【眉毛が薄い】女が眉メイクにかける時間を丸まる省く方法!

眉毛 薄い 女







時間エコの時短メイクのお時間です!

私は眉毛が薄い×太いという、眉の2重苦を抱えた女…。

20歳前後から毎朝毎朝眉毛を書き続ける日々ですよ。

そんなわたしは今では…

 

朝、顔を洗ってオールインワン塗ってBBクリーム塗ったら出かけられる時短メイクをマスターしました!

 

以下に眉メイクを省く魔法の安価な方法をお伝えするので、眉メイク時間を省きたい方はぜひ、参考にしてください!

眉毛メイクにかかる時間

化粧ブラシ, 化粧品, メイク, ブラシ, メイクアップ, ルージュ, 美容室

眉メイク、女性の皆さまならお分かりでしょうが、めっちゃ時間かかるんですよね。

 

OL~50代女性へのアンケートで、眉にかけるメイクの時間は平均で約3分。

 

たかが3分と思うのだけど、コレが失敗したり左右差が出ちゃうと、10分20分と時間を食います!

 

3分だとしても、1年間で18.25時間。

…18時間も眉に時間をかけていたんですよ!

 

毎朝まゆげメイクに5分かかる人は、年間で30時間以上も眉に時間をかけていることに!

 

この眉にかける時間を丸まる省けたら、すごくいいと思いませんか?

 

メイクで一番難しい箇所

眉毛って素人には難しいメイク箇所でもあるんですよ。

出典元:落ちにくい眉ティント【MAYU LINE】

上記は美容専門家72名に「メイクで難しい箇所は?」と聞いたアンケート。

専門家でも難しいのなら、素人の我々にはもっと難関。

眉の左右差なんてしょちゅうですよww

眉毛で顔の印象が変わる!

女の子, 女性, メイク, 肖像画, モデル, 美容, 写真撮影, 髪, ビュー

眉毛が薄い女性=記憶に残らない女

参照元:by S

そうなの?wわたしまゆげめっちゃ薄いけど、人生のあらゆる場面で、人の記憶に残ってなかったかも??がーん!

生まれもって眉毛が濃い人は、毎朝かかなくてもいいんでしょうか。

 

時短も出来るし、記憶にも残るし、うらやましいですよね。わたしも毎朝まゆげかくの、もう嫌だ…。

毎日、芸能人みたいにメイクさんがやってくれないかな~。

それよりも、朝起きたら眉毛、出来上がってたらいいな~って思いませんか?

 

それ実は、現代美容界では「叶う夢」です!

 

毎朝眉毛をかかずにすむ方法【その1】

目, メイク, あむ, 化粧品, メイクアップ, 女性, マスカラー, 顔
その1はずばり、眉ティントです!

眉ティントとの出会いは衝撃的でした!まさにメイク革命!

 

数年前薬局で、海外のどっかのブランドの眉毛ティントを薬局で見つけたのが始まり。

 

当時わたし眉ティントの存在を知らなくて、

「眉毛にマスカラみたいにつけるやつ?」と思って買ったんです。

 

が、中を見てびっくり。

ジェルが濃くって、どうやらマスカラみたいに毛の一本一本を太くする奴じゃないっぽいってことはすぐにわかりました。

眉ティントの使い方

うちに昔使っていた眉ティントの残りがあったので、写真でご説明!

詳しく説明書を読んでみると…

写真にかかれてる説明、見えますか?

眉インク(ティント)のやり方
  1. 塗る
  2. 乾燥(15分~2時間)
  3. はがす

この3ステップ。

塗るとすぐに乾燥して、ぱりぱりっとはがすことができ、塗った色はそのまま眉毛に定着。

眉ティントを塗り続ける時間と効果
  • 15分⇒次の日1日間くらいの効力
  • 2時間⇒4~5日もつ!

わたしは断然2時間やって、効力を長持ちさせます!

眉ティント、つける時間が長すぎるとどうなる?

目, ブルー, 遺伝子, 魅惑的です, メイク
たまにはがし忘れてそのまま寝ちゃうけど、

「真っ黒が定着」なんてことにはならないからご安心を笑。

朝起きて「眉ティントはがし忘れてた!」と慌ててはがすと、確かにくっきり眉になっちゃってます。

が、水やクレンジングで流せば大丈夫。

 

クレンジング加減では、ちょうどいい「生まれつき眉毛がかっこいい人」な、

ナチュラルな仕上がりが実現しますよ!

 

眉インクをつけている間はみっともない「ごん太眉毛」なので、忘れて外に出ちゃったりしないよう気をつけてくださいね。

まるで「眉毛を油性ペンで落書きされちゃった犬」みたいなかんじなので。

眉ティントのデメリット!

ただ、薬局コスメは肌がかゆくなったりかぶれたりってことも多いため、

安全で肌に優しい成分を配合した眉ティントを探してみました。

 

すると以下がヒット!かゆくならずに快適に使えましたよ!

>>【MAYU LINE】公式サイトからのご購入はこちらから!

眉ティントの選び方

世の中にはけっこう眉ティントあるんですよ。

↓↓例えばコレとか有名です。

税込・送料込みで1,382円。

初心者に扱いやすい眉ティントで、カラーバリエーションも3色。

価格もお手ごろの人気商品。

 

 

ただ、眉ティントはずっと肌に付着し続ける化粧品なので、安価なものはおすすめできないんです。

 

わたしはけっこう肌強い丈夫なタイプだけど、安価な眉ティントでかゆくなりました。

なぜMAYU LINEがいいの?

そこでおすすめなのが、天然素材にこだわった眉ティント。

 

天然のやさしい素材の眉ティント「MAYU LINE」だと、ちょっと価格はあがるけど、肌が弱い人でも安心して使うことができます。

 

かぶれの心配も減少するでしょう!

>>落ちにくい眉ティント【MAYU LINE】

 

ちなみに価格は以下の通り。

MAYU LINEのお得な買いかた
  • 1本:4,298円
  • 2本セット:6,436円(25%オフ)⇒1本あたり3,218円
  • 3本セット:9,007円(30%オフ)⇒1本あたり3,002円
1回使い勝手に感動したら、次からは3本セットで買うのがセオリー。

眉ティントの落とし穴

  • 結局自分の手でやるため、左右差が出るなど、失敗することがある。
  • 週に1~2回の使用なので、眉に時間がかかる。
  • 上述したように、かぶれることがある。

そういうことです…。自分でのメイクのジレンマを、新たに抱えることになりかねません。

 

そこで初心に戻って考えてみました。

「朝起きたら、プロが仕上げた眉毛が出来上がっていたらいいのに!」

 

そう、プロの手を借りることのほうが、失敗もなく確かに綺麗な眉をキープできるんですよ。

 

そこで次なる「眉毛メイク・プロの手による時短術」の出番です!

>>朝起きたらプロが仕上げてくれた眉にしたい方!
銀座よしえクリニック

毎朝眉毛をかかずにすむ方法【その2】

美容クリニックにいって、アートメイクをする

これですこれ!

何で早くやらなかったんだろう…」とつぶやく女性を量産しているアートメイク!

 

実は女性だけじゃなく、眉の薄い男性にも大人気だとか。

 

「その前に、そもそもアートメイクって何?」って方に、まずはアートメイクの概要を説明しますね。

 

アートメイクとは?


わたしの解釈ではアートメイクは「いれずみ」なのだけど、ちょっと違うのかな?

アートメイクとは、皮膚の下に色素を定着させる技術です。

表皮から1-2㎜の部分に色素を着色していきます。
当院では法律、厚生労働省の指導に則り、訓練を受けた医療有資格者がすべての施術をおこないます。

参照元:銀座よしえクリニック

アートメイクもクリニックによっては、いれずみのように一生消えないものもあれば、2年ほどで消える薄いものもあるんです。

 

アートメイクの経験者の口コミなどを見ると、

「7年ぶりにやった」とか「2年といわれていたのに5年持った」とか書いてあるので長持ち期間は個人差があります。

もちろんクリニック差もありますね。

 

なので怖い方は1~2年で消えるとうたっているクリニックのアートメイクを、あらかじめ試すといいでしょう。

 

ただ、自分の眉の形やかき方がある程度決まっている方は、一生もののプロの手がけた眉毛を手に入れていいと思います!

>>年間1000人以上もの圧倒的な人気のアートメイクを体験する!
銀座よしえクリニック

アートメイクの平均価格は?

アートメイクって高いと思い込んでいませんか?

それがそうでもないんですよ。

これから一生毎朝眉毛をかかずにすむ!と思えば、全然問題にならないほどの価格に感じます。

 

以下に眉のアートメイクの2回セットの価格をクリニック別にご紹介いたしますね。

眉のアートメイク2回にかかる施術料金例
  • 銀座よしえクリニック:100,000円
  • 東京銀座スキンケアクリニック:80,000円
  • 肌と歯のクリニック東京ベイ幕張:100,000円
  • 渋谷の森クリニック:90,000円
  • シロノクリニック:125,000円
  • 自由が丘クリニック:120,000円

キャンペーンなどで割引の時もあるので、「高い!」と思われた方はクリニックを常にチェックしておくといいでしょう。

 

どっちにしろ脂肪吸引とかに比べると格段に安い施術料で済みます。

年間30時間×数年を10万円ほどで買っているってことですよね。

わたしは完全に「時短」を優先しますが、生活と財布を鑑みて、よく考えてくださいね。

 

アートメイクをする前の注意点!

アートメイクを入れるときの注意点
  • めっちゃ痛いので、覚悟していくこと!⇒対策法を以下に書きました。
  • くっきりいれると必ず後悔する!⇒どのくらいいれればいいか、以下に書きました!

アートメイクは痛い?対策法も!


アートメイク、痛いです!

例えるなら…TBCの永久脱毛みたいな痛み。

じりっじりって痛みがずーっとじわじわ来て、なんか、苦行みたいでした。

 

わたしは痛みを我慢するのが好きな変態気質なので、苦行と思って耐えましたが、

「これ痛すぎて、できない人、いるんじゃないですか?」って、終わった後にきいたら…。

 

「言ってくだされば、麻酔しましたのに!」だとww

 

麻酔あったんかい!!

 

どこのクリニックも、アートメイクはけっこう痛いです。

麻酔しても、施術後とか次の日にじわじわ痛むことも多いんですよ。

 

ただ、中には「ぜんぜん痛くなかった!」って人もいるんです。

これも個人差の世界?と思っていたら、クリニック差も大きいようです。

 

年間1000人以上も施術して、3Dアートメイク・4Dアートメイクの施術が人気の銀座よしえクリニックが、

痛みが少ないと評判↓↓
銀座よしえクリニック
※個人差があるので痛みなしを保証するわけじゃありません!

わたしは眉しかやったことないけど、アイラインをアートメイクする人とかもいて、

その場合はまぶたが翌日まで、「泣きはらした」みたいに腫れちゃうらしいですよ。

痛みに弱い方は…


腫れようが、痛かろうが、朝の忙しい時間を少しでも短縮できるならわたしはやりますが、

あまりにも痛みに弱い人は…覚悟して施術してください。

 

不安なら、施術前にお医者さんに相談して、麻酔を使ってもらうといいですよ。

 

クリニックによっては麻酔を使わないらしいから、麻酔使ってくれるところを最初から探すといいですね。

どのくらいの眉にする?

ポイント
眉は少ない面積を薄めにいれるのがおすすめ

アートメイクって、何もごん太眉毛をどっかーんと刺青されるわけじゃありません。

一本一本、本物の毛っぽいのを書き足している感じ。

 

最近は「ナチュラル眉」が主流だから、よりナチュラルに見えるアートメイクが人気です。

 

特に、3D4Dの立体ナチュラルアートメイクで有名な、銀座よしえクリニックがおすすめ!

↓↓芸能人もこっそり通っているらしいです!
銀座よしえクリニック
けど、25年前くらいのディスコとかにいる女性メイクみたいに、太く入れちゃう人がいるんですよ、たまに。

わかりますよ?

薄眉コンプレックスを数十年かかえてきて、やっとこさ濃い眉を手に入れられるってんだから、

気合はいった太い眉をオーダーしちゃう気持ち、すっごくよくわかります。

けどやっぱり太い眉はおすすめできない…

アートメイクはやり直しが効かないからです!

黒い眼球の上の辺りの眉部分を、横幅は眼球にあわせ、

縦幅を端から1~2mmはなし、真ん中部分を薄めにアートメイクすると、

いい感じにナチュラル眉に仕上がりますよ。

っていっても、眉の太さや好みは個人差があるので、

クリニックのカウンセリングでナチュラル眉を、施術者と一緒に検討するのが一番です。

アートメイクを入れすぎてしまったら…

うっかり「太すぎ」&「濃いすぎ」にしちゃった方は、

アートメイク除去」ってやってくれるクリニックもあります。

アートメイク除去の価格:1~3万円くらい

無駄なお金をかけないためにも、最初は特に、「やりすぎない」ことを念頭に施術してくださいね。

 

アートメイクのおすすめクリニック

よし!アートメイクしよう!と思っても、どこのクリニックに行けばいいのかわかりませんよね。

 

大手の美容整形外科などでもアートメイクをしてくれるところもあります。

 

通常、2回で10万円、1回で5万円ほどが相場。

なのに1回2~3万円でアートメイクできるクリニックもあって、ちょっとグラッときちゃいますよね。

 

しかし相場は守るのがおすすめ。

美容業界は、はっきりいって「安かろう。悪かろう」が蔓延していますから。

クリニックの選び方

ポイント
  • 価格が相場のところ
  • 施術例が多いところ
  • ナチュラル眉にしてくれるところ
  • 麻酔を使ってくれるところ
  • カウンセリングをしっかりとしてくれるところ
  • 施術者を厳選しているところ

わたしがいったのは2回で12万円だったから、けっこう高かったし、説明では「1~2年で消えます」ってことでした。

 

アートメイク初めてだったので、「1~2年で消える」ってとこが魅力で選んだけど、

経験した今では「一生消えない奴がやりたい」って思っちゃいますね、やっぱ。

 

調べたら、一生消えずに施術奨励数が多く、3D眉や4D眉といった立体眉にも対応してくれるのは、

↓↓銀座よしえクリニック。
銀座よしえクリニック

上の項目全てに当てはまるから、初心者でも一番安心できると思いますよ!

まとめ

眉毛薄い女の救世主!
  • 眉毛のメイクにかける時間は、平均して毎朝3~5分。長いと10分20分かかる。
  • 眉毛は、メイクの中でも一番難しいと考える美容専門かも多い。
  • 眉毛が薄い女=記憶に残らない女。
  • 眉ティント(眉インク)を使用すれば、1回の眉つくりで3日~5日は眉を書かなくても仕上がる。
  • 眉ティントは、肌がかぶれることもある。
  • 眉ティントよりももっとおすすめは、美容クリニックでプロの手によるアートメイク!
  • アートメイクの平均価格は、2回で10万円ほど。(1回だとその半分以下)
  • アートメイクとは刺青のようなもので、ずっと消えないものや1~2年で消えるものがある。
  • アートメイクの施術はけっこう痛いから、痛みが少なく麻酔をかけてくれる銀座よしえクリニックがおすすめ。
  • アートメイクは、やり直しが効かないから、最初は薄く入れることがおすすめ。
  • 万が一やりすぎてしまったら、アートメイク除去という施術もある。

わたしけっこう古い世代の考え方で、整形とかあまり好きじゃなかったんです。

アートメイクも=整形と思って、数年間足踏みしていました。

気になるけど、良心がとがめる…みたいな。

親からもらったものに(たいしたもんじゃないけど)傷を…とかなんとか。

で、忙しさで薄眉のまますっぴんで出歩く日々が続き、なんだか勢いで何も考えずアートメイクしちゃったんです。

やってみれば、「なーにをためらってたんだ、わしは?!!」って感じw

油性ペンよりもナチュラルに上から書いてるだけって印象で、整形でも何でもないんですよ。

だから昔のわたしみたいにためらっている方は、怖がらずに一度カウンセリングに出かけてみてください。

以下の記事もおすすめです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です