ドラマ【海月姫7話】あらすじネタバレ!6話あらすじ、江口のりこが関西弁インド人に!

海月姫 6話

スポンサーリンク



ドラマ海月姫、「面白すぎる!」としり上がりに人気も評判もあがってきてうれしいです!
マンガでファンになったわたくし、蓮が、2月26日放映の、海月姫7話の予想を、ネタバレを交えてさせていただきます。
6話までを見逃した方は、以下のFODからご覧ください。



オタク系女子の巣窟、天水館のために全力を出す尼ーズの魅力は、今後もますます急加速!

2月26日放送の第7話の詳細をごらんになりたい肩は、以下の記事をご覧ください!

ドラマ【海月姫8話】あらすじネタバレ!7話感想、賀来賢人が鯉渕兄弟を出し抜く?!

2018.02.24
5話の完全あらすじは、以下の記事をご覧ください。

ドラマ【海月姫6話】予想&5話の完全あらすじネタバレ☆最上もががかわいすぎる!安達祐実が尼ーず入団⁈

2018.02.06

7話の予告動画

6話の進み具合と、漫画のストーリーをかんがみて、海月姫7話のあらすじを予想してみました。

6話の完全あらすじ

無事に海月ドレスのショーが終わり、1夜明けても、ショーの後に蔵之介(瀬戸康史)にキスをされたことを理解できずにもだえる月海(芳根京子)。蔵之介にキスについて問いただすが、「挨拶みたいなもんでしょ」と軽くあしらわれ、わけもわからず納得。

一方で、「政治家の長男女装男子」としてマスコミに騒がれる蔵之介(瀬戸康史)。「家から出るな」と父・慶一郎にきつくしかられる。なのに、海月姫のドレスをしっかりと着こなして、宣伝代わりに家の前のマスコミに姿をさらす蔵之介(瀬戸康史)。「宣伝はばっちり!」と引けをとらない。

海月ドレスのHPをジジ様が作ると、早速オーダーが入る。みんなに指示をだしてドレス製作にやる気満々の蔵之介(瀬戸康史)。生地を買出しに行った月海(芳根京子)は、かえりにに声を掛けられ、2人で喫茶店にいく。

は月海に家庭の事情を話し始める。

10歳の頃、愛人の子だった蔵之介(瀬戸康史)が家にやってきて、すぐにに打ち解けて、がいじめられていても守ってくれた。けれども母親とはなれるときに大泣きし、その後もたまに一人で泣いていた。そうが話し、今の蔵之介(瀬戸康史)からは想像できないと、月海(芳根京子)は驚く。

 

修は月海(芳根京子)に、海月のドレスを1着、蔵之介(瀬戸康史)に内緒で買いたいと伝える。「二人だけの秘密です」と意味深に言われ、了承する月海(芳根京子)

一方で蔵之介(瀬戸康史)の父・慶一郎は蔵之介の行動に頭を悩ませる。が、政治仲間に「天水地区の再開発は進んでいるから大丈夫」といわれる。それを聞いたは、再開発にしぶとく反対している、天水地区の老舗の和菓子屋に、反対意見を聞きに行く。

ドレスのオーダーが立て続けに入り、寝ずの作業がつづく尼ーずたち。そこへ地上げ屋の稲荷翔子から月海(芳根京子)に電話が入る。「子供だましのショーなんてしても意味がない。天水間の開発は成功させる」と圧力をかけられる。それを聞いて落ち込む尼ーずたち。

そこへ蔵之介が、関西弁のインド人・ニーシャ(江口のりこ)を天水館につれてくる。単価安いし、インドは生地の種類が多いからと縫製の手伝いに呼んだのだった。

するとニーシャはオーダーメイドのドレスなんて売れないとすごむ。もっと普通のワンピースやスカートを作れという。そしてブランド立ち上げに必須の「生産管理」を誰かがやらなければならないと提案する。

生産管理の役割を決めるために、蔵之介(瀬戸康史)が誰にしようかと話すが、尼ーずはドレス製作にストレスがたまりまくり。空気も殺伐として話しがまとまらない。帰る蔵之介(瀬戸康史)。一人デザインに没頭する月海(芳根京子)。翌朝、天水館から尼ーずの姿が消えた…。

みんなをまとめるのがお前の仕事!とニーシャにはっぱをかけられた蔵之介(瀬戸康史)と月海が、みんなを探しに行く。ばんばさんとまややは、もう服作りはいやだと反発。「どうせ作っても、自分たちは着られない」というばんばさんの言葉に、落ち込む月海(芳根京子)

一人になった月海(芳根京子)の元へがやってきて、みんなで再び団結するよう、再開発反対デモのちらしを渡す。「デモ!」とこれにはまややばんばさんも飛びつく。尼ーずは思い思いのコスプレをして、デモに参加。途中で止められそうになるも、の助けでのりきる。

デモを終えたあと、ジジ様が、蔵之介(瀬戸康史)の父に背中を押されて生産管理の仕事をすると立候補。

そのころ月海(芳根京子)は修と二人でいた。月海(芳根京子)の力になりたいという。そして月海(芳根京子)の手をとり、「すきです」と告白する。驚く月海(芳根京子)

そして空港には、帰国した千絵子さんの母の姿が・・・

いよいよ天水間の買収がすすむ?!

原作にはなかったキス

原作を読んだことのある方ならば、5話の最後に蔵之介が月海にキスするところを見て「おや?」と思ったはず!
そう、原作にキスってなかったんです。

何となーく淡い三角関係ではあったけど、キスって。

壇上の上から、見つめあう月海と修を発見して、思わず大声で「月海、おれを見ろ!」と叫ぶところも男らしい。
キュンっと来てからのいきなりキスも、男らしい!

それを見ちゃった修さんはかわいそうだけど、ごめん、修さん、勝ち目なしw
瀬戸君かっこよすぎて、日本中の月9視聴者がキュンキュンきまくったと思います。

6話ではこのキスも「あいさつ」と流す蔵之介。

修も月海に猛アプローチ

5話のキスによって、蔵之介の一人勝ちのように思っちゃったけど、6話は修さんが大活躍の回でした!

  • まず、政治家の父慶一郎に反発して、天水地区開発反対派の意見を聞きに行きます。
  • 次に、反対派のデモ情報を月海に伝えます。
  • さらに、デモを邪魔されないために、事前に許可もしっかりと取っていました!

さらに月海をファミレスに誘ったり(ファミレスw)、最後は手をとって直球の「好きです」だもんね。

ちょっと兄弟のスペックを比較してみました。

ポイント
蔵之介:イケメン・フリーター・女装癖・遊び人
修:イケメン・エリート・政治家秘書・定職・まじめ・女性経験なし

こうして比べると、修さん圧勝w

5話の最後は蔵之介で、6話の最後は修さんできゅんきゅんきているファンは、この先の展開が楽しみでたまりませんよね!

ジジさまが大活躍!

原作では、ここからジジさまが大活躍!
なんだか忘れちゃったけど、色々資格を持っていて、ジェリーフィッシュのHPとかあっという間に作っちゃって、ドレス売るときの収支とか材料費とか、計算系を全てこなしてくれる優秀な会計士!

影が薄いから、活躍も薄く感じるんですけどね(笑)

蔵之介の父に背中を押され、みんなが嫌がる生産管理の仕事を引き受けるあたり、地味なのに誰よりも行動力あると思いませんか?

いよいよニーシャ登場(江口のりこさん)


5話はノムさんが登場!
安達祐実さんの好演がファンにはたまらなかったですよね!
安達祐実さんの名演技を見逃しちゃった方は、ここから視聴できますよ!


6話では、ついにニーシャが登場。
しかもインド人役をこなす江口のりこさんwww

キャストだけで笑えるって、成功間違いなしですね。
江口さんが関西弁のインド人役を見事にこなして、花森さんといい感じになっていく様子が…全く予想できません。

蔵之介にも尼ーずにもばしばしと現実を突きつけるニーシャ。

夢見がちな尼ーずも、現実に向き合わざるを得なくなって、いざこざが耐えない6話でした。

 

賀来賢人さんが10年ぶりに月9ドラマに!

上の予告動画を見ると、本編に出てきたフィッシュ社長がでてる?

気になってキャストを調べてみると、2008年の【太陽と海の教室】以来、10年ぶりに月9に出演する賀来賢人さんがフィッシュ社長を演じます!

月海が大手アパレル会社にスカウト?

くらげドレスで月海が、大手ファッションメーカーの社長の目にとまって、デザイナーとして抜擢されると思います!
しかし、まんがでも、ここでいったん尼ーズは空中分解。
月海がいなくなった天水館では、残された尼たちが元の生活にもどります。

月海にはがんがん攻める蔵之介がぴったりいるし、ドラマのキャスティングでも、修さんに勝ち目は全くなさそう。
しかし7話では、一回修さんに分配があがるかもしれません。

以下、蓮の「ドラマ海月姫7話」のストーリ予想です!

まとめ情報
  • 月海が大手ファッションメーカーにスカウトされてデザイナーに⁈
  • 尼ーズと月海の別離…
  • 大手ファッションメーカーから月海を取り戻すべく、蔵之介奮闘!
  • 修さんも月海にアプローチを開始!
こんな感じになるのではないでしょうか。
7話が今から楽しみですね!

さいごに

ここまで読んでくださってありがとうございました。
またお会いしましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です