相模原市民桜まつり2018の神輿パレード、ライトアップや屋台について

相模原 桜 2018

スポンサーリンク



関東でもトップクラスの人気をほこる、神奈川県相模原市の桜まつりにでかけたことはありますか?

東京からも日帰り圏内。

アクセスも良い相模原の桜まつりが、なぜ日本を代表するほどの人気なのか。

その秘密を探ってみました。

スポンサーリンク



相模原桜まつりの基本情報

ポイント

名称
:相模原市民桜まつり
開催場所
:相模原市役所前さくら通りほか
開催期間・時間
:平成30年4月7日(土)13:00~17:00・4月8日(日)10:00~17:00
主催
:相模原市民祭り実行委員会事務局
連絡先
:042-769-8236
駐車場
:なし
桜のライトアップ時間
:18:00~22:00
観光客総数
:約50万人(2017年)

アクセス

JR横浜線『相模原駅』から徒歩15分。

無料の巡回バスが15分おきに発車!バス巡回時間は以下のとおりです。

2018年4月7日→11:00~18:15
2018年4月8日→8:00~18:15

駐車場がないため、公共機関のご利用をおすすめいたします。

 

桜まつりのイベント詳細

おみこしパレード

平成30年4月8日の11時ごろから、さくら通りでお神輿パレードが催されます。

活きのいい掛け声とお銚子のリズムに思わず日本人の血が躍るパフォーマンス。

相模原、お神輿連合会による踊りも見ものです。

商店街の屋台

意外と、毎年の参加者の評判を聞くと、「屋台が安かった!」という喜びの声が。

お花見は楽しいけれども、そういうところの出店はとても高い印象がありますよね。

むかしは100円のワンコインだったのに、今は500円のワンコインの綿菓子や焼きそばがほとんど。

けれども相模原の桜まつりは違います!

屋台の出店者が地元の商店街の方々なので、価格も実に良心的。

遠方からはるばるやってきて、地元相模原市民の暖かい歓迎に、翌年もまた行きたくなるでしょう。

 

相模原の桜の見頃と例年の開花時期

相模原 桜 2018

相模原の桜の開花状況、2018年の予想をしてみました。

2016年2017年
桜の開花日3/233/25
桜の満開日4/24/6

上の表は2016年と2017年の桜の満開日情報です。

桜はちょっとの気候差によって、毎年数日から1週間ほど満開日がずれます。

2018年の満開予測日は、前年と前前年の情報から4/1~4/7あたりが予想できます。

相模原市民桜まつりは4/7と8日。満開をちょっと過ぎているかもしれないけど、まだまだ美しい桜を見ることができそうです。

スポンサーリンク



まとめ

関東で一番人気と言われる相模原の市民桜まつり情報を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

通常桜まつりは1週間ほど催されますが、相模原ではわずか2日間。

だからこその盛り上がり。だからこその人気なのかもしれません。

1年に1度、2日間にすべてをかけるからこそ、踊りやイベントも盛り上がるのでしょう。

きれいな桜と日本有数の芸能を堪能したい方は、春休み最後の週末に、是非とも相模原にお出かけください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です