イモトのwifi【口コミ】は?グローバルwifiの口コミと徹底比較!







海外旅行にイモトのWi-FiとグローバルWi-Fi、どっちをもってけばいいの?

って、迷っちゃいませんか?

  • 価格はどのくらい違う?使い勝手は?
  • てか、会社以外、何が違うの?

 

世間を騒がせているイモトのWi-Fiと並んでよく耳にするのが、グローバルWi-Fi。

 

今回はイモトのWi-FiとグローバルWi-Fiの違いや、それぞれの口コミ評判についても、

徹底的に比較してみたいと思います。

 

一体どちらが使いやすく、つながりやすいのでしょうか?2019年夏に海外母子留学を節約コースで探したわたしが、真剣に比較して見ました!

メリットデメリット
イモトのWi-Fi
  • 満足できない場合は「満足補償」として全額無料
  • 利用期間が10日間以内
  • 公式サイトの指定された申し込みボタンから申し込んだ場合のみ
  • 帰国の翌日までにカスタマーサポートに連絡した場合のみ
  • 料金がさほど安くない。
  • 受け取りや返却ができる空港が少ない。
  • 出発の3日前からキャンセル料として申し込み金額の100%を支払わないといけない。
グローバルWi-Fi
  • LTEへの対応国数がダントツ一位の世界54カ国。
  • 30日間の長期割引プランを利用すると半額になる。
  • 16日以上滞在で、長期割引プランの方がお得になる。
  • 周遊プランが充実している。(他にはないアジア周遊プランもある)
  • 受け取りや返却可能な空港が多い(ハワイ・韓国・台湾では現地での受け取りが可能)
  • 一度に接続できるのは5台まで。
  • 渡航先によっては高額になる

この内容について以下に詳しく解説していきます!

数週間海外に行くときに、少しでも安く、少しでも評判のいいWi-Fiをもっていきたい方は、以下をご覧ください!

 

↓↓安さと空港返却が充実しているグローバルWi-Fiがわたしのおすすめ!

公式ページはこちら

イモトのwifiと、グローバルwifiの比較!

レンタルの容量と料金は?

容量料金
イモトwifi1日500MB無料(スタンダードプラン)
グローバルwifi
  • 通常:1日300MB
  • 大容量:1日600MB
  • 超大容量:1日1.1GB
  • 無制限:無制限
渡航先や仕様日数により金額は変わる

期間はどのくらい?料金の違いも

  • イモトのWi-Fiは、どの国に行っても1日680円~1580円の間で収まる定額制➡近場の短期旅行向き
  • グローバルWi-Fiは、国やプランで金額が変わる

グローバルWi-Fiは国とプランにより金額が違ってくるため、しっかり自分の使用料を把握したうえで、申し込みをしないといけません。

 

グローバルWi-Fiのホームページに、料金を計算できるところがあるので、そちらで一度試してから申し込むことをオススメします。

グローバルWi-FiのHPはこちら

【海外WiFiレンタルのグローバルWiFi】

wifiは使い放題?

イモトのWi-Fiは、プラン事に定めている通信料があるので、使い放題ではありません。

 

もし、契約プラン以上のWi-Fiを使ってしまった場合は、

回線が停止したり、速度が低下してしまうという事態が起こります。

通信料の目安
  • 通常プラン:133MB/日
  • 大容量プラン:500MB/日
  • LTEギガプラン:1000MB/日

一方、グローバルWi-Fiの場合は、一部の国で無制限プランの設定があるので、無制限プラン適用の国では使い放題になります。

 

その他の国では1日単位の容量制のため、使い放題にはなりません。

通信速度、早いのはどっち?

イモトのWi-FiとグローバルWi-Fi、どちらの通信速度が速いのでしょう?

通信速度の比較
  • イモトのWi-Fi:3G 下り 最大7.2Mbps  4G 下り 最大75Mbps
  • グローバルWi-Fi:3G 下り 最大7.2Mbps  4G 下り 最大150Mbps

上記より、3Gの下りの最大速度は同じですが、4Gの下り最大速度はグローバルWi-Fiの方が強いといえます。

 

↓↓安さと空港返却が充実しているグローバルWi-Fiがわたしのおすすめ!

公式ページはこちら

 

保証制度の充実度&料金比較

  • イモトのWi-Fi「安心パック」200~300円/日…盗難紛失時のルータ保証
  • グローバルWi-Fi「安心保障パック」500円/日…紛失盗難に加え、破損や水没にも適用。ルータ以外のスマホなどの保証付き

イモトのWi-Fiには、保証制度として「あんしんパック」というものがあります。

1日200~300円で加入でき、盗難紛失の時の保証となります。

 

もしこの制度に加入していなかった場合、レンタルしたWi-Fiルータを紛失もしくは盗難された場合は、

本体の弁償金が4万円ほどかかり、その他ルーター以外の物に関しても、

細かく設定されているので、合わせて5万円ほど支払わないといけません。

 

では、盗難や紛失はどれくらいの割合で発生しているかといえば…

イモトのWi-Fiによると、海外での総トラブル確率は8.6%ですが、そのうちなんと75%ものトラブルが、盗難紛失の割合となっています。

結構多いですよね・・・

しかも、そのうち30%がWi-Fiのルーターの紛失盗難とのことなので、

かなり厳重管理が必要なことがお分かりいただけるかと思います。

 

一方、グローバルWi-Fiはというと、こちらにもまた「安心保障パック」というものがあります。

こちらは、紛失盗難に加え、破損や水没にも適用されるので、かなり安心感があります。

 

しかも、Wi-Fi機器の弁済金を80%~100%免除してくれるばかりではなく、

レンタル品の保証に、最大10万円の携行品補償がセットされています。

 

携行品とは、スマートフォンの本体やカメラ、ゲーム機などのことを指します。

 

つまり、レンタルしたWi-Fi以外の通信機器の盗難とかも保証してくれるってこと!

これはかなり大きいですよ!

また、手荷物遅延の保証もついています。

 

グローバルワイファイの保証プランとしては3タイプあるので、まとめてご紹介しますね!

1日あたりの金額補償内容
安心補償パックMAX500円通信機器などの修理代金または再調達代金→100%免除(故障時の代替機配送サービス)

携行品最大10万円補償

航空機寄託手荷物遅延等費用 最大10万円補償

傷害死亡保険 最大30万円補償

安心補償パックフル300円通信機器等の修理代金または再調達代金→100%免除(故障時の代替機配送サービス)
安心補償パックミニ200円通信機器等の修理代金または再調達代金→80%免除(故障時の代替機配送サービス)

 

1日500円は、イモトのwifiの300円よりも高い…と思うかもしれません。

でもルーター以外の機器まで幅広く補償してもらえるなんて、なんだかお得感満載だと思いませんか?

ルーターで何台まで端末を使えるの?

  • イモトのwifi…10台まで
  • グローバルwifi…5台まで

一般的なポケットWi-Fiは、1ルーターにつき同時に10台まで端末を接続することが出来ます。

 

グローバルWi-Fiは、同時接続数が5台までとなっているので、他の会社に比べたら少し不便かもしれませんが、

一度に10台も使う人は個人や家族単位では珍しいと思います。

 

ポケットWi-Fiを1台レンタルすると、5人家族で一人1台ずつ端末を使えるということ。

充分ですよね。

 

また、仕事でいろいろな端末を使う場合も、移動中はiPhone、カフェではiPad、

宿泊先や取引先ではパソコンなどと用途や場所によって使い分けられることも魅力ですね!

 

↓↓安さと空港返却が充実しているグローバルWi-Fiがわたしのおすすめ!

公式ページはこちら

 

イモトのWi-FiとグローバルWi-Fiの口コミは?

みなさん、口コミって気になると思います。

少しでも安定した通信で、しかも安心して使用できる機器を提供してくれる会社を利用したいと思うのは当然です。

では、実際に使用した人達の声を見ていきましょう!

イモトのWi-Fiを実際に使った人たちの口コミ

このコメントに衝撃を覚えました!

なんと、LINEが使えない⁉

それは一大事です。

でも、どうやら調子が悪かっただけのようで、実際は使えているそうです。

良かったよかった。

 

>>海外ホテルのwifiの接続方法と、セキュリティはデザリングだと高くなる

イモトのWi-Fiは快適につながるようです。

日本の田舎よりもよくつながるそうな…

日本の田舎…がんばれ!

一方、こんな声も。

現地の人がいうには、イモトのWi-Fiがつながりにくい国もあるようなので、注意が必要ですね。

 

>>イモトのwifiがつながらないとき、海外ホテルのwifiの接続方法は

 

でも、連絡するとちゃんと対応してもらえるようです。

イモトのWi-Fiでトラブルがあった場合の連絡先はこちら

  • メール:info@imotonowifi.jp
  • 電話:03-5766-2722

旅行先で対応してくれるのはありがたいですよね。

↓↓話題のイモトのWi-Fiのお申し込みは、以下のリンクから


公式ページはこちら

 

グローバルWi-Fiの口コミ

グローバルWi-Fiの一番のポイントは、バッテリーの持ちが格段に良い事です。

 

なんと1日目に充電し忘れたのに、2日目の夕方まで使えたという人もいます。

本体が少し重たいのが難点のようですが、使い勝手はバッチリのようです。

何といっても、行きに空港で借りて、帰りに空港で返すだけというのはとても便利です。

 

でも、ここには落とし穴も。

当日レンタルのルーターは、数量限定なので、

人気の旅行先はすぐに在庫がなくなってしまう可能性があるため、

行き先が決まったら早めにホームページからレンタル予約をしておくことをオススメします!

 

↓↓安さと空港返却が充実しているグローバルWi-Fiがわたしのおすすめ!

公式ページはこちら

 

イモトのWi-FiとグローバルWi-Fiのメリットとデメリット

メリットデメリット
イモトのWi-Fi
  • 満足できない場合は「満足補償」として全額無料
  • 利用期間が10日間以内
  • 公式サイトの指定された申し込みボタンから申し込んだ場合のみ
  • 帰国の翌日までにカスタマーサポートに連絡した場合のみ
  • 料金がさほど安くない。
  • 受け取りや返却ができる空港が少ない。
  • 出発の3日前からキャンセル料として申し込み金額の100%を支払わないといけない。
グローバルWi-Fi
  • LTEへの対応国数がダントツ一位の世界54カ国。
  • 30日間の長期割引プランを利用すると半額になる。
  • 16日以上滞在で、長期割引プランの方がお得になる。
  • 周遊プランが充実している。(他にはないアジア周遊プランもある)
  • 受け取りや返却可能な空港が多い(ハワイ・韓国・台湾では現地での受け取りが可能)
  • 一度に接続できるのは5台まで。
  • 渡航先によっては高額になる

上記のように、それぞれのシステムにより、メリットやデメリットがあります。

 

どちらのWi-Fiやプランが、旅行先の環境や持っているモバイルなどにあっているかをよく検討し、申し込むようにしてください。

 

↓↓安さと空港返却が充実しているグローバルWi-Fiがわたしのおすすめ!

公式ページはこちら

 

まとめ

イモトのWi-FiにもグローバルWi-Fiにも、それぞれ得意なものと不得意な部分があります。

 

今のところ、グローバルWi-Fiのほうが使い勝手がよさそうですが、

近場の短期旅行や短期出張なら、イモトのWi-Fiの方が格安で利用できます。

 

ただし、イモトのWi-Fiのルーターなどを返却できる空港がとても少ないため、しっかりプランを立てる必要があります。

 

もし回収ボックスのない空港を利用してしまうと、郵送で返却しなければならず、余計な手数料がかかることになりますしね。

 

様々な情報をうまくキャッチし、より快適に使えるように事前に調べておくようにしてくださいね!

以下の記事もごらんください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です