グローバルwi-fiの使い方くわしく!設定を間違うと繋がらない?







グローバルWi-Fiを契約したはいいけど、使い方わかるかな?と不安な方。その気持ちわかります!

ネット接続とか苦手なタイプのわたしも、初めて使うときホントに不安でした。

空港でレンタルすると「海外いってから電源入れてね」とかいてあるし、

海外いってから「つながらない!」ってなっても、サポートのとこに自分が電話するとか…無理!

って思ってました笑

わたしだけじゃないと思う。

そこで不安がってたわたしが実際にグローバルWi-Fiをつかってみて、

使い方を詳しく解説するのでご安心ください!

安心してください!めっちゃ簡単でしたよ笑

↓↓割引率がすごいグローバルWi-Fiは以下のリンクから!

公式ページはこちら

 

グローバルwi-fiの使い方をくわしく!

グローバルWi-Fiの機器が手元に来たら、まずすることといえば設定ですよね。

グローバルWi-Fiの設定には、3パターンがあるのをご存知ですか?

タイプ別設定方法
  • iPhoneの場合(国内、海外)
  • Androidの場合(国内、海外)
  • パソコンの場合(Windows7、Windows8、Mac OS X)

それでは各項目別に、詳しく手順を見ていきましょう!

 

日本国内でiPhoneを設定する場合

第1ステップ

  1. ホーム画面を見る
  2. iPhoneの歯車マークの設定のところを押す
  3. Apple IDを開き、続いて雲のマークのiCloudを押す
  4. iCloudバックアップをオフにする

第2ステップ

  1. ホーム画面に戻り、歯車マークの設定を押す
  2. 下の方に下がっていき、iTunes StoreとApp Storeの部分を押す
  3. 自動ダウンロードの部分を全部オフにする(右のタグの部分が左になっていたらOKです)

第3ステップ

  1. ホーム画面に戻り、歯車マークの設定を押す
  2. 下に下がっていき、一般の部分を押します
  3. 次にAppのバックグラウンド更新を選択し、次の画面でオフにします

第4ステップ

  1. ホーム画面に戻り、歯車マークの設定を押します
  2. モバイル通信のところを押します
  3. モバイルデータ通信をオフにします(タグが白色だと完了です)

海外でiPhoneを設定する場合

「Wi-Fiの接続は、必ず渡航先に到着してから行う!」

これが最大のポイントです。

 

それでは手順を見ていきましょう!

  1. Wi-Fi端末のシールに記載されている、SSID(ネットワーク)とパスワードを確認します
  2. ホーム画面の歯車マークの設定を押します
  3. Wi-Fiのところを押します
  4. Wi-Fiと書いてある右のタグをオンにします
  5. 様々なネットワークが一覧として出てきたら、その中から先ほどはじめに確認したSSID(ネットワーク)が表示されているか確認をします
  6. 見つけられたら、その部分を押します
  7. 押すと、パスワードを入力する画面が出てきます
  8. 出てきたら、先ほど最初に確認したパスワードを入力し、接続を押します
  9. Wi-Fiの右のタグが白色から緑色になれば完了です

 

国内でAndroidを設定する場合

まずは、海外へ渡航する前に「データローミングをオフ」にします。

オフになっているかちゃんと確認しておかないと、高額請求をされてしまうので注意が必要です。

オフになっていることが確認できたら、設定に移ります。

第1ステップ

  1. ホーム画面から、歯車マークの設定を見つけ、押す
  2. 押したら、その他の設定を選択する
  3. モバイルネットワークを押す
  4. データローミングという項目の右にあるボックスを見る
  5. チェックマークが付いていた時ははずし、オフにする

第2ステップ

  1. Playストアを開く
  2. 検索窓の左にある漢数字三のように見える部分を押す
  3. 中ほどにある歯車マークの設定を押す
  4. 全般の中にある、上から3つめのアプリの自動更新を押す
  5. 出てきた画面の中にある、アプリを自動更新しないの右横にある丸を押して、色をつける
  6. これで完了です

Androidのスマートフォンでは、アプリは自動で更新されるため、

グローバルWi-Fiを利用するときには必ずオフにしておかないと、高額な請求が課せられるので、注意が必要です。

海外でAndroidを設定する場合

Wi-Fiの接続は必ず、渡航先に到着してからにするのがポイントです。

到着したのに飛行機にバスが来ないじゃん…30分も…ってときにやっちゃいました、私は

それでは、手順を見ていきましょう!

  1. ホーム画面から、歯車マークの設定を押す
  2. Wi-Fiを押す
  3. 無線の一覧が表示されたら、その中から「GLOBAL_WiFi」を押す
  4. レンタル中のルータの裏側にあるパスワードを入力する
  5. 入力できたら、接続を押す
  6. 完了!

Windows7の場合

  1. まずはじめに、機器にパスワードが記載されているかを確認する
  2. タスクトレイにあるWi-Fiのアイコンをクリックする
  3. 一覧の中から「GLOBAL_WiFi」を選び、接続を押す
  4. パスワードを入力する部分が出てくるので、Wi-Fi機器(の裏側)に記載されているパスワードを入力し、OKを押す
  5. 完了

Windows8の場合

  1. まずはじめに、機器にパスワードが記載されているかを確認する
  2. 画面の右上の隅にマウスポインタをあわせ、表示されたチャームから、設定を選びます
  3. 設定が開いたら、ネットワークアイコンを選んでください
  4. ネットワーク一覧から「GLOBAL_WiFi」を選びます
  5. すると、セキュリティーの画面が表示され、パスワードを入力するところが出てくるので、出てきたらはじめに確認したパスワードを入れます
  6. 次へを押します
  7. これで完了です

Mac OS Xの場合

  1. Appleメニューから、システム環境の設定の順にクリックし、ネットワークボタンを見つけます
  2. 見つけたら、ネットワーク画面にある、Wi-Fiのところを押します
  3. Wi-Fiをオンにするのボタンを押すと、無線LAN機能がオンになります
  4. ネットワーク名の一覧から、「GLOBAL_WiFi」を選びます
  5. そうすると、パスワードの入力画面が出てくるので、機器に記載されているパスワードを入力し、このネットワークを記憶するにチェックを入れ、接続ボタンをおします
  6. 完了です

 

グローバルWi-Fiの設定を間違うと繋がらない?

上記の手順でグローバルWi-Fiを設定したにもかかわらず、海外でWi-Fiがつながらないときには、何をチェックしたらよいのでしょう?

 

  1. 機内モードのオンとオフ
  2. SSIDの設定ミス
  3. パスワードが間違っている

 

1、機内モードのオンとオフ

それは、「機内モード」の設定です。

 

機内モードがオンになってしまっていると、せっかく正しく設定してもつながらないことがあります。

機内モードをオンにしとくメリットもある

ちなみに、私は機内モードをオフにしてから接続し、その後スグに機内モードをオンにしました。

英会話スクールの現地スタッフに、空港で送迎を受けた時に「機内モードは滞在中ずーっとオンにしてください!」といわれたからです。

機内モードをオンにしておくことで、スマホ会社からの急な高額請求とかをほぼ防げるから、wifiの接続さえすめばオンにしておいてもいいと思うんですよ(不確か)。

 

↓↓機内の数分でパパッと接続できちゃったグローバルWi-Fiは以下のリンクから!

公式ページはこちら

2、SSIDの設定ミス

機内モードがちゃんとオフになっているにも関わらず、つながらない場合は、「SSID」を確認してみてください。

SSIDとはアクセスポイントのことで、各Wi-Fiの住所のようなものです。

 

海外に到着して、Wi-Fiをつないだ時に、このSSIDがちゃんとスマートフォンのWi-Fi設定画面の一覧から選べているかが大切なポイントとなります。

Wi-Fiの設定画面の一番上の部分に、レンタルしている機器に記載されているSSIDが表示されていたら、

スマートフォンとちゃんと接続されていることになります。

3、パスワードが間違っている

次に確認するポイントは、パスワードです。

パスワードは英数字で成り立っています。

ところがこのパスワード、数字と英語の区別がつかなかったりすることも多々あります。

 

何回入力してもダメな場合は、以下の表を確認してみてください。

数字の0ローマ字のO(大文字のオー),o(小文字のオー)
数字の1ローマ字のI(大文字のアイ),i(小文字のアイ),l(小文字のエル)
数字の2ローマ字のZ(大文字のゼット),z(小文字のゼット)
数字の6ローマ字のb(小文字のビー)
数字の9ローマ字のq(小文字のキュー)

これらの数字とローマ字はとても似ており、うっかり間違えていることも多々あります。

再度確認しつつ、パスワードを入れてください。

 

↓↓割引率がすごいグローバルWi-Fiは以下のリンクから!

公式ページはこちら

おわりに

あの手この手を尽くしてみても、海外ではWi-Fiの電波がつながりにくいこともあります。

>>口コミを調べたら、グローバルWi-Fiの方がつながりやすくて好評!詳しくはこちら

 

その場合は、周辺環境の全域が、スマホの周辺の電波がつながりにくい状況にあるとか、

アルミ製の商品をバッグに入れている場合などが考えられます。

 

アルミほどはいかなくても、スマートフォンのカバーが分厚い場合や、装飾品をたくさんつけている場合も同様につながりにくい状況が発生します。

(日本でもね笑。知ってました?)

何やってもつながりにくい!

という状況が発生したら、自分の持ち物や身の回りの物を再確認してみることも必要かもしれませんね!

以下の記事もごらんください

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です