40代 女性 モテ期

アラフォーになって離婚し、そこから恋愛を楽しんでいる蓮です、こんにちは!

恋愛を楽しむといっても子連れなので、子どもが学校の間にちょこっと会う程度ですが、それで十分「女」を充電できます。

けど、25歳で結婚して13年間、恋愛のレの字もなく、離婚後しばらく「もう恋愛なんて無理だろう」と落ちていた時期もありました。

  • 腹はダルダル
  • 肌はカサカサ
  • 顔はしわしわ
  • 手もしわしわ
  • 髪は白髪まじり…

すみません、実は…外見は終わっています、私は(笑)

けど、恐る恐る「恋愛のステージ」に立ってみると、意外にもこんな自分にも需要があることを実感しました。

今回は自分の経験をもとに「20代の頃よりも絶対愛されていると実感できるアラフォーのモテる理由と方法」をお伝えしていきます。

私と同じように、離婚後アラフォーで「頑張って恋愛しよう!」という方の参考になれたらと思います。

40代既婚のアラフォーがモテる理由

既婚のアラフォーがモテる理由。
  1. 決断力がある
  2. 家事力がある
  3. 忍耐力がある
  4. 恋愛において余裕がある
  5. 若作りしすぎていない
  6. 気持ちに余裕がある
  7. 美容術の発展に伴い、見た目もイケる

1:決断力がある

結婚して子どもを産むと、女性は母として「決断」の毎日です。「どうすればいいの?」「ママどうする?」と聞かれる立場になるため、即断して家族や子どものことを決定していくからです。新婚当初は自分の意見に自信がなくてビクビクおどおどしているのだけど、アラフォーになると自信をもって決断をすることができるようになります。

30代や40代の決断力のない男性からすると、「即決できる女性」はものすごく頼りになるものです。「付いていきたい!」と思う男性が多いんですよ。

2:家事力がある

結婚して毎日の主婦業をこなしていると…時間配分や計算力、栄養配分などを自然と頭の中でできるようになります。主婦業はバカにされがちですが、時給換算すると年収400万円にもなると言われるほどの重労働です。効率よくこなすほどに自由時間が増えるため、長年主婦をしてきた女性の家事力は研ぎ澄まされています。

それに対して家事をしたことない人の生活の質は著しく低く、仕事から帰って汚い家で休むことで仕事効率も下がりますよね。そのため家事力のある女性を求めている独身男性は多く、概して仕事ができる人だったりします。仕事マンの男性と、家事力のある女性は、需要と供給が一致する組み合わせなのです。

3:忍耐力がある

結婚して夫や子どもたちの愚痴や不平不満に毎日毎日さらされて、自分のストレスの消化方法は自分で見つけなければならない女性は多いですよね。それを苦に思う女性も多いけど、長年の忍耐は性格に大きな成果をもたらします。苦しい結婚生活は、女性に大いなる忍耐力をもたらし、離婚後にその忍耐力は、次のパートナー探しで生きてきます。

誰しも「こんな自分を受け入れてほしい」と願い続けているため、忍耐力のある女性は「自分に耐えてくれている」「受け入れてもらえている」と男性に感じさせる点で、とても人気があるのです。

4:恋愛において余裕がある

アラフォーで離婚したとき私は、子どもたちが巣立った後の一人の人生を想像して、恋人探しをしましたが…正直若いころほど恋愛にのめりこめませんでした。理由は「子どもたちから無限の愛情を受けているから」と言うことと、「体がそれほどセックスを求めなくなったから」、そして「男性はこういうものだ」と結婚生活から学んでいるからです。

20代女性のように恋にのめりこまず、相手に依存することがなくなるため、恋愛でリードを握れる余裕が出てきたんです。これは男性サイドから考えると、「手綱を握れない女性」「手が届かない女性」「自分なんか子どもと思われてる」と焦り、何とか手に入れたいと思うきっかけとなるのです。

5:若作りしすぎていない

30代の頃はなんとか20代に寄せるよう頑張ってきたメイクやファッションも、40代になると落ち着きますよね。「若く見せること」が逆に「痛い」と感じられ、年相応の美しさを求めるようになるからです。経済的にアンチエイジング素材に投資する余裕も持てる年代です。

そのため男性から見て40代女性は、「若作りしていない」「自然体」「自分を知っている」という安心感と落ち着きをもって見られるのです。若いころのようなパンクなファッションや冒険をやめて、不本意であったとしても落ち着いたアラフォーらしい服装は、それだけで男性の目を引く効果がありますよ。

6:気持ちに余裕がある

アラフォーで結婚を失敗すると…「結婚がゴール」とは思わなくなりますよね。結婚はあくまでも過程の一つで、その後の「2人で過ごす時間」こそが重要なのだと思い知ります。だからパッ見の印象や、とんとん拍子で上手くいくような調子のいい恋愛に落ちにくくなり、慎重に相手を見極め、時間をかけてお互いに理解し合えるか?苦難に立ち向かえるか?を見極める恋愛へと変化します。

それは恋愛において「余裕がある」とみなされます。相手をする男性サイドもグイグイ食い下がってこず、落ち着いて対応するアラフォー女性を相手に真摯に向き合うようになるんです。

7:美容術の発展に伴い、見た目もイケる

記事冒頭で見た目の話をしましたが…私は離婚してまず、白髪を染めました…。ジムに行き体を引き締めました…。

結婚生活の中で放置し続けた美容に、今更真剣に向かい合ったのです。それは若いころから十分に思い知っているからです。

男の人は目でセックスする生き物だということを!

結婚生活時代の「肌カサカサ」「髪ぼさぼさ」「白髪ありまくり」「腹ぼよぼよ」では、絶対に自分が望む恋愛ステージには立てないという確信があったので、まず白髪を染めたんです。

最低限の身なりを整えてから、上記に書いてきた「余裕がある」「家事力がある」「決断力がある」などのアラフォー女性の良さも初めて見てもらえるんです。白髪だらけ、しわだらけでは、そんな美点すら見てもらえないんですよ。

戦争や侵略が繰り返されてきた人類史の中で、「見た目がキレイ」であることは生存率に直結するからです。

男性が女性に「見た目の美しさ」を求めるのは本能なんです。

蓮

責めるようなことではありません。

「男って最低…結局見た目かよ」と腐る気持ちはよくわかります。わたしも若いころはずーっとそう思っていました。「男は結局見た目のいい女性に行くじゃん」って腐っていました。けど、男子2人を育てていると、男という生き物の単純さや、女性よりもはるかに本能的に生きる生き物なのだとわかってきたんです。

それは恋愛面でも同じで、男性は単純に「見た目」でまず女性を選別し、その後に中身の評価を始めることが一般的なんです。

アラフォーで恋愛をしようと思うのならば、

まずは男性のこの特性をまるっと受け入れて、

備える覚悟は絶対に必要ですよ!

腐っている時間はないですもん、私たちには。

あっという間に年老いる前に生涯のパートナーを見つけたいのであれば、「恋人探しの前に見た目を整えよう」という段階は絶対に踏んでください。

最低限、ケアしたい3つのポイント

と言っても、あれこれやる必要はありません。「筋肉をつけて代謝をあげ、ぱっと見【まだいける女】と思わせる」ためには、3つのポイントを押さえるだけで十分です。

最低限、ケアしたい3つのポイント。
  1. 筋肉をつける
  2. 白髪を染める
  3. むくみを改善する

1:筋肉をつける

アラフォーになると代謝が衰えているために、圧倒的に痩せにくくなります。そのため失った代謝を引き上げるために、筋トレは不可欠です。

アラフォーダイエットに筋力トレーニングは、不可欠です!(2回目)

腹の肉の出たぶよぶよの体では、はっきり言って恋愛ステージに上がる前に見限られる可能性があるため、最低限の筋肉をつけてから挑むことをおすすめします。

逆に言えば、20代女性と変わらない体系でさえあれば、余裕があって人生経験豊富な40代女性の方が圧倒的に魅力的と考える男性は多いです。

自分が実際にアラフォーになってみると、確かに衰えてはいるものの「筋力トレーニングである程度回復する」ことは可能だと実感しました。

きれいな蓮

まさか自分がアラフォーになってみて、若い頃よりずっと細く軽い体を手に入れるとは、思ってませんでしたよ。

アラフォーダイエットの注意点。

逆にアラフォーになってから無理な食事制限ダイエットをすることはおすすめできません。痩せると同時に肌のハリを保たなくてはいけないのに、食事制限によって肌が老人のようにガサガサになる可能性があるからです。

アラフォーダイエットは筋肉をつけることで代謝を引き上げ、同時に肌のハリも取り戻しましょう。

2:白髪を染める

次に大切なのは白髪染めです。ぱっと見白髪がある女性は「恋愛対象外」と思う男性が多いからです。「女性と付き合う」=「セックスをする」と連想する男性が多いので、白髪で初対面からはじかれないように、白髪ケアだけはしっかりをしていきましょう。

個人的には美容院で毎月白髪染めをするのが一番ですが…費用は掛かります。家で安価に白髪染めをしたいからと、市販の白髪染めを使う女性は多いのですが、薬局などで売っている白髪染めは毛根を痛めるのでおすすめできません。美容院では毛根を傷めない薬剤の配合をしてくれますが、市販は「良く染まる」ことに重きを置くので、どうしても溶剤が濃くなってしまうからです。

毛根ダメージを受けると、黒髪が生えている健康な毛根も弱って白髪を出すようになり、老化は加速します。

そのため白髪染めを頭皮の健康を守ってやりたいのであれば、美容院に行くのが一番なんです。

どうしても費用を押さえたい、家で健康的に白髪染めしたいという方は、利尻ヘアカラートリートメントがおすすめです。

というか、色々試したけど、結局ここに落ち着きます。価格帯も容量も効果も、他のものと同等ですが、シャンプーとトリートメントのダブルの効果で持続性が一番と感じました。

Amazonで買うならここから。

>>利尻昆布シャンプー&トリートメント

3:むくみを改善する

脚痩せ

最後にやっかいなむくみのケアの話です。アラフォーでむくみを放置すると深刻な足ブサイクになってしまうため、筋トレや白髪染め同様に、日々のケアを怠ってはいけません。

と言っても、むくみ改善は実は簡単にできるんです。

  • 毎日のウォーキング
  • 着圧スパッツをはく

という2点を守ればいいのですから。筋トレで汗を流すことや、ウォーキングで血行促進することでだいぶ良くはなりますが、更にふくらはぎの血流を促すための正しい着圧スパッツをはくことで、むくみの対応ができるんです。

無理なく毎晩履き続けられるおすすめの着圧スパッツは、定番の着圧ソックス【メディキュット】です。

 

>>メディキュットの効果が出るまでの期間をレビュー

>>メディキュットがかゆいときの6個の対応方法

さてさて、40代から恋愛するために、必要最低限の美容法を紹介してきましたが…

  1. 筋肉をつける
  2. 白髪を染める
  3. むくみを改善する

この3つの中で一つだけとっても危険なものがあります。

それは…

筋肉をつけることです!

アラフォーでいきなり筋力トレーニングをすると、痩せてきれいになる前に、体を壊してしまう可能性もあるため、筋トレ前に以下の注意点をチェックしてくださいね。

 

アラフォーダイエットで筋トレするときの注意点

アラフォーでも美しいプロポーションになるために、必要不可欠なのは「運動」です。

「よっしゃ!じゃあジム行くぜ!」と、早速ジムに入会しようとしちゃうかた、ちょっと待ってください!

急な運動は怪我の元

なんといっても我々はアラフォーですよ?

急な運動はご法度です。

肩がピキーんとか、足がつる!とか、ひざが激痛…とかの症状で、あっという間に運動ダイエットどころか、日常生活にまで支障をきたしちゃいます。

痩せるための運動ダイエットを始めるのならば、素人がいきなり適当に始めてはいけません。まずはプロに正しい姿勢ややり方を教わる必要があります。

運動ダイエットはプロ指導が鉄則

「でもプロが指導してくれるジムとか、高い!」と思うかもしれませんね。けど、アラフォーで筋トレを始めるために、正しい姿勢や方法を教わるのは、避けては通れない道です。

そのため、最低限必要な初期費用であることをあらかじめ覚悟しましょう。

プロ指導の運動ダイエットは価格が高いと思う方は、以下の価格比較をご覧になってください。

家で行うダラダラダイエットにかかる費用。

毎月3,980円のダイエットサプリとか酵素ジュースとかを買う人とか多いですよね?「体内で脂肪分解」とか「セルライトに効いてくれる」とかのサプリ、買ったことありますか?効いたことありますか?

きれいな蓮

多くの方はどこかで「No…」といいそうですよね。

そんな一時の広告に踊らされたダイエット商品に、多くの人が毎月5,000円~20,000円を費やしているといわれています。

つまり…

年間で70,000円~240,000円を無駄なダイエット費用にかけていることになります。10年で70万~240万円ですよ?

蓮

あまりにももったいない!!もっと結果が出るダイエット方法にこそ、投資して~!!

若いうちからずーっと絶え間なくダイエットしているかたこそ、短期集中で結果を出すダイエットに、早くシフトチェンジすべきです。高くとも、投資のし甲斐のあることに、お金をかけるべきなんです。

その「70,000円~240,000円/年」の費用がかかるダイエットは、効果が出てないらです。

私も結婚生活の中で何もしていなかったわけじゃありません。子どもが幼児期は睡眠不足と過重労働の中、産後の垂れたお腹を引っ込めようと、「初回ワンコイン!」とかの怪しいダイエットサプリをいくつも試していました。

泣く女性

(一個も効果がなかった…涙)

だからこそわかるのだけど、ネット上でよく流れてくる「初回ワンコイン!」とか「翌日ドバー」とかに投資するくらいなら、パーソナルトレーニングをした方がよほど安くすみます。(翌日ドバーに数万円投資したレビュー記事はこちら

しかもトレーニングジムならば、「美しいからだ」というそもそもの目標が手に入るし!

家でサプリとかでやるダイエットのデメリット

年間費用⇒7万~24万円
効果は地味に出たり出なかったり(=効果がよくわからない
効果が出るまでに時間がかかる(=一生継続しなきゃいけない)
分割すると数千円の出費なので、大金はたいていることに気がついていない。

パーソナルトレーニングをおすすめする理由

上に書いた「家で飲む怪しいサプリ」と「パーソナルとレーニング」の価格比較をしてみました。代表格のライザップだと、以下のような値段になります。

ダイエットにかかる費用比較。
  • 家でやるサプリとかのダイエット:240,000円/年
  • ライザップのパーソナルトレーニング:348,000円/2ヶ月

    こうやって価格比較してみると、「ようし!パーソナルトレーニングの方がお得だ!」とは思いませんよね。

    パーソナルトレーニングはたった2ヶ月間しか通えないのに高額じゃないかって思いませんか?

    ただ、ライザップは月々1万円くらいの分割払いが可能なので、一般家庭でも無理ではありません。

    >>公式サイトプライベートジムRIZAPで料金の支払い方法を見る

    外見に自信がもてたら…どうやって男性と出会えばいいの?

    白髪染めして、むくみ防止スパッツ履いて、筋トレを2か月くらい頑張ったら…恋をする準備が整ったと言えます!

    さて、いよいよ恋人探しをスタートするのですが、残念ながらアラフォーで「自然な出会い」はほぼ不可能です。

    時間の無駄と言ってもいいでしょう。

    私自身が「自然な出会いで自然に恋に落ちたい…」と夢見る気持ちのある人間だったので、「婚活サイトに登録するような男にそもそも興味がない」なんて上から目線でものを言っていました。

    けど、結局恋人を見つけたのは婚活サイトを経由してのもので、しかもそれは「自然な出会い」と感じられる場でした。

    今は安易なマッチングアプリや婚活サイトがたくさんあります。

    けど、頭数合わせに安価で人をかき集めたり、無料登録者が多数いるものはそもそも「セックス目的が多そう」と敬遠し、しっかりと身元確認して入会金を支払うシステムのものを選びました。

    きれいな蓮

    私は1個しか利用していませんが、その1個が割とよかったので紹介しますね。

    私が利用したのは楽天グループの「オーネット」です。

    楽天オーネットを選んだ理由。
    • 入会金が10万円以上…入会金が10万円以上なので、確実に「結婚に前向きな人」しかいない点で、まず安心感がありました。
    • シングルマザー応援プランあり…入会金が半額!サービスは同等のお得なプランがありました。
    • 業界最大手で老舗…大手で老舗という点で、大きなトラブルや問題は起きていない安心感があります。

    私も初めての婚活だったので、最初はこのような安易なチェックポイントだけで決めましたが、結果的に楽天オーネットでよかったと思います。それは…

    楽天オーネットには子育てママ応援プランがあったからです。あらかじめ、子どもがいてもOKという人が申し込んでくるため、最初の高いハードルを、このサイトの中で超えることができるんです。

    あとは、5人会ってみて、相性のいい方とお付き合いが続いています。成婚料も必要ないので、もう退会してもいいかな?と思っています。

    肥満や薄毛や、今まで女性に一度も関わったことがないような方がきたら、対応できるかな…と不安だったけど、5人中2人はむしろモテそうなハンサムな方が来てくれて、安心しました。うち1人は同じバツイチだったので、話も合い、お付き合いしていける想像がスグにできました。

    泣く女性

    男性を見た目で判断しません。私の恋愛経験が少なく年齢を重ねた方と接する自信が私の方になかったんです…すみません。


    公式サイトはこちら➤➤

    まとめ

    40代で白髪を染めて、筋トレでプロポーションを整えても、よほど美人でない限り「何もしなくてもモテモテ」と言うことはありえません。

    最後の出会いの場には、自分で勇気をもって出かける必要がありますが…

    初めての婚活サイトで学んだけど、登録者が恥をかかない配慮がされているので、かっこ悪くさも感じずにスルスルと彼氏が見つかりました。

    わたしと同じようにアラフォーで離婚して新たに恋人探しをする方のために、心を込めて経験談を書きましたが、お役に立てましたか?

    アラフォーと言っても、80歳まで生きれば人生の折り返し地点です。

    まだまだ長い人生で、身を寄せ合うパートナーを見つけられるよう、お互い日々の美容や出会いの場に出かける勇気を、頑張りましょうね。

    最後まで読んでくれてありがとうございました!