『日立さくらまつり2018』について☆東京から日帰りで行ける日本さくら名所100選の地







新年度の忙しさの中、東京のさくらを見逃してしまった…!

焦る必要はありません。

ちょっと北の気温の低い場所では、まだまだ満開の桜を楽しむことができますから。

東京から電車で2時間ほどでいくことのできる茨城県日立市。

毎年開催される「日立さくらまつり2018」についての詳細を、以下にお伝えいたします。




日立さくらまつりの基本情報


ポイント

名称:第56回日立さくらまつり

さくらまつり開催期間:4/1(土)~4/16(日)

開催場所:平和通り(写真赤の〇)・かみね公園(写真青の〇)・十王パノラマ公園(写真黄色の〇)

連絡先:0294-51-3972(日立市観光物産協会)

 

さくらまつりのイベント情報

内容場所内容
4/2(日)プレイベント平和通りお茶会

地酒祭り

海鮮バーベキュー

4/8(土)相馬野馬追甲冑騎馬武者行列平和通り甲冑を着た武者たちが馬で通る
4/8(土)9(日)日立風流物平和通りからくり人形芝居
4/9(日)日立のささら舞平和通り伝統芸能舞
4/1(土)~16(日)桜のライトアップ平和通り(18:00~23:00)

かみね公園(日暮れ~21:30)

十王パノラマ公園(18:00~21:00)

※4/2,6,7,8,9は平和通り、けやき通り周辺道路で交通規制あり

くわしくはお問い合わせを→0294-51-3972(日立観光物産協会)

 

ユネスコ無形文化遺産の『日立風流物』

抽象的な, 背景, モチーフ, 壁紙, アジア, 日本, 神社, 文化, 女性(イメージ画像)

日立まで足を延ばすのならば、是非とも見ていただきたいのは『日立風流物』です。

上にも紹介した通り、『日立風流物』とはからくり仕掛けの人形芝居の事。

たかさ15m×幅8mものおおきな山車の上で繰り広げられる見事なからくり人形芝居は、2009年に『ユネスコの無形文化遺産』に登録されました。

山車そのものは、『国の重要有形民俗文化財』と『重要無形民俗文化財』に指定。

こどもたち
からくり人形など見たこともない現代っ子たちからも、歓声が上がるほどの見事な出し物。

日本の文化芸能に触れるいい機会ですね。

4/8・9の平和通りは、かなりの混雑が予想されますが、出かける価値のあるおすすめのイベントです。




日立のさくらの開花状況

東京の桜の満開日

以下が東京の上野公園の2017年さくらの開花状況です。

上野公園桜の開花状況2017年データ
4/47分咲き
4/7満開
4/11散り始め

上野公園の桜情報については以下にまとめてあるので、ご覧ください。

上野公園の花見2018・場所取りや見頃☆東京のお花見名スポット紹介

2018.01.14

日立の桜の満開日

次に、去年(2017)の日立の桜の開花状況を調べてみました。

日立の桜・開花状況2017年データ
4/3開花(平和通り)
4/4開花(かみね公園)
4/85分咲き
4/12満開
4/14満開
4/17散り中

いかがでしょうか。

東京では4月7日に満開だったのが、日立では4月12~14日でもまだ満開。

東京でお花見日和を逃してしまっても、桜前線を追いかけて北上することで、満開の美しい桜を楽しむことができます。

 

アクセス

車:常盤自動車道の『日立中央IC』か、『日立北IC』でおります。

電車:JR特急ひたち・いわき行にて『日立駅』下車。

駐車場


平和通り付近には駐車場はありません。

有料のコインパークなどを利用しましょう。

さくらまつり会場のひとつである『かみね公園』には無料駐車場(500台)があるので、ご利用ください。

日本さくら名所って?

日本の『国花』であるさくらを守るために、公益法人日本さくらの会が1990年に制定した国内のサクラがきれいな観光地を『日本さくら名所』と言います。

日本さくら名所は国内で100選あり、各都道府県から最低1か所は選定するなど、9つの条件下で選ばれました。

今回紹介する日立さくらまつりの開催場所である『平和通り』のさくら並木は、日本さくら名所100選の一つです。




日立さくらロードレースについて

桜祭りの期間中、2018年の4月8日には『日立さくらロードレース』というマラソン大会がひらかれます。

平和通りの桜並木の下もコースに含まれているため、花見&マラソンを楽しむ人でにぎわいます。

日立さくらロードレースについての詳細をした記事にまとめたので、あわせてご覧ください。

日立さくらロードレース2018.4.8第18回・コース・エントリーさくらの名所について

2018.01.15

まとめ

日本さくら名所100選の日立の平和通りの桜祭りについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

きれいな桜を見に。

ただそのためだけであっても、行く価値のある日立さくらまつり。

そこでしか体験できないマラソン大会や、郷土芸能を堪能することで、毎年恒例の家族行事に定着するかもしれませんね。

愛すべき日立の地に、是非とも足を運んでみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です