秩父夜祭はツアーがおすすめ?屋台と駐車場・2018の日程情報

秩父夜祭 ツアー







  • 秩父夜祭はツアーがおすすめ?
  • 秩父夜祭の屋台と駐車場・2018の日程情報まとめ

国の「重要有形民俗文化財」、「重要無形民俗文化財」、そして「ユネスコ無形文化遺産」である、秩父夜祭の山車。

 

毎年秩父の山車を見るために、日本中から観光客が押し寄せます。

京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられ、毎年12月2・3日に行なわれることも、通例です。

山車の魅力と屋台や駐車場情報をまとめてみたので、遠方からお越しの方はぜひ、参考にしてください。

秩父夜祭のツアーおすすめ一覧

東京・横浜方面からも日帰りしやすい秩父方面!俳優の藤原竜也さんの出身地としても、知られています。

 

調べてみると、山車を観覧するための指定席・ホテル代込みの少し贅沢なバスツアーや、お手軽な日帰りバスツアーもありましたよ。

 

まだ予約可能なので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 

下のリンクから、「秩父夜祭」で検索すると、各種ツアー画面で選ぶことができます!

 

秩父夜祭の日程と基本情報

秩父夜祭の基本情報
  • 開催日程:12/2(日)・12/3(月)
  • 開催時間・12/2(日)【宵宮(一般的な前夜祭)】
    屋台曳き廻し:11:00~16:30、18:00~20:00
    屋台曳き踊り:12:00~16:00
    花火打ち上げ:19:00~20:00頃
    ※2018年の正式発表がまだのため、2017年の日程を参考に予想しました。ご了承ください。
  • 開催時間・12/3(月)【大祭】
    屋台曳き廻し:9:00~未明
    屋台曳き踊り:9:30~13:00
    花火打ち上げ:19:30~22:00
    秩父郷土芸能公開:【西武鉄道西武秩父駅前】10:00~17:00、【秩父鉄道秩父駅前】10:00~15:30、【矢尾百貨店第一駐車場】11:00~19:00頃
    「屋台芝居」公開:13:00~15:00
    おねり(歌舞伎道中)15:00~16:00頃
    秩父歌舞伎公演:16:00頃~
    ※2018年の正式発表がまだのため、2017年の日程を参考に予想しました。ご了承ください。
  • 開催地:秩父神社
  • 主催:秩父神社、秩父夜祭観光祭実行委員会
  • お問い合わせ先:【秩父まつり対策本部】0494-25-5209、【秩父夜祭観光祭実行委員会】0494-21-2277
  • 毎年の動員人数:328,000人(2016年)
  • アクセス:西武秩父線「西武秩父駅」、秩父鉄道「秩父駅」「御花畑駅」

屋台情報

お恥ずかしい話ながら、私は屋台と言うと食べ物!

と思い浮かべちゃうのですが、秩父は違うのでご注意ください笑

なんと秩父夜祭の屋台というのは、通常のお祭りで言う山車のことです。

 

そして秩父地方の山車は、笠鉾(かさぼこ)と屋台(やたい)という2種類の山車があることも判明!

 

秩父には合わせて6種類の山車があるので、簡単にご紹介いたしましょう。

笠鉾・屋台の基本情報
  • 中近笠鉾(なかちかかさぼこ):中村町・近戸町が管理していて、秩父夜祭の中で一番歴史のある山車です。
  • 下郷笠鉾(したごうかさぼこ):下郷地区が管理していて、鉾をつけると16メートルもの高さになるのが特徴です。なんと秩父夜祭の中だけではなく、関
  • 東地区で最大の高さになるんですよ!
  • 宮地屋台(みやじやたい):宮地地区が管理していて、屋台の中(笠鉾以外)では一番歴史のある山車です。
  • 上町屋台(かみまちやたい)上町地区が管理していて、屋台の中では一番大きな屋根を持つことが特徴的な山車です。
  • 中町屋台(なかまちやたい)中町地区が管理していて、屋台の中で最も大きな山車です。
  • 本町屋台(もとまちやたい):本町地区が管理していて、後幕が子供のおもちゃであることが特徴的な山車です。

また秩父夜祭の山車は、

国の「重要有形民俗文化財」であり、

「重要無形民俗文化財」、

そして「ユネスコ無形文化遺産」に認定されています。

 

そのため2016年は32万人以上もの人が、山車を見に行ったそうですよ!

 

ちなみにまだ2018年の公式発表はされていませんが、2017年版の笠鉾・屋台巡行図を載せておきますね。

秩父夜祭 ツアー

引用元:http://www.chichibu.tv/map/h29ryakuzu.pdf

山車ルートを知っておけば、遠方からの観光でも、お祭りを目いっぱい楽しむことができますよ!

 

秩父夜祭の駐車場情報

秩父夜祭 ツアー

引用元:https://navi.city.chichibu.lg.jp/wp/wp-content/uploads/2016/11/2017yomatsuri_koutsu_naka.pdf

本年度の情報更新がされていないため、2017年度の駐車場情報を、参考に載せますね。

 

歴史のあるお祭りですから、駐車場も例年と同じだと予想できます。

 

また上記の情報ですと、合わせて交通規制情報も分かるので、お車で行かれる際は参考にしてください。

 

まとめ

 

秩父夜祭のまとめ
  • 秩父夜祭に行くのであれば、クラブツーリズムのツアーが一押し!
  • 秩父夜祭は毎年、12月2日と3日に行われる。
  • 秩父夜祭にはかさぼこと屋台の2種類の「山車」がある!
  • 毎年30万人以上もの観光客を動員する、「日本三大曳山祭り」の一つである。
  • 山車の通り道と、駐車場や交通情報は、あらかじめ確認してから行くことをおすすめする。

 

ちょっと肌寒い季節のお祭りだからこそ、お祭りの熱気に、心底血が騒ぐ快感を覚えることができますよ!

 

冬にお祭りが恋しくなった方は、腹のそこに響き渡る音色を求めて、ぜひとも秩父夜祭にお出かけください。

以下の記事も併せて読まれています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です