運動会の日焼け対策!帽子じゃ【うなじ真っ黒】防げないって知ってた?

運動会 ママ 帽子







運動会のママ、晴れたのは良いけど、ちゃんと対策しないと1日でうなじ真っ黒に日焼けしちゃいますよ?!!

 

かくいう私も経験者(笑)あの手この手の日焼け対策を駆使した結果…。

 

運動会7年目を迎えて初めて「これでうなじの日焼け対策ばっちり!」という複合技をマスター!

 

心置きなく子どもの演技を楽しむことに気持ちを集中したい!

というママは、以下の日焼け対策をぜひ、実践してください!

↓↓今回一押しのうなじ日焼け対策クリーム↓↓

運動会テント・サイズやメーカー一覧!」の記事より、我が子の競技タイム以外に避難できるテント選びもあわせてどうぞ!

運動会はなぜ日焼けする?

1日中太陽の下にいるから

日常の中でも外を歩いて日にあたってるのに、なぜ運動会だけうなじが真っ黒に日焼けするの?

って思いますよね。

 

それは1日中太陽の下にいるからです!

 

運動会は9:00~15:00くらいの時間帯に行われます。

晴れてたら炎天下の下1日中…。そりゃ日焼けしますよねw

 

なぜ帽子だけじゃ日焼けを防げないの?

そもそも何で帽子だけじゃ首やうなじの日焼けはふせげないの?

 

毎年運動会のときは、つばの広い帽子をしっかりかぶってるのに、何でうなじや首って日焼けしてるの?

 

その答え、地面からの照り返しもあるかなって思います。

運動会 ママ 帽子運動会 ママ 帽子出典元:国土交通省・気象庁

学校の校庭って…「土」?いや、「砂浜」?さらさらな砂だし、けっこう照り返しがあると思うんですよね。

 

10~25%くらいの照り返しで、下からの「日焼け」もケアするとなると、やっぱり日焼け止めクリームだけじゃ心もとない。

 

「美容」が頭から飛ぶから

しかも演じるは可愛い子どもたち。我が子の活躍を逃すまいと、右に左にカメラもって走り回りますよね。

 

応援の掛け声と、歩くたびに会う知り合いママたちに挨拶してると、あっという間に1日が過ぎます。

 

で、家に帰って風呂場で無残なうなじや首を見て悲鳴

1日中炎天下で忙しくした結果ですね。

 

だからこそ、運動会の当日の朝のうなじの日焼け対策が肝心なんです!

 

一般的な日焼け対策一覧

一般的な日焼け対策一覧
  • 朝:日焼け止めクリームをうなじに塗る
  • 朝:ショールを巻く
  • 朝:帽子をかぶる
  • 日中:木陰を選ぶ

これらは一般的な日焼け対策。これで日焼けを防げるなら良いですが、私はこれても防げませんでしたw

 

コレでも日焼けを防げなかった!

もしくは「ショールがきらい」「ハイカットの服を着たい」という方は、以下の私の方法を実践してみてください。

 

うなじにファンデーション

↓↓今回一押しのうなじ日焼け対策クリーム↓↓

それはずばり、うなじにファンデーションを塗ることです!

 

顔だけ白くてうなじ真っ黒に日焼け…って人、世の中にたくさんいますよね?もしやあなたも?

 

顔は白いのに、うなじは黒い理由は、ファンデを塗ってるか塗ってないかの違いじゃないかって、あるとき気がついたんですよ。

 

ファンデと日焼け止めクリームは、「がついてるかついてないか」の点で大きく違います。

 

だから私は運動会の日に、日焼け止めクリームの代わりにファンデーションをうなじにつけます。

 

「もったいない!」と思う方はぜひ実践してみてください。

 

顔と同じくらい見られるうなじなのに、顔ほどにケアしないって、よく考えたらおかしい話。

 

特にエイジングを気にする年代の方は、美白美容液からファンデーションまで、顔に塗るものは首からデコルテ、うなじまで塗っちゃっていいと思います!

>>日中用エイジングクリーム【B.A プロテクター】

 

うなじに塗るファンデーションの選び方

↓↓今回一押しのうなじ日焼け対策クリーム↓↓


うなじに塗るファンデーションの選び方は以下の通り。

うなじに塗るファンデーションの選び方
  • 自分の顔に使っても問題のない商品
  • 顔よりもワントーン濃い色
  • 伸びがよい
  • SPFの数値の高いもの

パッチテストまでする必要はありません。

普通に顔用のものをうなじに塗ればいいだけですが、注意点がひとつ。

 

首って顔よりも、肌の色が黒いんですよ、もともと。

普通に生活してる分には気がつきにくいのだけどね。

 

だから顔と同じ白いファンデを選んじゃうと、なんか「真っ白」な印象になっちゃいます。

 

ここはナチュラル重視で「ワントーン濃い色」を選ぶことで、自然な印象にすることが出来ます。

ショール要らず

↓↓今回一押しのうなじ日焼け対策クリーム↓↓


運動会当日、首にショールを巻くママ、多いですよね。

 

確かにショールを巻くことで、うなじの日焼けを大幅に防ぐことができます。

 

でもショールは汗がこもって夕方には臭い始めます。

 

また、せっかくオシャレしても、ショールを巻くとトータルコンセプトは「日焼け対策してるお母さん」。

 

下の子が幼稚園や幼児だと、「ママ、それ貸して!」ともってっちゃったりしますしねw

 

結局夕方にはショールをはずして日焼けしちゃったって経験が多々あります。

 

暑い運動会シーズンに首にショールを一日中巻きっぱなしって、ちょっと無理があると思うんですよ。

 

ショールが「運動会において」の日焼け対策に適さない理由
  • ショールが汗を吸って臭いだす
  • 小さい兄弟がショールを遊びに使い始める
  • 全体的なファッションが「日焼け対策」的になってしまい、おしゃれできない

その他の日焼け対策方法

帽子をかぶる!

UV100%カット帽子を楽天で買う
言うまでもない、運動会の必須アイテムですね。運動会の日に、まさか帽子を忘れるママはいるまい。

 

深めのUVハットやつばの広い麦わら帽子がおすすめです。

 

ママに人気のキャスケット(前だけつばのある帽子)も、うなじの日焼けが危ぶまれる…。

 

キャスケットの方は、上の日焼け止め対策を、朝にしっかりとしてきましょうね!

 

木陰キープ

↓↓今回一押しのうなじ日焼け対策クリーム↓↓


運動会の日の、校庭にぽしょぽしょっと生えたわずかな面積の木陰は、はっきりいって争奪戦です。

 

ママたちの熱い戦いの勝者だけがいられるベストスポット(怖)。

 

「もっと校庭に木を植えとけばいいのに!」

とこの日だけ、歴代校長をディスり始めるママも多数。

 

何代前の校長に文句言ってんですかw

 

14:00以降、日差しの向きが変わって、校舎の影がいい感じで校庭にかかると、観覧者がいっせいに影の下に移動します(笑)。

 

屋上から早送りムービーなんかで一目瞭然なくらい、みんな影を求めて民族大移動し始めるんですよ。

 

運動会よりもに、校庭の木陰場所をキャッチしておくことも、運動会の日の日焼け対策に大きく貢献しますよ!

 

日焼け止めクリームの選び方

日焼け止めクリームじゃ防ぎきれないといいつつも、やっぱり日焼け止めクリームがいい!

という方のために選び方を紹介。

 

数あるUVクリームの「コレが一押し!」ということは、ごめんなさい、できません。

 

肌質による個人差があるからね。

 

逆にネット上の化粧品で「これが一押し!」は疑ってかかって欲しいと思うくらいです。

 

日焼け止めクリームを選ぶポイントは以下の通り。

日焼け止めクリームを選ぶポイント
  • パッチテストで問題ない無添加のもの
  • 汗で流れないウォータープルーフのもの
  • 匂いが気にならないもの
  • 白光りせず、肌になじむもの

こんなとこでしょうか。アラフォーの私でも、意外と「これがベスト!」が見つかってなかったりするんですよね笑。

 

逆に言えば、上の項目を満たしていれば、どのメーカーの日焼け止めクリームでもOK。

で、けっこう多くの商品が満たしてるんですよ笑。

 

あれもこれも「悪くない」感じ。

でも日焼け止めクリームだけじゃ、うなじの日焼けは防げないことは、多くのママが体験済みじゃないでしょうか?

 

そこで私が編み出した、絶対に首とうなじを日焼けさせない上述の方法、今年はぜひお試しください。

↓↓今回一押しのうなじ日焼け対策クリーム↓↓


うなじにファンデーションの注意点

 

うなじにファンデーションを塗ることで、デコルテを出したハイカットのファッションでも日焼けを防いで一日運動会を楽しむことができるでしょう。

 

しかし注意点もいくつかあるのでご紹介。

運動会にファンデーションを首やうなじにつけるときの注意点
  • 化粧崩れするので、タオルでまめに抑える
  • 化粧直しに粉ファンデを持参
  • 服の襟足にファンデが必ずつくので、帰ってからつまみ洗い

けっこうめんどくさそう…と思いますか?

ポーラ最高峰ブランドB.A の日中用エイジングクリーム」は伸びも日焼け止め効果も高く、化粧崩れもしにくいうえにウォータープルーフなのでおすすめしてみました。

 

襟足にちょっとはつきますが、綿の服であれば「ウタマロ石けん」で簡単に落ちます!

 

高い!と思われるかもしれませんが、ポーラのB.Aは少量で伸びがいいので、普段は顔に。

 

ここって日にはデコルテとうなじにつけて使用しても、私の場合は半年くらい持つのでコスパもいいほうです。

 

さいごに

運動会ママの日焼け対策に、「帽子」プラスのファンデーションを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

  1. 今までの私:帽子+ショール+日焼け止め
  2. 今の私:帽子+首やうなじにファンデーション

2番圧勝ですよ。

もう二度と、ショールなんてわずらわしいものつけるもんか

って思いますもん。

 

使用感や好み・肌質にもよるので、両方試してぜひ、自分にとってベストの日焼け対策技を見つけ出してください!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

以下の記事もご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です