絶対零度~未然犯罪潜入捜査~5話のあらすじ!道枝駿佑と横山タッグ!

絶対零度 ドラマ







絶対零度シーズン3も、もう5話目と中盤に差し掛かりました!

前回は伊藤淳史さん演じる東堂について、掘り下げました。

今回は上戸彩さん演じる桜木泉について、掘り下げてみたいと思います。

なんだか関係のありそうなこの二人…実は裏でつながってる?と勘ぐりたくなってきますよね。

どうやら桜木泉は死んだ!?ということではなさそうです。

ツイッターでも、様々な意見が飛び交っているので、町の声とともに今後の絶対零度2018の予想をしていきます。

絶対零度・3の5話の完全あらすじ・ネタバレ!

今回の見どころは関ジャニの先輩後輩の横山裕さんと、道枝駿佑の対決でしょうか?

2人のバスケ対決も見ものでした…というより、これはドラマの中のファンサービスでしたね笑。

見逃した方は⇒「FODプレミアム!絶対零度シーズン3の見逃し配信!

ミハンターゲットは道枝駿佑

今回ミハンシステムが割り出したのは、17歳の高校生の少年・岡崎(道枝駿佑)だった。

岡崎直樹は17歳でバスケ部のエース。成績優秀で品行方正。周囲の信頼も厚く近所の評判もいい。友人も多く社交的。

岡崎の父親は文科省の大臣というエリート少年だった。

しかし岡崎の住む世田谷区では、過去に何度も動物殺傷事件があった。

「動物を繰り返し殺す人間は、やがてターゲットを人間にする傾向が高い。」

海外では広く知られている犯罪心理だが、日本ではまだ浸透しておらず、動物虐待しても罪が軽いのだった。

早速岡崎直樹(道枝)の周囲にバスケコーチや警察官などを装って潜入するミハンチーム。

南の苦悩

一方で、表向きは資料化でありながら、ミハンチームを影で支え続ける南(柄本)はストレスがたまっていた。

現場からの厄介な仕事がたまりにたまり、一人でパソコン操作を駆使する毎日。

ギャグはすべるし後輩の小田切唯(本田翼)には上から物を言われ、敬意の欠片もない。

一人ミハン待機室で資料をあさっていると、偶然とある資料に目が留まる。

それは1993年の練馬区無差別殺傷事件の資料だった。

その事件の被害者欄には、東堂(伊藤淳史)とその父親の名前が・・・。

当時子供だった東堂(伊藤)は、父親を目の前で無差別に殺され、自身も首元を切りつけられた経験を持っていた。

そういう経緯があるからこそ、東堂は犯罪を憎み、ミハンチームを立ち上げたのだろうと推測するミハンメンバーたち。

岡崎の側に潜入すると

今回のミハンターゲットの岡崎直樹(道枝駿佑)の側に潜入すると、岡崎に近づく川上というフリージャーナリストの存在が浮かび上がった。

未成年の動物殺傷事件を独自に追い、記事にしている川上は、岡崎に接近して信頼関係を勝ち得ていた。

ミハンチームは川上を調べるために、川上の家に潜入。

すっかり慣れた手つきで鍵をピッキングツールで開ける田村(平田満)だが、家に入るときには相変わらず「すみません」と一言。

川上の家で発見されたのは古いスクラップブック。

かつて川上が少年だった頃から、川上の周りでは数多くの人が死んでいることが判明。

川上は、岡崎含め、心の不安定な少年たちの心の支えとなり、動物殺傷を思いとどまらせていると思っていたが、実は逆だった。

川上こそ、殺人を犯す余地のある少年たちにたくみに近づき、殺人者になるよう背中を押していたのだ。

岡崎直樹のような、反社会的サイコパスと共感しあえるのは、同じ反社会的サイコパスの川上のような存在。

川上と井沢

川上は家に仕掛けられたミハンチームによる盗撮カメラを簡単に見破る。

そしてカメラに向かってミハンチームと話したいと伝えてくる。

住居侵入・プライバシー侵害など、数々の違法捜査を指摘されて、ミハンメンバーは川上と対峙せざるをえなかった。

仕方なく川上宅に向かった井沢(沢村一輝)。

井沢に対し「不思議な人だなぁ」と見透かした目で言う川上。

「あなた、人を殺したことがあるでしょう?」

そういわれて、黙り込む井沢。

イヤホンで二人の会話を聞いていた小田切(本田翼)は、「なぜ否定しないの?人を殺したころがあるの?」と井沢をいぶかしむ。

川上は、人殺しの捜査官である井沢が、どのようにサイコパスの岡崎直樹を止めるのか、見ものだという。

そう、川上はすでに岡崎の背中を押したあとだった…。

岡崎はそのときすでに、殺人を決意して、ある場所に向かっていた。

文科省

岡崎の向かった場所は、父親の働く文科省だ!

と狙いをつける井沢。

「同じ殺人者なら、岡崎の心理がわかるでしょう?」と川上にあおられ、本当にわかってしまったのだった。

文科省へと急ぐミハンメンバーたち。

岡崎は手当たり次第に改造銃を乱射して、文科省で働く人を打ちまくっていた。

ミハンチームが到着したときに、ちょうど上階の岡崎の父の部屋近くに潜入し、ミハンメンバーの目の前で父親を銃で撃つ。

「やっと殺せた」と罪の意識もなく言う岡崎。

井沢やミハンチームが止めようとする間もなく、ポケットから出したカッターナイフで自らの首を切って自殺。

東堂の怒り

岡崎父が銃で殺され、息子は自分の首を切って自殺。

倒れた親子の蘇生をこころみて駆け寄るミハンメンバーの耳に、カメラのシャッター音が響いた。

そこで血まみれの現場の写真を、興奮して取りまくっていたのは川上だった。

「いい記事にするから!」と興奮&紅潮する川上に、叫びながらぶつかって言ったのは、冷静沈着な東堂(伊藤淳史)だった。

川上が絶命するほどに首を締め上げる東堂。

しかし田村(平田)の制止で何とか川上を離す。

ミハンチーム待機室

「ミハンは岡崎直哉(道枝駿佑)の犯行を見抜いていたが、川上はスルーだった。川上のような男がいる限り、凶悪犯罪はなくならない。」

ミハンシステムの欠点を指摘する東堂(伊藤淳史)。

一方で、帰ろうとする山内(横山裕)を呼び止めて、「井沢は人を殺したことがあるの?」と心に引っかかっていた井沢と川上のやり取りを話す小田切(本田)。

小田切に、井沢がかつてミハンが割り出した殺人者であり、今後も目が離せない危険人物だと伝える山内。

襲われる川上

夜道を歩く川上。

暗い路地裏で、急に襲い掛かってきた謎の男と対峙する。

「やっぱりな、オレを狙ってくると思っていた。」と、しばらく格闘する川上だが、サイレンサー付きの銃の発砲音とともに静かになる。

撃たれて血を流す川上の傍らには、ワイシャツとスーツのベストを見につけた犯人の肩が写される…。

 

絶対零度・シーズン3・5話の感想!

道枝駿佑

まず、えーっと、この可愛らしい男の子はなんでしょうか。

昔の横山裕さんのように麗しい17歳の少年で、視聴率も上がったと思われます。

今回のゲストの道枝駿佑はサイコパスの少年を好演!

演技力も安定感があり、見た目ばっちり。

目に優しいイケメン君でした。道枝駿佑くんのあとにカメラに映し出されるミハンチームのおっさんたちのかわいそうなことw

現場に出てきた東堂

今回5話では現場に出まくりの東堂さん。ミハンチームを立ち上げたお方。

だけど、率直に言えばこの方、現場来ないほうがいいですよね。

感情的に犯人に絞めかかるし。

かといって、井沢や小田切のような格闘術ないし。

台詞かんでたし。

道枝駿佑くんを追い詰める最後のクライマックスでも、今回はなんだか足手まとい?多いな~と感じちゃいました。

小田切と井沢と山内だけでいいのでは?

格闘術使えないやつが前のほういくの危なくない?

そんな感じでした。

が、道枝駿佑くんは本当にいい演技力だった。父親に逆らいたいけど逆らえないいい子って、こうなっちゃうのかな。

どんどん感情を表に出す東堂さんが、今後ミハンリーダーとして井沢をどうさばいていくのか、それとも守っていくのか、見ものです。

 

絶対零度・シーズン3・5話のあらすじ

井沢(沢村一樹)たちの前にやってきた東堂(伊藤淳史)は、ミハンシステムがリストアップした新たな危険人物が17歳の高校生であることを告げる。私立青葉中央高校2年の岡崎直樹(道枝駿佑)だ。直樹は、成績はトップクラス、バスケットボール部のエースで、父親は文科省の次期事務次官候補と言われている岡崎治(吉満寛人)というエリートだ。が、世田谷区で動物殺傷事件が相次ぎ、防犯カメラの映像から直樹に疑いがかかっていた。

東堂は、動物への虐待や殺傷は殺人事件を起こす予兆であるとして、過去の犯罪事例を提示する。そこには、25年前に起きた練馬台無差別殺傷事件も上がっていた。

山内(横山裕)は、バスケ部の外部指導員として青葉中央高校に潜入する。実はこのバスケ部では、指導員が次々と辞めていた。一方、小田切(本田翼)田村(平田満)は、制服警官になりすまし、岡崎家周辺の住人から情報を集めようとする。そこに現れたのが、大手新聞社の元記者で、凶悪犯罪のルポを何冊も出版しているジャーナリストの川上邦明(近藤公園)だった。直樹に接触したという川上は、動物殺傷をしている少年少女に会い、殺人衝動をくい止めるために話を聞いているのだという。

直樹は果たして、川上との出会いにより、殺人を踏みとどまるのか、それとも、動物殺傷への衝動が、ついに殺人の衝動へと変わるのか――!?

東堂の過去も明らかになっていく中、ミハンメンバーは、十代の危うく揺れ動く殺意を未然に止めることができるのだろうか!?

引用元:FOD公式サイト

 

道枝駿佑と横山裕の共演

来週のゲスト、やけにイケメンだな~と思っていたら、やっぱりジャニさん。

しかも、関ジャニJr!めちゃめちゃ先輩後輩の関係!

これはジャニファン見ものですね!

Wの関ジャニイケメンの二人が見たい方は、2018年8月6日の21:00~フジテレビをお見逃しなく!

 

絶対零度『2018』5話の予想!

焦げた死体は少女!?

今回の上戸彩さんは、主演ではなくキーパーソンとしての出演。

お子さんが生まれたのもあって、仕事をセーブしたいのかなと個人的には思いますが、それにしても1話目で焦げて死亡って展開があまりにも早すぎると思いませんか?

 

回想シーンで出演するにしても、キーパーソンが初回で死亡!?ってなりますよね。

 

私の個人的な推理によると…焼死体には桜木泉が付けていたと見られるブレスレットがありました。

 

でも死体は焦げているのに、ブレスレットは全然焦げていない!

 

これってどう考えても不自然。後から誰かが付けたと考えてもおかしくないですよね。

 

詳細までは分かりませんが、焼死体は桜木泉ではなく別人で、誰かが偽装工作をしたと考えています。

 

ちなみに桜木泉とされている焼死体。なんとなく腕の細さから子供!?少女!?なのではないかと思っています。いくら激やせしたとはいえ、上戸彩ちゃんにしては細腕すぎませんでしたか?

>>絶対零度2話のあらすじ・ネタバレ

 

そうだとしても、誰が桜木泉の犠牲になったのか…すごく気になるところです。

 

桜木泉の焼死体はトリック!?

上記内容とも似てくるのですが、何度考えてもやはり1話目でキーパーソンが死亡ってそうそうないと思いませんか。希望もちすぎでしょうか!?w

 

焼死体に焦げていないブレスレット…これだけでも不自然なのに、腕までしか映り込まない死体のシーン

>>絶対零度2話のあらすじ・ネタバレ

 

どちらにも転べる展開なので断定はできないけど、やっぱりファンの多い絶対零度シリーズに、桜木泉が返り咲く将来も予想して、元主役を殺すことはないと思うんですよ。

 

ちょっと違う話になりますが、1話目の冒頭で沢村一樹さん演じる井沢範人が、なんらかの真犯人に拳銃を発砲しましたよね。

 

その事件の詳細は、3話目の冒頭(井沢の発砲した真犯人は、大切な井沢の家族を殺したのです)で分かることとなりました。

>>絶対零度3話のあらすじ・ネタバレ

 

こういう経緯から、焼死体は桜木泉ではなく別人だと推察できます。希望的観測もちょっと含まれてるかな笑。

 

どんな偽装工作をしたのか…焼死体は一体誰なのか…もしかして偽装工作をしたのは桜木泉なのか…様々なことが考えられますね。

 

またドラマ後半でひょっこり出てきた桜木泉が、ミハンチームの誰かと落ち合うなんてことがありそうですね。そう、「桜木泉が裏で誰かと通じている説」です。

 

通じてるとしたら、伊藤淳史さん演じる東堂?!?沢村一樹さん演じる井沢!?元バディで横山裕さん演じる山内!?

この3人が怪しいです。

 

主演ではない上戸彩さんではありますが、鍵を握る重要な役柄!ドラマ後半戦も楽しみですね。

 

桜木泉の全力疾走!これって…

実は絶対零度のPR動画で、桜木泉が全力疾走するシーンがあったんです。皆さんご存知でしょうか。

 

でもこれよく見ると、桜木泉が監禁されていた倉庫っぽいし、洋服も全く一緒!

 

ドラマ内では、イスに縛られた桜木泉がドアに体当たりして外に出ると、桜木泉が火の海を目の当たりにするというシーンがありました。

 

しかしその後のシーンでは、桜木泉と思われる人物の焼死体。

>>絶対零度2話のあらすじ・ネタバレ

 

細かい部分は描かれていないものの、桜木泉が目の当たりにした火の中に桜木泉ではない別人がいて、その人物が焼死体となって発見されたのではないでしょうか。

 

一方桜木泉は、上手くロープを解いて脱出に成功した…だから全力疾走するシーンがあったのでは!?と思います。

 

また桜木泉が潜伏していた部屋に男たちがやってきて、窓から逃げた桜木泉が全力疾走するというシーンもありました。

 

今のところ、PR動画の全力疾走はどちらのシーンなのかは不明ですが、個人的には前者の方であると願いたいです。

 

桜木泉はやっぱり死んでいない!?

上記の内容からも桜木泉はやっぱり死んでいない!?となんとなく立証できましたが、この他にも桜木泉は死んでいない!という声が多数ありますよ。

個人的にも、キーパーソンの桜木泉を初回で死なせるなよって思います!wただ、ドラマとしては一気に引き込まれたポイントでもあるから「やられた~」って感じなんですけどね。

 

生きていてほしいと思う反面、生きていないと絶対零度じゃないと思っている自分がいます。

 

上のツイッターをみても、私みたいに思っている人が、多数なのではないかと思われます。

 

上戸彩さんの出演シーン

1話・2話と連続で、今後鍵となりそうな上戸彩さんの出演シーンがあったものの、残念ながら3話目では殆どありませんでした。

 

ドラマ後半戦となる5話目以降に、桜木泉の真実がどんどん分かってくるような気がします。

桜木泉の真実について
  • なぜベトナムに潜伏しているのか
  • 焼死体にあった焦げていないブレスレット
  • 焼死体は本当に桜木泉なのか
  • 桜木泉を追っていた男たちは何者なのか
  • 桜木泉と東堂の繋がり
  • 桜木泉と井沢の繋がり
  • 手帳に書いてあったイザワノリトとウサミヨウスケ

気になることを簡単に挙げてみただけでも、7個もあります。

 

ドラマ好きな皆さんなら、きっと私以上に様々な予想をしながら絶対零度を毎週楽しんでいらっしゃるのではないでしょうか。

 

絶対零度には必要不可欠な上戸彩さん!

きっとドラマ後半戦は、出演シーンが多くなることでしょう。回想シーンでなく、ミハンチームとリアルにからむことを期待しちゃいます。

 

ミハンチームとどのような関わり方をして、どのような結末となるのか楽しみですね。

 

横山裕がミハンチームに来た理由

「ミハンチームは、過去に犯罪被害にあい、トラウマを抱えたものを集めた」と、3話の終盤で井沢(沢村)と東堂(伊藤淳史)が話していましたよね。

>>絶対零度・シーズン3のあらすじ・ネタバレ

 

家族を殺された過去を持つ井沢(沢村)。男性に襲われた過去を持つ小田切(本田翼)。無差別殺傷事件の被害者になった東堂(伊藤淳史)。

 

今のところわかっているのはこの3人です。他のメンバーもそのうち犯罪被害にあった過去が明らかになるかもしれません。

 

が、山内(横山裕)さんはどうだろう?って思いませんか?彼も過去に犯罪被害にあった?今のところ、そんな断片は出てきていません。

 

山内さんに関してわかっているのは、「過去に桜木泉のバディだった」ということ。つまり、桜木泉の秘密の捜査の一環として、ミハンチームに送り込まれた可能性があるんです。

 

となると、物語が進むほどに、桜木泉が(生きてたら)秘密裏に、山内に接触してくる可能性があると思いませんか?

 

となると…!

 

となると、アレですよ。絶対零度のピンクコーナーに突入ですよ。行き送れちゃった(失礼)桜木泉。死んじゃったと思っていた憧れの先輩が目の前に現われたら、山内(横山裕)さん、大喜びで求婚ですよ笑。

 

そんな展開も今後期待しましょう!

 

さいごに

絶対零度は「FODプレミアム」で見逃し配信を行っています。放映から1週間以内ならば、登録なしで視聴できるんですよ!

 

過去の絶対零度も、FODプレミアムで1ヶ月間無料キャンペーンを利用することで、無料で見ることができますよ!シーズン3でファンになっちゃった人はぜひ、一気見を楽しんでみてください!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。以下の記事もご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です