ドラマ海月姫10話あらすじネタバレ【9話完全あらすじ】瀬戸康史と賀来賢人ガチンコ勝負!

海月姫 9話

スポンサーリンク



月9ドラマ海月姫9話視聴率は6.0%!シンガポールに連れられていった月海は、いったいどうなるのでしょうか。

フィッシュ社長のもと、1流のデザイナーになるのか、それとも…?!

女装蔵之介が男を魅せる名シーン満載の9話あらすじ、みていきましょう!

見逃した方は、こちらで1週間無料視聴できますよ!
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】
また、8話の感想はこちらにまとめたので、あわせてご覧ください。→8話のあらすじネタバレ!

3話以降の全話まとめはこちらに、キャスト紹介と共にまとめたのでご覧ください!→2018年海月姫全話まとめ

10話予告動画

10話あらすじネタバレ

『天水館』を出た倉下月海(芳根京子)は、とりあえず漫画喫茶に宿を取る。そんな月海の個室を鯉渕蔵之介(瀬戸康史)が訪ねて来た。クラゲのクララを預かった蔵之介は、飼育方法を聞きに来たのだ。すると、隣近所の個室から、ジジ様(木南晴夏)、ばんばさん(松井玲奈)、まやまy(内田理央)、千絵子(富山えり子) が次々に現れる。“尼〜ず”卒業と言いつつも、結局みんな一緒にいることに呆れる蔵之介。ともかく、蔵之介は月海とともに『天水館』に残してきたクララの飼育道具を取りに行くことに。途中、修からのプロポーズの返事を蔵之介に聞かれた月海は、まだ頭の整理がついていないと答えた。

その頃、鯉淵家では修(工藤阿須加)が月海にプロポーズしたと花森よしお(要潤)に報告。プロポーズの言葉を聞いた花森は2点と酷評する。

一方、再開発計画の見直しを知った稲荷翔子(泉里香)は佐々木公平(安井順平)と慶一郎(北大路欣也)に事実確認に行く。顔を出した修も交えたところで、慶一郎は反対派が無視出来なくなったので行政として見直すと伝えた。

月海たちが『天水館』に着くと人の気配がする。現れたのは、カイ・フィッシュ(賀来賢人)。デザイナーは続けないと言う月海を残念がるカイは、蔵之介が才能を捨てさせたと告げる。そして、よく考えるよう月海に言い残して去った。

漫画喫茶に戻った蔵之介は『ジェリーフィッシュ』の解散を改めて宣言。すると“尼〜ず”たちは…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/kuragehime/story/index.html

9話完全あらすじ

9話あらすじです!旅行先で見たがゆえに更新が遅れてすみませんでした!数少ないながらも、毎週見に来てくれる方がいらっしゃることが励みなので、9話あらすじと感想をご紹介いたしますね。

 
8話ラストに尼ーズの呼びかける声が、テレビ越しに月海に届く。それをみてなく月海だが、カイにテレビを消され、「君が戻ったら天水館はなくなるよ」と無常に告げられる。カイの元にいるデザイナーたちは月海に「利益にならない服はゴミ」「自分を捨ててニーズのものをデザインする」と言われ、憤慨。そんな月海にファヨン(カイの秘書・伊藤ゆみ)が大量の「売れ残った燃やす服」を見せます。「お金を燃やすようなものです!」という月海に、「お金を産むために、お金を燃やしているの」と告げる。

一方天水館では尼ーズと蔵之介・修らが話し合う。月海の才能のためと一度は月海を送り出した尼ーズだが、修は「月海さんはここでみんなといるために、くらげドレスを作った!」と伝え、鯉渕兄弟で月海を探しにいく。カイのブランドのショーモデルを募集していると花森から聞き、蔵之介はショーモデルオーディションに潜入。

一方で尼ーずは、「月海を連れ戻す=天水館がなくなる」ことで月海に心配をかけないように、それぞれ苦手ながらも就職をして、月海を安心させようとする。ばんばさんはビルの受付嬢、まややはティッシュ配り、千絵子さんはコーヒーショップ、ジジ様は事務職。

ついにカイのいるホテル場所を突き止め、向かう蔵之介だが、そこにいたのはカイではなくファヨン(伊藤ゆみ)だった。「あなたは月海のなに?」と聞かれ、ためらいながらも「恋人だよ」と答える蔵之介。それをきいて、ホッとしたような表情を見せるファヨンをみて、「あんたもしかしてカイのことが好きなの?」と突っ込む蔵之介。

結局この日は空振りに終わり、残るは月海がパスポートを取りに来るところをおさえよう!と団結する尼ーズと蔵之介。都内各地のパスポート受け取りセンターに、それぞれ分かれて張り込む事に。ばんばさんと花森ペアが偽の月海を追ったことで、尼ーずは混乱して結局月海を逃がしてしまった。

空港の月海の乗る飛行機になんとか間に合おうと、ばんばさんが鉄道オタクの情報を駆使して、最短ルートを蔵之介に告げる。だが、蔵之介も修も一歩間に合わず、シンガポール行きは飛び立ってしまった…。

落ち込む鯉渕兄弟の前に、実は飛行機に乗っていなかった月海が現れる。飛行機が飛ぶ直前にファヨン(伊藤ゆみ)より、「あなたを本当に必要としているのはカイではない」と伝えられ、飛行機を降りたのだった。喜び駆け寄ろうとする蔵之介よりも先に、修が月海を抱きしめる。

帰って尼ーズと鯉渕兄弟で「月海お帰りパーティー」を開く。それぞれに就職したことを伝える。パーティーの後、疲れきって寝てしまった尼ーズのよこで、あのダサいくらげの指輪を出して月海にプロポーズする修。力が抜けて倒れる月海…。
 

9話の感想

伊藤ゆみの美しさ

今回の見所は、たくさん登場してくれた伊藤ゆみさんのお肌のクリアーさではないでしょうか。どうやったらあんなに透明感出るの?

やっぱり韓国の美肌に、日本かなわないな~なんて思いながら見ちゃいました。

やっぱり毎日キムチ食べよう!とかね笑

そう、伊藤ゆみさんって韓国と日本で活動されていたんですよね。興味深いプロフィールをちょっとだけ紹介しますね。

  • 2001年:アイドルグループ「sugar」のメンバーとしてデビューし韓国と日本で活動。
    2007年:sugar解散。「Ahyoomee」名義でソロ活動。
    2008年:伊藤ゆみとして日本で本格女優活動開始
    2009年:エグザイルのATHUSHIさんをフィーチャリングに迎えた「I’m lovin you」でICONIQとして配信デビュー。
    2010年:大52回輝く!日本レコード大賞の新人賞を受賞!

女優さんとして、伊藤ゆみとして10年目の節目を迎えますが、どちらかというと、アーティストってイメージを持っている人が多いようですね。

美肌の秘訣は絶対に韓国美容法だと思います!

海月姫を放映されるたびに「女性以上に美しい!!」と話題になる瀬戸康史さんですが、唯一その美に対応できるのがファヨンさん!とまで期待の高まっている配役でした。完璧なエリート美女演技の中で唯一本音をかいまみせた、カイ社長への想いがポロりするところがかわいい!

伊藤ゆみさんの美しさを見逃してしまった!という方は、こちらで1週間無料視聴できますよ!
31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

来週は…でないかもしれないな><

修のダサプロポーズ

修さん…やっちゃったね。

稲荷さんの付き人みたいな人に、堂々と「エリート童貞」って呼ばれてうなづいてるのもなんか不憫でした。

まず、プロポーズの指輪が激ダサいのは、アリだと思います

女慣れしてないって事だし、遊びなれてないってことだし、月海の一番好きなものを、一番大切なものとして形に残してくれたって事もいいよね。指輪の出来がダサいけど、そこはまぁいいと思います。

プロポーズの内容も、まあアリ?ちゃんと言いたいことしっかりと伝えられていたし、去り方もOK。

タイミングもOKなんだよね。尼ーズ解散で、天水館追い出されるタイミングだし、「これからは僕があなたを守ります!」って台詞をいうベストのタイミング

後ろに蔵之介いるけど、そこもまたいいと思う。なんたって恋のライバル蔵之介だし、その前で堂々とプロポーズは男らしいと思うよ。

私が心配なのは一点。

あのプロポーズのときの指輪、毒をもってたりとか、月海的にアウトなくらげだったら、断られるんじゃない?ってこと。くらげオタクだけに、そこだけは譲れなそう。

さいごに

いつもよんでくれてありがとうございます。

来週は最終回。尼ーズの微々たる成長を見守れる最後のチャンスです。東村ファンとして最後まで配信するので、また除きにきてくださいね!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です