ドラマ【海月姫6話】予想&5話の完全あらすじネタバレ☆最上もががかわいすぎる!安達祐実が尼ーず入団⁈

スポンサーリンク



海月姫の第3話の視聴率は、まさかの5.6%。
第4話は7.5%とちょっと回復するも、5話で5.3%。
オリンピックの中継と時間がかぶった影響と思われます。

月9としては大苦戦です。

でも見ている人の評価は軒並み好評!!
海月姫の第6話のあらすじネタバレは、以下、お付き合いくださいませ!

6話の完全あらすじは以下の記事をご覧ください。

ドラマ【海月姫7話】あらすじネタバレ!6話あらすじ、江口のりこが関西弁インド人に!

2018.02.13

ちなみにこの記事のあと5話が放映。5話の感想と、本当の6話あらすじ&ネタバレは以下の記事をご覧ください。

ドラマ【海月姫】6話あらすじネタバレ☆5話の感想☆鯉淵兄弟で月海を奪い合う⁈

2018.02.12

4話内容と5話のあらすじ&ネタバレはコチラの記事をご覧ください!

ドラマ【海月姫5話】予告と 4話あらすじネタバレ!月海がデザイナーへの第一歩を踏み出す⁈

2018.02.01
4話をお見逃しの方は、下のリンクから見ることができますよ!

5話あらすじはコチラ!

いよいよ天水館の取り壊しがはじまる5話!

地上げ屋の稲荷さんがいきなり韓国へ飛ぶ!千絵子さんのお母さん(天水館のオーナー)に、天水館の誘致の話をするために会いに行きました。その千絵子さんのお母さんは、娘の千絵子と一人二役。顔がそっくりでさすがの稲荷さんもびっくり(笑)羽生君の観戦チケットを渡して千絵子さんのお母さんの心をつかむ!見事契約書にサインをもらう!

花森さんが蔵之介に、父親の慶一郎が天水館の再開発賛成の表明をするらしいと話す。「いうなと言われると言っちゃうんですよね~」ってw口が軽すぎる花森さん。

いよいよ天水館の危機を感じた月海たちは、「クラゲのドレスをいっぱい作りたいです!」と蔵之介に詰め寄る。くらげドレスをネットで生配信して、ショーを開こうと蔵之介は提案。「やるだけやろう!」とみんなも賛成。「儲けたお金で蒼天航路全巻かえますよ」とジジさまに言われ、まややも賛成!「月海、おまえにかかっているぞ」と蔵之介は月海にのぞみをかける。

ドレスの制作に、プロを雇って縫製してもらわないといけなくなり、千絵子さんの友だちのノムさんのところに向かう。蔵之介と千絵子さん・月海の3人でノムさんのところに行くと、部屋中ブライス人形が置かれた中に、ブライス人形オタクのノムさん(安達祐実)がいる。ブライスマニアの間でも超有名なドレス職人のノムさん。月海と蔵之介に対しては心を閉ざすノムさんだが、月海のデザインしたくらげドレスを見せたとたんに「どふ~」と興奮。超速で型紙をひいてくれる。ブライス人形サイズでめちゃくちゃ小さいドレスのパターンだが、「クラゲの解剖図みたいで興味深いです!」と月海も興奮。「おかしいでしょ、みんな」って蔵之介は引きまくり。

くらげドレスのブライス人形シリーズを作ってもいいという条件で、ノムさんがパタンナー兼お針子として協力してくれることに。

慶一郎は、「蔵之介の行動を監視するよう」、運転手の花森さん(要潤)に指示する。指示通り、花森さんは蔵之介をぴったりマーク。

くらげドレス製作に大活躍してくれるノムさんは、人間の事を「虫けら!」と言い放つ。月海はくらげについてぶつぶつ言いながら、完全に覚醒モードでドレス製作に集中する。蔵之介は、ショーの会場探しをするが、花森にことごとく妨害されて思うようにいかない。すると月海が「天水館でショーをしましょう!」と提案し、みんなも賛成。

一方修は、父親から「天水館に出入りするな」と言われる。食い下がるも、取り合ってもらえない。慶一郎に「いつまでもふらふらするな」と叱られる蔵之介。父親とぶつかる。修は自分ではなく、政治家に向いていて、父に期待されているのは兄の蔵之介だと、背中を押してくれる。自信喪失している修に対して「蔵之介もお父さんもお母さんも、好きなように生きている。あなたも好きなように生きればいい」と母がいう。

くらげドレスが1着完成し、蔵之介がいないために、体形のちかいまややが試着することに。それをみた蔵之介がまややがモデルに向いている体型であることを見抜く。

くらげドレス製作が思うように進まず、「ショーまで絶対に間に合わない」とノムさんにも言われる。そこで月海が「縫わずにドレスを作れないか?」と提案。するとノムさんが「縫わなくてもドレスを作れる」と即答。「それには虫けら(人間)の犠牲が必要です」と笑うノムさんの顔が怖すぎる(笑)そしてまややが犠牲に。ブライス人形のドレス作りで、ボンドで布をはりつける工程があり、それをまややで実践する。叫ぶまややの腹に接着剤をぬりつけ、くらげドレスの布をはりつける。

思わず逃げ出すまやや。モデルになることを猛反発する。そんなまややに蔵之介は「まややはモデル体型の美しい女性だ!」とはっぱをかける。驚いて転んだまややの前髪がはだけて、目があらわに。この目のせいで、小中高とずっと「殺し屋」というあだ名だったとまややは月海にトラウマを告白。「私はハムよ。」と千絵子さんも昔のあだ名を告白。「わたしはくらげでした。」と月海も告白。「そんな私たちがやっと肩を寄せ合って暮らせる安住の地が天水館。ここを守るために頑張りましょう。」と千絵子さんがまややを説得。「この場所(天水館)を失いたくない」と月海も説得。「三国志のがちゃぽん100個買うから」と千絵子さんがいい、まややもやっと承諾。

ショーの日に、蔵之介は父親の政治家のパーティーへ。ショーのモデルはまやや一人ががんばる。直前に司会がいないとパニクるが、花森さんが見事にこなしてくれる。ショーの滑り出しは好調。しかし頑張り過ぎたまややは疲労困憊で目玉のドレスにジュースをこぼしてしまう。コミュニケーションが苦手な月海が、それを克服してドレスを洗って乾かすためのドライヤーを近所に借りにいき、なんとかピンチを乗り切る。

父親の催す政治家パーティーで天水地区の開発反対を堂々と表明し、くらげドレスショーに客を誘導までする。やっと来てくれた蔵之介に、尼ーズは「遅い」とショーを諦めかけるが、押し寄せた客に驚き、再びショーを続行。蔵之介とまやや、2人のモデルでショーは最高に盛り上がる。観客の中に修の姿をみた月海と、それに気が付く修。舞台の上から二人の様子をみつけた蔵之介は、大きな声で「月海、おれを見ろ!」と叫ぶ。会場中の視線を受けて、蔵之介は天水館や、天水地区の再開発反対を表明。くらげドレスを売って、開発を阻止すると発表。ショーの客にもそのことと、くらげドレスをどんどんSNSで拡散するよう促す。

ショーのあと、蔵之介と月海が舞台で話す。最後まで蔵之介がくると信じてくれた月海に、蔵之介が感謝すると、月海は思わず泣きだす。「本当はとても不安でした」と。そんな月海に、蔵之介は思わずキス。その現場を、修がみてしまう。

第5話のポイント

今回のポイントを以下にまとめました。

ポイント
  • 鯉淵慶一郎(蔵之介の父親)が天水館の取り壊しに乗り出す
  • いよいよ天水館取り壊しの危機が迫る!
  • 危機感をやっと肌で感じた尼ーズが、くらげドレス製作に乗り出す!
  • 最強オタク女子、ノムさん登場!
  • ノムさん役、まさかの安達祐実(笑)
こんなところでしょうか。

漫画でも、最強のパワーを持つノムさん。
安達祐実さんがやっていて、びっくりしました。
もう、予告動画だけで笑えました(笑)。

さすがの演技力。

オタク女子も、漫画その物に演じてくれていますね!

ノムさんってどんな人?

ドラマの海月姫も、第5話です。

中盤からキーパーソンのノムさんが加わります。

 

原作の漫画では人気キャラのノムさんですが、映画には出てきませんでした。

ブライス人形という人形の服をデザインしている、その世界では超有名な人。

コアなファンが多いらしく、ノムさんは尼ーズ同様のオタクでありながら、人形の服を販売して生計が成り立っているようです。

安達祐実さんにインタビュー

 

原作漫画では、人間を「虫けら」と言い、人形を人間扱い⁈するノムさん。

「虫けら!」というセリフだけでもかなり怖いですよね。

演じる安達祐実さんは、ノムさん独特の語尾である「○○でしゅ~」が、ものすごく言いにくくて苦戦しているとのこと。

でも演技には定評のある女優の安達祐実さん。

きっと素晴らしいノムさんを実写化してくれることでしょう。

ドラマ海月姫6話あらすじ予告

『天水館』で行われた月海たちのブランド、ジェリーフィッシュのファッションショーは成功した。しかし、ショーの後に蔵之介にキスされた月海は心ここにあらずの状態に。一方、蔵之介はショーの最中に天水地区再開発反対を発表したことで、賛成派の父、慶一郎に叱られてしまう。スポーツ紙などはショーよりも親子対決を大きく取り上げていたからだ。その頃、修は議員会館で慶一郎の後援者などからの電話対応に追われていた。そこに紛れて別の内容の電話が入る。蔵之介の実母、リナ(若村麻由美)からだ。リナは蔵之介がショーで着ていたドレスの注文を修に頼む。蔵之介には内緒でということだった。マスコミが騒いでいるため慶一郎に自宅謹慎を申し付けられた蔵之介だが、じっとしているわけがない。自宅前で待ち構えるマスコミの前にジェリーフィッシュの服で姿を現した蔵之介はちゃっかり宣伝する。その足で『天水館』を訪ねた蔵之介は、“尼〜ず”たちにジェリーフィッシュのホームページを立ち上げてドレスのオーダーをとろうと促した。そんな蔵之介を自室に呼んだ月海は、昨夜のキスの意味を尋ねる。すると蔵之介は挨拶みたいなものとあっさり答えた。月海が生地を買いに行くと修と会う。修は内緒でとドレスを頼むのだが、リナの注文だとは月海に言わなかった。修に送られて『天水館』に戻る月海の姿を蔵之介が見ていた。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/kuragehime/story/index.html

 

さいごに、海月姫1~4話の視聴率


海月姫の視聴率、すこぶる悪くて打ち切りもささやかれています。

視聴率
  • 1話:8.6%
  • 2話:6.9%
  • 3話:5.9%
  • 4話:7.5%
  • 5話:5.3%
にもかかわらず、内容は高評価。

それもこれもキャストがはまり役なのと、名演してくれているからではないでしょうか?!

視聴率低かろうが、名作として語り継いでもいいくらい、原作のキャラの再現度の高いエンターテイメントだと思います!

月曜9時に見られない方は、是非フジテレビオンデマンドで無料視聴してください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です