関東の花火大会・ランキング【2019】花火好きなら1度は見たい!おすすめ花火大会

関東 花火 大会 ランキング







関東に多くある花火大会、全部制覇したい!って欲張りな気持ちになる人集まれ!

関東のおすすめ花火大会を全部まとめてランキングにして見ました笑

独断でのランキングになりますが、花火好きの方は是非参考にしてください!

今回ご紹介する花火大会の場所を地図で確認!

10位:2019みさとサマーフェスティバル花火大会/第43回流山花火大会


2019みさとサマーフェスティバル花火大会/第43回流山花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年8月24日(土)19:00~20:30
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:江戸川運動公園(市営グランド)
  • アクセス
    :三郷【JR武蔵野線】三郷駅・徒歩10分
    :流山【流鉄流山線】流山駅/平和台駅・徒歩5分
  • 花火の数:合計約14,000発
  • 来場者数:【三郷】約11万人【流山】115,000人

>>みさとサマーフェスティバルの穴場5選!有料席や最寄駅情報も

  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計6点/15点

2019みさとサマーフェスティバル花火大会/第43回流山花火大会の特徴

川を挟んで隣接している三郷市と流山市は合同で花火大会を行うのが恒例。

 

そんな2つの花火大会、一番の見どころは音楽に合わせて打ち上げる音楽花火です。

見る場所によって、2つの花火大会を同時に見られるのでお得感満載ですよ。

9位:横浜スパークリングトワイライト

横浜スパークリングトワイライトの基本情報
  • 開催日程:2019年7月13日(土)14日(日)19:30~20:00
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:山下公園及びその周辺、公園前海上
  • アクセス:【みなとみらい線】元町・中華街駅・徒歩3分
  • 花火の数:約3,000発
  • 来場者数:約60万人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計6.5点/15点

横浜スパークリングトワイライトの特徴

デートスポットで知られる横浜!

そんな横浜のおしゃれな花火大会が横浜スパークリングトワイライトです。

 

花火の数や打ち上げ時間は少なめながらも

横浜の海に反射する花火はとても美しくまさにデートする際におすすめの花火大会です。

8位:ふじさわ江の島花火大会

ふじさわ江の島花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年10月19日(土)18:00~18:45
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:藤沢市片瀬海岸西浜
  • アクセス:【小田急江ノ島線】片瀬江ノ島駅・徒歩2分【江ノ島電鉄】江ノ島駅・徒歩7分【湘南モノレール】湘南江の島駅・徒歩8分
  • 花火の数:3,000発
  • 来場者数:85,000人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計7点/15点

ふじさわ江の島花火大会の特徴

花火と言えば夏のイメージですが、ふじさわ江の島花火大会はに行われます。

 

そして一番の魅力が湘南エリア唯一の2尺玉花火

直径480mの大きさになるという花火は圧巻です。

 

開始時間が早めなので

小さいお子さんのいるご家庭でも気軽に行けそうな花火大会ですね!

7位:第60回いたばし花火大会/第66回戸田橋花火大会


第60回いたばし花火大会/第66回戸田橋花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年8月3日(土)19:00~20:30
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:板橋区荒川河川敷
  • アクセス
    :板橋側【都営三田線】高島平駅/西台駅/蓮根駅・徒歩20分【JR埼京線】浮間舟渡駅・徒歩20分
    :戸田側【JR埼京線】戸田公園駅・徒歩20分(混雑時40分)
  • 花火の数:合計約12,000発
  • 来場者数:【板橋】52万人【戸田】約45万人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計8.5点/15点

第60回いたばし花火大会/第66回戸田橋花火大会の特徴

川を挟んで隣接している板橋区と戸田市は合同で花火大会を行うのが毎年恒例となっています。

 

そんな2つの花火大会は、

関東最長級700mもある大ナイアガラの東京最大級の尺五寸玉が最大の見もの!

一見迫力のある花火大会と思いきや、こんなに大きな花火が作れるのは実力の賜物なんです。

 

そんな実力ある2つの花火大会、花火職人のクオリティの高さをぜひご覧いただきたいです。

6位:第71回鎌倉花火大会

鎌倉の花火大会【2019】日程と混雑回避の穴場15選!注:見えない場所の紹介も

第71回鎌倉花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年7月23日(火)19:20~20:10
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:由比ヶ浜海岸、材木座海岸
  • アクセス:【JR横須賀線/江ノ島電鉄】鎌倉駅・徒歩15分【江ノ島電鉄】由比ヶ浜駅/和田塚駅・徒歩5分
  • 花火の数:約4,000発
  • 来場者数:約15万人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計9点/15点

第71回鎌倉花火大会の特徴

毎年恒例となっている水中花火が名物の鎌倉花火大会

 

この水中花火!名前の通り、移動する船から海へ花火を投げ込むんです。

すると水平線に扇形に花火が開きます。

 

初めて見た方はその美しさに感動することでしょう。

海のある鎌倉ならではの花火大会ですね!

5位:第52回葛飾納涼花火大会

葛飾の花火大会【2019】穴場10選と場所取り方法!屋台のおすすめも紹介!

第52回葛飾納涼花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年7月23日(火)19:20~20:20
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
  • アクセス:【京成金町線】柴又駅・徒歩10分【JR常磐線/京成線】金町駅・徒歩20分
  • 花火の数:約13,000発
  • 来場者数:約68万人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計11.5点/15点

第52回葛飾納涼花火大会の特徴

下町の良さ大切にしながら行われている葛飾納涼花火大会!

 

至近距離で見ることのできるので

子供だけではなく大人まで迫力満点の花火を楽しむことができるでしょう。

4位:幕張ビーチ花火フェスタ2019(第41回記念千葉市民花火大会)


幕張ビーチ花火フェスタ2019(第41回記念千葉市民花火大会)の基本情報
  • 開催日程:2019年7月26日(金)19:30~20:30
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:幕張海浜公園
  • アクセス:【JR京葉線】海浜幕張駅・徒歩15分
  • 花火の数:約20,000発
  • 来場者数:約30万人

>>幕張の花火大会2019、有料席の口コミ評判は?屋台と駐車場情報も

  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計12点/15点

幕張ビーチ花火フェスタ2019(第41回記念千葉市民花火大会)の特徴

国内最大級を誇る20,000発もの花火が打ち上げられる花火大会!

 

2018年は40回記念の年だったこともあり、

海上花火や大玉花火をメインとした特別プログラムが組まれました。

 

2019年も特別な花火の用意があるのか期待大ですね!

3位:第41回足立の花火

第41回足立の花火の基本情報
  • 開催日程:2019年7月20日(土)19:30~20:30
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
  • アクセス
    :千住側【東武スカイツリーライン/東京メトロ日比谷線・千代田線/つくばエクスプレス】北千住駅・徒歩15分
    :西新井側【東武スカイツリーライン】小菅駅/西反野駅/梅島駅・徒歩15分
  • 花火の数:約13,600発
  • 来場者数:約66万人

>>足立区の花火大会2019、有料席の場所と屋形船&最寄の駅は

  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計13点/15点

第41回足立の花火の特徴

東京の夏の花火大会では最も開催が早いことで知られている足立の花火

打ち上げ時間は、

わずか1時間ほどではありますが約13,000発以上も打ち上げられる花火は圧巻です。

 

また2018年は、第40回記念として特別なプログラムを組んで花火大会が行われました。

2019年はどのようなプログラムなのか乞うご期待!

2位:第42回隅田川花火大会

隅田川の花火大会【2019】打ち上げる場所と穴場15選!屋形船情報は?

第42回隅田川花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年7月27日(土)【第一会場】19:00~20:30【第二会場】19:30~20:30
  • 開催場所:【第一会場】桜橋下流~言問橋上流【第二会場】駒形橋下流~厩橋上流
  • アクセス
    :第一会場【東京メトロ銀座線/都営浅草線/東武線】浅草駅・徒歩15分
    :第二会場【都営地下鉄浅草線/大江戸線】蔵前駅・徒歩5分
  • 花火の数:合計20,000発※【第一会場】9,350発【第二会場】10,650発
  • 来場者数:約748,000人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計14点/15点

第42回隅田川花火大会の特徴

とても有名な花火大会の一つである隅田川花火大会!

 

日本最古の花火大会と言われていて現在では東京三大花火大会の一つにも数えられています。

なので花火の数・来場者数がとても多いことが特徴です。

1位:第44回江戸川区花火大会/第35回市川市民納涼花火大会


第44回江戸川区花火大会/第35回市川市民納涼花火大会の基本情報
  • 開催日程:2019年8月3日(土)19:15~20:30
    ※まだ公式発表されていないので、昨年の日程から予想しました。
  • 開催場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
  • アクセス:【都営新宿線】篠崎駅・徒歩15分【JR総武線】市川駅南口・徒歩15分
  • 花火の数:14,000発
  • 来場者数:合計約139万人【江戸川区】約90万人【市川市】49万人
  • 花火の数:
  • 来場者数:
  • 人気度:

合計14.5点/15点

第44回江戸川区花火大会/第35回市川市民納涼花火大会の特徴

毎年江戸川区と市川市の花火大会は、江戸川を挟んで同時に行われます。

 

例年の特徴として、

趣の異なる8つのテーマで作られた花火BGMに合わせて打ち上げられます。

 

そしてこの花火大会、最大の見どころはオープニングの5秒間に1,000打ち上げられる花火!

これを毎年楽しみに足を運ぶ方もいらっしゃることでしょう。

 

ちなみに動員数は

日本最大級と言われていて今回ご紹介した花火大会の中で比べても一番の来場者数!

江戸川区からでも市川市からでも見ることの出来る手軽さと、

8つものテーマから作られているプログラム構成だからこそ毎年見たくなる花火大会なのでしょう。

まとめ

  • 1位:第44回江戸川区花火大会/第35回市川市民納涼花火大会
  • 2位:第42回隅田川花火大会
  • 3位:第41回足立の花火
  • 4位:幕張ビーチ花火フェスタ2019(第41回記念千葉市民花火大会)
  • 5位:第52回葛飾納涼花火大会
  • 6位:第71回鎌倉花火大会
  • 7位:第60回いたばし花火大会/第66回戸田橋花火大会
  • 8位:ふじさわ江の島花火大会
  • 9位:横浜スパークリングトワイライト
  • 10位:2019みさとサマーフェスティバル花火大会/第43回流山花火大会

以下の記事もご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です