陸王杯・行田市鉄剣マラソン2018第34回のエントリー周辺情報☆ドラマに出てきた街並み紹介も!

スポンサーリンク



古代の風を切って走る『行田市鉄剣マラソン』も34回目の開催をむかえます。

ハーフや10㎞は人気で、毎年あっという間にエントリーが閉め切られてしまうとか。

子供も参加できるワンコイン(500円)コースもあるので、春休みのアクセントに家族旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

会場になる古代蓮の里公園の魅力についても触れていきます。

以下をご覧になって、春先のマラソンに合わせて体つくりを頑張りましょう。

陸王杯・第34回行田市鉄剣マラソン2018の基本情報

ポイント
会場・コース案内出典:http://tekken-marathon.jp/course/

開催日:平成30年4月1日(日)
開催場所:『行田市古代蓮の里公園』から『さきたま古墳公園』を含む市内周回コース
住所:行田市小針2375-1(受付場所)
開始時間:8:10
主催:行田市体育協会
連絡先:048-556-8336
雨天:決行
参加賞:スポーツタオル(ジョギングをのぞく)
表彰:5位まで
定員:2,000人(ハーフ)、1,000人(10㎞)、5㎞と1㎞は定員なし
申込期限:平成30年1月26(金)まで(ランネットより)

行田市の2つの公園をまたぐ市内の周回コースです。

公園内設備については以下をご覧ください。

上野コース写真の左下には『武蔵水路千本桜』という有名なお花見コースが。

4月1日と言えば、関東圏の多くの場所で、ちょうど桜が満開を迎えるころ。

例年通りであれば、満開の桜並木の下を走ることになりそうです!

 

種目・参加資格・料金

種目参加資格料金スタート時間
ハーフ一般男女

高校生

3,500円

高校生1,500円

9:10
10㎞一般男女

高校生

3500円

高校生1,500円

9:30
5㎞一般男女

高校生

中学生

3,500円

高校生1,500円

中学生500円

9:20
1㎞(ジョギング)小学4年

5年

6年

ジョギング(誰でも)

500円8:50(小学生)

9:00(ジョギング)

どの種目でも、高校生が積極的に参加しやすくなっているのがお分かりでしょうか。

近隣の高校の部活動の一環として参加する団体もいそうです。

こどもたち
気軽に楽しめる小学生のコースは1㎞。

スポーツ得意な子ならば、全速力で1㎞をかけぬけ、1位をねらってくれそうです。

どたばたとゴールになだれ込む、小学生男子の元気な姿が目に浮かびますね(笑)

ゼッケン・ICチップ

蓮, 工場, 花, 自然, 葉, 花びら, トロピカル, ホット, アジア

マラソン大会に必須のゼッケン(ナンバープレート)と、ゴール時のタイムを自動で計測するICチップは、ご自宅に事前に送られてきます。

このナンバープレートとICチップを万が一忘れてしまうと、会場で再発行に1500円かかってしまうので、くれぐれも忘れずに!

ICチップに関しては、高価なため何度も使用するもの。

ほとんどのマラソン大会で、走った後に主催者サイドがICチップを回収します。

当日都合が悪くなって参加できなくなった場合などは、郵送で送り返す必要があるので注意してくださいね。

アクセス

駐車場は事前に申し込む

車でお越しの方は、事前に駐車場の利用を申し込む必要があります。

コチラの申し込みページの「e-moshicom」からエントリーと同時に申し込むことで、古代蓮の里公園横の駐車場を利用することができます。

事前に駐車場を申し込まなかった場合

ストリート, 駐車場, 車, 市, 夜, アスファルト, 方法, 光

「行田市総合公園臨時駐車場」をご利用ください。

総合公園からマラソン大会会場までは、臨時のシャトルバスが20分おきに発着しています。

会場までは約15分ほど。

電車でお越しの場合

JR行田駅東口から、マラソン大会会場まで臨時のシャトルバスが出ているので、ご利用ください。

大会会場まで約15分ほど。

当日は交通規制があるため、できれば電車でのお越しをおすすめいたします。

うれしい託児サービス付き

日本, 自然, 植物, 花, ハス, 蓮

なんてこった…!マラソン大会も進化したものです!

小さい子ども連れのママのために、託児サービスまでついている大会なんて、本当にレアで親切な主催者さんです!

「マラソン大会に出たい…でも子どもを見ていてくれる人もいないし…」

シングルの悲しい現状に何度涙したことか…

わたし、毎年行こうかな、この大会…(笑)

あ、ちなみにご利用は未就学児にかぎります。

託児希望の方は、事前連絡をして申し込みくださいね。→048-556-8336

古代スープ・ドリンクサービス

魚のスープ, スープからの海の幸, プレゼントの海, 貝殻, ムール貝, 食べ物

マラソン大会ではよく、豚汁とかみそ汁とかサービスしてくれます。

でも、行田氏マラソンでは『古代スープ』って(笑)

内容がみそ汁だったら笑えますね(笑)

気になるw

これは話のタネに是非飲んでみたい!

飲んだ方は、ツイッターにアップしていただきたいですね!

古代蓮の里公園

出典:https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/

1,400年以上も昔、マラソン大会会場付近は湿地帯だったと言われています。

1970年代に、都市開発のときに偶然できた工事現場横の池に、ぷかぷかと突如現れた蓮の花。

1,400年以上の眠りから覚めた蓮の花は合計52個。

すぐさま蓮の研究者の手によって、古代蓮であることが判明しました。

以来行田市の古代蓮の里公園では、自然の眠りから覚めるままの蓮の発生を見守る場所。

マラソン大会のときには花は咲いていないので、開花する7月ごろにも是非、蓮の花を見に訪れてみてください。

わたくしの名前も「蓮」。

なんだか運命を感じるので、子供と一緒に「ジョギングコース」に申し込もうと思います(笑)

さきたま古墳群

学生時代、考古学をちょっとだけかじっていた私からすると、さきたま古墳公園は日本の歴史の聖地ともいえる素晴らしい文化遺産が眠る場所。

こどもたち
こんな贅沢なコースを走るなんて!

記事を書きながら目からうろこ。さらに大会にエントリーしたくなる誘惑にぐいぐい惹かれています。

みなさまと、マラソン大会会場でお会いしているかもしれませんね(笑)

関東最大規模の古墳

雑談はさておき、利根川と荒川に挟まれた現・行田市の平野部は、古来日本文明の栄えた歴史の眠る土地。

6世紀につくられたこの地の古墳群は、なんと関東地方最大規模。

鉄剣が出土

このマラソン大会の名称にもなっている「鉄剣」。

さきたま古墳の稲荷山から出土した『115文字の金錯銘鉄剣』という名宝からきているのです。

埼玉県立さきたま史跡の博物館

「金錯銘鉄剣」写真提供:埼玉県立さきたま史跡の博物館出典:http://www.sakitama-muse.spec.ed.jp/

国宝にも認定されたこの出土品は、現在埼玉県立さきたま史跡の博物館に収蔵されています。

昭和60年にこの鉄剣が国宝に指定されたことを記念して、『第1回行田市鉄剣マラソン』が開会されました。

せっかく行田市まで来たのなら、10㎞・ハーフマラソンのコース近くにある博物館にぜひ立ち寄ってみてください。

博物館の利用料金は以下の通り。

一般200円
高校生

学生

100円
中学生以下無料

スポンサーリンク



まが玉作り体験ができる!

コチラの史跡の博物館、なんとまが玉作りの体験会をしています。

体験時間(制作に1時間20分ほどかかります)
1回目:9:10~10:30
2回目:10:40~12:00
3回目:13:10~14:30
4回目:14:40~16:00
定員:40名(当日先着順)
料金:白250円、ピンク300円、黒350円

マラソン大会の後に立ち寄ると、お子さまも喜ぶかもしれません。

が、先着40名…計画的に行動しなきゃですね!

行田市は人気ドラマ『陸王』の舞台!

2017年秋の人気ドラマ『陸王』を、夢中でご覧になっていた方も多いのではないでしょうか。

行田市は陸王の舞台となった町。

だからこそ大会名に「陸王杯」とつくのです。

ドラマや原作で書かれた店や駅を、マラソン大会のついでに探してみてはいかがでしょうか。

ドラマ【陸王】についてはこちらのサイトをご覧ください→琴子チャンネル

ポイント
忍城(のぼうの城の舞台でもあります)
行田市駅
鴻巣市立陸上競技場
水城公園
カフェコロラド
十万石饅頭本店

いかがでしょうか。

実際に撮影現場となった場所が多いので、「ドラマのあのシーンの場所だ!」と感動しちゃいそうですよね。

 まとめ

いかがでしょうか。

古代のロマンに溢れた素晴らしい行田市鉄剣マラソン大会の雰囲気を、感じていただけたでしょうか。

子連れでも大人だけの参加であっても、マラソン以外の見どころもたくさんある行田市。

東京から日帰りで楽々行けちゃう埼玉の地に、古代の風を感じるためにお出かけしてみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です