が見られても、「子どもだから仕方ないよね」とスルーされがちですが、

これが小学生や中学生、大人になっても見られるようであれば、

かなりの「問題児」として扱われてしまいます。

 

子どもと関わる人達の対応の仕方周囲の環境によって、

「意思表示のわがまま」→「度が過ぎるわがまま」に発展してしまうので、

幼児期の子育てには気を配る必要があるんです。

子どもとの「正しい関わり方」とは?!!

子どもがわがままを言うのは、「あるべき姿」です。

わがままは子どもの意思表示の一つなので、少しでも「わがままだな!」と思っても、過度に気にすることはありません。

大事なのは、意思表示のわがままを超えて「度が過ぎたわがまま」。

度が過ぎたわがままには、時には厳しく接することも必要です。

 

「度が過ぎたわがままを防ぐためには厳しく育てる」という考え、

「意思表示のわがままなら受け入れてあげなきゃ」という考えは矛盾していますが、

子育てにおいてどちらの考えも「正解」です。

 

しかし、厳しく育てすぎると…

  • 「周りの目を気にした人になる」
  • 「他人におびえる性格になりやすい」
  • 「”○○しなければ”という考えが強くなる」

というデメリットが…。

甘やかされて育てられると

  • 「自己中心な思考」
  • 「わがまま」
  • 「努力をしない」

というデメリットが生じます。

 

子育てにおいて、「厳しく」「甘やかす」というのはどちらも正解ですが、

一番大切な関わり方としては、どちらにおいても「親がしっかりと愛情を持って接する」という事なのです。

 

「厳しくする所ではしっかりと厳しくし、甘やかすところでは愛情を持って甘やかせる」

というスタンスを、愛情をもってすることが、子どもにとってベストな関わり方なのです。

む、難しい…親にも感情があるので、心に刻み込んで子どもと接しないと、ついつい感情に流されてしまうこともありますよね。

子どもが将来困らないために親ができること

「厳しくする所ではしっかりと厳しくし、甘やかすところでは愛情を持って甘やかせる」

と言葉で伝えるのは簡単な事ですが、実践するとなると超絶むずかしいです。

そこで現役保育士さんに、「愛情を持って厳しくする、甘やかす」の具体的な実践方法を聞いてみました。

将来困らない為に親が出来ること
  • 約束をした事は、最後までこだわる
  • 我慢したときにはしっかりと褒める
  • 子育て方針を家族で統一する

約束をした事は、最後までこだわる

買い物に出掛ける前、「今日はおもちゃ、お菓子は買わないからね」などと、子どもと約束を交わしたこと、ありませんか?

子どもがその約束に対して「分かった」といったはいいものの…。

いざスーパーに入るとなぜか子どもは、おもちゃ売り場、お菓子売り場に一直線…

そしていつも通り「買って~!」と号泣したりしませんか?(涙)

ほとんどのママ、パパは経験があると思います(笑)

ここでやりがちなミスは、周りの目も気になる所から「ついつい買っちゃう」という行動です。

「買わない」と約束したのに、大声で泣いたら買ってもらえた。

この経験は、約束をやぶったとしても「泣けばどうにかなる」という記憶をこどもに植えつけてしまい、

「度が過ぎるわがまま」に繋がってしまうんですって…。

わたし…何度かやったことがあります…そうなんですね…

約束したことは心を鬼にしてでも、必ず守らせるようにしましょう。

ここでお菓子を買わないことは「過度の厳しさ」ではなく、

「この子の将来を考えた、愛情ある厳しさ」なのです。

我慢したときにはしっかりと褒める

約束を守れたとき、自分のわがままを抑えられた時、しっかりと褒めてあげていますか?

「わがままを言った時に叱る」と同時に、「約束を守れた時に褒める!」は是非同時進行でしてあげてください!

 

大人だって、自分の努力を認めてもらえず失敗ばかりを責められると面白くありませんよね?

子どもの心情も同じなのです。

約束を守れたとき、自分のわがままを我慢できたときにはしっかりと褒めてあげましょう。

イヤ!たくさんたくさん褒めてあげて下さい。

 

保育士さんたちはこういった場面で子どもを褒めるとき、異常な程のハイテンションで褒めまくるそうです(笑)

このタイミングで褒めることで、「次も頑張ってみようかな?!!」と、子どもながらにモチベーションが上がることを知っているからなんですよね。

ママパパもぜひ、日常の中で我慢や忍耐を見つけたら、それを言葉にして褒めてあげるといいです!

これなら私もできる!大げさにやってます(笑)!それが将来にどうつながるか、とか考えずに、単純に褒められると子どもが誇らしげな顔をするのが見たくて、褒めまくっています!

子育て方針を家族で統一する

おもちゃの片づけをしない子に対して…

  • ママ→「使ったものは片付けなさい!」
  • パパ→「明日片付ければ良いじゃん」

って、子どもの見ている前で異なることを子どもに伝えることって結構あると思います。

 

しかし、このような曖昧な指示は子どもにとっては「混乱」の原因となります。

「誰の言う事を聞けば良いの?」と混乱し、話を聞かないか聞けない子になってしまい、わがままに発展することも。

子育て方針と言うのは、家族でしっかりと話し合い統一した方が子どものため。

我が家は離婚前はこんなことしょっちゅうあり、子どもたちはやっぱり「どっちのいうことを聞けばいいの?」と困惑した様子でした。

 

グーっと我慢して、表面上だけ意見を合わせることもしばしばありました。

が、表面上だけ意見を合わせるだけで、少なくとも子どもは「はい」って言えるんですよね。

 

自分は不愉快を飲み込んだとしても、子どもは混乱せずに素直になれるって感じました。

離婚前の夫婦間でのことなので参考にはなりませんが…

パパとママが子育てについて共通の想いを持っているって大事なんだなって感じた出来事でした。

子供のわがままにイライラしない方法

「将来困らないために親が出来ること」で紹介した内容は、ほとんどのママやパパが意識していることでしょう。

 

多くのパパママは、

  • 「この子のわがままは大丈夫なのかな?」
  • 「将来大丈夫かな?」

と不安を抱えていると思います。

 

裏を返せば、我が子に対して真剣に向き合い、

しっかりと愛情を持って接しているってことですよね。

 

しかし、そんなママやパパでも、感情ある人間。

目の前の我が子のわがままにはイライラしたり、ストレスが溜まることもあるでしょう。

 

わたしもしょっちゅうですが、それでもイライラして子どもに接した日には自己嫌悪…結局自分に帰ってくるんですよね。

だから何とかイライラしない方法を模索。

少しでも子どものわがままに対して、イライラが減るような方法を皆さんにもお伝えいたしますね。

イライラを減らす方法
  • 「みんなそんなもんだよね」と割り切る
  • 子どもに理想や完璧な姿を求めない
  • 周囲と我が子を比べない

「みんなそんなもんだよね」と割り切る

わがままは意思表示の一つです。

誰にでもあるべき姿なのです。

子どもだけじゃなく大人だってね。

 

なので、そんなわがままな姿に頭を悩ませすぎず、

「みんなこうなんだよね~」と、時には気軽な気持ちになるのもとても大切な事なのです。

わがままな我が子を少し放っておくと、勝手に落ち着いているなんて事も多いので、「必ず今すぐ解決しなきゃ!」と思わなくていいんですよ。

イライラしそうな時には大きく深呼吸をしましょう。

子どもに理想や完璧な姿を求めない

「あれしなさい」「これしなさい」と子どもに求めるのは、

子どもに対して「立派な大人になって欲しい」「色々な事が出来るようになって欲しい」

という思いがあるからでしょう。

それは悪いことではありませんが、子どもの頃に出来ることって限りがあります。

そんな幼児期に完璧な姿を求めすぎると、

子どもにとっても窮屈な生活になり、

その不満が爆発した時に止められなくなる事もあります。

 

子どもには理想や完璧を求めすぎず、その子の「あるべき姿」で良しとしましょう!

具体的に言うと…

  • 「宿題やらなくていいか…」
  • 「ごはん残しても、おかずは全部食べたしいいか…」
  • 「時間守れなくても…今はこれに夢中なんだな…」

ため息とともに、イライラも解消しますw

周囲と我が子を比べない

我が子よりも出来る子どもを見ると、ついつい焦りの気持ちが出てきませんか?

  • 「え?あの子、カタカナ書いてる!」
  • 「幼稚園なのにもう自転車乗れるの?」

その焦りの気持ちが我が子にも伝わり、

共にストレスの原因となることは多いのです。

「あの子はあの子、我が子は我が子」という考え方で、他の子と比べることをやめれば、

ストレスは大幅に減少しますよ!

さいごに

「うちの子、わがままだけど大丈夫かな?!!」と感じたり、

我が子の将来に不安を感じる事は子育て中には起こりうる事です。

しかし、わがままというのは子どもにとっての「意思表示」であって、

誰にでもあるべき姿です。

注意すべき点は、子どもと関わる人の対応の仕方や、言葉掛け、

周囲の環境などが原因で意思表示のはずのわがままを、

「過度なわがまま」に発展させないことです。

 

その為には、厳しくするにも甘やかすにもしっかりと

「愛情を持って接する」という事が大切です。

 

「厳しくする所ではしっかりと厳しくし、甘やかすところでは愛情を持って甘やかせる」

という考えを持っていれば、子育てはきっと上手くいきます。

 

愛情を持って接すると言っても、ママやパパがストレスを溜め過ぎてはいけません。

「楽しく」「リラックス」を心がけて、

子どもと楽しい時間を過ごして下さい。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です