【アラフォーのダイエット】効果的な3つにしぼって効率化!

アラフォー ダイエット 効果的







アラフォーになると、若い頃のようにスイスイ痩せませんよね?

 

そう、アラフォーになると、20代30代と同じダイエット方法ではダメなんです。

 

アラフォーからはダイエット方法を変えないと、一生取り返しのつかない事態になりかねないって知っていましたか?

わたしは若い頃だってスイスイ痩せなかったけど笑

失敗経験を多く積み重ねて、アラフォーでも効果的な簡単ダイエット方法を取得!

なぜ若い頃と同じダイエットじゃダメなのか?

 

なら、アラフォーからはどんなダイエットをすればいいのかを以下にまとめたので、アラフォーの方、じっくりとご覧ください!

アラフォーダイエットは間違えると「老ける!」

アラフォーからのダイエット、若い頃と同じことをやっていると、とっても危険。

何が危険かって?

 

即、老けるんですよ!!

 

アラフォーで痩せると⇒老ける!コレ忘れちゃいけません。

太るのは嫌だけど、肌がパリッと張って、皮膚もみずみずしい状態。

 

一方でアラフォーで痩せると、肌はかさかさ。目は落ち窪んで頬はこけて皮は垂れ下がる…。

 

アラフォーで下手なダイエットをすると、はっきりいって老化が加速するだけ。

ダイエットってそもそも美しくなるためにやるものなのに、醜くなってどうするって話しですよ。

ただ痩せてはいたい。体型キープ、もしくは痩身したいって人も大勢いますよね。

 

そんな方は、アラフォー世代でやっちゃいけないダイエットだけ、頭に入れておきましょう!

 

アラフォーダイエット、コレだけはやっちゃいけない

  1. 食事制限ダイエット
  2. 偏食ダイエット
  3. 炭水化物抜きダイエット
  4. 肉抜きダイエット
  5. サプリメントダイエット

いかがでしょうか?

「痩せなきゃ!」となったら早速食事制限から始める人がとても多いですよね。

 

けど、アラフォーで食事制限系のダイエットは老ける元です。

 

やるなってわけじゃないけど、若い頃みたいに「食べない」とか「一食抜き」とかやめたほうがいいんですよ。

 

やっちゃいけない理由

アラフォーで食事制限系のダイエットをやめたほうがいい理由は明白です。

老ける痩せ方になっちゃうから。

 

頬がこけたり頬が垂れたり首が「皮っぽく」なったり。

 

おまけに更年期も目の前だから、生理周期が狂いまくっちゃったり。食事環境を変えてもいいことはありません。

やるとしても、「毎日食べている大福をやめる」とかその程度かな。

栄養士さんとかで上手にカロリーや栄養計算して、計画的にできるならいいと思います。

 

が、単に「ご飯抜き」「肉抜き」などのむちゃなダイエットをするには、アラフォーは危険なお年頃なんです。

 

体重そのものが減ったとしても、「若さ」や「美貌」が減っちゃ、ダイエットをする意味もないでしょう?

 

アラフォーになったら、食事制限ダイエットは卒業しましょう。

私はアラフォーに近づくにつれ、若い頃の食欲が消えうせて、自然と摂取量が減りました。それはそれで…食欲の老化って感じで喜べないw

じゃあ何が効果的?

じゃあ、アラフォーになったらどんなダイエット方法をすればいいの?

って思った方に、順に紹介いたします。

①運動

1に運動、2に運動!

アラフォーの足音が聞こえたら、とにかく意識的に運動をして、筋肉をつけることを重視しましょう。

って言われても、体を動かすのはしんどいですよね。運動は始めるまでは大変。

運動ダイエットを成功させることは、美しいプロポーションとともに、強い精神力も手に入ります。

 

そのうえ、辛い運動をやり続けたことで、自分への大きな自信も手に入ります。

 

何よりも、「食べずに作った痩せたからだ」に比べると、「筋肉をつけたプロポーション」は圧倒的に美しい!

 

お金ない私は常に近所をジョギングで走り回っていますが、もっと早く、もっと美しく結果を出すためにはプロの力を借りることが一番ですよ。

>>無料カウンセリング受付中/ライザップ

 

一人ではできない運動ダイエットを、2ヶ月で成功までかなえてくれるライザップなら、コレまで運動ダイエットできなかった!

って方にもおすすめ。

 

2ヶ月16回で、ばったばった筋肉ダイエット成功者が出ているライザップなら、トレーナーの励ましの下、運動ダイエットを成功させられそうな気がしませんか?

 

気になる料金はオーソドックスなシェイプアップコースで2ヶ月でなんと348,000円!高い!

 

でも分割で月々9,900円…ならば何とかなりそう?

引用元:【RIZAP】

②着圧スパッツ

何度かこのブログないでも紹介してきましたが、私は着圧スパッツで「太り予防」しています。

 

詳しくは「正月太り、解消&予防方法!」の記事をご覧ください。

 

アラフォー近くなると一度ついた脂肪が落ちにくくなるとかいいますよね。

 

その「落ちにくくなる」脂肪を、そもそもつけないための着圧スパッツなんです。

 

キューっと着圧タイツやスパッツで締めることで、つけている箇所に余計な脂肪をつけるの防止するんです。

習うより慣れろ…ですね。

>>楽天ランキング28週連続1位獲得!むくみや美脚対策に効果的!
リピーター続出中の着圧・弾性・加圧ストッキング!キュットスリム



家でも外でも着圧アイテムフルの私です。

 

慣れるまでは「きっつ~」と思われるかもしれませんが、慣れると、締めていないときの方が落ち着かなくなってくるんですよ笑。

③美容クリニック

以前ママ友が脂肪吸引をしてから、その箇所を何度も何度も気にしちゃうわたしです。

 

「見せて~」とか「触らせて~」なんて怪しい要求をしています。そして、その細さや効果を実感!

 

脂肪吸引、すごいんですよwww

地味に近所をぜぇぜぇジョギングしているだけじゃ、たどり着けない「一回りの細さ」が、一回の施術で手に入るなんて!

科学の力はすごいです!

いまの美容業界、本当にすごいです!

アラフォーでたどり着ける細さじゃないんですよ、はっきり言って。

 

脂肪吸引で手に入る細さは、13~4歳の脂肪がつき始める前の子供の細さって感じです。

 

アラフォーでありながら、若かりし日の「がりがりの細さ」を手に入れたい方は、発展した美容業界の力を借りるのも、恥ずかしくない王道だと思います。

 

ただ、私もですが、アラフォーまで美容クリニックとかに無縁で生きてくると、美容クリニックの選び方がさっぱりわかりませんよね。

 

そこで脂肪吸引をするクリニックの選び方を以下にまとめたので、ご覧ください。

 

クリニックの選び方・ポイント!

ポイントと言っても、「この機械がベスト!」とか「この医師がベスト!」ってことではありません。

脂肪吸引クリニックの選び方
  • クリニック全体の実績が多いところ。
  • 事前カウンセリングをしっかりとしてくれているところ。
  • アフターフォローの期間が長いところ。
  • 安すぎないところ。

実際に脂肪吸引をした友人説です。

クリニックの実績があることは当然ですよね。名前が知れていることも安心感につながります。

 

過去、手術事故などで訴訟がないか、くらいはネットで検索しておきましょう。

 

また、事前カウンセリングで、自分がどのような体になりたいかを、しっかりとお医者さんに伝える時間をとってくれるところが重要。

 

お医者さんの勝手な理想の形にされてもいやですからね。

 

患者の要望をしっかりと聞いてくれるお医者さんかどうかを、カウンセリングでしっかりとチェックしましょう。

 

そして、術後のアフターフォローがしっかりとしているところという点も大事です。

 

慣れない脂肪吸引という領域だからこそ、事前カウンセリングとアフターフォローがしっかりしているクリニックをおすすめします。

 

私の友人は「ガーデンクリニックの脂肪吸引」で劇的に綺麗な美脚に…いいなぁ。

品川美容クリニックとか、湘南美容外科とか、城本クリニックとかも大手でよく名前を聞きますよね。

 

念のために、太ももの脂肪吸引の料金を載せておきます。

太ももの脂肪吸引の料金は?

比較参考してみてください。

太ももの脂肪吸引の料金比較
  • ガーデンクリニック320,000円
  • 城本クリニック:200,000~350,000円
  • 品川美容クリニック:144,000円
  • 湘南美容外科:185,490円(ふくらはぎ)

どこもアフタフォローはしっかりしていますが、

価格帯で安心できるのはやっぱり「ガーデンクリニックの脂肪吸引」か「城本クリニック」ですね。

安いところほど安心できないのは、私の警戒心が強すぎかしら…?

まとめ

アラフォーのダイエットで効果的なもの、まとめ
  • アラフォーで食事制限系のダイエットをすると、一気に老化が進行する!
  • 肉や炭水化物をとらないダイエットは、老化を促進させる?
  • アラフォーになってからのダイエットは「運動ダイエット」と「着圧ダイエット」と「クリニックで脂肪吸引」がおすすめ。
  • 脂肪吸引のクリニック選びは慎重に!
  • カウンセリングとアフターフォローがしっかりとしているクリニックを選ぶ。

アラフォーのダイエットで効果的なものをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

アラフォーになると、20代30代と同じダイエットはしていられません。

 

痩せるだけじゃなく、「若さ」や「美しさ」を意識した、大人の女性としてのダイエットを心がけましょう。

以下の記事も合わせてご覧ください!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です