ドラマ【モンテクリスト伯・2話】あらすじ・ネタバレ,ディーンフジオカ拷問のはてに

モンテクリスト伯 ドラマ

スポンサーリンク



こんにちは、蓮です!

ディーン・フジオカファンの女性が毎週楽しみにしているモンテクリスト伯、第2話の予告とあらすじ紹介をしていきます。

エドモン・ダンテスが日本で漁師…?!に違和感を持った方も、ドラマが始まればどっぷりとその世界にはまってしまうもの。2話のディーンさんはどんな演技を見せてくれるでしょうか?

見逃した方は↓のFODより、放映から1週間は視聴することが出来ます!登録しても初月は無料!

また、【ドラマ「モンテクリスト伯」全話あらすじキャスト、視聴率まとめ】の記事もあわせてご覧ください。

スポンサーリンク



モンテクリスト伯・2話の完全あらすじ

~2017年春~

守男信一朗(高杉真宙)が、銀行に融資を断られるところから第2話はスタートします。

父の代からの会社が危ういところに、銀行の融資も断られてくやしむ信一朗(高杉真宙)。

その時ラジオでは、密入国したと思われる不審船についてのニュースが流れている…。

不審船から降り、泳いで港にたどり着いたのは、拷問・投獄・脱獄を経た、白髪の変わり果てた暖であった!

よろめきながら暖が向かった先には、かつて暖の実家があった場所が取り壊されている、無残な光景が広がった。

通りがかりの男(守男信一朗)に、暖が連れ去られた後すぐに、暖の母(風吹ジュン)が世間から攻め立てられて孤立し、餓死同然でなくなったことを聞かされる。

絶望した暖は意識を失う…。

 

~オープニング~

 

場面は変わり、時代はさかのぼって2011年。

1話のラストに暖の独房に現れた男は、片言の日本語で「誰かに言ったら、殺す」とつげ、再び穴に戻る。すぐさま後を追う暖。その人物の部屋にたどり着き、そのとき2011年であることを知る。

食事の油や火のすすなどから様々な道具を作り出すその男は、20年前に投獄されたと話す。

暖はその人物に、「なぜ自分は投獄されたのか?わからないんだ!」とつめよる。

すると男はまさかの答えを示すのだった…。

暖が「TIマネジメント」宛に手紙を届けようとしたことを言い当てるその男。TIマネジメントはテロ組織にずっと支援し続けた入間貞吉を社長とし、暖を捕まえた同じ性の「入間」は、おそらく貞吉の息子だろうと言う。

そして暖に「その手紙のこと、誰かに話したか」ときく。

暖は記憶をさかのぼり、船の上で神楽(荒井浩文)に手紙のことを話したことを思い出す。そして、神楽こそ自分を裏切って密告したのだと復讐心を募らせる。

 

そして暖は穴を掘る男のところへ戻り、「このまま掘って脱獄できるのはいつだ?」とたずねる。「15年」と答えが返ってくる。

「俺が手伝えば、半分ですむ!」と暖。

そんな暖に男は、自分は「ファリア真海」と名乗り、元ラデル共和国大統領であると伝える。

暖は「いかれてる」と鼻で笑う。



 

二人は数年をかけて穴掘りを続ける。ファリアはその際に、あらゆる知識を暖に伝え続ける。

若く頭のいい暖は、みるみるうちにファリアの教えを習得していくのだった…。

 

ファリア「人間とは、自分の運命を支配する」

暖「マルクス」(カール・マルク)

暖「自分の運命を支配できてない自分たちは、人間以下だな」(鼻で笑う)

ファリア「だから自分で切り開くんだろう!

暖「ちげえねぇ!」

 

ファリアが暖に教えたのは、英語・イタリア語・中国語・歴史・世界社会…そして数年かかった頃、力尽きかけたファリアは暖に言う。

「一人で進め、光の方向へ…。暗証番号は覚えているな?…必ず財産を相続してくれ…息子よ…」

そういい残し、亡くなる。

 

暖はファリアを脱獄用に掘った穴に丁寧に埋葬し、涙を流す。

そして暖自身はファリアの遺体袋に忍び込む。看守が遺体袋(暖が入ってる)を海に投げ捨て、暖は海中で袋を切り開き、海面の光へ向かって泳ぎだす…。

 

~2017年春、再び~

 

目を覚ました暖は、かつて働いていた「守男漁業」で目を覚ます。暖を拾って開放してくれたのは、なんと守男信一朗であった。

暖の体を心配して、食事や服を与えてくれる信一朗(高杉真宙)は、父親の守男栄一朗(木下ほうか)の人徳をそのまま引き継いだ青年へと成長していた。

そして守男漁業の船は減り、事業が傾いていることと、父親の守男栄一朗が肝臓を悪くして長らく入院していることを、暖に伝える。

暖は信一朗と別れ、すみれのすんでいた喫茶店へと向かう。

しかし、そこにいたのはすみれではなく「ヒナ」と名乗る愚痴っぽい女性であった。

ヒナは、すみれが南条幸男と結婚して、娘も生まれて東京の一等地でゆうゆう暮らしていることを、ひがみを交えた口調で暖に伝える。




そこに入ってきたのはヒナの旦那の寺門(渋川清彦)だった。

寺門は暖に全く気付かない。暖は寺門(渋川清彦)を海へ突き落とし、暖の実家を売ったことを攻め立てる。

すると寺門は、暖の実家を売ったのは神楽(新井浩文)であるという。神楽はいまや大きな不動産会社の社長で、暖の母から土地を奪って売り払い、そこから成り上がったとばらす。

暖は「柴門暖を追放したのは神楽か?」ときく。

すると寺門は、神楽が手紙のことを話し、南条幸男がそれを警察に通報したのだと白状する。

暖は信じられないという表情で呆然とする…。

 

病院で、守男信一朗(高杉真宙)が、寝ている父に「会社はもうダメだ。社員の退職金と勤め先だけはなんとかする」と話し、その場を去る。

入れ替わりで暖が守男栄一朗を見舞う。

「お久しぶりです社長!」と言うが、守男栄一朗は暖に気がつかない。

寝たきりで体も弱り、ただただ息子の信一朗(高杉真宙)の心配ばかりを口にする栄一朗は、暖に対しても「息子(高杉真宙)のことを今後もお願いします!」と頼む。

暖はただ、うなずくしかなかった…。

そして社長が自分が暖であることを気付かないことに、改めてショックを受ける…。

 

~シンガポール~

 

暖はファリアの言葉を思い出す。

ファリア「俺が死んだらシンガポールへ行け。代々築いてきた資産を、シンガポールの銀行の貸金庫に隠してある」

暖はファリアの遺言どおり、シンガポールの銀行へ行き、暗証番号と口座名「モンテクリスト」と伝える。

すると支店長らしき人物が、汚らしいかっこうの暖に対して敬意を払い、「ようこそいらっしゃいました。伯爵」と言う。

 

~再び日本~

 

守男栄一朗の葬式で、すみれの横に座る神楽。

神楽をにらみつけるすみれに対し、「まだ暖のおふくろさんのこと、おこってるのかよ」と軽口をたたく神楽。

そしてすみれに、守男信一朗(高杉真宙)が1億の借金を背負って会社も倒産したと伝える。

 

そこに現れたのは、入間公平(高橋克典)。大出世して将来の警視総監候補にまで上り詰めていた。

そんな入間に声をかけてこびる神楽(新井浩文)。

 

一方、一人でつぶれた会社の片づけをする守男信一朗(高杉真宙)。

ふと目を留めたのは、クリーニングから戻ってきた服。それはついこないだ、脱獄したての浮浪者のような姿になった暖に貸したものだった。

暖とは気が付かなかったものの、あのときの不思議な男性が返してくれたのだと気が付く信一朗。

戻ってきた服の横の封筒には、1億円の小切手が入っていた…!

 

港で他愛もない話をする神楽と南条幸男。

そこにモンテクリスト・真海が(ディーン・フジオカ)現れる。

モンテクリスト「こわくないですか?見透かされてる気がして。でも大丈夫、海は何もしゃべらないから」と声をかける。

暖とは気が付かない神楽と南条幸男。

二人の目の前でゆうゆうとクルーザーに乗り込むモンテクリスト伯。

「お二人の今後の人生の幸せを祈ります」と言い残し、去る。

港では、離れていくクルーザーを遠目に、いぶかしそうに見つめるすみれの姿があった…。




モンテクリスト伯~華麗なる復讐・2話の感想

あ~面白かった!

おなかいっぱいのドラマでした。2話。2話が一番好きかも。

ファリア神父に泣いた

ファリア真海が一番、このモンテクリスト伯で好きな人物です。

息子よ…」って、ちょっとやめて、泣かせないでよ~!!!

そして、生きていて欲しかった。

なんだかごめんなさい…さんざん「何でファリア神父だけファリアって名前のままなの?」なんていじってごめんなさい。

「真海ってなにさ?神父でいいじゃん!」とか、下世話なツッコミしてごめんなさい。

反省します、お父さん。

暖の心のお父さん…。

 

…でも、なんで銀行の登録名を「モンテクリスト」って名前にしたの?

その名前を引き継いでくれて、原作大ファンのわたしも嬉しいよ。ありがとう、ファリアさん!

 

ディーンフジオカ、演技上手です!

1話の後散々演技がどうのっていわれていたディーンフジオカさん。

2話見た感じでは、演技めっちゃ上手いよ?

めっちゃモンテクリスト伯にはまってますよ?

すっごい自然な演技で、みとれました。

イケメンに警戒心が働くわたしなので、好きにはならないぞ!と心引き締めてました。

いやいやいや、本当に、演技上手です!ディーンフジオカさん!

しかしね、2話はファリア真海さんにじーんときまくってて、ディーンさんが歌ってるはずの歌に全然集中できなかった!

しまった、また聞き逃してしまった…

3話では必ず聞きますよ!

モンテクリスト伯・2話の予告

無実の罪を着せられ異国の地に投獄されてしまった柴門暖(ディーン・フジオカ)。テロリストとのつながりを白状するよう激しく拷問されるが、暖は身に覚えがあるはずもなく答えようがなかった。

しかし、暖は潔白を証明することも出来ず、そのまま地下の独房に幽閉されてしまう。与えられるわずかな水と食料で、暖は殺されもせずにただただ孤独と戦う8年の月日が流れる。だが、暖にも限界ついに生命の限界が訪れようとしていた…。

そんな時、地下牢の床から1人の男が顔を出す。暖を脅し、看守への告げ口を封じる闖入者は日本語を話した。男が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。穴は男の独房に通じていた。

暖が出会った男の名は、ファリア真海(田中泯)。投獄されている国の元大統領だった。暖は自分が投獄された理由をファリアに尋ね、入間公平(高橋克典)神楽清(新井浩文)たちにハメられたことを知る。

手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖は永遠とも感じられる作業の中、ファリアから様々な知識と教養を得る。生かされているだけでなく、目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。暖の目的とは日本に帰ること、そして何より自分を陥れた人間たちへの復讐だった。

暖がファリアとトンネル堀を続けて数年後。ついに脱獄可能な場所にたどり着く。だが、暖よりも年長で長い年月を戦い続けたファリアは力尽きようとしていた。暖はファリアからあるものを託される。

引用元:フジテレビ公式サイト
引用元URL:https://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/story/story_02.html




予告の感想

モンテクリスト伯1話のラストで激しい拷問シーンがありました。ディーンさんのファンにとっては辛い場面でしたね。

その後投獄。7~8年の歳月を、不潔な独房で過ごすことになります。

上の予告では「暖の命も限界が訪れようと・・・」となっていますが、原作ではこの時点でも生命力に問題はありません。

もともとは海の男。おまけに投獄当初は19歳という若さです。

若さゆえの生命力は、どんなに劣悪な環境でも衰えることなく、読み手にとってエドモンダンテスのその生命力は、一つの大きな希望でした。

ファリア神父の生命力

一方で、上の予告でも言われていますが、暖に自由と知識と富をささげてくれるファリア真海さんの生命力は、やはり原作でも危うかったですよ。

脳梗塞や血管閉塞のような発作を過去にも経験したことがある様子で、そのときの薬も持っています。どうやって持ち込んだんでしょうwさすがです。

原作のファリア神父は自身の病気を「カタレプシーの発作」と呼んでおり、発作の後、口をナイフでこじあけて、薬を流し込むようにダンテスに指示します。

その通りにすると、ファリア神父は一度生き返ります。が、このときに「2度目は死ぬだろう…」と自身で予測するような記述があります。

暖の真摯な倫理観

1度目の発作の後に、原作では、ファリア神父はダンテスに伝えます。「自分は死にそうで脱獄は無理だから、ダンテス一人で脱獄しろ」と。

するとエドモンダンテスは答えます。

「あなたを一人にはしません。お命尽きるのであれば、最後のときまで見守ります。」と。

この言葉。

冤罪によって投獄された理不尽を8年間背負い続けて尚、この真摯なことば。

ダンテスの、そして暖の人柄に、ファリア神父も胸をうたれます。

そして、伝えるのです。

暖を心から信頼したがゆえに、ファリア神父の隠し持つ、計り知れない莫大な資産のありかを…。

暖は脱獄後に、このファリア神父の遺産をつかって復習劇を繰り広げていくわけです。

モンテクリスト伯・2話の予想

ドラマ、モンテクリスト伯の1話では、おそらく柴門暖(ディーン・フジオカ)が幸せの絶頂から、冤罪で投獄されるまでをやると思います。

そして1話か2話で、ディーンさん拷問シーンが?!!なんてうわさも耳にします。

そんな2話ですが、2話ではこの方がキーマンになるのでは?と予想しています。

木下ほうかさんの人情


もちろんこの方です!

暖の漁業会社の社長さん。人情厚く、父親のいない暖にとっては父のような存在だったはず。(原作ではダンテスは父子家庭です。ドラマではなぜか母子家庭)

原作ではやはり主人公モンテクリスト伯の若き日につとめていた船会社の社長で、やはり人情厚きモレル氏。

暖の投獄に最後まで冤罪の可能性を訴え続けてくれる、肉親や恋人を除いたただ一人のお方。



原作のモレル氏

原作ではエドモンダンテスは「ナポレオンの復興を企てた反逆者」として石牢に幽閉されます。政治的な重い罪、ということは当然のこったダンテスの父親(ドラマでは母親)は村八分。

そんなダンテスの父親にさえ親切にし続けたモレルさんは、本物の良心を胸に持つ人情厚い人物です。

原作で、主人公のエドモンダンテスは、脱獄の後この家族に恩返しをしに訪れます。しかし、それから程なくしてなくなってしまう社長のモレル氏。

人の心を捨てて復讐に生きると決意したモンテクリスト伯でしたが、その心に火をともすほどのモレル氏の厚き人情。

死の寸前にモレル氏は叫びました。「俺のつぶれかけた会社を助けてくれたのは、モンテクリスト伯爵じゃない!あれはエドモンダンテスだった!」と。

過去をすて、「エドモンダンテス」という名も捨てた孤独な復讐者モンテクリスト伯も、この話を聞き涙をながしました。

復讐者として戻ってくるディーン・フジオカも、木下ほうかさんに対しては、隠しきれない温情があふれ出るのでは?と予想します。

ファリア・真海(田中泯さん)


この方もドラマのモンテクリスト伯・2話で登場するのでは?と期待しています。

あ、ちなみにファリア神父は原作でも同じ名前。「ファリア神父→ファリア真海」と、一部謎の改名をしただけで、原作でも名前は「ファリア」さんです。

投獄された難攻不落のプリズンブレイクの中に、暖よりも数年も先に投獄されていて、隣の独房かな?ちょっと離れた部屋だったか?たしか15mくらい離れた距離を、二人ですいすい行き来して、親睦を深めます。

難攻不落の牢獄の中でよなよなお茶会と勉強会を繰り広げます。

歴史と経済と、外国語の授業が充実しているファリア塾で、暖さんめっちゃ頭よくなります!

出来る子に育つファリア塾、入会金無料でお得です。

もちろん脱獄の相談しまくり。声の音量さげてね~ディーンさん!

孤独な牢屋の中での、暖の唯一の希望となるお方。

ファリア神父と脱獄用穴で出会う

しかしエドモンダンテス、投獄当初は嘆いたりなんだで、7年くらいは孤独に過ごしてるんですよ。

7年…長いわもっと早く掘らんかい!1年で脱獄してればメルセデス奪われずにすんだんじゃないか?

その後脱獄用穴掘りの音を聞き分けて、同じく穴掘ってたファリア神父と穴の中で出会うというw

こうした脱獄系のお話しだと、視聴者からすると「早く掘ってパッと外出ればいいじゃん!」と思うのですが、原作モンテクリスト伯ではまず、穴掘りの道具から「どうやって入手しよう?」と悩むわけです。

そう、素手じゃ無理なんですよね、穴掘り。

入所したことのない我々素人はその辺がわかっていない。

脱獄道具はすべて手作り

原作では支給される食事をよそっている鍋の柄(もつとこ)を利用して掘っていたな。数キロを。鍋の柄って丈夫なんですね~。

ここはドラマでも再現されそうな小さな予感。

再現されたとしても、「これこれ!鍋の柄だよね!」と興奮する原作ファンは多くはないと思いますが笑

でも、同じ脱獄ともだちのファリア神父は初対面で堂々と宣言します。

「やすり以外ならなんでもそろってる!」って。部屋の隅のすすとか、食事のあぶらとか、ワインとか、魚の骨でペン作ったり、シーツをこつこつと解いてなわばしごまで作っちゃってます、この方。

看取さーん!たまに部屋検査したほうがいいですよ~!

まさに「やすり」以外は日常の便利道具も脱獄グッズもらくらくと作成!

逆になんでやすり作れないの?とつっこみたいくらい。オマエの頭あればいけるだろ、やすりくらい

スポンサーリンク



田中泯さんに戸惑うファンの声

ですよね。私も笑いましたよw

何でこの人だけ原作名wwって。しかも「真海」ってなに?

「神父」をちょっと和風の「空海」みたいにした感じ?「神父」のままでよかったのに明らかに笑いとりに行っちゃったね。

そうそう、「エドモンダンテス→柴門暖」ですでに原作ファンは心折れるわけですよ、一度。

「がちがちの和名に…なってる…」と。

「メルセデス→目黒すみれ」でガクっとくるんです。

しかし和名にやられている原作ファンを復活させるのが「ファリア真海」なんですw

「何でオマエだけ原作名www」と笑

しかも演者が田中泯さんときた。2~30年投獄されてた演技、めっちゃうまそうでイメージぴったり!

あまりに長すぎる投獄期間にも、理性失わず希望を見失わない系の役者さん。

まだまだいました、「ファリア真海」に笑ってるお方。

でもドラマに出演されたらきっと、 田中泯さんの熱演に最初の笑いも吹き飛ぶのでしょうね、きっと。

 

【モンテクリスト伯】公式ツイッター

カウントダウン始まりました!

復讐劇という内容からいって「わきあいあいと笑のたえない撮影現場!」というわけにもいかなそうですが…山本美月さん、めっちゃきれいですね。

それだけで撮影現場も花が咲いていることでしょう。

スポンサーリンク



さいごに

原作の偉大さゆえに話題ばかりが先行してしまいがちなモンテクリスト伯ですが、ドラマにはドラマの面白さがあるとわりきって、毎週木曜を楽しんで行こうと思います!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です