ドラマ【モンテクリスト伯・7話】あらすじ・ネタバレ!未蘭に悪の手が迫る!

モンテクリスト伯 ドラマ







こんにちは、蓮です!

ほぼ別荘の居間とベランダだけで生きてる隠居生活でありながら、3家族をボロボロにやっつける復讐の鬼・モンテクリスト真海のお時間です。

 

今回はモンテクリスト伯7話の予想ということで、以下のテーマでお届けします。

  • すみれも復讐されちゃうの?
  • 江田愛莉はすみれに嫉妬してる?
  • どうする?守男信一朗
  • 小物ながらに場を荒らす安藤完治(葉山奨之)

 

今までのモンテクリスト伯を見逃してしまった方は、「まずは無料でお試し!【FODプレミアム】」の無料期間を利用してご覧いただけます!※FODの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは2018年6月末に終了します

 

原作とキャスト比較などをまとめた「モンテクリスト伯・全話まとめ」の記事もあわせてご覧くださいね。




モンテクリスト伯・7話の全あらすじ

~南条家~

ヴァンパが香港警察とションリー事件の目撃者が近いうち事情聴取すると幸男に言う。

「自分じゃない!」と幸男が言うと、それは「エデルヴァ(ショーンリーの娘)だ」というヴァンパ。

エデルヴァは1年前誰かに買い取られたから、その買い取った男を3時までに探し出してこないと、すみれと明日花が魚の餌になるとおどすヴァンパ。

 

~神楽の事務所~

真海(ディーン)が、安藤完治(葉山奨之)が詐欺師で、留美(稲森いずみ)はそれを知っても完治を助けていると、神楽に伝える。

元は自分が完治を紹介したからとわびる真海。

お詫びに、南条幸男の弱点を一つ教えるといい、ショーンリー事件についてエデルヴァが警察に事情聴取を受け、南条幸男は罪に問われるはずだ。

コレで国有地の仕事は神楽にまわる、という真海。

「コレはあんたのシナリオか?」という神楽(新井浩文)。

「いや、因果応報だ」という真海。

 

~完治と留美~

完治の借金を全て返済し、死体遺棄を心配する完治に、大丈夫だという留美。

だが、匿名の通報で寺門類の死体は警察に発見された。

捜査に当った警察が、入間公平(高橋克典)に報告する。

殺された寺門類の出身が、静岡の浜浦町で、テロリスト容疑でつかまった柴門暖の知り合いだったと。

ラデル共和国から暖の死亡通知は届いていると報告する部下に、目を光らせる入間公平。




~入間家~

ラデル共和国のことをネットで調べる未蘭(岸井ゆきの)。そこへ信一朗(高杉真宙)がきて、「迷惑か?オレじゃだめか?」と言って、去ろうとする。

信一朗を引き止めて、自分の父親が、信一朗の父親の会社を衰退させる原因になったのだと伝える未蘭。

確かに暖が逮捕されて以来、守男漁業は衰退してつぶれた。父の守男慶一郎は、最後まで暖の冤罪を信じていたし、自分もそうだという信一朗。

しかし、それはそれ。過去にとらわれずに、前にすすむことを決めたという信一朗を、未蘭は部屋に招きいれる・・・。

 

~警視庁~

入間公平(高橋克典)が、ラデル共和国の書類をみて、元大統領の名前である「ファリア真海」に目を留める。

「真海・・・」と目を光らせる。

 

~入間家~

貞吉の世話をしているお手伝いさんが、台所で入間エリナ(山口さやか)のもつ毒薬を見つけたところで、エリナに見つかって暇を出されてしまう。

鼻歌交じりで貞吉(伊武雅刀)の部屋に来て、軽い口調で「お父様ったら~知ってたんですね、私が毒を持ったってこと~」と話しかける。

「嬉しいな~自分の計画を話せる相手ができて!」貞吉の前でふらふらと毒ビンを振るエリナ(怖すぎ)。

「未蘭ちゃん、信一朗って子に夢中です。馬鹿ですね~あの二人!かわいい孫娘の未蘭ちゃんを、他の男に取られたくないおじいちゃんは、未蘭ちゃんを毒殺!その毒で、自分も自殺!コレが私の計画で~す!」

目線だけで焦る貞吉。

「公平さんは家で事件なんて起きないっていいはるから、警察の捜査も入らない!あとは、自分と息子と公平さん、3人で遺産をもらって仲良く暮らすの~」

狂気の表情のエリナを、見つめることしかできない貞吉。

 

~神楽のところ~

「エデルヴァを買ったのはお前だろ?!」と神楽に詰め寄る幸男(大倉忠義)。

自分ではなく、真海(ディーン)だと伝える神楽。飛び出していく幸男。

部下の牛山に「うちに邪魔なのは南条幸男だけですよね?」ときく牛山。

そんな牛山に「真海は、オレのことも狙ってくる。漁師のカンだ!」と言う神楽。

 

~真海の別荘~

真海に、エデルヴァを飼ったのはあなただろう?!と詰め寄る幸男。「オレにどんな恨みがある?!」と。

「私はあなたの友人だ」という真海。2時の鐘がなり、幸男は家に帰る。

ヴァンパに、真海がエデルヴァの家にあった翡翠の飾りを持っていたから、モンテクリスト真海こそが、ヴァンパの敵だと伝える。

すみれを開放して引き上げるヴァンパ。

 

~南条宅~

ヴァンパのことを聞くすみれに、幸男が話し出す。

香港で駆け出し役者の頃に、主役級の役者で自分のことをとてもかわいがってくれたショーンリーという大物役者のことを。

あるとき金に困ってヴァンパに借金して、返済を迫られてショーン宅の留守に案内して、家を物色しているときに、たまたまショーン家族が帰宅。

鉢合わせたヴァンパがショーン夫妻を殺して、娘のエデルヴァを売ってしまったと。

自分はそんなつもりはなかったが、ショーンを死なせてしまったことでずっと苦しんでいる。

そしてなぜ真海(ディーン)がエデルヴァを買ってまで、自分を追い詰めてくるのかわからないという幸男。

一緒に乗り切ろうというすみれ・・・。




~南条夫妻がベストパートナーショーに出演する当日~

真海の別荘に、すみれがこっそりと忍び入ってくる。

出て行かせようとした真海(ディーン)に、すみれが言う。

「悪いのは暖のことを待っていられなかった私。幸男を攻めないで!」と。

「すぐにわかった。最初に再会したときにすぐにわかった、暖なんでしょ?」

すみれは悲痛に訴える。15年前暖が冤罪であると必死で活動しても、暖の母は自分がテロリストの妻だと言われないために、会ってくれなくなって死んでしまったと。

暖の死亡通知が届いて、自分も死のうと思ったところを、幸男が「一生暖のことを好きでいいから!」と、自分を救ってくれたことを。

「悪いのは幸男じゃない!暖のことを一番に考えられなくなって、幸男と飛鳥のことを一番に考えるようになった自分だ!」と叫ぶすみれ。

震えながら、「違う!悪いのは幸男だ!」と叫ぶ暖。

 

~ベストパートナーショー会場~

幸男と共にベストパートナーショーに暗い表情で出るすみれ。

ヴァンパが真海のところに来るが、ヴァンパの手下は全て、すでに真海の手下であった。逆に魚のえさにされるヴァンパ。

ベストパートナーショーの途中で、幸男がショーンリー殺害の犯人だという情報が次々と出回る。

すみれは舞台の上で「わたしたち離婚します」と頭を下げて出て行く。「あなたが暖を殺したから!」と幸男に叫び・・・

 

その光景をテレビで見た神楽は「あいつ生きてる・・・」とつぶやく。

入間公平も「そういうことか・・・」とつぶやく。

 

~南条家~

憔悴しきった幸男を家に送ってくる江田は、CMもドラマも契約解消されたと告げる。そして自分も今日でマネージャーをやめると。

最後の仕事として、「自分がショーンリー殺害に関与していると遺書をかいて」という江田愛莉(桜井ユキ)に、いぶかしげな顔の南条。

「私は江田じゃない。エデルヴァ。香港であなたに両親を殺された後、汚い部屋に押し込まれて毎日男たちの相手をさせられた。1週間で笑うことを忘れ、1ヶ月で生きている意味がわからなくなった。」

復讐に震える唇で、「さぁ!遺書をかいて!」と幸男に迫るエデルヴァ。

 

~港~

信一朗が暖に「市場で会いましたね」と声をかける。1年前のことは忘れているようだ。

真海(ディーン)は「昔親友だった男がもうすぐ死のうとしている」と信一朗に話す。

昔は幸せだったのに、なぜこんなことになったのだろう・・・

1つ歯車が狂ったら、もうやり直せないと語る真海に、「俺は、どこからでもやり直せるって信じたい」とはなす信一朗。

 

~真海の別荘、ベストパートナーショー前の回想~

幸男は悪くないから攻めないで、自分を責めろというすみれに、暖は叫ぶ!

「悪いのは幸男だ!

昔、親友に裏切られ、異国の牢獄に送られ、激しい拷問を受けたことと空腹、絶望、ねずみに囲まれた部屋で、柴門暖は死んだ。

警察に嘘の通報をしたのは、南条幸男だ!」

それをきいて、泣くすみれ。




~教会~

ある教会の片隅から、明日かが江田愛莉に電話する。

ママがずっと泣いてるけど、パパは悪くないよね?と。

それをきいて、エデルヴァは幸男の下に戻るが、幸男はエデの姿を見てから、ゆっくりと首をつって自殺してしまう。

 

~真海別荘~

寺門類殺害容疑で、警察に重要参考人として任意同行を求められる真海。

「関係ない事件に巻き込まれるほど怖いものはない」と。

しかし、入間公平ならば信用できるとも言う真海。

「日本の警察なめるなよ」と、その様子を車の中から隠れ見て、入間公平がつぶやく・・・

 

7話の感想

まず、えーどこから行きましょうか。まばたきでちょっと涙ぐんでた貞吉ちゃんに触れとく?

 

エリナさん・・・怖すぎて、言葉が出ません。彼女について何か言うと、赤いビンを使われそうなので、ノーコメントでw

 

暖と、すみれのシーン。原作にもありました。原作で、すみれがかばうのは幸男ではなく自分の子供でしたが。

 

自分の家族の命乞いと、「悪いのは私です!あなたを待てなかった私です!」という台詞。全然悪くないのに、とはたからみていると、悲しくなる。

 

すみれさん、明日花ちゃんと一緒に、たくましく生き抜いてください!

 

そしてエデルヴァ…想像以上にヘビーですが、最後に江田愛莉が幸男の下に戻ったところが印象的。

 

エデもまた、復讐の鬼になりきれなかった、心ある女性だという印象的な演出でしたね。

 

で、貞吉ちゃん・・・はもう言ったっけwエリナさん、写真とってないで、貞吉ちゃんの涙目ふいてあげて~

 

神楽兄さんは、原作ではただの金の亡者。こんなに切れ者っぽくなかったなぁ~と思いました。何、漁師のってw

 

当ってるし!すごいやん、漁師~!

 

そして警察の勘もなかなかの切れ味。入間公平も、奥さんさえまともだったら、暖ともまともにやりあえたかもねw

 

まずは家の赤い小瓶からどうにかしようよ。



7話の予告

モンテクリスト真海(ディーンフジオカ)は、自分を貶めた寺門類(渋川清彦)をこの世から抹殺する。そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。

幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山豪)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。

かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。

目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。

ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。家を飛び出した幸男は江田愛莉(桜井ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。

その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。真海は留美(稲森いずみ)に引き合わせた安藤完治(葉山奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。

そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。

寺門の遺体は匿名の通報で警察が発見される。寺門が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間公平(高橋克典)に報告。入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。

引用元:フジテレビ公式サイト

やはり・・・やはり巻き込まれていくすみれと明日花。

 

最初はすみれに横恋慕していただけの南条幸男だったのに、暖を陥れたことで、一度血にまみれた手を洗うこともなく、次なる罪を重ねていたんですね。

 

人間だから、悪いことは出来ないんですよね。たった一度の腹黒い犯罪行為が、坂道を転がり落ちる、終末のスタートだから。

 

それはそうと、入間公平、調べ始めましたね~ついに!暖が生きているという情報入手と、暖の復讐完了のどちらが早いか見ものです。

 

が、暖(モンテクリスト真海・ディーン)の復讐を後押しするかのように、入間家の悪魔こと入間瑛理奈(山口紗弥加)さんが、入間公平への悪魔のさばきを下します。

 

彼女こそ、本作最大のブラックホール。強大な欲望は、周囲をただ、飲み込み続けます。貞吉ちゃん!(伊武雅刀)寝返りで逃げるんだ!!

 

モンテクリスト伯・7話の予想


では、ドラマモンテクリスト伯7話のあらすじを予想していきます。

 

いままで真海(ディーン)さんのパシリに徹してきった江田愛莉(桜井ユキ)さんが、いよいよメインで動き出す!

 

原作でもモンテクリスト伯は「すぐにでも自分を陥れた人物に制裁を加えたい衝動を見事に抑えた。彼は長い牢獄生活で忍耐・待つことを覚えた」とあります。

 

が、読んでるこっちは忍耐力なしw牢獄はいってないし。

 

はやく復讐しちゃってよ~とジリジリすることもしばしば。

 

そんな視聴者のジレンマをスカッと叶えてくれるのが、江田さん(桜井ユキ)のはず!

 

彼女はサパーーンと、南条(大倉忠義)にストレートに復讐して、パッと終わらせちゃうタイプ。

 

まわりくどいことしません。しかし、ここで気になるのがすみれ(山本美月)の存在ですよね。

 

彼女、暖がいなくなったあとも署名活動したりがんばって帰りを待ってたのに、一緒に復讐されちゃう?

 

今回はそこのポイントに迫ってみましょう。

 

すみれも復讐されちゃうの?

結論から言うと、すみれ(山本美月)も一緒に復讐されちゃいます。まきこまれます。もちろん子供も。

 

南条幸男(大倉忠義)が密告して暖(ディーン)を警察に売った本人だから、仕方ないんですけどね。

 

5話で、すみれと真海(ディーン)が2人で語らうとき、「真海が幸せでよかった」と言い残して去るすみれ。

 

すみれの中で、自分が暖を待たずに他の男性と結婚した報いを受ける準備は、とっくにできてるんでしょうね。

 

女は強く、いさぎ良いです。

 

でも大丈夫。すみれには、娘がいますから。原作ではそこがすみれの救いどころ。

 

ドラマだけのオリジナル設定で、すみれの娘に手をかけるのはやめてね、ディーンさんw

 

江田愛莉はすみれに嫉妬?

原作では一切そんな描写はなかったけど、ドラマを見ていると、江田愛莉(桜井ユキ)さんはすみれ(山本美月)に嫉妬してないか?と思うときはあります。

 

稲森いずみさんも昼ドラになってたし。どろどろ系にしちゃう?

 

でも、女同士の醜い争い、とか、そんな風になってったらちょっと残念ですね。

 

同じ女性として、江田さんはすみれを、できる限り復讐から遠ざける気配りをしてほしいって思ってしまいます。

 

特にヴァンパからwヴァンパはヤバイやつなので、女子供近寄っちゃダメです。

 

どうする?守男信一朗

 

がんばれ、ボクちゃんw

 

同じフジテレビのコンフィデンスマンも見てるから、高杉真宙くんと東出君のボクちゃんぷりがかぶってしまうw

 

どうするよ~未蘭ちゃん、かなり危険なポジションにいますよ?相手、悪魔よ?

 

毒ビンもって、鼻歌うたってるシンデレラの母よ?怖いよ~?太刀打ちできますか?

 

原作では、純真無垢な信一朗(高杉間忠)くんは、ほぼ何もできず

 

入間家の庭先とかにちょいちょい現れては、「好きです~」を繰り返すだけの若者。若いときって、まわり見えなくなるよね。

 

彼の未蘭へのほれっぷりに、一番手を焼くのは、原作ではモンテクリスト伯(ディーン)さんです。

 

真海(ディーン)にとって信一朗は息子同然。子供の頃の面影も残るかわいい弟分です。1億もぽいっとあげちゃうくらいかわいくてしょうがない存在。

 

信一朗は原作ではモンテにたよりっぱなし。

 

信一朗「あの娘、好きだから、結婚したい~」

真海「しょーがねーなw(復讐でいそがしいのに~w)」

 

こんな感じで、未蘭を救うべく真海も入間家に入り込むかもしれません。

 

つまり、入間家の悪魔こと入間瑛理奈(山口紗弥加)さんは、鼻歌+毒薬で最強ってこと。対するカードは…貞吉くん(伊武雅刀)+守男信一朗(高杉真宙)+モンテクリスト真海(ディーン)ですもん。

 

お1人で3人の男相手に全然まけていません。

 

チカラを数値化すると、入間瑛理奈(10パワー)vs貞吉くん(5パワー)+信一朗(0パワー)+真海(5パワー)って感じでしょうか。

 

あ、上のチカラは「悪さ数値」ね。腕力じゃないからw

 

まだまだ現役の復讐中の真海と同等の悪さパワーをもつ、まばたきオンリーの貞吉くんも、やっぱり瑛理奈さんに負けてないw

小物ながらに場を荒らす安藤完治(葉山奨之)

安藤完治(葉山奨之)は原作のアンドレア・カヴァルカンチくん。

 

まぁ、ドラマ同等の小物ワルくんです。いいキャスティングですね。ぴったりです。

 

金目のものに目を光らす、目先のお金に飛びついちゃう小物ワルタイプ。

 

なのにこれがなかなか場を荒らすんですよねww

 

この人、真海に「自分の復讐のために生まれた」といわせるほど、復讐対象者入間公平(高橋克典)に一撃を食らわすワンパンチ材料になります。

 

ま、隠し子だから無理ないかなw

 

復讐の道具として使い古された安藤完治はセコイ犯罪とかでパクられて入所かな。

 

入所してたときにベルツッチオ(執事の土屋)が面会で会いに来て、出生を教える感じかな。

 

入間公平といえば、お家騒動で大変なのに、相変わらず出世浴だけはすごくって、多分ドラマの終盤には警視総監になりそうになるんじゃない?と予想しています。

 

その表彰式やら任命式やらで、真海が仕込んだ安藤完治が「自分の父親はあいつだ」的な暴露するんじゃないかと思っています。

 

ともかく、公平がやっと手にする権力の象徴の場で、天誅を下すのがモンテ式復讐メソッド。

 

さいごに

あんまりドロドロしてくると、もう未蘭ちゃんとダボハゼしか見てられないので、ぜひさっぱりとした復讐をお願いしますよ、ディーンさん。

 

今までのドロドロモンテクリスト伯を見逃した方は「まずは無料でお試し!【FODプレミアム】」より無料期間を利用して、他のフジ作品や雑誌なども見放題でおすすめです!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です