ミスミソウの漫画を無料で読む方法!あらすじネタバレキャラ紹介も

ミスミソウ 漫画 無料







こないだeBookJapanで読んだ「ミスミソウ」の内容に衝撃w

壮絶いじめ漫画とあったけど…

内容は「殺人」「放火」など激しいバイオレンス。

主人公はじめ、作家の押切蓮介さんの絵が一貫してかわいらしいベビーフェイスなので、まさかこんな衝撃内容と思いませんでした。

画像元:eBookJapan

でも、ただ残虐なだけでなく、キャラの表情や心情を訴えてくるものを画面からひしひしと感じ、夢中になって最後まで読んでしまいました。

 

  • 2児の母として、今の時代のいじめがこれほど激しいのか?
  • こうした状況下で、どのような行動をすれば、子どもたちを守ることができるのか?

なんて考えながら、ママたちにも読んでほしいと思って無料で読む方法を調べてみました!

エロスはないけど、残虐なのでお子さんの購読はおすすめいたしません。

ミスミソウの漫画を無料で読む方法!

※2019年9月時の情報です。無料漫画は変更される可能性があるので、登録前に確認してくださいね。

ミスミソウを無料で読めるのはこちら!まんが王国です!

公式ページはこちら

まんが王国でミスミソウ1巻は完全無料。

2~6巻は各400ポイント(400円相当)で読むことができました!

eBookJapanでも全巻読めますが、1巻に付き税込432円でした。

eBookJapanでもちょいちょい入れ替わりで「無料漫画」になると思う(想像)けど、時期がいつとかはわかりません。

eBooksJapanとまんが王国の違いは以下の通り。

eBooksJapanまんが王国
月額料買いたいときに購入300円→300pt

500円→550pt

クレジットカード払いで
ptボーナスあり

ダウンロードできる!

(読んでる間にできる)

できない!
キャンペーン内容

(時期不定)

ポイント50倍半額クーポン

来店ポイント5倍!

無料読み2000冊以上常時3000作以上
総まんが作品数約10万冊約6万冊

 

どちらも無料立ち読みの幅が広くて、作品がばらけているので、わたしみたいに結局両方利用している人も多いんです(笑)

無料をはしごする感じで、課金せずに楽しめます。

長く愛用しているeBookJapanは、安全安心でアプリ操作苦手なわたしでも使いやすいからおすすめです!

↓読みたい漫画のほとんどある↓

 

あ、ただし…

映画のミスミソウと、まんがと両方楽しみたい方は、U-NEXT<ユーネクスト> がおすすめです!

 

映画だけじゃなく、漫画のミスミソウも見ることができます!

公式サイトで無料試し読みをご覧ください!

公式ページはこちら

 

無料トライアル中は、600円まで無料で読むことができるから、チャンスですね!

ユーネクストは動画サイトとして使っていたけど、「ない動画はない」って銘打ってるだけあって、内容量がとにかく豊富!

マンガサイトとしても、今後使い勝手など見ていけたらな~と思います。

取り急ぎ…

作品量の多さはやっぱりすごい!

ミスミソウ、漫画のキャラ紹介!

ここからネタバレ!見たくない人は見ないでくださいね!

2018年に実写化映画ができたので、その役者さん名も書いておきました!

  • 野咲春花(山田杏奈)
    :東京から田舎町に転校してきた大人しくて優しい少女。
  • 野咲祥子(玉寄世奈)
    :春花の妹で、東京ではいじめを受けていた。心優しい少女。
  • 小黒妙子(大谷凜香)
    :春花の転校した学校のクラスのリーダー的存在で、春花をいじめのターゲットにした生徒。美容師を目指している。
  • 南京子(森田亜紀)
    :春花のクラスの担任で、もといじめられっ子のトラウマを抱えているため、クラスのリーダー妙子に「妙ちゃん」とすり寄ってご機嫌を取る。いじめ解決は興味がない。
  • 佐山流美(大塚れな)
    :春花のクラスメイト。春花の前にずっといじめのターゲットで、妙子の機嫌を取るために春花に過剰に攻撃的になる。
  • 橘吉絵(中田青渚)
    :春花のクラスメイト。いじめに加担する。
  • 加藤理佐子(紺野彩夏)
    :春花のクラスメイト。いじめに加担する。
  • 三島ゆり(櫻愛里紗)
    :春花のクラスメイト。いじめに加担する。
  • 久賀秀利(遠藤健慎)
    :春花のクラスメイト。妙子の彼氏?いじめをあおり楽しむ軽薄な男子。
  • 真宮裕明(大友一生)
    :春花のクラスメイト。いじめに加担する。
  • 池川努(遠藤真人)
    :春花のクラスメイト。いじめに加担する。
  • 野咲満雄(寺田農)
    :春花のおじいちゃん。両親が亡くなった後、春花の面倒を見るために遠方より来てくれた、心優しい祖父。
  • 相場晄(清水尋也)
    :春花のクラスメイトでカメラが趣味。春花に思いを寄せて、ミスミソウの花ことばを教えてくれた。

ミスミソウの漫画のあらすじネタバレ!

春花は、両親と妹の祥子と、東京から田舎町へ越してきた、大人しい中3の少女。学校では毎日、小黒妙子というクラスのリーダーを中心として、クラス中から壮絶ないじめを受けていた。「もうすぐ卒業だから」という一心で、いじめを淡々と受け流す春花。

帰り道に「ミスミソウ」の写真を撮る、同じクラスメイトの相場晄と過ごす時間が唯一の癒し。相場くんだけはいじめに加わらず、春花の味方でい続けてくれたからだった。

心配かけまいと両親に何も言わずにいた春花だったが、制服の痛みからいじめを察知した両親に心配され、学校を休むようになっていった…。

春花がいじめを受ける前に、クラス内でのいじめターゲットだった佐山流美は、春花が学校を休み始めてから再びいじめターゲットに格下げ。そのことで「休んだ春花が悪い」と逆恨みをするようになる。

クラスのリーダーの妙子の機嫌を取りたい流美は、「春花の家に火をつける」とうそぶき、あとには引けずに、クラスメイトを引き連れて春花の家にガソリンをもって行くことに…。

出かけていた春花が家に戻ると…家は大火に包まれていて、逃げ遅れた両親は死亡。妹の祥子は大やけどで重傷…意識不明の状態で発見された。遠方から駆けつけてくれた祖父と暮らすことになった春花は、家の不審火に疑惑を抱いて学校に向かった。そこで春花を待っていたのは…

「すごかったぜ、お前の親が焼ける臭い」

春花は両親を殺したクラスメイトに、次々と復讐をしていくことに…。

春花の復讐は残虐を極め、クラスメイトの親たちが、子ども不在を訴えて学校に押し寄せてきた。が、クラスの担任の南京子はどこ吹く風。かつていじめを受けていた南京子は、クラス内のいじめによって自分が心に傷を負わないよう、見て見ぬふり。クラスのリーダー妙子に対しても「妙ちゃん」とゴマをする器の小ささ。

子どもの行方不明多発で保護者達から文句を言われても、「あの子たちはもともと素行が悪かったから、2~3日帰らなくても問題ない」と取り合わない。

しかし、春花の家に火をつけた実行犯である流美は、気が気じゃなかった。次々と殺されていくクラスメイト。「次は自分の番?」という恐怖に耐えきれず、春花を迎え撃つために武器を持って家を出た。

そこで流美が見たものは、憧れのリーダー妙子の、無様な姿だった。

クラスのリーダーと持ち上げられた妙子は、実は東京に行って美容師になるという夢があった。東京から来た春花と最初は意気投合。しかし一番の仲良しだと思っていたのに、春花は相場くんに想いを寄せている様子で、嫉妬からいじめをけしかけたのだった。

流美に対しても「ひまつぶし」としか思っておらず、流美の過激な放火という行動で、自分が春花の両親を死に追いやったのだと自責の念に駆られていた。

「ごめん…」

力なく春花に謝る妙子には、クラスのリーダーとしての威厳はなかった。

春花に謝り、春花への羨望の気持ちを打ち明けた妙子を見て、失望した流美は、持っていた包丁で妙子におそいかかる。

  • 「お前が余計なことをしなければ!」
  • 「妙ちゃんのためにやったのに!」

醜くこじれるゆがんだ思いはぶつかり合い、流美は妙子にとどめを刺した…。切り刻まれた自分の手を見て、消えゆく意識の中で妙子は「こんな手じゃ、美容師になれない…」と悲観していた。

クラスのリーダーで絶対的強者だった妙子を殺したことで、流美は自分の力を加速。

「次はお前だ、野咲春花…」そういって、春花の妹が入院している病院へと向かった。

春花にストレートに想いを寄せていた相場は、春花の狂気に気が付いていなかった。家族を亡くした春花を労わり、支えようと必死で、その思いは日に日に募っていった。

相場の父は母をDVによって支配していた。幼い相場は、父が母を殴るという異常な家庭環境で育っていたのだった。それゆえにゆがんだ愛情表現が潜在意識の中に根付いていた相場は、次第に春花を独占したいという想いで暴走していた。

自分は人を殺した…相場の想いには応えられないと考えた春花は、相場から「一緒に住もう」と言われるが、断る。春花からのことわりにブチ切れた相場は、春花を手に入れるために、春花の足かせとなっている、春花の祖父の元へ向かい、祖父を暴力によって説得しようとした。

血にまみれた手ではるかに会うために病院に向かう相場は、以前の優しかった相場君ではなく、DVによる愛情表現しかできない父親そのものだった。

全身を包帯でくるまれ、かろうじて息をしている春花の妹の祥子。

かすかな意識の中で、優しい姉を求める証拠の前に、流美と相場と…そして春花が対峙して、

生き残るために壮絶な殺し合いを始めた…

 

※2019年9月時の情報です。無料漫画は変更される可能性があるので、登録前に確認してくださいね。

ミスミソウを無料で試し読みしてみてください!止まらなくなるから(笑)

公式ページはこちら

1巻は完全無料。

2~6巻は各400ポイント(400円相当)で読むことができました!

eBookJapanでは1巻に付き税込432円で全巻読めます。

ミスミソウの花ことばは?

ミスミソウってタイトルもだし、作品内にも花が出てきます。

ミスミソウの花ことばは「自信」「はにかみ屋」です。

ひっそりと雪の間から顔を出し、辛い冬を乗り越え、春を迎えることができるのか?

というのが、春花に課せられたテーマでもありました。

ミスミソウのラスト、春花は死んだ?

ミスミソウのラスト、春花は死んだかどうかが不鮮明に書かれてますよね。

雪の中で重傷を受けて倒れている春花の目の前に、ミスミソウがぼんやりとうつります。

その後、おじいちゃんが重症から回復して、骨箱を持って一人で電車に乗っている姿が映されます。

あの骨箱は春花のもの?

春花の狂気を目の当たりにして旅立ってしまった、祥子のもの?

おじいちゃんが独り言で「ごめんな、春花…祥子…」と語っていることから、春花も流美に刺された傷が元で死亡したと思われます。

 

まずは1巻のミスミソウを無料で試し読みしてみてください!止まらなくなるから(笑)

公式ページはこちら

 

ミスミソウ、映画を無料でみられる動画サイトは?

ついでにミスミソウの映画を無料視聴できる動画配信サービスを探してみました!

レンタル課金ですね、全部。(2019年9月現在の情報です!)

ミスミソウが見られる動画配信サービス
  • U-NEXT:月額1990円、無料期間31日間、日本一クラスの動画配信料!
  • Amazonプライム・ビデオ:月額500円(490円)、無料期間1カ月、海外ドラマに強い上に、安い!
  • FODプレミアム:月額888円、無料期間1カ月、過去のフジドラマなど、独占配信が5,000本以上!
  • dTV :月額500円、無料期間1カ月

他にもビデオパスとか、TSUTAYA・TVとかでも課金対象で見られます。

おすすめはユーネクストです!

ユーネクストは無料期間であってもポイントをもらえ、それを使ってレンタル課金ができちゃうんですよ!

しかも映画だけじゃなく、漫画のミスミソウも見ることができます!

公式サイトで無料試し読みをご覧ください!

公式ページはこちら

まとめ

この人の人物の書き方が、かわいらしくてほのぼの系なんですよ。

でも、内容は想像を絶するバイオレンスなんですよw

特に映画の方は漫画以上に臨場感のある残虐なシーンがあるので、くれぐれもお子さまに見せないように注意してくださいね。

法で裁かれるべき犯罪が、学校の中にあるとどうしてこうも対応が遅れるのかと、もどかしくなる作品です。

おじいちゃんが生きていてくれたことだけが、たった一つの救いですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です