【プリティが多すぎる/ドラマ】ネタバレ・千葉雄大がかわいくない?

プリティが多すぎる ドラマ







「可愛すぎる俳優」として有名な千葉雄大さん!

千葉雄大さんが、2018年の秋ドラマでは自分の可愛さをちょっとだけ封印して、ドラマに主演します。

 

最初は可愛さを封印していますが、少しずつ解禁していくかも…(笑)

 

隠し切れない千葉さんの、ドラマ初期の「硬さ」は見ものです!

以下に、2018年秋ドラマの「プリティが多すぎる」のキャスト・脚本家・あらすじ・千葉雄大さんの見どころを紹介するので、参考にしてください!

 

ドラマ「プリティが多すぎる」とは?

ドラマのキーワードは「プリティ=かわいい」です。

「かわいい」を中心ににストーリーが進んでいきます。

 

どんな作品になのか、あらすじやキャストをまとめたので、最後まで楽しんでご覧ください。

プリティが多すぎる、ドラマの基本情報
  • 作品名:プリティが多すぎる
  • 放映日:2018年10月18日(木)
  • 時間:24時59分スタート
  • 放送回数:全10回予定
  • 放送局:日本テレビ ※韓国・台湾・カンボジア・インドネシアなどのアジア9か国で同時放送
  • 原作名:「プリティが多すぎる」
  • 原作者:大崎梢
  • 脚本家:荒井修子、渡邉真子

 

あらすじ

大手出版会社で働く入社3年目の文芸編集部のエース新見佳孝(にいみよしたか)が、突如「原宿系ファッション誌」に移動するところから物語はスタートします。

 

突然「プリティ満載」の職場に放り込まれてドン引きする堅物主人公(千葉雄大)。

最初はやる気もなくふて腐れながら仕事をしている新見。

しかし徐々に、仕事に向けて意欲を出し始めます。

 

「原宿系ファッション誌」のスタッフは、勝気な利緒をはじめとした曲者ぞろいの超個性的な女性スタッフ&ド派手ファッションのワガママモデルたち。

 

個性豊かなスタッフと一緒に仕事をしながら、少しずつ「かわいい」という文化に本気で取り組むことを決意する新見。

 

「エリートの俺がなんでこんな仕事を!」

カワイイ至上主義の世界に放り込まれた男子の運命はいかに…!?

 

「自分の居場所はここじゃない」

と思いながらも、一生懸命働いている多くの人に、

目の前の仕事と真剣に向き合うことの価値を、思い出させてくれる。

 

「プリティが多すぎる!」はそんな「お仕事ドラマ」となっています。

 

脚本家は誰?

脚本家は荒井修子さんと渡辺真子さんの2人。

このお2人の脚本家が、今までどんな作品を作ってきたのか調べてみました!

 

荒井修子さん

荒井修子さんの過去脚本作品
  • 花より男子(シリーズ構成)
  • 弁護士のくず
  • パパと娘の7日間
  • モンスターペアレント
  • マイガール
  • LADY~最後の犯罪プロファイル~
  • マザーゲーム~彼女たちの階級~
  • ヒガンバナ~警視庁捜査七課~
荒井修子さんは、アットホームなドラマから社会派ドラマ、ミステリー作品までさまざまなジャンルを手がけている脚本家さん

 

近年ではNHKドラマの脚本が多いようですね。

 

荒井さんなら楽しくストーリーを盛り上げつつも、「働き方」をきちんと考えさせられるお祖語とドラマを制作してくれそうです。

 

渡邉真子さん

渡邉真子さんの過去脚本作品
  • このミステリーがすごい!「残されたセンリツ」
  • 表参道高校合唱部(脚本協力、共同脚本)
  • 悪党たちは千里を走る
  • せいせいするほど愛してる(脚本協力・共同脚本)
  • 月曜名作劇場「はぐれ刑事の殺人急行」
  • チア☆ダン(7話)
渡邉さんは1986年生まれの新進気鋭の脚本家さんで、2014年にTBS連ドラ・シナリオ大賞で大賞を受賞しました!

 

ベテランの荒井修子さんと若手のホープである渡邉真子さんのお二人による脚本。

「プリティが多すぎる」が絶対面白く仕上がりそう!

と、多くの期待が寄せられています!

 

「プリティが多すぎる」のキャスト一覧

  • 新見佳孝
    :千葉雄大
    ⇒通称:南吉、主人公。
  • 佐藤利緒
    :佐津川愛美
    ⇒編集部員。南吉の世話係で仕事一筋、恋はお休み中
  • 佐藤美枝子
    :小林きなこ
    ⇒Pipin副編集長
  • 市之宮佑子
    :矢島舞美
    ⇒Pipin編集部員
  • 森野瑠美
    :池端レイナ
    ⇒Pipin編集部員
  • レイ
    :黒羽麻璃央
    ⇒原宿のカリスマショップ店員、南吉へアドバイスする。
  • キヨラ
    :長井短
    ⇒Pipinトップモデル
  • 美麗
    :森山あすか
    ⇒Pipinの熱烈な読者
  • 徳丸弘美
    :宍戸美和公
    ⇒スタイリスト
  • 水科木乃
    :清水くるみ
    ⇒人気の若手作家
  • 近松吾郎
    :中尾明慶
    ⇒南吉の同期で編集部員。お調子者。
  • 戸馬一樹
    :池田鉄洋
    ⇒カメラマン
  • 三田村詩織
    :堀内敬子
    ⇒Pipinの編集長。みんなのお母さん的存在。穏やかだが鋭い視点をもつ
  • 柏崎龍平
    :杉本哲太
    ⇒売上至上主義の文芸編集長。人気作家を落とすためには手段を選ばない。
  • 巽信次郎
    :麿赤兒
    ⇒ベストセラー作家

 

「プリティが多すぎる」で千葉雄大の役柄は?

では千葉雄大さんが演じる新見佳孝というキャラの役柄を掘り下げて紹介いたします!

 

新見佳孝のキャラ
  • 文芸編集部のエースだったが、ある日突然原宿系ファッション雑誌への移動が命じられたPipinの新米編集者。
  • エリート意識が強く、プライドが高い。
  • やる気もなく、見下しながら仕事をしていたが周囲の熱心な姿を見て少しずつ前向きな姿勢に変わっていく。

 

カワイイの世界に悪戦苦闘をしながらも全力でカワイイを作る人を演じます。

 

千葉雄大さんといえば「カワイイぶりっ子男子」の象徴のような俳優さん。

なので、今回もカワイイ格好をするのかと思っちゃいますよね。

 

ホームページのバナーも、千葉雄大さんが原宿系のカワイイ格好をしています。

しかし!

実際のドラマは全く違う様子。

 

今回千葉雄大さんが演じる新見佳孝は、カワイイを全く理解できない堅物な野心家です。

 

文芸編集者のエリートとして働いていたところ、ティーンファッション誌へ移動し、葛藤しながらも成長していく姿を演じています。

 

自分の希望している仕事とは違う仕事について、

理不尽な局面にぶち当たったり、

何かを我慢したりしながらも、

爪痕を残して次に進んでいこうとする姿が一番の見どころ!

 

一人では決して成しえない壁にぶつかっても振り返ると仲間がいる、成長お仕事ドラマです。

 

千葉雄大さんの声

本作品がアジアで同時期放映されることについて、主演の千葉雄大さんは…

原宿という世界各国からたくさんの方がいらっしゃる街並みで撮影出来たので、その景観も楽しんでいただけると思いますし、『KAWAII』という日本のカルチャーの裏側を観ていただけるのも魅力かと思います

引用元:https://www.ntv.co.jp/pretty/articles/56wwca63mqwpeivnzc.html

今回千葉さんは、「どうせ千葉雄大が年甲斐もなくぶりっこするドラマだろう?と思われるかもしれませんが…。」

と前置きして、ドラマ出演への思いを語ってくれています。

>>日本テレビ公式サイト

 

確かに、きらきらの原宿ファッションに身を包んだ千葉雄大さんの写真を見たら、そう思っちゃいますよね笑。

 

けど、千葉雄大さんは、新見というキャラが、「堅物⇒かわいいを理解しようと努力する」ところこそ、見て欲しいと応えています。

 

今までにない堅物の千葉さんがみられると、ファンの期待も高まっています!

 

「プリティが多すぎる!」見どころ紹介!

プリティが多すぎるの見どころ!
  • カンヌに進出!
  • 世界の9カ国で放映が決定している!
  • 原宿の真中でロケ観光!リアルな原宿を見られる!
  • 「かわいい!」を馬鹿に見下している堅物の千葉雄大さんが見られる!

 

 

カンヌに進出!

このドラマ「プリティが多すぎる」のすごいところは、日本だけの規模では収まらないところ。

日本の放送に先駆けて、

フランスのカンヌで、

世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPCOM」で、

本ドラマのワールドプレミアが行われるのです!

 

世界9カ国でドラマ放映が決定!

そしてこのドラマ日本だけではなく、

韓国、台湾、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイ

を含む9つの国で同時期に放送されることが決定!

 

「KAWAII」は本当に世界共通語になっていることを実感します。

 

リアルな原宿カルチャー


このドラマのみどころのひとつとしては、世界を牽引する、原宿ファッションの裏側が見られるところ!

 

撮影も、人ごみの原宿で行われて、リアルな原宿をたっぷりと楽しむことができるんです。

 

さまざまなトレンドが生まれる原宿から、どのように、どんな文化が生まれていくのか。

 

日本人だけでなく、世界各国の人が楽しめる作品にしあがりそうですよね!

 

このドラマは全編に渡って大賑わいの原宿の町中でロケを敢行しているのです。

作り物ではない本物の原宿が楽しめるのは魅力!!

 

でも、千葉雄大さんが撮影に来ていたら、女性人に取り囲まれてしまいそう…

撮影、大変だったでしょうね…。

 

堅物の千葉雄大

もう1つのドラマの魅力としては、いつものカワイイ系男子ではない千葉雄大さんです!

これまでの千葉雄大さんといえば、カワイイ男子を演じてきました。

 

が、今回の千葉雄大さんは、堅物のエリート!

いつもとは全く違う千葉雄大さんの姿が見られるわけです。

 

予告をみましたが、スーツ姿できちんとしてる千葉雄大さんもとってもイケメンすぎ。

 

どこまでエリートキャラで行くのか、最終的には可愛い男子になるのか楽しみな作品ですね。

 

プリティが多すぎる、公式ツイッター

ちなみにこのドラマは公式ツイッターのアカウントがあります。


この公式アカウントでは、ドラマで使われている実際の小道具やキャストの写真が掲載されているので、こちらもぜひ注目してみてくださいね。

 

ドラマスタートまであと少し。

「プリティが多すぎる」は深夜枠なのに異例な高視聴率を取りそうで、私も大いに期待しています!

以下の記事もご覧ください!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です