忍野しのびの里,口コミ評判は?山中湖で子供が喜ぶ日帰り家族旅行







こどもって忍者になりたがりませんか?(笑)

我が家の息子二人も、折り紙の手裏剣でよく、戦闘にでかけます(笑)。

三重県の伊賀の里など、昔ながらの本格忍者体験ができる観光地は、忍者好きの子供に大人気。

東京から日帰りでいける山中湖にも、最近忍者体験ができる忍者テーマビレッジが登場!

その名も『しのびの里』。

一体どんな忍者体験ができるのか、ロマンを忘れぬ大人も気になってしょうがないはず。

以下を読んで、ぜひ、ご旅行の計画をたててみてください。




忍野村『しのびの里』基本情報

しのびの里|忍野八海すぐ近くの忍者テーマビレッジ出典:http://www.oshinoninja.com/http://www.oshinoninja.com/

ポイント
住所:忍野村忍草2854
連絡先:0555-84-1122
営業時間:9:00~16:30
定休日:無休
駐車場:67台
アクセス:富士急行『富士山駅』から忍野八海経由御殿場駅行きにて18分→『忍野しのびの里』で下車
参考URL:http://www.oshinoninja.com/

入場料金

2018年3月出典:http://www.oshinoninja.com/

上のスケジュールは2018年3月のもの。

中学生以上3歳~小学生
A日程1,300円1,000円
B日程1,800円1,300円
景品付きアトラクション500円500円
忍術体験イベント1,000円
忍者衣装レンタル500円500円

週末や春休み・GWなどの大型連休の時は料金がB日程となり、ちょっと高くなります。




しのびの里のおすすめポイント!

忍者のコスチュームを着られる!

キッズ忍者修行体験出典:http://www.oshinoninja.com/

コスプレに興味のない人だって、忍者のかっこう、してみたいと思ったことがあるでしょう。

欧米の忍者ファンは、いまだに日本に忍者がいると思っている人もいるくらいなのに(笑)、本場日本で「忍者になりたい」とくすぶっているなんて。

忍者のかっこう、一生に一度は着てみたい。

しのびの里ならば、大人も子供も、500円でレンタルできちゃいます。

上手に着こなして、1日くらい童心に返って、子供と一緒になりきり忍者になりましょう!

入場券には、毎日行われている『雷風刃』の忍者ショー観戦料も含まれています。

本格的な手裏剣道場

忍者, 星, 武器, 金属, 腕, シャープ

しのびの里では、本格的な忍者になるための修行を受けることができます。(笑)

手裏剣道場では、子どもたちが夢中になってくないを投げています。

上手に投げると的につきささる、本格的な「くない」。

忍たま乱太郎の世界で、ちびっ子たちが真剣に修行します。

師匠の(笑)教えを守って、忍者への第一歩を踏み出しましょう!

忍者からくり屋敷

「これこれ!」って感じですよね。

しのびの里には、さまざまなからくりが仕掛けられた本格的な忍者屋敷があります。

隠し扉や抜け道を探して、無事にゴールにたどり着けるでしょうか?

忍者のスキルアップ効果のあるアスレチック

子供が大喜びのアスレチックも、施設内にあります。

忍者のパワーを鍛えるための工夫が随所になされている忍者アスレチック。

『鳴子地獄』とか『からくり通路』とか、なりきり忍者の血が騒ぐアトラクションを攻略していきましょう。

からだを目いっぱい動かして夢中になって遊んでくれた子どもたちは、帰りの車でぐっずりと寝てくれそうです。

日本庭園からみる富士山が最高

古き良き日本の原風景を再現した「日本庭園」出典:http://www.oshinoninja.com/

しのびの里にある日本庭園は、忍者の息づく時代をそのまま形にしたようなところ。

春の桜、秋の紅葉など、季節に合わせて咲き誇る色合いを楽しむことができます。

この中にある『ふじみ茶寮』では、抹茶とどら焼きセットや、旬のフルーツ入りソフトクリームが人気。

美しい富士山をみながら、足湯を楽しむこともできますよ!

【パワースポット】忍野村ってどんなところ?

『しのびの里』のある忍野村って、富士山のふもとの村として、古くから人気のあるパワースポットです。

人気急上昇にともない、ちょっと「地方の観光地」っぽくなってしまって、自然の景観が損なわれたのは残念。

それでも隣接した多くの池と、そこに映る逆さ富士の透明感は、感動ものです。

江戸時代に、富士登頂前に忍野村の八海(8つの池)で水行をしていたそうな。

富士山の雪解け水が20年かけて地中をろ過されて忍野村に流れ着くため、『神の泉』と呼ばれるほどの透明度の高い美しい池をみることができます。




八海巡りの順序

住所:忍野村忍草
連絡先:0555-84-4221
駐車場:なし

3~40分ほどかかる八海巡り、忍者修行のついでに体験してみてはいかがでしょうか。

ポイント

①菖蒲池:この池の菖蒲を体にまくと、病気が治ったという伝説のある池。
↓徒歩2分

②鏡池:逆さ富士がきれいに映る池。善悪を見極めるという言い伝えがある。
↓徒歩すぐ

中池:八海に含まれないけど、澄んだ美しい水の池で、絶好の写真スポット!
↓徒歩すぐ

③湧池:富士山の噴火から人々を守った『コノハナサクヤヒメ』の伝説のある池。
↓徒歩すぐ

④濁池:むかしはすんだ池だったが、旅人に請われた水を地元の女性が断ったために濁ってしまったと言われている。
↓徒歩5~6分

⑤底抜池:この池に物をおとすと、近くのお釜池にその物が浮かび上がると言い伝えがある。
↓徒歩6~7分

⑥銚子池:恥をしのんだ花嫁が身投げをした池だが、今は縁結びのご利益があると有名である。
↓徒歩5分

⑦お釜池:カエルが美しい娘をこの池に引きずり込んだという伝説がある。
↓徒歩15分

⑧出口池:この池で身を清め、この池の水を持っていくことで、無事に富士山に行って帰ってこられると言われている。

せっかく忍野村まで来たのならば、パワースポットで運気上昇して行ってくださいね。

 

まとめ

東京から日帰り圏内で、忍者になれる体験型の新名所、しのびの里について紹介してきました。

河口湖・山中湖は東京からのアクセスが良く、富士山をのぞめる美しい景色と多彩な自然で、とても人気の高い地域。

風景やパワースポットなど、大人には面白くても子供には退屈。

そんな地に、子供も一緒に心から楽しめる遊戯施設ができたのは、山中湖ファンにとってもとてもうれしいですよね。

週末のお出かけ先としてぜひ、ご検討ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です