山梨のいちご狩り【予約不要・当日予約】のおすすめイチゴ園11選!

山梨 いちご狩り 予約不要







フルーツ王国山梨の名物いちご狩り!

関東からも日帰りで来れる山梨のイチゴは、旬にとりたてを食べると死ぬほどおいしいです!

そこで今回は地元民でくだもの好きなわたしが…

山梨のいちご狩り・予約不要(当日予約)OKの農園をランキングで紹介いたしますね!

イチゴ狩りは大体30分という時間制限がありますが、

時間無制限のいちご農園も探してみました。

ご家族でお出かけの際に是非、参考にしてください!

いちご狩りの時期

イチゴ狩りの旬は12月下旬から5月上旬。

他の果物の旬と反転しているところがポイント!

気候によって前後しますが、毎年2~3月が食べごろでおいしいです!

4月以降は旬の終わり目ということもあり、料金が格安になる農園が多いから、春休みに合わせてくる方も多いですね

いちご狩り、予約なし&当日予約はOKなの?

いちご園の多くは予約必須です!

ただ、観光で山梨に来たついでに、せっかくだからいちご狩り行きたいね!って急に思い立つこともありますよね。

「予約してないけど」って不安になるかもしれませんが、ご心配要りません。

多くのいちご園が、「当日予約OK!」だからです。

当日予約=行く直前に電話すればOKってこと。

これなら出来そうですよね。

ここで注意が必要ですが、行く前のいちご園への電話は、必須です!

いちご園によっては、急に「今日はいちごがなくなったので終わりです」とか、ありますからね!

なので、行く直前でもいいので、必ず事前に電話だけはしましょう!

事前予約の電話必須→確認すること

いちご狩りの一番ポイントは『行く前に事前連絡すること』です!

電話で確認することを、以下にまとめてみました。

  • 営業しているかどうか
  • 送迎(必要な場合)してくれるかどうか
  • 価格と時間制限

その他、

  • ペットを連れていけるか
  • いちごを食べない家族は無料でいいか?(2歳児以下のお子さんなど)
  • 営業時間は?
  • 食べ放題の時間は?

など、必要に応じてあらかじめ聞いてくださいね。

 

うちの長男はいちご食べるけど、次男は食べない…私は事前に必ず

  • 食べない子供料金を取るかどうか

を確認します!

以前、食べないのに1200円取られた心の傷からいまだに立ち直れない…(笑)

節約ママさんたちは、絶対に事前予約電話で、子供料金確認してくださいね!

いちご狩り農家の選ぶポイント

「いちご狩りなんてどこの農園でも一緒じゃない?」と思っているあなた。

農園によって、個性があるのです。

いちご農園による違い
  • 価格
  • 食べ放題の時間制限
  • 駅やICからのアクセス
  • 駅までの送迎をしてくれるかどうか
  • 営業時間
  • ナイター営業の有無
  • いちごの品種(こだわる方のみ)

食べ放題時間

食べ放題タイムは普通は30分。

30分よりも長いいちご農園
  • 「こまざわフルーツファーム」→60分
  • 「いちご農園藤田」→40分
  • 「おくやま果樹園」→40分

※調査時より変わってることもあるので、事前に確認してくださいね!

いちごに目がない!という方は上記3つの農園を選ぶといいでしょう。

アクセスが便利な農園

いちご農園は、大きなハウスのある地域なので、たいていはアクセスが不自由です。

車で旅行に来た場合はいいけど、電車の場合は駅からの距離が遠くて困ります。

でも安心してください!

いくつかのいちご農園では、駅まで車で迎えに来てくれるサービスがあるんです!

 

HPで送迎OKと書かれていない農園でも、電話で頼めば送迎してくれるかも!

 

ダメもとで事前に電話で聞いてみると、送迎が無理でも、簡単に来られるバス情報などを教えてくれたりしますから!

いちご狩りのナイター営業

多くはないけどたまにナイター営業をしているいちご農園もあります。

(記事下部で紹介!)

行楽に都心から山梨に来て、帰りがけに寄っていくなど、夕方以降のいちご狩りの方におすすめ!

これらのことをふまえた上で、以下のいちご農園をご覧ください。

いちご狩りのおすすめ農園ランキング!


 

8位:佐野農園

デザート, イチゴ, タルト, ベリー, フルーツ, カップケーキ, ケーキ
  • 住所:甲州市塩山西野原328
  • 連絡先:0553-33-4941・090-3530-0368
  • アクセス:中央道『勝沼IC』より、車で15分ほど
  • 料金:1,000~2,000円・子供600円~1,200円
  • いちご狩りの期間1月~ゴールデンウィーク
  • いちご狩りの時間帯:10:00~16:00
  • いちごの品種:章姫・紅ほっぺ・ほのか

トッピングの持ち込みOKの佐野農園。

練乳だけではなく、生クリームやケーキやチョコフォンデュもOKというから驚きです。

行ったことのない農園ですが、生クリーム持参でいってみたい!

7位:いちご園『藤田』

イチゴ, おいしい, フルーツ, 食品, 果物, 甘い, 食べる, クローズ
  • 住所:山梨県甲府市下今井町171-1
  • 連絡先:055-244-1616
  • アクセス:中央道『甲府南IC』より数分
  • 料金:1,000円~2,000円・子供600円~1,500円
  • 期間:12月24日頃~5月末頃

料金が1,500円~2,500円(子供1,100円~2,000円)と、料金アップの40分いちご狩りコースを楽しむこともできます。

1日限定5組までなので、ご予約はお早めに!

流行っているいちご農園は、運が悪ければ「いちごが取られつくされて」います…。

せっかく来たのに、青いいちごばかり…ってなりたくなければ、こちらの農園にお越しください。

6位:いちご園みない

  • 住所:山梨県中巨摩郡昭和町飯喰466-1
  • 連絡先:090-7631-4361
  • アクセス:中央道『甲府昭和IC』より車で5分
  • いちご狩りの期間:12月上旬~5月中旬
  • いちご狩りの時間帯:9:00~15:00
  • 休園日:1月1日2日は午前中のみ営業。他は要問合せ。
  • いちごの品種:章姫
  • 駐車場:あり

料金

期間大人&小学生以上幼稚園児
12月25日~1月10日2,000円1,300円
1月11日~2月末1,800円1,200円
3月1日~4月20日1,600円1,100円
4月21日~5月10日1,300円900円
5月11日~閉園1,000円500円

子宝&安産祈願ができる

草かんむりに母と書いて「苺」(いちご)と読みます。

熟した赤い実の横に、いくつも粒なりに実を結ぶ苺は、子宝の象徴。

苺の持つ子宝や安産パワーを訪れた人にも享受できるよう、園内には子宝祈願の神社があります。

「鈴なりの鈴」に触って祈願すると、子宝に恵まれると言い伝えがあり、新たなパワースポットして注目を集めています。

5位:土方洋ランいちご農家

  • 住所: 山梨県甲府市上町592
  • 連絡先:055-241-3063
  • アクセス:中央道『甲府南IC』から車で10分
  • いちご狩りの期間:1月7日~5月上旬
  • いちご狩りの時間帯:9:30~16:00
  • 休園日:不定休(事前に営業しているかを電話確認した方がよい)
  • いちごの品種:不明
  • 特徴料金高め

料金

小学生以上3~6歳(3歳未満無料)
12月~1月15日まで2,000円1,500円
1月16日~1,800円1,200円
2月28日まで1,800円1,200円
3月1日~4月9日1,600円1,100円
4月10日~5月7日1,200円1,000円
5月8日~終了1,000円800円

ここの農園はアクセスが良く、他県からの来園者が多いと聞きます。

ガイドブックにもよく見かける農園なので、来たことのある人も多いかもしれませんね。

いちごカフェ

園の横にある「いちごカフェ」では、とれたていちごのかき氷やパフェがメニューにあります。

農園でとれたいちごを使ったメニューが人気です。

自家製いちごシロップも味わうことができますよ!

古瀬スポーツ公園のすぐ近く

この農園のすぐ近くに、有名な『古瀬スポーツ公園』があります。

大型の競技用施設のある古瀬スポーツ公園は、子供に大人気。

半日ほど遊び倒せる規模なので、いちご狩りの前後に是非お立ち寄りください。

古瀬アリーナ

古瀬スポーツ公園にはアリーナがあります。

このアリーナ、何と毎年7月1日から3月31日まで営業しているんです!

「え?どうゆうこと?」って思いますよね。

初夏に始まって、夏休みとか、スケートリンクで滑ることができるんです。

そのまま、秋冬と開業し続け、なぜか春休みに閉まってしまう(笑)

開業時期が長いため、地元のスケート選手もよく練習していて、運が良ければ上手な選手のジャンプやアクセルを見ることもできますよ。

4位:石原農場

  • 住所:甲府市小曲町1337
  • 連絡先:090-7840-1486・055-243-6700
  • アクセス:中央道『甲府南IC』より車で5~10分
  • 料金:1,000~2,000円・子供800~1,500円
  • いちご狩りの期間:1月1日~5月末まで
  • いちご狩りの時間帯:10:00~16:00
  • 休園日:不定休
  • いちごの品種:章姫・紅ほっぺ・とちおとめ・さちのか・やよい姫
  • 駐車場:あり(20台)

農園主石原さんの人柄が好評で、リピーターの多い農場です。

いつ行っても大勢の人でにぎわっていて、また行きたくなるおすすめ農園。

地元民に人気のいちごの味にも定評のある農園で、お土産に手作りいちごジャムもおすすめ!

都会のカチッとした「おもてなし」ではなく、各農園主さんのあたたかい人柄に触れられるのが、地方の果物狩りのいいところだと思います。

石原さんの素晴らしい人柄でランクイン!

3位:山梨市中島フィールズ

  • 住所:山梨市南2905
  • 連絡先:09046742721
  • 参照URLhttps://www.kudamononavi.com/picking/nakajima.htm
  • アクセス:JR山梨市駅から車で10分(予約すれば駅まで送迎してくれます!)
  • いちご狩りの期間:12月上旬~5月下旬
  • いちご狩りの時間帯:9:00~16:00
  • 休園日:期間中は無休(念のため事前連絡確認をおすすめします)
  • いちごの品種:章姫・紅ほっぺ・アスカルビー・かおり野・桜香・桃薫・かなみひめ
  • 駐車場無料あり(50台)

料金

6歳以上1,000~2,000円
3~6歳(3歳未満無料)800~1,000円

品種が多い

こちらの農園のおすすめポイントは、品種が多いこと!

いちごの品種って、「とちおとめ」くらいしか知らなかった私ですが、品種によって味や形が変わることも、狩りの中で楽しむことができました。

ワンちゃん連れでも入園OKなので、愛犬と一緒にいちご狩りを楽しんでいる飼い主さんもいましたよ。

フルーツ公園の近く!

苺, 新鮮な果物, デザート, 赤, 健康, ダイエット, ベリー, 菜食主義者

山梨で子供が一日楽しめる公園として、以前フルーツ公園を紹介したことがあります。

ここはフルーツ公園のすぐ近く!

公園の行き帰りに立ちよって、ビタミン補給してはいかがでしょうか。

2位:飯島フルーツファーム

  • 住所:山梨県山梨市南2905
  • 連絡先:090-7704-7067
  • アクセス:JR山梨市駅から車で10分・中央道『勝沼IC』から車で3~40分
  • いちご狩りの期間:12月下旬~5月下旬
  • いちご狩りの時間帯:9:00~16:00
  • 休園日:不定休(事前に営業しているかを電話確認した方がよい)
  • いちごの品種:章姫・紅ほっぺ・やよい姫・さがほのか・アスカルビー・おおきみ
  • 特徴景色が最高!

料金

小学生以上未就学児(3歳未満無料)
12月~1月3日2,000円1,000円
1月4日~2月末日1,800円1,000円
3月1日~4月10日1,600円1,000円
4月11日~5月10日1,400円800円
5月11日~終了1,000円600円

 

景色最高

ここも、上に紹介した中嶋フィールズ同様に、フルーツ公園のある山の上にあります。

そのため景色がとにかく最高!

小型犬も入園可能です。

スタッフさんが親切丁寧

ここの農園主さんは親切丁寧な対応をしてくれると評判です。

畑にいっていちごを食べるだけではなく、地元山梨の人柄に触れあえるのも、くだもの狩りのいいところですよね。

1位:林いちご園

  • 名称:林いちご園
  • 住所:山梨県笛吹市石和町唐柏319-3
  • 連絡先:090-4074-6988または055-262-4564
  • アクセス:中央自動車道『笛吹八代スマート』を降りて、車で5~10分ほど※
  • いちご狩りの期間:1月上旬から5月末(ゴールデンウィークOK!)
  • いちご狩りの時間帯:9:30~16:30(受付16:00まで)
  • 休園日:元旦と、食べごろの赤いイチゴが畑にないとき
  • いちごの品種:章姫・紅ほっぺ・かおりの
  • 特徴:イオン水で栽培

※ナビの行き先を「笛吹市いさわ西小学校」にするとスマートに行ける

※予約優先なので、事前に電話していくと確実。

林いちご園の料金

  小学生以上 小学生未満(3歳未満無料)
 12月~1月7日 2,000円1,500円
1月8日~2月いっぱい1,800円1,200円
3月1日~4月7日1,600円1,000円
 4月8日~5月7日 1,400円800円
 5月8日~5月中旬 1,100円600円

すべて税込み価格で、30分食べ放題の価格です。

30分って短いと思いますか?

夢中にいちごを狩って食べていると、十分まんぷくになりますよ。

練乳のお代わり2杯まで。

練乳って、森永とかの練乳クリームのことです。

入り口で入園料を払ったら、練乳の入った白いパックを渡されます。(人数分)

そこにもぎ取ったいちごをつけながら食べ放題。

練乳がなくなったら「くださーい」と行くと、スタッフさんが入れてくれます。

数年前に行ったときには、たまたまスタッフさんがいなくて、練乳が机に置いてあって、自分で入れていました。

青いイチゴの中から、真っ赤な熟したいちごを探し出して食べる快感を楽しめます。

林いちご園はアクセスがいい

イチゴ, コーヒーカップ, コーヒー, カップ, 小休憩, 甘いいちご

東京からのアクセスが近いところがおすすめポイント。

もっと手前の勝沼ICで高速道路を降りて、20号線で向かっても、大して時間はかわらずに到着することができます。

4月ならば桃がピンクに咲き誇る景色を楽しむことができるでしょう。

林いちご園は安い!

イチゴ, 木イチゴ, 赤, ベリー, 熟した, 甘い, おいしい

農園によって料金はちょっとだけ変わります。

次男が3歳の時連れていって、「この子いちご全く食べません」と言ったら、「じゃあいいよ」と無料にしてくれたことも。

その場の交渉や、農園スタッフさんにもよるため、確実ではありません。

基本はあくまでも3歳未満が無料。

こういう人間味を感じると、あたたかくていい農園だなって思えますよね。

「3歳未満じゃないから!」といって、食べないのにお金をとるところもあります。

こればっかりは、対応スタッフさんに左右されるので、仕方ないのかもしれませんね。

いちご狩りの時間制限が60分!こまざわフルーツファーム(ドッグランあり)

  • 住所:山梨県笛吹市石和町東油川290-1
  • 連絡先:090-1855-8585・055-261-7715
  • アクセス:中央道甲府南ICから車で6分
  • いちご狩りの期間:12月下旬~5月下旬

料金

小学生以上未就学児
開園~1月3日2,000円1,200円
1月4日~2月末1,800円1,000円
3月1日~4月13日1,600円900円
4月14日~5月7日1,200円700円
5月8日~閉園800円500円

食べ放題のいちご狩りの時間が60分と、通常の倍の時間なので、料金もちょっと高めです。

制限時間が60分!

ここのいちご園は、通常ならば「30分食べ放題」のいちご狩りが、なんと60分。

「30分じゃ短すぎる!」と思う方は、是非こちらにお越しください。

お値段はちょっと高いけど、60分は魅力です。

ドッグランがある!

このいちご園には大きなドッグランがあります。

いちご狩りにワンちゃんを連れてくる方は多いらしく、ワンちゃん入園OKと書かれたいちご園がたくさん。

でもこんなに広いドッグランがあるのはここだけです!

こどもたち
都会のワンちゃんなど連れてきて上げたら、きっと大喜びでしょうね。

無料送迎あり

いさわホテルや駅から、あらかじめ予約しておけば、大型バンでお迎えに来てくれます。

無料送迎のあるいちご園は他にもあるので、予約時に聞いてみるといいでしょう。

いちご狩り【ナイター営業あり!】の2選!

グルメいちご館・前田

大人気なので予約しないと入れないことが多いです!

  • 住所: 山梨県中央市成島1437
  • 連絡先:055-273-3519(携帯:090-7003-6866)
  • アクセス:JR小井川駅から車で4分・中央道『甲府南IC』より車で西に10分ほど
  • いちご狩りの期間:12月上旬~5月末
  • いちご狩りの時間帯:10:00~15:00 & 18:00~20:00(9:00~10:00はお体の不自由なお客様専用時間帯
  • 休園日:不定休(事前に営業しているかを電話確認した方がよい)
  • いちごの品種:章姫・紅ほっぺ・かおりの・アスカルビー・ホワイトレディー
  • 特徴予約優先!予約しないと入館できないことがおおい

料金

小学生以上幼稚園児
12月上旬~1月31日2,100円1,000円
2月いっぱい2,000円1,000円
3月1日~4月10日1,900円800円
4月11日~5月10日1,600円500円
5月11日~5月29日1,300円500円

大人は高め、子供や安めの料金設定です。

ナイター営業がある!

いちご畑にはめずらしく、ナイター営業があります。

昼間は仕事などで来られない地元の人は、ナイターを利用して旬のイチゴを楽しみます。

子供料金がとにかく安い!

イチゴロール, イチゴ, イチゴケーキ, ビスケット, Bisquitrolle

これはうれしい!

子供は、狩るのが楽しみたいだけで、食べれる量は本当に少ないですから。

我が家も、子供が宝探しの様に見つけてくれた真っ赤ないちごを、ママが食べる、という役割分担。

小さなお子様のいる家庭はどこもそうではないでしょうか。

3~6歳の子供の食べるイチゴの量はせいぜい3~4粒。多くて10粒。

とれたてのおいしさや、「狩り」を楽しむという付加価値があったとしても、30分1,000円以上は高過ぎだと思ってしまいます。

前の食事を控えめにして、たくさん食べるぞ!と調整できる大人は、その分ちょっと高めの料金。

でも十分「満足!」と思える内容の濃さですよ!

高級いちごも食べられる

狩り以外にも、1粒150円であかねっこ・愛ベリー・サラダいちごという高級品種を味わうことができます。

「1粒かよ~」と思うかもしれませんが、狩りで満たされたお腹には、一粒で十分満足できます。

残留農薬ゼロ!

この農園のイチゴは、残留農薬ゼロ!が自信です。

小さな子連れで行く場合、安全安心なうえに料金も安い

入館制限がありますが、事前予約していけばいいだけのこと。

リピーターも多く人気の農園で、一度ここに来ると、またここに来たくなるおすすめのいちご畑です。

おくやま果寿園

果物, イチゴ, フルーツ, 赤, デザート, 装飾された, おいしい, 健康
  • 住所:甲州市塩山藤木465
  • 連絡先:0553-33-5287
  • 参照URLhttps://www.okuyamafarm.com/
  • アクセス:中央道『勝沼IC』より車で15分ほど
  • 料金:1,200円~2,100円・子供600~1,300円(40分)
  • いちご狩りの期間:12月~5月下旬
  • いちご狩りの時間帯:10:00~16:00・17:00~19:00
  • 駐車場:あり

コチラもナイター営業ありです(ナイター300円増し)

しかも食べ放題40分と、他よりもちょっとながめ。

天然ミネラル水で、減農薬とこだわりのイチゴがたくさん実っています!

子供の口にするものは、できれば無農薬や、健康にこだわったものがいいと考える方にも安心のいちご農園です!

いちごの品種について

イチゴ, 果物, フルーツ, 赤, 甘い, 食品, おいしい, ビタミン, 夏

いちごにはいくつか品種があり、山梨のいちご農園ではおおむね6種類のイチゴが栽培されています。

以下に書かれていないイチゴを食べられたら、ラッキーかもしれませんね!

  • 章姫:細長く、大ぶりで、酸味が少なく糖度が高い。定番いちごです!
  • かおり野:収穫時期が短く、大きくて酸味が少なく爽やかで、上品な香り!
  • とちおとめ:大粒でジューシーで酸味が少なく香りがいい、スーパーなどでよく見かける品種。
  • 紅ほっぺ:章姫×さちほのか。ほっぺが落ちるくらいおいしいことから命名。
  • やよい姫:大きくて明るい色。甘みと酸味が特徴。
  • ホワイトレディー:爽やかでもものような味。いちごの枠からはみ出すほどの高い糖度が人気。

まとめ

イチゴ, ベリー, 赤, ボウル, バスケット, 新鮮な, ナチュラル

山梨の人気の高いいちご狩りの畑を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回紹介したところは、全て行ったことのあるところです!

いちご狩りのポイント
  • いちご狩りに行く前に事前連絡は必須
  • 事前に聞くこと①営業しているか②予約できるか③駅からの送迎ありか④ペット可能か(ペット連れでいきたいとき)
  • 料金はおおむね、税込みで「30分食べ放題」の料金
  • 3歳未満は無料

東京からお越しの方は、あらかじめどこの畑に行くのか、あたりをつけてから行くことをおすすめします。

中央道の高速を降りるICが農園によって違いますからね。

そして繰り返しますが、例え当日の、行く直前であったとしても、「事前にいちご農園に電話すること」は必須です!

行って「本日おやすみ」ってこと、本当にありますから。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です