ハゼ釣りの時期は秋がベスト?仕掛けとエサの解説&釣り場情報!

ハゼ 釣り 時期







  • ハゼ釣りの時期は秋がベスト?
  • 仕掛けとエサを初心者のために解説!

ハゼ釣りは、古くから愛される釣りで初心者や家族連れにも大人気!

 

同時にハゼ釣りはとても奥深い釣りでもあるので、初心者だけでなく熟練の釣り師にも人気です。

 

ハゼを10匹しか釣れない初心者の横で、100匹ほど釣り上げる束釣りの熟練者…ベテランの仕掛けの工夫で釣果は大きく変わります!

 

そんな魅力的なハゼ釣りを、時期や場所、仕掛けやエサの工夫方法など初心者にもわかりやすく徹底解説します。

ハゼ釣りにベストな時期は?

簡単で数釣りもできるハゼ釣りですが、季節によってハゼのいる場所や大きさ数などは変わってきます。

 

では以下に、どの時期がハゼ釣りにベストなのかを説明していくのでご覧ください。

 

ハゼは、ほぼ日本全国に生息している魚で、釣果は別として一年を通して釣りが楽しめる魚です。

 

春はハゼ釣りに向かない?

ハゼは、冬から春にかけて産卵をします。

 

産卵後は、メスもオスも死んでしまうために春先が一年で一番魚影が薄い時期になり、ハゼ釣りも難しい時期です。

 

初夏は小さなハゼが大漁!

初夏の頃、少し温かくなってきたら、ふ化した幼魚が5cmくらいの大きさになり、釣れ始めてきます。

 

サイズは小さいですが、初夏は数釣りができることから、ハゼ釣りの人気の時期でもあります。

 

夏のハゼ釣り

夏になると、10cmほどに成長したハゼが、河口近辺の浅瀬や河川に多く集まってきます。

 

ハゼが岸寄りする季節なので、リールを使わず川釣りで使う渓流竿で、簡単に釣ることも可能です。

 

釣りに夢中になりすぎて、熱中症になるお子様もいそうです…気をつけないといけませんね。

 

彼岸ハゼが大漁の秋

気温が下がり秋になると、彼岸ハゼと呼ばれ、大きいサイズのハゼの数釣りができる季節になります。

 

サイズは、15~20cmくらいで、大きいものになると25cmを越えるハゼも釣れます。

 

秋でも気温が高い日は、比較的岸寄りに集まってきて、大きなハゼも釣りやすくなります。

 

少し気温が下がれば深場に潜るのでチョイ投げで狙うと良いと思います。

 

冬のハゼ釣りは上級者向け

冬になると、水温が低下するのでハゼは深場の水深10mほどまで移動しますので釣りづらくなります。

 

投げ竿で深場を狙えば、脂の乗った良形が釣れる時期でもありますが、上級者向けと言えるでしょう。

 

ベストシーズンは秋

初心者や子供連れでハゼ釣りをするのであれば、春の小ぶりな数釣りも良いですがサイズの大きいハゼの数釣りができる秋がベストな時期だと思います。

 

秋のハゼは、活性が高いのでエサ釣りだけではなくルアーでも狙えるので色々な釣り方で楽しめることができます。

 

大きいハゼの方がテンプラにしても美味しいですし、何より子供が手応えのある魚を数釣りできれば飛び跳ねるくらい楽しいはずでしょう。

ハゼ釣りの仕掛けは?


ハゼ釣りに使う仕掛けは、釣り方や釣る時期によって変わってきます。

 

リールを使う場合や、渓流竿を使っての仕掛けなどご紹介していくので、初心者さんは以下を参考にしてください!

 

投げ釣り

 

最初に紹介するのは投げ釣りでの釣りになります。

 

竿は投げ釣り用の2~3mほどの竿を使用して、リールは中型のスピニングリールで2500番~3000番くらいが良いでしょう。

 

竿はルアー用でも代用可能ですよ。

 

仕掛けは、釣り道具店で手に入るキスやハゼ、カレイ用の天秤仕掛けを(300~800円/個)用意すると良いです。

 

天秤の長さは、10cmくらいがGOOD。

 

天秤仕掛けとは、仕掛けの上部に天秤の金具が付いていてオモリを付けて使う仕掛けのことです。

 

その下から糸が伸びていて針が数本ついています。

 

ハゼは、にいる魚なのでオモリが着低するとエサの付いた針が海底でユラユラと動きます。

 

それにつられてハゼがエサに喰いてくる仕組みです。

 

オモリはナス型の3~5号

 

オモリは、ナス型と言って茄子のような形のオモリで3~5号を使いわけます。

 

釣り道具店で一つ100円ほどから売っていて10個や20個でお徳用のパックもあります。

 

海底の潮の流れが速ければ少し重めのオモリに変えるなどして使いまわしましょう。

 

仕掛けもオモリも根がかりなどで失くすことがあるので、5~10個ずつくらいは揃えておいた方が安心です。

 

この仕掛けは、近い距離も遠い距離も広範囲に使えるので、オールシーズン使える仕掛けとして重宝することになるでしょう。

ハゼの投げ釣りまとめ
  • 竿:投げ釣り用の2~3mのものか、ルアー用のものでも可
  • リール:中型のスピニングリール2500~3000番
  • 仕掛け:ハゼ用の天秤仕掛け(300~800円)、長さ10cmくらいのものを5~10個
  • オモリ:ナス型3~5号のオモリ5~10個

チョイ投げ釣り

 

ハゼ釣りで最もポピュラーな釣り方がチョイ投げ釣りです。

 

使用する竿やリールは、天秤仕掛けを使用する場合と同じです。

 

使用する仕掛けが、天秤仕掛けの場合と違って、ハゼ用の投げ仕掛けを使用します。300円程度で販売されているもので十分使えます。

 

仕掛けは単純で、針とオモリが付いている仕掛けを結ぶだけでOK。

 

オモリは、ナス型の5号前後を使用して下さい。

 

この釣り方も広範囲でハゼを狙えますが、水深のある場所も使えますのでオールマイティでリーズナブルな釣り方です。

 

お子さんにハゼ釣りをさせる場合は、チョイ投げ釣りが一番簡単でおすすめです!

ハゼのチョイ投げ釣りまとめ
  • 竿:投げ釣り用の2~3mのものか、ルアー用のものでも可
  • リール:中型のスピニングリール2500~3000番
  • 仕掛け:ハゼ用の投げ仕掛け(300円~)、5~10個
  • オモリ:ナス型5号前後のオモリ5~10個

 

ルアーでのハゼ釣り

 

 

最近多くなっているが、ルアーでのハゼ釣りです。

 

エサが苦手と言う方や、ハゼ釣りにゲーム性を求める方にはおすすめです。

 

ルアーロッドは、7フィート(約2m)前後でリールはスピニングリールの2500番の組み合わせが良いでしょう。

 

ルアーはワームがおすすめ

ルアーは、ワームと言って虫などに似せたゴム製の疑似餌で最近では、イソメに似せたワームもあるので使ってみる価値はあります。

 

針にオモリの付いたジグヘッドにワームを付けて釣るだけなのでとても簡単な釣りです。

 

釣り道具店でワームは、5本くらい入って500円程度、ジグヘッドは5gくらいが丁度良く5個入りで300~600円程度です。

 

ルアーはクランクベイトも人気

ワームの他に、クランクベイトと呼ばれる魚の形をしたプラスチック製のルアーもあります。

 

クランクベイトは、ルアー自体に重さがあるので結んで投げるて巻くだけ。

 

クランクベイトは「ハゼクラ」とも呼ばれ人気が高くなっています。

 

ルアーの価格は、大体1,000円前後と考えるといいでしょう。

 

ただし、ハゼのルアー釣りは、春の小物の時期は少し不利かもしれません。秋の大きな固体では釣果を上げられると思います。

ルアーでのハゼ釣りまとめ
  • 竿:ルアーロッドは7フィート(2m前後)
  • リール:スピニングリール2500番がおすすめ
  • ルアー:ワームをジグヘッドにつける。どちらも5個で500円前後
  • ルアー:クランクベイト(1,000円前後)も人気
  • 春は微妙、秋に釣果が上がるハゼの釣り方

 

渓流竿を使ったミャク釣り

リールを使わず川で使う渓流竿を使ったミャク釣りと言われるハゼの釣り方も有名ですね。

 

渓流竿は、4~5mくらいの長さで竿に結ぶ道糸(ライン)は1.5号で十分です。

 

1.2号ほどのハリスと針は7号、オモリはナス型の1~2号を繋げば完成です。

 

糸やオモリ、針は釣り道具店「アウトドア用品をお得に買うならマウンテンシティECサイト」で数百円で購入できます。

ミャク釣りまとめ
  • 竿:4~5mの渓流竿
  • 道糸(ライン):1.5号
  • ハリス:1.2号
  • 針:7号
  • オモリ:ナス型の1~2号

 

子供におすすめのウキ釣り

 

ミャク釣りと同じく渓流竿を使った、子供向けのハゼの釣り方もご紹介しますね。

 

使用する竿は、ミャク釣りと同じ竿で代用可能です。

 

竿に結ぶ道糸も同じく1.5号程度で使用しますが、ここからミャク釣りと少し違ってきます。

 

道糸(ライン)にウキを装着して、「ハリス」という針に繋がっている糸(1号サイズ)を30cmほど、道糸に繋ぎます。

 

ハリスには5~7号の袖型の針をつけることになります。

 

つまり先端から、「針→ハリス→道糸→竿」という順序になるわけです。

 

オモリはガン玉

 

オモリは、「ガン玉」という縦に切れ目が入っている、小さい玉状の物を使います。ガン玉に糸をはさんでつぶして固定させます。

 

重さは、海流の速さや風の速さで変わるので、仕掛けが流されない程度にガン玉の重さを調節してつけると良いでしょう。

 

春・夏・秋の天気のいい日向き

渓流竿を使うミャク釣りやウキ釣りは、岸寄りしているハゼに有効です。

 

つまり、ハゼが岸寄りしている、春や夏・秋の天候の良い日に適している釣り方といえます。

 

ウキ釣りは、リールを使わない釣りなので、ハゼが岸寄りしている場合は、初心者や子供には最適な釣りです。

 

簡単で手返しが良いウキ釣りは、ハゼの数釣りを楽しむこともできます。

ハゼのウキ釣りのまとめ
  • 渓流竿:ミャク釣りと同じ
  • 道糸(ライン):1.5号
  • ハリス:1号で30cm
  • 針:5~7号の袖型
  • オモリ:ガン玉(2~3個で十分)
  • ウキ釣りは、ハゼが岸寄りしている春・夏・秋の天気のいい日におすすめ

ハゼ釣りのエサは何がいい?

 

ハゼは回遊魚ではなく、居心地の良い海水温や、エサが獲れる場所を選んで居付くタイプの魚です。

 

したがって、その釣り場にいるハゼが普段何を捕食しているかによって、ハゼ釣りに使うエサは変わります。

 

定番のエサから意外なエサまで以下に順にご紹介していきますね。

 

どのエサが一番ハゼの反応が良いのか、色々試してみることをおすすめします!

 

定番のハゼ釣りのエサ

河口ならばミミズ

 

ミミズと言えば川での釣り専用!と思われがちですが、ハゼは汽水域(海水と淡水が混じる河口)も好んで生息します。

 

そのため、ミミズもハゼ釣りの有効なエサの一つになりますが、塩分濃度が高い場所だとミミズが白っぽくなりやすいので気を付けて下さい。

 

エサ用ミミズは500円前後で販売されています。

 

定番のゴカイ

ゴカイはハゼ釣りに最もよく使われるエサの一つで、砂虫とも呼ばれます。

 

ミミズのような形ですが、ゴカイは海中に住む虫なので、多毛類と呼ばれ毛が沢山あるのが特徴です。

 

ゴカイは海釣りの定番のエサなので、ハゼ以外の魚が釣れるかも知れません。

 

ゴカイも500円前後で販売されています。

 

青イソメ

 

ゴカイと同じく海釣りでは一般的なエサになります。青イソメは青虫と呼ばれる場合もあります。

 

ゴカイより少し体長が長いので、ハゼ釣りをする場合は3,4cmくらいに切って使いましょう。

 

青イソメを切ると体液が出て、魚が好む匂いを発するので釣果に繋がります。

 

また、切る事でエサだけを持って行かれることも防げます。

 

イソメは口があり、チクッとするぐらいですが、噛まれるときもあるので注意してください。

 

イソメも500円程度で販売されています。

 

コンビニで買えるエサ

釣り道具店以外でも、スーパーやコンビニにも、ハゼ釣りのエサに使えるものが沢山あります。

 

活エサの虫類が苦手だけど、ルアーより釣果が期待されるエサ釣りをしたいと思われてる方は、以下のエサを参考にしてください。

 

ベビーホタテ

スーパーでよく目にするベビーホタテで昔から釣りエサとしては使われているものです。

 

貝柱もミミも内臓も全て使用できます。

 

貝柱は、繊維に沿って適当な大きさにカットして使用します。

 

ミミも半分程度にカットして針に付けます。

 

ベビーホタテは内臓部分は取れやすいですが、針に絡ませるようにして使います。

 

釣り道具店で、魚が好む集魚剤に漬け込んだホタテもありますね。

 

スーパーならばベビーホタテは500円程度で売られています。

 

ボイルされたエビ

こちらもスーパーで売られているボイルされた桜エビなどを使用します。

 

ハゼは、甲殻類も好んで捕食するので、釣りの効果は期待できます。

 

釣り道具店では生きたエビも販売されていますが、専用の道具が必要になるため、こういったボイルされたエビが使い易く、特に初心者におすすめです。

 

時期にもよりますが、ボイルエビはスーパーで700円前後ですかね。

 

イカソーメン

酒の肴にしたいぐらいですが、イカはハゼに限らず、根魚には抜群に効果があるエサになります。

 

イカは、海中で匂いを発するので魚が見つけやすく、ハゼが食べやすい大きさにカットしてあげれば釣果も上がります。

 

虫類は、魚がつつくと切れてしまいますが、イカは長持ちするので重宝します。

 

イカ刺し、イカソーメンはスーパーで300~500円程度ですね。

 

魚肉ソーセージ

ソーセージかよ…ってバカにしてはいけませんよ。

 

お子さんのおやつにもなる魚肉ソーセージは、川でも海でも昔から使われている実績のあるエサですから!

 

釣りに使う場合は、短冊切りで細長くカットして使うと有効的です。

 

コンビニなどで1本150円くらいで販売しているし、余ったらおやつになるのでおすすめです!

 

ハゼ釣りのエサまとめ

  • 河口ならばミミズ:500円~
  • 定番のゴカイ:500円~
  • 切って使うイソメ:500円~
  • 全身使えるベビーホタテ:スーパーで500円~
  • ボイルエビ:スーパーで700円~
  • イカ刺し・イカソーメン:スーパーで300円~
  • 魚肉ソーセージ:コンビニで150円~

 

エサの付け方って?

エサ釣りの場合、針にエサが付いていれば良い!…ではありません、残念ながら。

 

エサをきちんと付けないと、魚にエサだけ持っていかれ、釣果を左右します。

 

エサの種類によって、エサの付け方は違いますので覚えておいて損はないです。

 

虫類の付け方

ゴカイやイソメなど、基本は半分くらいに切って使用します。

虫類のエサの付け方
  • 代表的な、針に頭部分だけ指す「チョン掛け」
  • 反応が悪い時に一匹まんま頭から針全体を通す「通し掛け」
  • エサが獲られるようだと針を縫うように刺す「縫い掛け」

また、大物を狙う時は、複数のエサを針に掛ける「房掛け」も使います。

 

エビの付け方

基本的に尾っぽを切り、尾から腹にかけて針を通します。

 

注意するポイントは、エビがだら~んとなっているのではなくエビが逃げるときのようにエビ反りになるよう、つけることです!

 

尾から入れた針を腹から出したり、背にかけて出したり工夫することで、釣果が変わります。

 

その他の付け方

ホタテやイカ、ソーセージなどは「チョン掛け」で良いと思います。

 

エサが獲られる場合は、「縫い掛け」にして対応して下さい。

 

付けるポイントは、エサの『一番硬い部分』を針に通すことです!

 

一番固い部分を針に通すことで、エサが針から外れたり、魚にエサだけ持っていかれることを避けることにもつながります。

エサの付け方
  • 代表的な、針に頭部分だけ指す「チョン掛け」
  • 反応が悪い時に一匹まんま頭から針全体を通す「通し掛け」
  • エサが獲られるようだと針を縫うように刺す「縫い掛け」

釣果を左右する釣り方のコツ

同じ釣り場で釣りをしてるのに、10匹しか釣れない人、かたや束釣りでバケツいっぱいに100匹以上釣ってる人。

 

この差は、どこにあるのでしょう?

 

初心者だから釣れない?ベテランだから釣れるの?

 

そんな事は、ありません!

 

ちょっとした知識と少しの工夫で、初心者でもたくさん釣ることができるようになります!

 

以下に、釣果に差が出る知識や工夫を解説しますね。

 

ハゼの生態を知る


アジやサバのような回遊魚では、群れに当たると誰でも数多く釣る事ができますが、群れが離れれば釣るのは難しくなります。

 

ハゼは回遊魚ではなく、「数匹の群れで海底(川底)」にいる事が多い魚です。

 

夏から秋にかけての温かい季節には、河口付近の浅場にハゼが集まることも多くあります。

 

温かい時期は、浅瀬で虫類が捕食しやすい事を知っているからでしょう。

 

ハゼは、元気よく泳ぎまわってエサを探す魚ではなく、底にへばりついて、エサが視界に入ると捕食することを頭に入れておいて下さい。

 

ハゼ釣りのコツ

ハゼが底にいる事がわかったら、エサのついた仕掛けをハゼが居ると思う場所に流し込みます。

 

ただ黙っていても釣れない場合は、少しエサを動かしてハゼにエサをアピールすることも大事です。

 

釣れないときは場所移動

それでも反応がなければ、直ぐに場所を移動して下さい。

 

1m移動しただけで、急にハゼがたくさん釣れた!ということも少なくありませんから!

 

針の大きさに注意

釣れない時に、竿が悪いとか仕掛けが悪いとか言う人もいますが、ハゼが居るところにエサを投入できれば、極端な話、針とオモリだけの仕掛けで十分釣れます。

 

注意したいポイントは、ハゼの当たりがコツコツと小さく当たる場合は、使っている針が大きすぎることになります。

 

ハゼの大きさに対して、針が大きすぎて食べられないのです。

 

小さい針に変えたとたん爆釣することもありますよ。

 

ハゼは、エサに噛み付くのではなく、吸い込みます。針やエサが大きすぎると、吸い込めずに釣れなくなるんです。

 

逆に小さすぎると、針ごと飲み込んで針を外すのに一苦労しますので、これも注意が必要です。

 

ハゼ釣りは満潮に

ハゼ釣りは、俗に言う「朝間づめ」「夕間づめ」など時間での釣果より満潮か干潮の方が釣果に差が出ると思います。

 

満潮の方がハゼが岸に寄ってくるので、格段に釣り易くなると思います。

 

ハゼ釣りに行く前にあらかじめ、「潮見表」で調べておくことをおすすめします。

ハゼの釣り場・おすすめは新潟

関東のハゼの釣り場


ハゼ釣りは、関東でも数多くの人気の釣り場があります。

関東圏のハゼの釣り場
  • 大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森
  • 若洲海浜公園
  • 城南島海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森では、4つの釣り場がありますが「ハゼ磯」と呼ばれる磯全体でハゼが釣れる釣り場もあります。

 

その他にも、若洲海浜公園や城南島海浜公園などの人気のハゼ釣り場が沢山あります。

 

新潟の「寺泊港」

ハゼ 釣り 時期

今回ご紹介する「関東から行ける、おすすめハゼ釣り場」は、関東圏の日帰り釣り場ではなく、1泊する釣り旅行になる、新潟の「寺泊港」です。

 

寺泊港は、新潟周辺でも大きな港で、岩場・堤防・砂地など釣りポイントが多数あり、釣れる魚の種類もとても豊富です。

 

春には、メバルやカレイ、サワラなど。夏には、シロギスやアジにアナゴなど。そして秋には、ハゼの釣りが最盛期を向かえます。

 

この釣り場の良いところは、港にトイレが完備されていて、直ぐ近くにコンビニと釣具店があるところです!

 

もちろん駐車場もありますので、初心者や子供連れには最適な釣り場です。

 

釣具店が港の前にありますので、仕掛けやエサを買うついでに、その日のベストポイントや釣り情報もゲットできますよ。

 

港前には、「ホテル日本海」もありますのでご宿泊にも便利ではないでしょうか。

 

寺泊港の4つのポイント


この釣り場は4つのポイントに分かれていて、海に向って左から、ホテル日本海裏・中央ふ頭・第二防波堤・砂防堤となっています。

 

特にハゼが釣れるポイントは、中央ふ頭から砂防堤周辺です。

 

ここでのハゼの釣り方は、チョイ投げや天秤仕掛けの釣りになります。

 

第二防波堤周辺はルアーで狙ってみるのも面白いかもしれませんね。

 

みなと公園も併設

ここは、みなと公園も併設されている港なので、足場の安全性も高く、子連れでも安心して釣りができます。

 

そして、数多くの魚種が集まる港なので、思いがけない魚が釣れる可能性も高く、初心者や子供には大変楽しめる釣り場だと思います。

 

周辺には、寺泊水族館や市場市場もありますので子供が釣りに飽きてしまったら観光するのも如何でしょうか。

寺泊港の基本情報
  • 場所名:新潟県・寺泊港
  • 住所:新潟県長岡市寺泊上田町
  • お問合せ(みなと公園):長岡市寺泊支所産業建設課
  • 電話:0258-75-3105
  • アクセス『電車』:JR越後線「寺泊駅」から大町・大野積行きバスで10分、「大町」下車徒歩1分
  • アクセス『車』:北陸自動車道「中之島見附IC」から車で50分

さいごに

ハゼ釣りの仕掛け方法と、ベストの釣り時期について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

春や秋にこの記事を読んだ方は、すぐにでも行きたい衝動に駆られるでしょう。

 

旅行のご旅行は格安の「格安国内旅行なら阪急交通社で!」がおすすめですよ!是非連休にお子様連れで、新潟にハゼ釣りに出かけてみてください!

 

事前に塩見表を確認することをおわすれなく!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。以下の記事もあわせてお楽しみください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です