目の疲れがとれない…原因と、改善する7つのおすすめ方法!

スマホやゲームのやりすぎで目の疲れが取れない…

って方のために、目の疲れをとるための方法をまとめてみました。

スマホやパソコンから少しでも離れられたらそれが一番。

しっかりと睡眠を取れたらそれもGOOD。

他にも目に優しい方法はいくつもあるので、順に試してみてくださいね。

目の疲れが取れない…原因は?

目の疲れが取れない原因。
  • パソコン
  • スマホ
  • 夜更かし
  • 睡眠不足
  • テレビ
  • 栄養不足

    現代人は目の疲れが激しいですよね。

    無理もないと思うんです。

    昔はスマホもなかったし、パソコンも1人1台なんてなかった。

    今は、スマホやってパソコンやって、その次テレビをみるなど、とにかく画面漬け…

    そりゃ、目も悪くなりますよね。

    さらには、スマホに夢中になりすぎてついつい夜更かしとか(わたしw)しちゃって、睡眠不足も深刻な問題です。

    若者は食事の栄養配分が行き届いてないかもしれないし。

    その辺の原因を踏まえて、目の疲れを改善するためのいい方法をまとめてみました。

    目の疲れを改善する7つの方法

    目の疲れをとる7つのポイント。
    1. 睡眠をとる
    2. ヨガをする
    3. スマホ、パソコンの時間を短くする
    4. ゆっくりとお風呂に入る
    5. 上記でホッとアイマスクをする
    6. ツボ押しをする
    7. 自然の中に行く

    1:睡眠をとる

    目の疲れをとるために一番大事なのは、睡眠です!

    どんな疲れも睡眠をとれば一発!

    毎日最低でも6時間以上睡眠をとるようにすれば、目の疲れはだいぶ緩和されます。

    蓮

    「疲れてるなぁ~」と思ったときは、8時間ほどの睡眠をとるといいですよ。

    「睡眠の質を上げる方法」で検索すると「寝る前3時間は食事をしない」とか「寝る前はスマホなどのデバイスをしない」などと出てきますが…無理ですよねw

    「寝る直前までスマホ見ます!」という方でも睡眠の質を上げるために、寝具にこだわることをおすすめします。特にマットレスやまくらは自分にあったオーダーメイドのものを選びましょう。

    高級品なので手が出ないかも…

    と思う方は、なるべく固く体を支えてくれるマットレスをまず用意しましょう。

    実際に寝てみて寝心地を試すのがいちばんなので、面倒でも家具屋に行って試すといいです。寝心地がいい寝具は、必ず質のいい睡眠をもたらします。

    蓮

    柔らかすぎると逆に寝心地がわるいんです

    2:ヨガをする

    目の疲れを含め、体の不調の多くは、血行をよくすることで対応できます。

    私は毎日ヨガをするけど、ヨガなんて知らない!

    って方は、普通にストレッチでOK。

    • 首回し
    • 腕回し
    • 肩回し
    • 柔軟体操
    • ジャンプ
    • 縄跳び

    この辺が自分だけで簡単にできるかな?

    体を動かすことはどんな時でも健康の味方です!

    3:スマホ、パソコンの時間を短くする

    スマホ、パソコンの時間が長いと、当然「目」「肩」「腰」が疲れます。

    蓮

    CMかってのね(笑)

    仕事などでパソコンを使う方は難しいかもしれませんが、極力画面と向かい合う時間を短くすることで、目の疲れはよくなります。

    休日や祝日にパソコンを見ないようにするなど、自分で上手に時間コントロールをしてみてください。

    最低でも寝る前1時間だけはデバイス全般を我慢しましょう。

    4:ゆっくりとお風呂に入る

    お風呂も血行が良くなるし、万病にいいとされていますよね。

    お風呂のリラックス効果は、目の疲れだけじゃなく、体全体の疲れに効くので、毎日短くても入るようにしましょうね。

    5:蒸気でホットアイマスクをする

     

    寝る前に蒸気でホットアイマスクをするといいですよ!

    私も毎日アイマスクをつけたまま寝ちゃうんだけど、時間が来ると勝手に温度が下がるから、別に危険もないです。

    目をあっためることで、血行が良くなって疲れがとれておすすめです。

    蓮

    ホットタオルで代用することもできます。

    ↑↑この商品は、バレンタインの人気商品でもあるので、パソコン仕事にお疲れの彼にプレゼントするといいかも💛

    6:ツボ押しをする

    目の周りにはたくさんツボがあります。

    ツボを押すことで滞った血流がスムーズになるので、仕事の合間などに目の周りを指圧で押す人は多いですよね。

    ツボの具体的な場所はこちらのページが見やすくていいです。

    7:自然の中に行く

    忙しい現代人ですが、暇を見つけて山や海などの自然の中に行くことで、視力が回復するって言われています。

    遠くと近くの景色の違いを見分けるために、目の筋肉を使うからです。

    昔は近視なんてほとんどなかっただろうに、今の子どもは近視だらけ…

    昔の日本の田舎の風景などをしょっちゅう目にすることで、遠近見分けるために視力は鍛えられ、画面による目の疲れも改善するでしょう。

    さいごに

    あと…まばたきをよくすることで、目の中のうるおいが保たれて、目の疲れが軽減するといいます。

    目を開きっぱなしで「渇き目」になると疲れやすく充血しやすくなっちゃいますから汗

    スマホやパソコンがこれだけ普及しているのに、「スマホを見るな」と言っても無理がありますよね。

    できることから始めて、少しだけでも目を癒してあげてください。