カマスの釣りの仕掛けは?サビキやルアーを使って初心者も大漁!

カマス 釣り 仕掛け







  • カマスの釣りの仕掛けは?
  • サビキやルアーを使って、初心者も大漁って本当?

初心者や子供の釣りターゲットとして注目を集めているのがカマス釣り!

 

我が家のように初心者母子でいっても大量が見込めると聞いて、カマス釣りについて詳しい方に徹底解説していただきました!

 

以下をご覧になって、夏から秋にかけて、親子でぜひカマスの大漁釣りを楽しんでください!





 

カマス釣りの仕掛けは?

カマスは、今人気の釣りのターゲットの1つで、バラクーダと呼ばれて釣り人に親しまれています。

 

カマスのサイズ

魚体の大きなオニカマスは、体長80~150cm、大きな固体だと2mを越す大物もいて、沖縄など南方に釣り遠征に行く釣り人も少なくありません。

 

関東などの近海で釣れるカマスは20~40cmくらいと小ぶりサイズ。

 

しかし群れで回遊し、積極的にエサに反応してくる魚なので、「楽しめる釣り」として人気の釣りターゲットに違いありません。

 

カマス釣りの仕掛け

カマス釣りに使用する仕掛けや釣り方は、定番のサビキ釣りをはじめ、最近はルアーが人気になっています。

 

サビキの仕掛けにメタルジグ(小魚に似せた鉄製ルアー)などを組み合わせる釣り方も、次項で詳しく解説して行きますね!

 

カマス釣りのサビキ仕掛けは?

カマスは、ベイト(捕食する動物)になるイワシや小魚を追って回遊します。

 

とても獰猛なカマスは、キラキラ光る動くものによく反応する性質を持ちます。

 

ラインの種類

カマスをサビキで狙う場合に一番注意しなければならない事は、ラインの種類です。

 

カマスの歯はとても鋭く通常のライン(糸)では切られてしまいます。

 

ですから、カマス釣りの際には通常のラインではなく「カマス用のサビキ仕掛け」をおすすめします。

 

サビキ仕掛けの個数と号数

 

釣具店に行くと仕掛けコーナーに、カマス用のサビキ仕掛けが売っているので、コレを使いましょう。

 

仕掛けのフック(針)には、様々な色のキラキラ光る羽がついているので、仕掛けをロスト(失くす)ことも考えて、あらかじめ5色ほど揃えておくと安心です。

 

このキラキラ光る羽でカマスを誘うので、各色使い、反応の良い色を使うようにすると釣果が上がりますよ!

 

フックや使用している強度を表す号数が記載されていますので、8~11号の仕掛けが良いと思います。

 

ハヤブサ製の『カマス専科』と言う仕掛けで500円前後で販売されています。

 

通常のサビキ仕掛けよりも使用しているフックやラインが強度なものなので、ラインブレイク(糸切れ)がしずらい仕掛けです。

 

オモリ・メタルジグの種類

 

使用するオモリは、ナス型(茄子のような形)で5~8号を使用します。

 

最近、流行っているのがオモリの代わりにメタルジグを使う釣り方。

 

使うメタルジグは、派手目なもので5~12gくらいが良いでしょう。

 

ジギングサビキについて

 

メタルジグだけを使って釣る釣り方をジギングと呼び、サビキと組み合わせるとジギングサビキと呼ばれています。

 

普通の灰色をした鉛のオモリではなく、キラキラしているメタルジグを使うことで、メタルジグ自体でもカマスにアピールできるので、釣果がより一層高くなります。

 

ジギングサビキの仕掛けセット

 

上の商品のように、ジギングサビキの仕掛けがセットになって販売されているのもあります。

 

「マルシン漁具製『ジギング堤防サヒキセット』インパクト」は送料込みでも5~600円。釣具店でも購入可能です。

 

初心者や子供が使うには便利な仕掛けなので、子連れのカマス釣りの際にはぜひご活用ください!

 

竿(ロッド)のおすすめ

 

タックル(竿やリールなど)は、あまり硬すぎないロッド(竿)でミディアムクラスがいいでしょう。

 

遠投したいので8フィート(約2.4m)くらいがベストですが、ルアーロッドなどの6~7フィート(約1.8~2.1m)のロッドでも代用可能です。

 

子供や初心者の釣り道具に関しては「海釣り初心者の道具!」の記事でもお伝えしているので、参考にしてください。

 

硬いハードなロッドだとアタリがとりずらく、バラシの原因にも繋がるのでMやMLなどの表記されているミディアムロッドが望ましいと思います。

 

リールとラインについて

 

 

リールは、スピニングリールで大きさを表す番手が2000~3000番クラスで2500番が使い勝手が良いと思います。

 

リールに巻くラインは、PEラインの0.8号ぐらいをおすすします。

 

PEラインは、一般的なナイロン製とは違い伸び率が全くないため、ロッドに伝わる感覚が繊細なため、魚のアタリや仕掛けの誘導がスムーズに行えます。

 

強度もナイロンに比べ何倍も強いので細いラインが使えるために、魚に警戒心を与える可能性も少なくなります。

 

サビキ仕掛けに鉛のナス型のオモリを使う場合でも、メタルジグを付ける場合でも、このタックルで大丈夫です。

 

リールやライン、その他の釣具に関して「【アウトドア&スポーツ ナチュラム】」のネットショップなら商品幅も多くおすすめなので、一度のぞいてみてくださいね。

 

カマス釣りにはルアーも有効?

 

 

カマスに対してのルアー釣りはとても有効だと思います。

 

カマスは、回遊しながらベイト(捕食する動物)を探しまわっています。

 

この習性を利用して、ベイト(捕食する動物)に似せたメタルジグやミノー(プラスチック製)、虫に似せたワーム(ゴム製)などで誘うことで釣果が上がることが期待できるのです。

 

カマスはとても貪欲で獰猛なので、光って目立つもの、動くものによく反応するのでルアーは派手目なものが良いとされています。

 

ミノーのおすすめ

 

ミノーを使う場合は、自重(8~12g)があって中層や低層を狙えるものと、5~10gぐらいで表層を狙えるものを揃えておくと安心です。

 

中層や低層を狙うときにおすすめなのが、バスデイ製レンジバイブ70TG(RANGE VIB 70TG)で、釣具店でも1,600円ぐらいで販売されています。

 

バイブレーションと言って、巻くとブルブルと揺れながら泳ぐような動きをするのでとても有効的です。

 

メタルジグは、ジギングサビキで使うメタルジグをそのまま使います。

 

ワーム+ジグヘッド

ワームを使う場合は、ジグヘッドと言ってフックにオモリが付いているものが必要になります。

 

ジグヘッドの重さは、1~5gぐらいを揃えておきましょう。

 

このジグヘッドにワームをつけます。

 

ワームは、小魚に似せたものや虫に似せたものなど5~7cmぐらいの大きさで目立つ色が良いと思います。

 

釣具店のワームコーナーで5個ぐらい入って500円~800円程度でうられています。




 

ルアーの注意点

タックルは、サビキで紹介したものと一緒で問題ありませんが、ラインシステムが少々異なります。

 

サビキやジギングサビキでは、PEラインから強度の強い仕掛けが結ばれますが、ルアーの場合はPEラインとルアーを直結することができません。

 

PEラインは繊維でできているためコスレに弱いため、まずはショックリーダーと呼ばれるラインを結んでから、ショックリーダーとルアーを結ばないといけないのです。

 

ショックリーダーがないと、岩や堤防などでコスレた場合や、カマスの鋭い歯によって、簡単にラインが切られてしまいます。

 

必ずショックリーダーを使用しましょうね。

 

ユニノットの結び方

糸と糸を結ぶノット(結び方)やルアーを結ぶ際のノットは、「ダイワ・グローブライド」を参考にして下さい。

 

おすすめノットは、糸と糸は電車結び、ルアーを結ぶのは、ユニノットです。

 

難しくはないので、何回かチャレンジしたらできるようになると思いますよ。

 

カマス釣りの時期や時間帯は?

 

地域によって違いはありますが、カマスは群れでベイトになるアジやイワシを追いかけ回遊しています。

 

そのアジやイワシが岸寄りになる時期がカマス釣りの時期になります。




 

おすすめの時期

一般的に夏から秋にかけてベイト(捕食する動物)が岸寄りに回遊するので、カマスもエサを追いかけて岸寄りします。

 

このカマスの群れに当たれば、サビキでもルアーでもクーラーボックスに入りきらないほど簡単に釣れます。

 

もちろん初心者でも子供でも沢山釣れます。

 

逆にベイト(捕食する動物)がいなければカマスもいない確率が高いので釣れない可能性が高くなります。

 

また、ベイト(捕食する動物)が目に見えなくても潮通りの良い堤防先や防波堤の角付近などは、カマスがいる可能性は高いと考えられます。

 

潮の満ち引きで潮通りの良い場所を探すのが釣果に繋がりますが、初心者には難しいかもしれませんね。

 

おすすめの時間帯

 

釣りに最適な時間帯は、魚全般に言えることですが、早朝の朝まづめ(4:00~8:00ぐらい)や夕方の夕まづめ(16:00~18:00ぐらい)がベストです。

 

まづめの時間帯は、魚の活性が高いと言われ、釣りやすい時間帯ということをぜひ覚えてください!

 

昼間は、海水温も上がるので活性が下がり、深場や沖に移動する事が多い為、釣りずらい時間帯と言えます。




 

夜の方が大漁?

カマスはベイト(捕食する動物)を追って夜に活発に捕食する傾向もあるので、堤防や防波堤にある明かり付近では、群れをなして回遊することもあります。

 

特に秋口には、海水温が低くなるので、夜に港内にベイト(捕食する動物)を探して集まってきます。

 

明かりがある付近は、小魚が集まりますよね。その小魚を捕食しにカマスも集まってくるので、ルアーでの釣りが有効になります。

 

カマス釣りは、カマスの生態を少し理解してやれば決して難しい釣りではありません。

 

やみくもにロッドを出すのではなく、カマスの集まる箇所に狙いを定めて簡単に釣ることができるため、初心者や子供でも腹いっぱい胸いっぱい釣る事は可能です。

 

撒き餌をして魚を集める釣りではないので、回遊待ちな面もありますが、ベイト(捕食する動物)の状況や潮通りの良い場所、時間などを理解しさえすれば、簡単に大漁釣りができるのです!

 

一度、群れに当たって何十匹と爆釣したら、初心者も子どももやめられない釣りになりますよ。

 

特に小中学生の男子は、一度味わった大漁の快感を忘れられずに、何度でもトライしたくなるでしょうね!




 

カマス釣りのまとめ

カマス釣りの仕掛けや、カマス釣りに最適の時期や時間帯について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

最後に改めて情報を整理してみましょう!

カマス釣り、サビキ仕掛けやベストの時期・時間帯まとめ
  • 初心者や子連れのときは、関東近海の3~40cmの回遊しているカマスを狙おう
  • カマスの歯は鋭く、通常のラインでは噛み切られる
  • カマス釣りには「カマス用サビキセット」8~11号が最もおすすめである
  • ハヤブサ製の「カマス専科」という仕掛けが強度も十分でおすすめ
  • オモリはナス型5~8号
  • オモリの代わりに5~12gのメタルジグでも代用可能
  • メタルジグ+サビキの『ジギングサビキ』もおすすめ
  • 固すぎないミディアムロッド(竿)がおすすめ
  • スピニングリールで2500番
  • PEラインの0.8号
  • メタルジグやミノー、ワームなどキラキラした派手目のルアーも、カマス釣りには有効である!
  • ルアーでカマス釣りをする場合は、PEラインとルアーの間にショックリーダーと呼ばれるパーツをつなぎましょう
  • 糸と糸はユニノットでつなぎます
  • カマス釣りは、カマスが小魚を狙って岸に近寄る夏~秋がベストシーズン
  • カマス釣りは4:00~8:00、16:00~18:00がベストの時間帯
  • 夜に堤防付近に群れで回遊することもあり、夜に大漁釣りができることも多い
初心者は釣りの専門用語を覚えるところから大変な思いをするかもしれませんが、一度でも大漁の快感を覚えると、難解な釣り用語もすいすいと頭に入ってくるから不思議です。

 

ベテランでも初心者でも、釣りが人にもたらす興奮は等しく、また人を海へといざなうんですよね。

 

秋口にはぜひ、親子でカマス釣りを楽しんでください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です