医療ドラマ・ランキング【女優が主役編9選】1位はやっぱりあの名医?!

医療ドラマ ランキング 主演 女優

スポンサーリンク



医療ドラマって、ストーリーがだいたい予想できるんですよね。

「名医が出てきて、難病患者を治す」という鉄板ストーリーがもっとも人気。

 

今回は俳優編と分けて、「医療ドラマ・主役が女優編」を書いてみたので、女優さん主演のおすすめドラマをご堪能ください。

 

視聴するためのおすすめ動画配信サービスは2018年7月現在のものなので、登録前に確認してくださいね。

動画 配信 サービス

↑おすすめの動画配信サービス比較記事も、参考にしてください。

9位:87%

ガンに侵された女性を夏川結衣さんが好演。87%って変わったタイトルだな?って思いませんか?

 

そう、87%はもともと「87%・私の5年生存率」というタイトルでした。現実にガンと闘っている患者さんやご家族にとって、現実的過ぎるタイトルとして、「87%」だけにタイトルをかえたそうです。

 

5年生存率が87%って、ガン患者でない方はどのように受け止めるでしょうか?高い確率?低い確率?

 

どちらにせよ、命は限りあるものであるという現実を、思い出させてくれるガンという病。一度でも羅漢したら、常に死を意識せずにはいられない、重病です。

 

シングルマザーとして奮闘する母としての夏川さんの演技も、真に迫る、胸うたれるものがあります。

↓↓87%はTSUTAYAで見られます!

87%の基本情報
  • 放映年:2005年1月12日~3月16日
  • 放送局:日本テレビ
  • 主演役者:夏川結衣、本木雅弘
  • 脚本:奏建日子
  • 主題歌:CHEMISTRY「キミがいる」
  • 平均視聴率:11.6%

 

8位:ギネ産婦人科の女たち

藤原紀香さんが、頑固で堅物の産婦人科医を演じます。かっこいい…のだけど、どう考えてもちょっと頑固すぎる?感じで、心配になることも。

 

産婦人科って大変なんですよね。赤ちゃんがいつ生まれるかなんて誰にもわからないし、お医者さんはいつ呼び出されるかもわからない。

 

医師やスタッフが心なくして、ただひたすらに命を助けることを優先させてしまうのも、無理はないように思えてしまうドラマです。

 

患者としては、優しい声がけや、患者・赤ちゃんへの関心度が高いお医者さんの方がずっと安心なんですけどね。

↓↓ギネ産婦人科の女たちはTSUTAYAで見られます!

ギネ産婦人科の女たちの基本情報
  • 放映年:2009年10月14日~12月9日
  • 放送局:日本テレビ
  • 主演役者:藤原紀香、上地雄輔、松下由樹
  • 脚本:大石静
  • 主題歌:lecca「My measure」
  • 平均視聴率:11.7%

 

7位:Ns’あおい

石原さとみさんがナースとして、患者思いのがんばりやさんを演じます。ストレートで実直な鉄板の主人公なので、安心してストーリーを楽しめるドラマです。

 

石原さとみさん演じる主人公は、ある医療過失から、病院を転院。問題の多い病院へと移動させられてしまいます。

 

というのも、本来看護師が絶対に行ってはいけない医療行為を、緊急事態につい行ってしまったから。ドラマを見ていて、単なる人助けなのに…けど、それはやっちゃダメだ!という思いが交錯した人も多数。否定も肯定もできかねる、人の行いでした。

 

石原さんの演技はもちろんですが、ナースとしての医療行為は、よほど演技修行をつんだのか、本物のナース同然と評判が高かったんですよね。

 

その点も注目しながら、石原さとみさんのかわいさを堪能してください!

↓↓Ns’あおいはTSUTAYAで見られます!

Ns'あおいの基本情報
  • 放映年:2006年1月10日~3月21日
  • 放送局:フジテレビ
  • 主演役者:石原さとみ、柳葉敏郎、杉田かおる
  • 脚本:吉田智子
  • 主題歌:コブクロ「桜」
  • 平均視聴率:14.2%

 

6位:光とともに…~自閉症児を抱えて~

自閉症の我が子を育てる母のストーリー。原作では、自閉症児と母がW主人公のようにかかれています。

 

自閉症という子供が、子供時代からたどる成長の家庭を、明確に追った話で、社会における自閉症児への対応を喚起するドラマでもありましたね。

 

私たちが生きている世界にも確かに存在するはずなのに、会うこともなく過ぎていく存在かもしれません。彼らはどこでどのような成長をしているのか。

 

そんなことを考えさせられるドラマでもあります。

↓↓光とともに…はTSUTAYAで見られます!

光とともに…~自閉症児を抱えて~の基本情報
  • 放映年:2004年4月14日~6月23日
  • 放送局:日本テレビ
  • 主演役者:篠原涼子、山口達也、武田真治
  • 脚本:水橋文美江
  • 主題歌:RYTHEM「万華鏡キラキラ」
  • 平均視聴率:15.4%

 

5位:1リットルの涙

中学生のときに、亜也は骨髄性小脳変性症と診断され、徐々に体が動かなくなる不治の病に冒されていることが判明。高校生活を夢見る我が子のために、母も覚悟を決めて、亜也のために寄り添うことを決意。

 

担任のすすめで病状や高校生活を日記につづる亜也の手記を元に作られたドラマです。

 

徐々に進行する病状。繰り返される入退院。そして、大好きだった高校を去るときに、「この高校を去るために、1リットルの涙が必要だった」とつづる亜也。

 

高校生活だけじゃなく、転校した障がい者を受け入れてくれる学校での生活。淡い恋と日常生活。徐々に、病気に蝕まれるからだをひきずって、必死で、それでも生きようとする亜也。

 

「わたし、まだ、生きたい」

 

ドラマを見ている視聴者も、1リットル以上の涙を流す名作です。沢尻エリカさんの演技力の極意を見た気がしました。

↓↓1リットルの涙はTSUTAYAで見られます!

1リットルの涙の基本情報
  • 放映年:2005年10月11日~12月20日
  • 放送局:フジテレビ
  • 主演役者:沢尻エリカ、錦戸亮
  • 脚本:江頭美智留、大島里美
  • 主題歌:K「Only Human」
  • 平均視聴率:15.4%

沢尻エリカさんのほかのおすすめドラマは、ドロドロドラマのランキングにもランクインした、「ファーストクラス」です!そちらの記事もごらんください。

>>ドロドロドラマのランキング26選

 

ついでにドラマの大奥にも沢尻さんが主演で、聖女と悪女を演じています。「ドラマ大奥!沢尻エリカはどんな役?」の記事もご覧ください。

 

4位:松本清張・最終章わるいやつら

松本清張さんシリーズは、「ドロドロ系のドラマランキング!」でも紹介しましたね。そっちは黒革の手帳。こちらは最終章のわるいやつら。

 

  • 2004年:松本清張・黒革の手帳
  • 2006年:松本清張・けものみち
  • 2007年:松本清張・わるいやつら

 

の3部シリーズとされていて、この3シリーズリメイク版は全て米倉涼子さん主演。ドロドロの女王ですよ、まさに。どれもドロドロ系ドラマとしても名高いので、興味のある方は3シリーズともおすすめいたします!

 

病院の院長・戸谷が複数の愛人からお金を巻き上げては、悪化する病院経営費に補填します。が、ある人妻愛人とのW不倫の関係の中で、その夫の死に関わってしまったために、更なる泥沼にはまってしまい…。

↓↓わるいやつらはTSUTAYAで見られます!

シリーズの最初は1980年にテレビ放映されて、当初は院長の戸谷が主人公。けどリメイク版の2007年度版では、やっぱり米倉涼子さんが主演です。

 

そりゃそうですよね。圧倒的な存在感と演技力。主演じゃなければ主演並みに人目を引いちゃうから、なるべくしてなった主演変更です。

 

昭和のドロドロ系作品って、現代の創造をはるかにぶち抜いた思い切りがあるのは、時代柄、実際にこんなことが当然のように起きていたからでしょうかね。

 

法治国家として未熟だった時代、おそろしいです、本当に。

松本清張・最終章わるいやつらの基本情報
  • 放映年:2007年1月19日~3月9日
  • 放送局:テレビ朝日
  • 主演役者:米倉涼子、上川隆也
  • 脚本:神山由美子
  • 主題歌:安良城紅「Luna」
  • 平均視聴率:9.35%

 

3位:ナースのお仕事

医療ドラマ 主演 女優引用元:FOD公式サイト

>>ナースのお仕事はFODで配信中! 

新米見習いナースの観月ありさが、指導係の松下由樹に叱られながら成長していく医療ドラマ。

 

かなり古いドラマと思いきや、人気ゆえにシリーズ化されて、最後は観月ありさもそこそこベテランナースになっていくんです。

 

最初は本当にドジで使えない観月ありさが、徐々にナースの仕事の苦労と魅力を感じて、使命感を培っていく成長がたまらない。

 

コメディドラマ化と思いきや、コレが号泣の感動ストーリーの連続で、思わず感情移入しちゃうんですよ。「意外と泣けた」と好評で、視聴率も徐々に上がって最終話は20%超えを記録。

 

シリーズも3作目、4作目になると、観月ありさも先輩ナースとして、ダメダメ新人役の神田うのとかを指導。ずっとよき先輩であった松下由樹は婦長にまで登りつめます。

 

脇を固める長塚京三や藤木直人さんらの若かりし日も見ものですよ。

ナースのお仕事の基本情報
  • 放映年:1996年7月2日~9月24日
  • 放送局:フジテレビ
  • 主演役者:観月ありさ、松下由樹
  • 脚本:江頭美智留
  • 主題歌:観月ありさ「PROMISE to PROMISE」
  • 平均視聴率:17.2%

 

2位:ドクターX~外科医・大門未知子~第2シリーズ


>>ドクターXはU-nextで!

藤木直人さん・三田佳子さん・西田俊之さんなどが虎視眈々と自分の地位と名誉とお金のために切磋琢磨する、わかりやすいほどの医師界の泥沼の中に、堂々と切り込む天才外科医・大門未知子。

 

ブラックジャック並みのオペ技術を惜しむことなく患者にふるい、金も地位も名誉にも、全くの無関心。フリーランスの医者として、がちがちの権力争いに組み敷かれた大学病院の医師のあいだを、自分スタイルで切り込んでいく爽快感。

 

尊大な態度や莫大なオペの報酬に、病院内では常に「バイトの医者」と見下され揶揄されるが、それでも雇用契約を結ばざるを得ないほどのオペの腕。

雇われるときに読み上げられる10か条?みたいのが最高ですよね。

「教授回診、いたしません」

「論文のお手伝い、いたしません」

「権力争い、いたしません」みたいな。

 

ビデオパスでドクターXを一気見した後に、我が家では「いたしません」と「私失敗しないので」ってせりふが流行りました笑。

 

↓↓ドクターX全シリーズはビデオパスで!

オペの後は汚い銭湯で疲れを癒し、道端の焼き鳥屋で幸せを満喫する未知子の存在に、かき乱される病院内。

 

真剣で余談を許さないオペシーンの緊張が描かれつつも、全体的にコミカルで笑いあり・涙ありの目が離せない展開です。

 

特にドラマの質を上げているのは、西田俊之の懇親のコミカルな演技www釣りバカ?を思わせる演劇の遊びっぷり。「コレはアドリブ?」ってシーンも多々あり、思わず噴出しちゃうんですよ。

 

特に、大門未知子がオペしたあとに渡される請求書を見るときに、いっつもドキドキして、その高額費用に悲鳴を上げている西田俊之さんが最高。

 

このドラマを見ないで何を見る?医療ドラマといえば、俳優・女優主役を一まとめにしても、誰がどう考えてもドクターXが堂々の1位に来ます!

 

医療ドラマの最高峰をまだ見てない方はぜひ、シリーズ5までご堪能ください。

ドクターX~外科医・大門未知子~第2シリーズの基本情報
  • 放映年:2013年10月17日~12月19日
  • 放送局:テレビ朝日
  • 主演役者:米倉涼子、藤木直人、内田有紀
  • 脚本:中園ミホ、武井彩
  • 主題歌:Superfly「Bi-Li-Li Emotion」
  • 平均視聴率:23.0%

 

1位:ドクターX~外科医・大門未知子~第3シリーズ

↓↓ドクターX全シリーズはビデオパスで!

数あるドクターXシリーズの中で、どれをトップに持ってくるか…。「医療ドラマ」くくりの中の、「主演が女優」くくりの中の、更に「ドクターX」の中で順位をつけるのに一苦労でした。

 

軍配が上がったのはシリーズ3!北大路欣也さんが院長を務めるシリーズが最高でした。西田俊之さんも捨てがたかったんですがね。

 

このシリーズはラストがいい!未知子の恩師でマネージャーで父のように慕っている神原晶さんが、ピンチに陥ります。

 

自分亡き後の未知子の行く末を思いやる晶さんと、そんな晶さんをひたむきに思う未知子。思わずうるっときます。

 

この第3シリーズで地味によかったのは、ナース軍団。白い巨頭のように行列をなすナース軍団を仕切る、高畑敦子が最高でした。

 

「あの大門未知子がおばさんに怒鳴られて怖がってる笑」ってシーンがツボでしたよ。

 

わかりやすく札束が舞う医師の現状の中で、お金を受け取らない毅然とした存在がいるのは、視聴者として安心できるんですよね。

 

色々な見所が詰まったシリーズ3は、女優が主演の医療ドラマの中でも一押しの傑作です!

Doctor-X外科医・大門未知子~第3シリーズの基本情報
  • 放映年:2014年10月9日~12月18日
  • 放送局:テレビ朝日
  • 主演役者:米倉涼子、遠藤憲一、内田有紀
  • 脚本:林誠人、寺田敏雄
  • 主題歌:Superfly「愛をからだに吹き込んで」
  • 平均視聴率:22.9%

 

医療ドラマ・主演が女優のランキング・まとめ

順位タイトル視聴率
9位87%11.6%
8位ギネ産婦人科の女たち11.7%
7位Ns’あおい14.2%
6位光とともに…15.4%
5位1リットルの涙15.4%
4位最終章わるいやつら9.35%
3位ナースのお仕事17.2%
2位ドクターX・223.0%
1位ドクターX・322.9%

医療ドラマの主演が女優ランキングを独断で作ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ドクターXを見るおすすめ順序

ドクターXシリーズは全て面白く、まとめて1位!としちゃってもいいんですよね。

 

ドクターXシリーズの見る、おすすめ順番は「2⇒3⇒4⇒1⇒5」です!

 

ドクターXシリーズの面白い順序は「2⇒3⇒4⇒5⇒1」です。でもシリーズ1もかなり面白いですよ!

 

やっぱりシリーズの中では2と3がダントツで面白い!

 

遠藤憲一さんが徐々に際立っていいキャラになっていくのと、西田俊之さんが「撮影を遊び場にしている?」という舞台のようなアドリブいれまくりで、かなりコメディ要素も強くみやすいです。


ドクターXシリーズは全てビデオパス↑↑で見ることができます。ただし課金が必要。

2018年7月現在では、1話7日間で約300円の課金で見ることができるんです。

高い!と思われるかもしれませんが、毎月ただでもらえる540ポイントを利用して、気長に全シリーズ見ていくことも可能ですよ!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です