リーガルV【ドラマのキャスト】あらすじ!大門と加地先生でてる笑

リーガルV キャスト







木曜夜9時のテレビ朝日にに米倉涼子さんが帰ってきました。

木曜夜9時のテレビ朝日といえば「私、失敗しないので」で有名な「ドクターX」ですよね。

 

今度はメスから六法全書に持ち替えた米倉涼子さんは、正体不明のスキャンダラスな元弁護士【小鳥遊翔子】を演じます。

↓「リーガルV」はビデオパスで見逃し配信が見られます!

敵も味方もを裏切るヤバイ女を演じる米倉涼子さん率いる「リーガルV」は、

今まで見たことがない弁護士系ドラマ!

今回は、「リーガルV」がどんなドラマなのか、あらすじやキャスト、見どころを調べてみました!

ドラマが始まる前に予習をしておけば…よりドラマを楽しめること間違いなし!

最後までご覧ください。

リーガルV【ドラマ】の紹介

リーガルVの基本情報
  • 作品名:リーガルV
  • 放映日:2018年10月木曜日スタート
  • 時間:夜9:00~9:54
  • 放送局:テレビ朝日
  • 主演:米倉涼子
  • 脚本家:橋本裕志
米倉涼子さんが演じるグレーなスキャンダラスな主人公【小鳥遊翔子】を中心に繰り広げる「リーガルV」。

 

「リーガルV」の”V”はVictory=勝利のVです。

どんなにこちらに不利な訴訟でも勝利を手に入れるためであれば、どんな手段もいとわない!

 

そんなスタイルでストーリーは進んでいきます。

 

ここまでよくある話ですが、

なんと主人公の小鳥遊翔子は弁護士資格を剥奪されています。

 

ではどうやって戦うのか…気になりますよね!!

 

リーガルVでは、小鳥遊翔子がペーパー弁護士に法律事務所を開かせ、滑らかに嘘を並べて、個性的な難あり弁護士やパラリーガルを続々とスカウトしていくんです。

 

この弁護士事務所に入ってしまったら、さぁ大変!

まるで駒のように部下たちを使い、様々な案件を解決していく小鳥遊翔子。

 

弁護士資格を剥奪されているとはいえ、頭の切れは一品です!

こっちのドラマでも「失敗しないから!」が聞けそうなくらい笑。

 

寄せ集めの弱小弁護士たちで、超エリート弁護士集団を相手に立ち向かっていきます。

 

はたしてリーガルVではどんな裁判を繰り広げられていくのか?

 

なぜ小鳥遊翔子は弁護士資格を剥奪されたのか…。

結果はぜひドラマをご覧ください!

 

脚本家は誰?

脚本家は橋本裕志さん。どんな作品を手がけたのか調べてみました!

橋本裕志さんの過去作品
  • ショムニシリーズ
  • ウォーターボーイズシリーズ
  • Mの悲劇
  • 華麗なる一族
  • 特急田中3号
  • 獣医ドリトル
  • 潜入探偵トカゲ
  • 死神くん
  • 就活家族~きっと、うまくいく~
  • オトナ高校
多くの連続ドラマの脚本を書く人気脚本家さんです。

どれも見たことのある人気作品ばかりですよね。

上の太字で書かれているのは、私も見たことがあり、どれも面白かったもの!

ショムニやオトナ高校など、独特の笑いどころがあって、個性豊かな脚本でありながら、感情移入もできちゃう軽快なスタイルのドラマが多い気がします。

>>キャリアウーマンのドラマ・おもしろランキング10位まで

>>恋愛ドラマランキング25位まで

 

この橋本さん派は他にも、

らんま1/2、幽遊白書、金田一少年の事件簿など人気アニメ作品も担当しています。

 

橋本さんだとシリアスな構成からコメディの要素を取り入れた作品が楽しめそうです!

 

脚本家が橋本さんだと知って、よりいっそう「リーガルV」が楽しみになってきた私!

俄然期待度が上がっちゃいました!

 

リーガルVのキャスト一覧!

  • 小鳥遊翔子
    :米倉涼子⇒「京極法律事務所」管理人。自由奔放で破天荒な謎多き元弁護士の主人公。
  • 海崎勇人
    :向井理⇒ライバル事務所のエース弁護士。翔子の元同僚で元恋人?傲慢な性格で勝利至上主義
  • 青島圭太
    :林遣都⇒「京極法律事務所」所属弁護士。極度のあがり症で真面目すぎて不器用。
  • 白鳥美奈子
    :菜々緒⇒ライバル事務所の海崎の部下。上昇志向が強く小鳥遊をライバル視している。
  • 馬場雄一
    :荒川良々⇒京極事務所のパラリーガル。元ストーカーなので尾行調査が得意なオタク事務員。
  • 神保有希
    :内藤理沙⇒小鳥遊翔子が頻繁に通う鉄道バーの店員。支払いを請求しつつ小鳥遊の来店を喜ぶ
  • 中沢淳美
    :宮本茉由⇒ライバル事務所の秘書。天馬の愛人と噂のセクシー美女。行動はミステリアス。
  • 伊藤理恵
    :安達祐実⇒「京極事務所」のパラリーガル。ハイスペックな事務所の金庫番。
  • 茅野明
    :三浦翔平⇒「京極事務所」のパラリーガル。現役のホストで小鳥遊を「姐さん」と呼び慕う。
  • 大鷹高志
    :勝村政信⇒上から目線の元エリート検事だが現在は転身し「京極事務所」の弁護士。小鳥遊を監視。
  • 天馬壮一郎
    :小日向文世⇒ライバル事務所の代表弁護士。弁護士会会長。小鳥遊の元上司で非常な男
  • 京極雅彦
    :高橋英樹⇒「京極法律事務所」の代表弁護士。大学の教授だが経験ゼロのペーパー弁護士。

 

リーガルVの見どころは?

このドラマの見どころは、もちろん米倉涼子さんの演技です!

弁護士資格を剥奪されたヒロインが主人公のドラマなんてみたことないですよね。

 

この米倉涼子さんがどんな人物なのか。周りとどう絡んでいくのかが楽しみです。

 

「米倉涼子×勝村政信」の絡みを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

 

この2人はドクターXでも共演して、いい味を出してましたよね。

 

ドクターXは、シリーズを通して、2018年9月現在ではauビデオパス U-NEXT で、見ることができますよ!

>>auビデオパスの登録画面

>>U-NEXTの登録画面

どちらも約30日間ほどの無料お試し期間があるため、その期間内に退会すれば実質無料で利用できます!

 

ビデオパスでは、先月まではドクターXは「課金対象」の作品だったのに、今月に入ってから「見放題(追加課金なし)」で見られるようになりました。

 

確か去年もずっとドクターXが見放題だったような…。定期的に無料と課金をいったりきたりしています。

 

なので、ドクターXファンは、ワンコイン500円の月額利用料でお得なauビデオパス がおすすめです!

 

ドクターXでは、ビッグマウスで、いつも何かと大門を心配する加地先生の役が印象深いですよね。

 

どんな関係性を魅せるのか今から楽しみです!!

 

米倉涼子さんの敵対する事務所の代表弁護士役に小日向文世さん。

 

小日向さんといえば心優しい穏やかな印象ですが、今回は冷徹で非常な役柄です。

 

小日向さんは2018年度は4月「コフィデンスマンJP」7月「高嶺の花」と連続でドラマ出演し、今回の「リーガルV」にも出演。

 

もともと人気がありましたが、毎クールのドラマに欠かせない名バイプレーヤーです。

 

もはやどこかのチャンネルで見ない日はないといっても過言ではないくらいの、演技派俳優。

 

今回は一体どんな悪役姿を見せてくれるのか。

小日向ファンも期待が広がります。

 

米倉涼子はどんな役?

弁護士資格を剥奪された元弁護士の米倉さん。

なぜ弁護士資格を剥奪されたのでしょうか。

 

「上司を殴った?」「暴力団とつるんで恐喝をしていた?」なんて穏やかではない噂が業界内に流れるヤバイ人物?

 

弁護士資格がまだあった頃は現在のライバル事務所である「Felix&Temmma法律事務所」に所属していました。

 

自分で資格を持っていないので実務経験ゼロのペーパー弁護士に「京極法律事務所」を開かせ、自分は管理人。

 

「法の下ではみんなが自由」の理念のもと部下の自由を奪う傍若無人っぷり。←ここ

 

好きなものは刑事ドラマ「現場百回!」と鉄道バーに通うほどの鉄道ファン。

 

しかし、法律を利用しずる賢いことをする奴や、法律に甘えて隠れようとする人間を絶対に許さない信念をもちます。

 

って、ここまで説明しちゃうと、見たくてたまらなくなる人急増じゃないですか?

米倉ファンにはたまらない設定です!

 

米倉涼子=「ドクターX・大門未知子」というイメージを払しょくするために、

米倉涼子さん自身の髪の毛を約20センチ切り、

人生最短にするほどの役作りを行った小鳥遊翔子役。

 

どのように演じていくのでしょうか。

 

米倉涼子さん自身もドクターX以外の連続ドラマは2013年に放送されら「35歳の高校生」のドラマ以来5年ぶりの出演となります。

 

そんなにも、ドクターX以外、出演していなかったことにも驚きですよね。

 

米倉涼子さん自身も挑戦をしながら今回の演技に体当たりしていくそうです。

 

どんなセリフや演技もばっちりこなしていく印象ですが、

そんな中で一番ハードルが高いのは「鉄道マニア」という設定だとか(笑)

 

苦労した鉄道マニアの小鳥遊翔子の演技にも注目ですね。

 

1話あらすじ

敗訴が原因で依頼人の母を自殺へ追い込む結果となり、失意の表情で断崖絶壁にたたずむ若手弁護士・青島圭太(林遣都)の腕を、喪服姿の女が突如つかんだ。「死んじゃダメ。勝つまで戦うの」――。

女の名は小鳥遊翔子(米倉涼子)。青島をスカウトしに来たという翔子は「弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう」と熱く語りかけ、翌朝訪ねてくるよう言い残して去っていく。

 一方、ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋英樹)は退官の日を迎えていた。実は京極、翔子から「一緒に正義の法律事務所を始めてみませんか?」と誘われ、新たな人生を踏み出そうとしていたのだ。

ところが、肝心の翔子とは連絡がつかない状態…。そればかりか、翔子が弁護士資格を剥奪され、大手弁護士事務所「Felix & Temma法律事務所」をクビになっていた事実も判明する! 

恩師である京極から事情を聞いたヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)は詐欺だとにらみ、翔子の居場所を徹底調査。しかし、ようやく突き止めた住所を訪ねると、そこには「京極法律事務所」と記された表札と看板が! 

大鷹はやけに調子のいい翔子を警戒するが、代表弁護士として迎えられた京極はすっかり舞い上がり…。

その頃、翔子に指定された住所へ向かっていた青島は、駅のホームで痴漢騒動に出くわす。一流企業「君島化学」の社員・安田勉が、若い女性・三島麻央に「お尻を触られた」と糾弾され、必死で無実を主張していたのだ。見過ごすことができない青島は、安田の弁護を引き受けるのだが…。

その安田が後日、送検された! しかし、痴漢事件は圧倒的に被害者が有利…。弱者救済を高らかに謳っていたはずの翔子も、青島から話を聞くや「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」とバッサリ切り捨てる。ところが、安田がふと発した“ある一言”に、翔子は目の色を変え…!?

引用元:テレ朝公式サイト

 

さいごに

ドクターXの大門美智子は人間味の溢れるキャラでしたが、リーガルVの米倉さんは、どうも「薄情」で「鉄のパンツ」ってイメージじゃないでしょうか?

 

この数年間の大門美智子のイメージを払拭するリーガルVの米倉さんの演技に、今からわくわくしちゃいますよね!

 

おそらくは見逃し配信は「auビデオパス 」や「U-NEXT 」で見られると思いますが、ドラマが始まってから確認いたしますね!

以下の記事も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です