東京タワーの鯉のぼり祭り・2018!333匹&巨大さんまのぼり!ライトアップ&歴史

東京タワー 333匹 鯉のぼり

スポンサーリンク



「たくさんの鯉のぼりみたーい!」ゴールデンウィーク近くなると、男の子が言い出しますよね。

そんなときは、333匹もの鯉のぼりが飾られる東京タワーがおすすめです!

鯉のぼりだけでなく、「さんまのぼり」も飾られる東京タワーは、こどもの日までの1ヶ月間、多くの親子連れでにぎわう「名鯉のぼりスポット」です。

駐車場やついでに子供と寄りたいおすすめスポット、ライトアップなどの基本情報。

更に「さんまのぼり」の意味や歴史、ついでに東京タワーに登っちゃおう!のコース案内までお届けします。

以下を参考に、我が子の健やかな成長を願う333匹の鯉のぼり祭りを楽しんでくださいね!

東京タワー333匹の鯉のぼり&巨大さんまのぼり2018の基本情報

端午の節句の恒例イベントとして、東京タワーの高さ333mにちなんだ色とりどりの鯉のぼりと、巨大さんまのぼりが飾られます。

しかも開催期間は1ヶ月間!余裕を持って何度でも見に行くことができますね。


鯉のぼり&巨大さんまのぼり2018の基本情報
  • 開催期間
    :2018年(平成30年)4月4日(水)~5月6日(日)未定
  • 開催時間
    :外なので24時間
  • 開催場所
    :東京タワーの1F正面玄関前
  • 住所
    :東京都港区芝公園4-2-8
  • アクセス
    :大江戸線「赤羽橋駅」赤羽端口より徒歩5分
    :日比谷線「神谷町駅」2より徒歩7分
    :三田線「御成門駅」A1より徒歩6分
    :浅草線「大門駅」A6より徒歩10分
    :JR「浜松町駅」北口より徒歩15分
  • 駐車場
    :最初の1時間600円、以降30分につき300円
    :営業時間9:00~23:00

ライトアップについて

#東京タワー #鯉のぼり #東京タワー鯉のぼり #japan #tokyotower #childrenday #koinobori #may5

audrey78xxxさん(@audrey78xxx)がシェアした投稿 –

  • ライトアップ時間:17:00~23:00

LEDサーチライト10台でライトアップ!鯉のぼりを吊っている15本のワイヤーも、7色に光り輝きます!

17:00なら、子供と一緒に見に行って、帰りにどこかで夕飯を食べて帰宅コースですね。

なぜ333匹なの?東京タワーの歴史とともに解説

「なんで333匹なの?」って子供に聞かれたら、こう答えましょう!

「東京タワーの高さが333mだからだよ!」って。

 

1958年12月23日に完工式を終えて正式にオープンした、旧日本電波塔の東京タワー。
2013年5月12日に電波送信を終えるまで、長い間日本のテレビ・ラジオを支える役割を果たしてきました。

「建設するならば世界一の高さでないと意味がない。」という設計者や建設者の意地もあいまって、完工当初はパリのエッフェル塔(当時312m)を超えた、世界最高の自立式鉄塔としてその名をグローバルにとどろかせました。

 

そんな歴史も一緒に話してあげると、男の子は「日本の東京タワーがフランスを超えて世界最高だった!」ってとこをインプット。

ものづくり大国、日本を誇りに思ってくれるのではないでしょうか。

さんまのぼりは何なの?

鯉のぼり、は日本の節句の風物詩なのでわかりますが、「さんまのぼり」ってなに?って思いますよね。調べてみました!

  • さんまのぼりの長さ:6m
  • さんまのぼりの数:1匹
  • さんまのぼりを飾る理由:毎年9月におこなわれる「三陸・大船渡東京タワーさんままつり」を通じて、友好関係になった東日本大震災の被災者の皆様に、復興のエールの象徴として2011年4月に製作&鯉のぼりの中に飾ったのが始まり。

そう、さんまのぼりは2011年から飾られ始めたのです。

全長6mのさんまのぼりがゆうゆうと空を泳ぐ姿が、被災者の心にエールとして届くことを願うばかりですね。

いつからやってるの?歴史は?

さんまのぼりの歴史は7回目。つまり7年目ですね。

これに対して333匹の鯉のぼりの歴史は、2018年で9年目です。

何十年も続いている伝統行事化と思いきや、意外と短かったですね。

 

おすすめインスタスポットはここ!


やっぱり下から見上げる東京タワーと、鯉のぼりのコラボが一番です!

昼間の東京タワーもいいのですが、夜のライトアップされた東京タワーも、力強くて素敵ですね!

スポンサーリンク



東京タワーついでに登る?

  • 東京タワー営業時間
    :9:00~23:00
  • 150m大展望台入場料:大人900円、子供500円、幼児400円
  • トップデッキツアー
    :2018年3月3日に250mの展望台が、体験型展望ツアーとして生まれ変わりました。
    :ドリンクサービス、フォトカードのおみやげ、スタッフのおもてなしなど、トップデッキツアーだけの魅力満載
    :トップデッキを体験できるのはトップデッキツアーの参加者だけ!
    :料金:大人2,800円、小中学生1,800円、幼児1,200円
    :所要時間:30分以上
  • 毎週、土日祝には子供向けイベント満載!詳しくは公式HP→こちらでご確認。
鯉のぼりを見にきたら、高いタワーを登りたくなるのが男の子!

というわけで、東京タワーのおすすめポイントを紹介してみました。

特に週末は子供向けイベントが満載なので、1日がかりで楽しむことができておすすめです。

 

さいごに

東京タワーの333匹の鯉のぼりと、巨大さんまのぼりを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

男の子には、強く健康に育ってほしいと願うもの。そして、鯉のぼりの由来にちなんだ「登竜門」のように、川を登りきって竜へと成長してほしいものですよね。

 

鯉のぼりの歴史、由来について記事にまとめたので、そちらもあわせてご覧ください。

鯉のぼり・吹き流しの意味や由来は?鯉の色と数の意味も調べてみた

2018.03.03

2018年はぜひ、東京タワーの力強い鯉のぼりを見て、強く健康に育つよう願いをこめてください。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です