ワンオペ育児 専業主婦 甘え

「ワンオペ育児が辛い!」を専業主婦の甘えと言う人もいますが、本当にそうでしょうか?

専業主婦ならワンオペ育児して当たり前!

って考え方に押しつぶされ、実際に楽しいはずの結婚生活が泥沼になり離婚した私…。

「ワンオペ育児の何が大変?」

とわからない人も多いと思うので、今回はワンオペ育児についてまとめてみました。

蓮

暗い記事でも、押し付け記事でもないので安心して傍観者としてご覧ください^^b

ワンオペ育児とは?定義

ワンオペ育児=ワンオペレーション育児…作業を全て一人でこなす、という意味

子どもの世話と家事と仕事を一人でやり続ける女性のことをさす場合が多いですが…

今回は「専業主婦のワンオペ育児」に焦点を当ててみます。

専業主婦ならワンオペ育児…ていうか、普通の主婦としての仕事だから当然じゃない?と思うかもしれませんが、実際に専業主婦からも多くの悲鳴が聞こえます。

じゃあ一体「ワンオペ育児」の何が大変なのか?

私が専業主婦でワンオペ育児していた頃の1日の流れをみながら見ていきましょう!

ワンオペ育児、専業主婦の一日

ワンオペ育児 専業主婦 甘え

  • 5~6時…赤ちゃんが目覚める(授乳)
  • 6時…朝ごはん、弁当作り(赤ちゃん背負い
  • 7時…家族送り出し、朝食片付け、自分の準備
  • 8~9時…掃除機、洗濯機回し、布団干し、衣類の整理
  • 10時…散歩、授乳、沐浴など
  • 11時…赤ちゃん離乳食or昼寝の寝かしつけ
  • 12時…布団取り込み、洗濯物干し、トイレ掃除
  • 13時…赤ちゃんを散歩に連れ出したり遊び相手
  • 14時…夕飯のメニュー考え、赤ちゃん連れて買い物
  • 15時…上のこどもお迎え
  • 16時…上の子どもの友だちとの遊びや習い事送迎
  • 17時…夕飯の準備開始(赤ちゃんおんぶ)
  • 18時…子どもたちと風呂に入る
  • 19時…夕飯
  • 20時…片付けと宿題見たり子どもたちと遊び
  • 21時…寝かしつけ
  • 22時…子どもの学校や幼稚園の明日の準備や先生からの手紙チェックとか、夕飯の片付けと、夫の(いれば)夕飯準備
  • 23時…わずかな自由時間…あっという間に過ぎ
  • 24時…就寝
  • 5~6時…起床&授乳&弁当と朝食…
蓮

次男が赤ちゃんの時、大体こんな感じでした

本当に専業主婦の甘え?

ワンオペ育児 専業主婦 甘え

上の1日の流れ、穏やかのんびりと思いますか?

ほぼ、子どもの「不満の声」「赤ちゃんの泣き声」「ママ~」を聞きながら、

落ちた食事を拾ったり拭いたり着替えさせたり走り回り、追い回り…

音声でお伝えすればパニック状態なんです^^;

ワンオペ育児、専業主婦バージョンの辛さを以下にまとめてみました。

ワンオペ育児、何が辛い?辛いこと●選

ワンオペ育児 専業主婦 甘え

ワンオペ育児の辛い点”]

  • 朝が早く夜が遅い
  • 行動がほぼ家の中
  • ほぼ「自分以外の人の世話
  • カロリー消費しない(太る
  • 大人と会う機会が少ない
  • 大人と会話しない
  • 24時間子どものそばで、子どもの要求を聞き続ける
  • 「やるべきこと」がマイペースでできず、終わらない
  • どんなに頑張っても「母ならやって当たり前」と思われる(褒め皆無)

「大げさ」とか「子ども可愛いからいいでしょ?」とか思う方もいるかもしれませんが、

いかに自分の子どもを大切で可愛いと思っていても、

24時間たった一人で小さな子どもと対峙し続けるのは辛いです。

泣くことで不満を表す時期も辛いし、

しゃべり始めて常に「ママ~」状態でも辛い。

その辛さをわかってもらえず(特に夫に)、

「ちゃんとやれよ」とか「他の人はやってるよ?」とか言われるのも辛かったです。

逆にワンオペでここは大丈夫!ってとこ

ワンオペのここは大丈夫って点(私の場合)

  • 休み日がない
  • お気に入りのこだわりの家事
  • 子どもとの関り

私は体が丈夫だし、体を動かすのが得意だったので、休みがないことは平気でした。

あと、洗濯を干すこととアイロンと洗い物と掃除は結構好きなので、こだわって自分でやるのも楽しみの一つだった。

(↑こうした「お気に入り家事」は結構誰にでもありますよね)

子どもとの関りは…

どのお母さんも子どもへの愛情ゆえに「ここがヤダ」とは言えないポイントですよね(笑)

すぎちゃえばなんてこともないのに、渦中にいると辛かったりしますが。

ワンオペ育児は離婚の原因NO.1ってホント?

ワンオペ育児 専業主婦 甘え

2020年、離婚理由のトップは男女ともに「性格の不一致」です。

離婚原因(女性サイドの理由)”]

  1. 性格の不一致
  2. 暴力をふるう
  3. 生活費を渡さない
  4. 精神的に虐待する
  5. 異性関係
蓮

この1位の性格の不一致って…子育てに関することが多いような気がするのは私だけ?

「子育ては女がやるもの」って考えの男性を夫に持ち、苦労しているママはとても多いです。

残念ながら我が家は離婚。

離婚後には↑の「専業主婦ワンオペ育児」の日常にさらに「フル労働」が加わりましたが、実は生活はとても楽になりました。

理由は…

シングルマザーワンオペ育児が楽な6つの理由

シンママの方が楽な6つの理由”]

  1. 家事や子育てにダメだしされない(精神的苦痛がへる)
  2. 夫の世話がなくなる
  3. 稼ぎをそのまま子どもや自分に使える
  4. 養育費をもらえる
  5. ひとり親世帯の補助を受けられる
  6. 子どもと心が結びついている

1:家事や子育てにダメだしされない(精神的苦痛がへる)

子育てや家事をしない夫に

  • 「家にいるのに掃除できてない」とか
  • 「泣かさないようにして」とか
  • 「他の奥さんはうまくやってる」とか

毎日言われるのが苦痛だったので、

離婚してこれがなくなり心が毎日軽くなりました!

蓮

私は家事苦手です!が、子どもも家族も(元夫でさえ)すごく大切に思っていたので、がんばりが評価されないとほんとに辛い…。今は不出来な家事も「頑張ってる!」と自画自賛でマイペースでやっています♪

2:夫の世話がなくなる

毎朝の便器にこびりついた「う●こ」…落とすのが毎日苦痛でした…

何度言っても直してくれないし。

子どもの寝かしつけ後の夕飯準備も、眠くて辛くて…

早起きの弁当も作った後に「いらない」と言われるし…

離婚後、その負担まるまるなくなり、家事負担は減りました!

3:稼ぎをそのまま子どもや自分に使える

何事も「これに使ってもいい?」とお金の使い道を報告する手間がなくなりました!

蓮

自分のバイト代の使い道さえ自由にできなかったし、自分の服や靴を買えなかった…

家計簿もつける時間を省けるし、自分の頭の中計算ですべてできるようになって、楽になりました!

4:養育費をもらえる

もともともらっていた生活費には満たないけど、子どもの学校費用と家賃くらいにはなります。もらえないことも覚悟しているけど…今のところ、大丈夫です。(毎月ハラハラするけどw)

5:ひとり親世帯の補助を受けられる

自治体によってはひとり親に向けて様々な女性があります。

嬉しかったのは…

  • ひとり親医療費助成
  • 児童扶養手当
  • 寡婦控除
  • 未成年就学援助

このあたりですね。本当に本当に救われました。

今から少しづつでも、今度は自分が支える側になりたいと思っています。

6:子どもと心が結びついている

元夫に「もしかして、結婚って都合のいい家政婦探しだと思ってたんじゃ?」と疑心暗鬼になっていた私。

愛し愛されていると確信が持てない元夫との共同生活は、苦しかったです。

離婚後、

確実に心の底から愛している子どもたちと、愛にあふれた家庭になれ、幸せが満ち足りています。

生活は苦しく、仕事も大変だったけど…

家庭内に愛情があふれているのは、本当に幸せです。

ワンオペ育児を解消する方法。離婚前に目を通して!

ワンオペ育児 専業主婦 甘え

離婚を経験して、私が元夫に「これさえあれば…」と思うものを考えてみました。

それは…

  • 正当な評価
  • 毎日のコミュニケーション

です!

蓮

意外と、家事の手伝いはいらないんですよね…不得意なことに手を出されて教えるストレスや、3割の仕上がりで「俺は家事もやってる」と言われるストレスを考えると…家事はやってくれなくてもいいかも(笑)

「1日中子どもと一緒にいて、精神的に辛いよね。

自由になりたいときもあるよね」と、

言ってもらえるだけでよかった。

(実際に1時間でも自由時間がもらえたらなおいいけど笑)

そして、毎日ちゃんと会話してほしいと思っていました。

疲れているのはお互い様だけど、大切に思って結婚し合った相手。

必ず毎日コミュニケーションをとる努力を、お互いにすることで、気持ちはつなぎとめられると思います。

あ、あと、専業主婦はもちろん、仕事をしているママのワンオペは本当に大変なので、家事の外注化は早めにご夫婦で話し合ってくださいね!

ベアーズ(家事代行サービス)の口コミと格安の頼み方

さいごに

ワンオペ育児 専業主婦 甘え

離婚した私が言うのもなんだけど、

夫婦仲良しでずっと一緒にいられたら、それが一番いいと思います。

世の夫婦の離婚率が下がりますよう、心を込めて書きました。

私の結婚生活の愚痴にならないように注意しながら書いたけど…

それでも不愉快になられた方がいたらごめんなさい汗

夫婦円満で長続きしますように。

最後まで読んでくれてありがとうございました!