縛りなしWi-Fiのデメリットまとめ!契約する前にチェックすべきポイント







「最近よくきく縛りなしWi-Fiってなに?」って思いますよね。

「縛りなしWi-Fiってどこがいいの?デメリットは?」とも聞きます。

そうなんです。

縛りなしWi-Fiはとにかく「安さ」で大人気。

 

旅行にも入院にも出張にも単身赴任にも、どこでもWi-Fi接続ができて安価の定額料金の、持ち運びできるWi-Fiなんです。

 

私もなんどかお世話になってきたけど、縛りなしWi-Fiはデメリットもそれなりにあり。

Wi-Fiを借りる前にしっかり調べなかったせいで、数千円~の損になったなという経験もしました。

 

そこで今回は、縛りなしWi-Fiのデメリットを中心に、借りる前に知っとくべきことをまとめました!

利用前にしっかりと、デメリットもチェックしておいてくださいね!

 

↓↓安さとサービスでおすすめの縛りなしWi-Fiはこれ!通信制限ないから利用料の多い人でも安心です!


公式ページはこちら

縛りなしWi-Fiとは?

縛りなしWi-Fiとは、契約期間や通信制限に「縛り」がない、モバイルWi-Fiのルーターのことです。

>>縛りなしWi-Fi、他者と比べてどのくらいお得か?クーポンコードで更にお得

 

そして、縛りなしWi-Fiの特徴は、4つにまとめることが出来ます。

縛りなしWi-Fiの4つの特徴

縛りなしWi-Fiの特徴
  1. 通信制限の縛りなし!
  2. 契約期間の縛りなし!
  3. 初期費用や本体代金は無料!
  4. 最短で翌日発送

それでは、各項目について簡単に解説したいと思います。

1.通信制限の縛りなし!

月間の通信制限の縛りがないので、ほぼ無制限に利用が出来ます。

ただし、端末により通信制限が発生する場合もあります。

  • WiMAX端末:3日間で10GB以上の通信をすると、翌日の18時~26時まで制限がかかる
  • SoftBank端末:1日で3GB以上の通信をすると、当日のみ通信速度が制限される

この3GBをめぐって、問題点もチラホラあるようなので、少しご紹介します。

https://twitter.com/famycamp/status/1155803126928048128

動画を見ると通信料が増えるため、3GBではすぐに制限にかかってしまうようです。

「すぐに制限」となるとかなりのストレスなので、

縛りなしWi-Fiは「無制限!」の端末選びを選ぶといいですよ!

 

上の「どんなときもWi-Fi」は上り50Mbpsの下り150Mbpsで月額3,480円。

私がおすすめする月間通信制限なし!契約期間の縛り無し!ポケットWi-Fi【famifi】は、下り440Mbpsで2,480円!

速度と安さでおすすめです!

 

↓↓詳しくはサイトをご覧ください。!通信制限ないから利用料の多い人でも安心です!


公式ページはこちら

 

2.契約期間の縛りなし

縛りなしWi-Fiは通常、契約から2年以内にやめても違約金は発生しません。

(ただし、契約した月は解約できないので、注意が必要です。)

 

他のWi-Fiの会社では、通常「2年縛り」という決まりがあり、2年以内に解約してしまうと違約金が発生しますよね。

この2年以内の解約で違約金がないという点で、縛りなしWi-Fiは素晴らしいんですよ!

 

しかし、縛りなしWi-Fiにも例外があります。

それは縛りなしWi-Fiの「縛っちゃうプラン」を選ぶと、数年契約となり、途中解約は一部違約金が発生するんです。

 

>>詳しくは「縛りなしWi-Fiと縛っちゃうプランの比較!」を!

契約という縛りがある代わりに、月額料金が安くなるというメリットがあるんですよね。

3.初期費用や本体代金は無料!

モバイルWi-Fiの契約では、契約時に事務手数料として3,000円かかります。

この3,000円の手数料が、縛りなしWi-Fiなら無料になります。

そして、本体代金も無料でレンタルすることになるので、代金は発生しません。

 

ただし縛っちゃうプランの場合は、本体は購入することになるので、代金が発生します。

4.最短で翌日発送

縛りなしWi-Fiはなんとインターネットで5分あれば申し込みを完了でき、しかも最短で翌日に端末を発送してくれます。

 

申し込んでから手元に届き、インターネットが使えるようになるまでの時間がかからないんですよ。

急な入院とか旅行の時に大助かり!

私なんてパソコンで仕事をしているから、これがないと生きていけませんもんw

送料無料なのもありがたいですね!

縛りなしWi-Fiの2つのプラン

縛りなしWi-Fiには「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の2つの月額プランがあります。

 

いずれのプランも、支払い方法はクレジットカードのみとなっているため、注意が必要です。

計画的に頼まず、急に解約とかしちゃうと、余計な月料金を払う羽目になるからしっかりチェックしてください。

では、それぞれの特徴について見ていきましょう!

縛りなしプラン

月額が3300円のみで利用できるプランですが、端末を選ぶことができません。

端末はレンタルなので、もし紛失や故障、水没などの事故があった場合は、

弁済金として39800円を支払うことになります。

 

高い弁済金を一括で支払うなんて無理…

という人は、月額500円で入れる安心サポートプランに一緒に入っておくことをオススメします。

このサポートプランにさえ入っておけば、もし端末にトラブルが起こった場合でも、弁済金は10000円だけになります。

ただし下にも書いたけど、長期利用ならば500円×12か月=6000円×使用年数をしっかり計算して、全体が39,800円を超えないように注意してくださいね。

 

縛っちゃうプラン

一方で「縛っちゃうプラン」は、契約期間の縛りがあることと、新品の端末を購入しないといけないなどの縛りがあるため、

月額料金は500円と格安で利用することが出来ます。

縛りはそれなりにきついけど、月額料金の安さが魅力!

縛りなしWi-Fiのデメリットまとめ

今までいくつかの縛りなしWi-Fiを使ってきた感じで、

レンタル前にこれだけは知っておいた方がいい!をまとめてみました。

  • 最短で翌日発送の落とし穴
  • 会社都合で料金が課金される?
  • クーリングオフが使えない
  • 端末は選べないし、故障時の弁済金が高額

既にご紹介した内容もありますが、注意してもらいたい事柄なので、少し丁寧にご紹介していきたいと思います。

最短で翌日発送の落とし穴

最短で翌日発送してもらえるなんて耳にしたら、誰しもが期待してしまうのではないでしょうか?

単純に考えて、申し込んだ翌日に発送してもらえれば、翌々日には届くかも!

と期待する人も多いと思います。

でも、よく公式サイトを読んでみると、

  • お届け先地域で発送が遅れる場合があります。
  • 翌日発送の対応は、締め切りがお昼の12時までです。

と書いてあります。

要するに、お届け先によって、翌日発送に対応できないばかりでなく、

いつ発送できるかお約束できませんと言っているんです。

 

売れ行きのいい時期には、申し込みから1週間たっても端末が届かないという声が出ています。

発送が遅れる場合は往々にして、縛りなしWi-Fiの在庫不足。

「翌日発送!」だけじゃなく、

「時期によっては10日以上かかることもあるんです…」とHPに書いてほしいな~と思っちゃいませんか?

 

私のおすすめの月間通信制限なし!契約期間の縛り無し!ポケットWi-Fi【famifi】は、

土日をはさんで翌日~3日かかると明記してあります!

 

ちゃんと書いててくれると、会社としての安心感がありますよね。

↓↓詳しくはサイトをご覧ください。!通信制限ないから利用料の多い人でも安心です!


公式ページはこちら

 

会社都合で料金が課金される?

縛りなしWi-Fiはクレジット決済しかできないため、

キャンセルをした場合はかなりややこしい手順となるので注意が必要です。

こんな意見もツイッターで見つけちゃいました…

縛りなしWi-Fiの場合は、申し込みのボタンを押した時点で、クレジットカード会社に情報が送られます。

発送が遅れた分の日割り計算した金額がきっちり引き落とされていても、ちゃんとそれに気づける人はマレですよね。

 

しかも上記のTwitterのように、申し込みをキャンセルしたのにも関わらず、

料金が請求されたなんてこともあるようなので、注意が必要です。

申し込みをキャンセルした場合の返金手順の流れ

    1. 縛りなしWi-Fiに申し込む
    2. 月額料金が引き落とされる
    3. 発送前に申し込みをキャンセル
    4. 引き落とした分を返金

 

お支払いはクレジットカードなので、いちど全額を引き落とされた後、お金が返金される仕組みになっていることを理解しておく必要があります。

クーリングオフが使えない

縛りなしWi-Fiの端末が発送されてしまうとキャンセルができないため、

実質クーリングオフ期間は設けられていません。

一部プロバイダでは、端末が届いてから8日以内ならクーリングオフができる会社もあります。

クーリングオフ期間が設けられていることで、

その期間内に使用感や利用できるエリアかどうかの確認ができるので、より安心して申し込むことができるから…今後に期待ですね!

端末は選べないし、故障時の弁済金が高額

縛りなしWi-Fiは、WiMAXとSoftBankの端末をレンタルさせてくれるのですが、

どのモバイルWi-Fiルーターを使いたいと選ぶことはできないんです。

WiMAXがいいと思っても実際にWiMAXが送られてくる場合はかなりマレ。

 

ただし、お住まいのエリアがポケットWi-Fiの対応外のエリアだった場合は、

申し込み後すぐに問い合わせ、その旨を伝えると、WiMAXを送ってくれます。

 

また縛りなしWi-Fiは、契約期間の縛りが無い分、

故障や水没、盗難や紛失などの事故が発生した場合は、弁済金として39800円を支払わなければなりません。

 

申し込み時に月額500円の安心サポートプランに加入していたら、弁済代は10000円で済みます。

が、これは短期利用の方のみお得になる特典。

 

長期利用の場合は、毎月500円ずつ支払う方が、何かあった時の弁済金より高額になってしまう場合も考えられます。

この安心サポートプランは申し込み時にのみ加入でき、

一度加入してしまえば、契約を解消するときまで途中解約はできない仕組みになっています。

ですから、よく考えたうえで加入するかどうかの判断をする必要があります。

契約するときの注意点!

縛りなしWi-Fiを契約するときには、以下の2点に注意しましょう!

ここさえ押さえておけば、どの縛りなしWi-Fiの会社でも大体不安なく対応することができますから!

  1. 無条件での使い放題ではない
  2. 支払い方法はクレジットカードのみ

既に何度もご紹介しているので、もうみなさんの頭の中には十分入っているかもしれませんが、

大切なことなので再確認の意味を込めて、お付き合いください。

1.無条件での使い放題ではない

縛りなしWi-Fiは、完全に無制限のポケットWi-Fiではありません。

一定期間の間でのデータ通信量の上限を設けており、その上限に達してしまうと、速度制限が発生します。

 

動画やユーチューブなど、データ量をたくさん消費してしまうアプリを使っている場合は、あっという間に通信料過多。

不自由な速度制限期間をすごすはめになりますよ。

 

完全に無制限のポケットWi-Fiを探している場合は、

縛りなしWi-Fiではなく、他の会社のWi-Fiサービスを利用することをおすすめいたします。

2.支払い方法はクレジットカードのみ

縛りなしWi-Fiの決済方法は、クレジットカードのみになります。

振り込みや請求書払い、コンビニ払いなどには対応していないため、注意が必要です。

 

もし、クレジットカードを持っていない人が申し込みたい場合は、

新たにクレジットカードを作るか、すでにカードを持っている人に名義を借りて申し込みを行う必要が出てきます。

どうしてもクレジットカード以外の方法で申し込みたい場合は、

他社のポケットWi-Fiサービスを利用する以外方法はありません。

 

↓↓詳しくはサイトをご覧ください!通信制限ないから利用料の多い人でも安心です!


公式ページはこちら

 

おわりに

縛りなしWi-Fiと聞くと、一見何も縛りがないように思いがちですが、そうではありません。

縛られる部分を公式ページなどをよく検討したうえで、契約に進むかの判断をする必要があります。

縛りなしWi-Fiのデメリットまとめ
  • 最短で翌日発送されないことも多々あるので、それを明記した誠実な会社を選ぼう!
  • キャンセル時にクレカの引き落としが泊まるのが遅いケースがある。後に返金されるが、価格に相違ないか要チェック!
  • クーリングオフが使えないので、慎重に契約しよう!
  • 端末は選べないけど、一部地域ではWIMAXしか使えないから問い合わせてみる価値あり!
  • 故障時の弁済金が高額…月々500円の安心サポートプランは、一度はいると解約まで解消できないから、期間が長くなるとプランを利用しない方がいいこともあつる

こうしてかくと、「縛りなしWi-Fi、よくないじゃん」と思うのだけど、縛りなしWi-Fiを上回るポケットWi-Fiは、無いと思います。

なので、どの縛りなしWi-Fiを、どんなふうに頼むか?という契約時の注意が最も大切。

デメリットを理解したうえで、縛りなしWi-Fiをかしこく活用してくださいね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です