本命?!それとも義理?ホワイトデーのお返しでわかる、男性が気になる女性にとる態度

スポンサーリンク



もてる女は男性からのプレゼントで「彼の本気度」をはかっているのをご存知ですか?

ホワイトデーにプレゼントをもらえるのはうれしいけれど、そもそも自分がバレンタインデーにあげたもののお返し。

バレンタインにあげなければ、ホワイトデーのお返しもなし…。

結局は私の一人芝居?!

片思いの彼にチョコをあげたあなた。お返しが来るかどうか。どんなお返しなのかが気になって仕方ないですよね。

今回はホワイトデーにもらったお返しから、彼の本気度を分析してみたいと思います。

金額で分析する彼の本気度

ホワイトデーのお返しって、微妙ですよね。

ただのお返しなのか、ちょっとわたしに気があるのか?

私と付き合いたいのか、思われるのはうれしいけど、付き合うまではちょっと…なのか?

知りたくてたまらない彼の気持ちを、金額で分析してみましょう。

100~1,000円

本命度は低い!

まさに「バレンタインにくれたから、お返ししなきゃ!」のきもちの中で選んだ品の可能性が高いです。

もしくは、彼はとっても喜んでくれているけど、モテる彼でたくさんもらいすぎたから、ばらまき土産系のホワイトデーのお返しになってしまっているなど、考えられます。

もらった時に「ち、安い」って顔しちゃだめですよ!

「嬉しい!ありがとうございます!」と自分が一番美しいと思っている笑顔で受け取ってくださいね。

そして、別の男性に恋した方がいいかもしれません。

1,000~3,000円

お、これはちょっと本命度が中くらい?!

好きでもない女の子に2,000円のお菓子なんてあげません。

ちょっと好意はある上に、バレンタインでもらったことがとにかくうれしかった!そんな気持ちの表われです。

ここで+アルファがあれば、核心に迫ることができますね。

+アルファとは、『+アクセサリー』とか、渡されたときに『今度食事でもどう?』とか 😀

+アルファなしでこの価格帯ならば、もしかして彼女がいる男性なのではないでしょうか。あなたに本気になりきれない理由があるのかもしれませんね。

3,000円~

個人的な経験から行くと、3,000円以上のお菓子を(あくまでもお菓子の価格!)ホワイトデーにくれる男性は、かなり脈ありです。

ついでに食事に誘ってくれたらいいですけど、草食系な人などは踏み込んでこないかも。

踏み込んでこなくても、この価格帯のお菓子じゃ、女性の方から強気に言ってもOKだと思いますよ。

とりあえずこの後、食事かデートには絶対に行ってくださいね!

お返しなし

このブログを上から読んでくださっている方。最初の『100~1000円』のお返しで「がっかり…」なんて落ち込まないでくださいね。

ホワイトデーにお返しをくれない男性も結構いるのですから。

礼儀とか3倍返しとかなんのかんのと言いたいところですが、女性の持つプレゼントする楽しさとか購買意欲とか、そもそも男性にはないことが多い。

バレンタインにもらったお返しをしなきゃいけない!を日々の忙しさで忘れる人もいます。

怒らないで暖かく見守りましょうね。来年はあげなきゃいいんですから。

まぁ、お返しなしなら当然、本命度はゼロに近いと考えましょう。

注:プレゼント+食事=合算してね

ちなみに、上の金額はお菓子のみの話です。

お菓子と一緒にプレゼントをくれる素敵な男性もいますよね。

お菓子400円でも、3000円のランチおごってくれたら、本命度は中くらい!

お菓子500円でも、1万円のアクセサリーだったら本命度はとっても高い!

合算して考えてくださいね。必ずしもお菓子だけの値段では計れませんから。

働いている男性ターゲット(学生は別枠)

うえの金額別かれの本気度合いは、社会人男性を想定しています。

学生さんならば数百円でもいいのではないでしょうか。

もちろん学生さんでも、がんばってホワイトデーに彼女に1万円のプレゼントをすれば、本命度合いは彼女にきちんと伝わりますよ!
スポンサーリンク



この記事を読んでくれている男性諸君へ

女はみんなお金目当てじゃないです!

「この人は自分にどのくらいのお金をかけてくれるのか」を見て、彼の愛情度合いを計っているだけなんです。

年収1億の人がくれる1万円のプレゼントと、年収200万の彼がくれる1万円のプレゼントでは重みが違うのわかるでしょ?

女はそういうとこも、ちゃんと見てます。

「自分にどのくらい頑張ってくれているのか。」が重要なんです。

年に一度がんばれば、かんたんに女性はなびく?!

裏を返せば、「全てを投げうって自分を求めてくる人」に、とことん弱い。

って話からの、「ホワイトデーのお返しの金額から、彼の本気度合いをチェックするからって、『お金にがめつい女』って思わないでね」って事。

仕方がないじゃないですか。

「お前が好きだ!すべてを投げうってでもお前が欲しい!」なんて言ってくれる男性がいないから

ホワイトデーのお返しとかで、自分の思われ度合いをはかるしか、あなたの気持ちを予想できないんですから。

だから、少ない給料でもがんばって本命の彼女には、選び抜いたお返しをしてあげてくださいね。

まとめ

書いている途中に、誰のためにかいているのかわからなくなってきました(笑)。

そして恋愛から遠のいてしまった私でも、3,000円のお菓子、誰かくれないかなぁとか考えちゃいました(笑)。

冗談はさておき、ホワイトデーに彼からどのくらいのお菓子をもらったかで、彼の気持ちをちょっとは垣間見ることができたでしょうか。

どんなに低額なお返しでも、お返しをもらえなかったとしても、本当に本当に好きな彼ならば、勇気をもって想い続けてもいいと思いますよ。

その恋は、あなた自身をとっても成長させてくれるものになるでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です