ドラマ【モンテクリスト伯・7話】あらすじ・ネタバレ!未蘭に悪の手が迫る!

モンテクリスト伯 ドラマ

スポンサーリンク



こんにちは、蓮です!

ほぼ別荘の居間とベランダだけで生きてる隠居生活でありながら、3家族をボロボロにやっつける復讐の鬼・モンテクリスト真海のお時間です。

 

今回はモンテクリスト伯7話の予想ということで、以下のテーマでお届けします。

  • すみれも復讐されちゃうの?
  • 江田愛莉はすみれに嫉妬してる?
  • どうする?守男信一朗
  • 小物ながらに場を荒らす安藤完治(葉山奨之)

 

今までのモンテクリスト伯を見逃してしまった方は、「まずは無料でお試し!【FODプレミアム】」の無料期間を利用してご覧いただけます!

 

原作とキャスト比較などをまとめた「モンテクリスト伯・全話まとめ」の記事もあわせてご覧くださいね。

モンテクリスト伯・7話の予想


 

では、ドラマモンテクリスト伯7話のあらすじを予想していきます。

 

いままで真海(ディーン)さんのパシリに徹してきった江田愛莉(桜井ユキ)さんが、いよいよメインで動き出す!

 

原作でもモンテクリスト伯は「すぐにでも自分を陥れた人物に制裁を加えたい衝動を見事に抑えた。彼は長い牢獄生活で忍耐・待つことを覚えた」とあります。

 

が、読んでるこっちは忍耐力なしw牢獄はいってないし。

 

はやく復讐しちゃってよ~とジリジリすることもしばしば。

 

そんな視聴者のジレンマをスカッと叶えてくれるのが、江田さん(桜井ユキ)のはず!

 

彼女はサパーーンと、南条(大倉忠義)にストレートに復讐して、パッと終わらせちゃうタイプ。

 

まわりくどいことしません。しかし、ここで気になるのがすみれ(山本美月)の存在ですよね。

 

彼女、暖がいなくなったあとも署名活動したりがんばって帰りを待ってたのに、一緒に復讐されちゃう?

 

今回はそこのポイントに迫ってみましょう。

 

すみれも復讐されちゃうの?

結論から言うと、すみれ(山本美月)も一緒に復讐されちゃいます。まきこまれます。もちろん子供も。

 

南条幸男(大倉忠義)が密告して暖(ディーン)を警察に売った本人だから、仕方ないんですけどね。

 

5話で、すみれと真海(ディーン)が2人で語らうとき、「真海が幸せでよかった」と言い残して去るすみれ。

 

すみれの中で、自分が暖を待たずに他の男性と結婚した報いを受ける準備は、とっくにできてるんでしょうね。

 

女は強く、いさぎ良いです。

 

でも大丈夫。すみれには、娘がいますから。原作ではそこがすみれの救いどころ。

 

ドラマだけのオリジナル設定で、すみれの娘に手をかけるのはやめてね、ディーンさんw

 

江田愛莉はすみれに嫉妬?

原作では一切そんな描写はなかったけど、ドラマを見ていると、江田愛莉(桜井ユキ)さんはすみれ(山本美月)に嫉妬してないか?と思うときはあります。

 

稲森いずみさんも昼ドラになってたし。どろどろ系にしちゃう?

 

でも、女同士の醜い争い、とか、そんな風になってったらちょっと残念ですね。

 

同じ女性として、江田さんはすみれを、できる限り復讐から遠ざける気配りをしてほしいって思ってしまいます。

 

特にヴァンパからwヴァンパはヤバイやつなので、女子供近寄っちゃダメです。

 

どうする?守男信一朗

 

がんばれ、ボクちゃんw

 

同じフジテレビのコンフィデンスマンも見てるから、高杉真宙くんと東出君のボクちゃんぷりがかぶってしまうw

 

どうするよ~未蘭ちゃん、かなり危険なポジションにいますよ?相手、悪魔よ?

 

毒ビンもって、鼻歌うたってるシンデレラの母よ?怖いよ~?太刀打ちできますか?

 

原作では、純真無垢な信一朗(高杉間忠)くんは、ほぼ何もできず

 

入間家の庭先とかにちょいちょい現れては、「好きです~」を繰り返すだけの若者。若いときって、まわり見えなくなるよね。

 

彼の未蘭へのほれっぷりに、一番手を焼くのは、原作ではモンテクリスト伯(ディーン)さんです。

 

真海(ディーン)にとって信一朗は息子同然。子供の頃の面影も残るかわいい弟分です。1億もぽいっとあげちゃうくらいかわいくてしょうがない存在。

 

信一朗は原作ではモンテにたよりっぱなし。

 

信一朗「あの娘、好きだから、結婚したい~」

真海「しょーがねーなw(復讐でいそがしいのに~w)」

 

こんな感じで、未蘭を救うべく真海も入間家に入り込むかもしれません。

 

つまり、入間家の悪魔こと入間瑛理奈(山口紗弥加)さんは、鼻歌+毒薬で最強ってこと。対するカードは…貞吉くん(伊武雅刀)+守男信一朗(高杉真宙)+モンテクリスト真海(ディーン)ですもん。

 

お1人で3人の男相手に全然まけていません。

 

チカラを数値化すると、入間瑛理奈(10パワー)vs貞吉くん(5パワー)+信一朗(0パワー)+真海(5パワー)って感じでしょうか。

 

あ、上のチカラは「悪さ数値」ね。腕力じゃないからw

 

まだまだ現役の復讐中の真海と同等の悪さパワーをもつ、まばたきオンリーの貞吉くんも、やっぱり瑛理奈さんに負けてないw

小物ながらに場を荒らす安藤完治(葉山奨之)

安藤完治(葉山奨之)は原作のアンドレア・カヴァルカンチくん。

 

まぁ、ドラマ同等の小物ワルくんです。いいキャスティングですね。ぴったりです。

 

金目のものに目を光らす、目先のお金に飛びついちゃう小物ワルタイプ。

 

なのにこれがなかなか場を荒らすんですよねww

 

この人、真海に「自分の復讐のために生まれた」といわせるほど、復讐対象者入間公平(高橋克典)に一撃を食らわすワンパンチ材料になります。

 

ま、隠し子だから無理ないかなw

 

復讐の道具として使い古された安藤完治はセコイ犯罪とかでパクられて入所かな。

 

入所してたときにベルツッチオ(執事の土屋)が面会で会いに来て、出生を教える感じかな。

 

入間公平といえば、お家騒動で大変なのに、相変わらず出世浴だけはすごくって、多分ドラマの終盤には警視総監になりそうになるんじゃない?と予想しています。

 

その表彰式やら任命式やらで、真海が仕込んだ安藤完治が「自分の父親はあいつだ」的な暴露するんじゃないかと思っています。

 

ともかく、公平がやっと手にする権力の象徴の場で、天誅を下すのがモンテ式復讐メソッド。

 

さいごに

あんまりドロドロしてくると、もう未蘭ちゃんとダボハゼしか見てられないので、ぜひさっぱりとした復讐をお願いしますよ、ディーンさん。

 

今までのドロドロモンテクリスト伯を見逃した方は「まずは無料でお試し!【FODプレミアム】」より無料期間を利用して、他のフジ作品や雑誌なども見放題でおすすめです!

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です