魚津しんきろうマラソン2018,4,22,第38回,エントリー,ホテル,温泉情報

スポンサーリンク



蜃気楼(しんきろう)が見える町に行ったことがありますか?

富山県魚津市は、蜃気楼の見える町。

この町で開催されるマラソン大会にでると、蜃気楼を見ながら走ることができるかもしれません。

走った後は、参加賞としてもらえる各近隣施設の割引券や招待券を利用して、魚津の魅力に触れることができます。

幻想的なマラソン大会について、開催地の詳細とエントリー情報を調べてみました。

第38回魚津しんきろうマラソン2018詳細

ハーフマラソン・車いすの部コースマップ出典:http://www.uozu-shinkirou-marathon.jp/course/

ポイント
主催:魚津市・魚津市体育協会・富山陸上競技協会
開催日:2018年(平成30年)4月22日(日曜日)
スタート・ゴール地点ありそドーム
連絡先0765-23-6550
公式URLhttp://www.uozu-shinkirou-marathon.jp/outline/
開会時間:9:00
参加賞:Tシャツまたはスポーツタオル
雨天:決行
エントリー期間&方法:2017年10月~2018年2月28日(エントリーはコチラから)
定員:車いすの部25名まで

種目・料金・参加資格・スタート時間

10kmの部コースマップ出典:http://www.uozu-shinkirou-marathon.jp/course/

料金参加資格スタート時間
9.5㎞車いす3,000円レーサー仕様車・ヘルメット着用9:00
ハーフ4,000円18歳以上(高校生不可)10:20
10㎞3,500円高校生以上10:30
5㎞一般:3,000円

高校生:2,000円

中学生:1,500円

中学生以上10:10
3㎞1,000円小学生4~6年9:10
2㎞ジョギング一般:3,000円

高校生:2,000円

中学生:1,500円

小学生:1,000円

小学生1年生以上9:40

※去年の大会の参加者は7,534人でした。車いすの部以外の定員数が書かれていません。

スポンサーリンク



アクセス

電車の場合、各線『魚津駅』から徒歩7分。

マラソン大会当日は、近隣道路が混みあうのがセオリー。

公共の交通機関を利用することをおすすめします。

北陸自動車道の『魚津IC』で降りて、車で12分ほどで会場です。

マラソン大会の会場周辺には7つの駐車場が用意されていて、会場まで徒歩10分ほど。

車を停めて、歩くことになります。

上記地図の右下にある『新川文化ホール』だけは、大会会場までシャトルバスが運行しています。

【シャトルバス運行時間】

行き:7:00~10:00(新川文化ホール→ありそドーム)
帰り:10:30~14:30(ありそドーム→新川文化ホール)

この大会のおすすめポイント

2km・3km・5kmの部コースマップ出典:http://www.uozu-shinkirou-marathon.jp/course/

しんきろう鍋

マラソンのあとに豚汁がふるまわれるのは、色々な大会でよくあるサービス。

コチラの魚津市しんきろうマラソンでは、「豚汁」の他に「しんきろう鍋」がふるまわれます。

魚津市は魚介類が豊富にとれる地域。

地元産の魚介類をふんだんに使ったおいしい「しんきろう鍋」、是非味わってみてください。

大鍋で豪快にふるまってくれるので、ついついお代わりしちゃいそうです。

サービスや招待券が豊富!

地方でおこなわれるマラソン大会では、たまに近隣の観光施設の無料券などをもらえることがあります。

この『魚津しんきろうマラソン2018』では、他の大会に負けないくらいたくさんの「招待券」や「割引券」がもらえます。

マラソン大会のついでに、富山県の魅力にたっぷりと触れていってください!という、観光サービス精神を感じますね。

しんきろう鍋・飲み物・大観覧車の無料招待・水族館と埋没林博物館の入館&入浴&買い物割引券

近隣の観光スポット

ミラージュランド

ミラージュランドまとめ情報

出典:http://www.mirageland.net/facility/attractions/#kanransha

日本海側の遊園地では最大級の大きさをほこる大観覧車があるミラージュランド
しんきろうマラソンに参加すると、ここの大観覧車の無料券をもらうことができますよ。

開園期間:平成30年3月18日(土)~12月
開園時間:9:00~16:30(夏期30分延長)
定休日:毎週水曜日(臨時休園あり)
入園料:無料

魚津水族館

 

魚津水族館まとめ情報

出典:http://www.uozu-aquarium.jp/about/

現存する最古の水族館と言われている、魚津水族館。
水族館内の階段の壁には、水族館の歴史年表などがずらりと並べられています。
富山湾の水生生物を中心に、展示されています。
しんきろうマラソンに参加すると、ここの入館半額券をもらうことができます。
営業時間:9:00~17:00
入館料:大人750円、小中学生410円、幼児100円

スポンサーリンク



 宿泊&おすすめのお食事処

遠方から魚津に来た方は、1泊して、現地の魅力を堪能したくなりますよね。

宿泊施設

マラソン大会会場に近い宿泊施設は、ビジネスホテルがほとんどです。

地元の民宿や旅館は山側に位置しているため、車で30分ほどかかるでしょう。

しかもお高い。

家族4~5人で行く場合は、ビジネスホテルで格安に泊まり、食事は外に食べに出るコースをおすすめします。

駅近くのビジネスホテルまとめ
アパホテル魚津駅前:0765-22-8111
魚津マンテンホテル駅前:0765-25-0100
ホテルグランミラージュ:0765-24-4411
ホテルルートイン魚津:0765-22-7411
スカイホテル魚津アネックス:0765-24-9339

金太郎温泉

 

金太郎温泉はこんなところ

元気いっぱい金太郎プラン■ご夕食=お食事会場で、お手頃価格■出典:https://www.kintarouonsen.co.jp/

マラソン大会で疲れた足を癒すために、温泉は欠かせませんよね。
名湯の多い黒部の金太郎温泉は、地元民も一押しの癒しの湯。
大会会場から北東に3㎞ほど行ったところに位置します。
住所:富山県魚津市天神野新6000
連絡先:0765-24-1220

おすすめレストラン

魚津は海産物が新鮮で豊富です。

マラソン大会でふるまわれるしんきろう鍋も、海産物がどっさり。

せっかく夜の魚津を楽しむのならば、地元の海産物をふんだんにふるまってくれるお食事処に行きたいですよね。

魚津駅付近にあるお寿司屋は、地元の新鮮な魚を使ったネタが「ものすごくおいしい!」と評判です。

駅前の「太助」や「大門」「万両」は、新鮮でほっぺたが落ちるほどおいしいけど、お値段もそれなりに…。

回転ずしふくふく

回転ずしふくふく
そこでお子さま連れの方には「回転ずしふくふく」をおすすめします。
魚津まで来て回転ずし?と思いきや、これが鮮度の高いお魚で本当においしい!
しかも回転ずしなので、とてもリーズナブルですよ。
いつもと違ったネタのおいしさに、お子さまも大喜び間違いなしです。
富山県魚津市上村木413
0765-22-8090
営業時間:11:00~21:00(土日)

まとめ

地方のマラソン大会の醍醐味をしっかりと味わうことのできる、魚津氏のしんきろうマラソンの魅力、しっかりとお伝えできたでしょうか。

走っている途中にふと顔をあげると、海に浮かぶしんきろう。

運が良ければ見ることができるという蜃気楼を一度でも目にしてしまったら、毎年この大会の虜になってしまいそうですね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です