スマホの3Gと4Gの違いは?イモトのWi-FiとグローバルWi-Fiのそれぞれの料金比較!

スマホ 3G 4G







スマホの3Gや4Gと聞いて、みなさんは何のことかわかりますか?

今はやりの「縛りなしwifi」や海外行く時の「グローバルWi-Fi」をレンタルする時に、やけに出てくる「4G」とかの言葉。

3Gと4Gの違いやメリットを知らずに「良さそう」で選んでいては、

節約できる数万円を逃しちゃいます!

 

Wi-Fiをレンタルする時に、できる限りコストを抑えるために、3Gと4Gの違いを知っておきましょう!

そこで2019年の夏に海外留学をしたわたしが、節約できるかぎりの節約レンタル法を伝授。

 

3Gと4Gの違いとともに、イモトのWi-FiとグローバルWi-Fiの料金比較についてもご紹介しちゃいます!

↓↓割引率がすごいグローバルWi-Fiは以下のリンクから!

公式ページはこちら

スマホの3Gと4Gの違いは?

「3G」や「4G」とよく書きますが、この「G」は一体何を表しているのでしょう?

今回は、基本の「キ」から考えていきたいと思います。

「G」という単位の表すもの

「G」は、「ギガ」と読み、基礎となる単位の10億ばいの量を表しています。

とはいっても、まだまだ意味不明ですよね!

 

ギガは、データのサイズを表すための単位で、正式名称を「ギガバイト」といいます。

では、データのサイズとは一体なんでしょう?

データのサイズとは?

実は、パソコンやスマホで何気なく打っている文字や画像、動画一つ一つに実は「データ」としての大きさがあります。

具体的には、半角のアルファベットは1バイトの大きさがあり、日本語の1文字には2バイトの大きさがあります。

1バイトの約10億倍が1ギガです!

つまり、仮に1バイトのアルファベットを10億文字入力し、スマホに保存した場合のデータサイズは、単純計算をして1ギガバイトとなります。

では、ここで簡単に単位を分かりやすく表にしてみましょう!

1B(バイト)アルファベット1文字
1KB(キロバイト)1024バイト
1MB(メガバイト)1024KB(約100万バイト)
1GB(ギガバイト)1024MB(約10億バイト)

通信回線の種類について

スマホの通信回線には、「3G」「4G」(LTE)というものがあります。

それぞれ特徴が違うので、簡単にご紹介したいと思います。

「3G」の特徴

「3G」とは、第3世代移動通信システムの略。

  • 第1世代…かつてのアナログ方式
  • 第2世代…メールやネットの利用に対応したデジタル方式
  • 第3世代(3G)…NTTドコモのFOMA、auのCDMA 1XやCDMA1X WINなど

3Gに該当するサービスとして有名なものは、NTTドコモのFOMA、auのCDMA 1XやCDMA1X WINなどが挙げられます。2019年では「遅い」と言われているものだけど、まだユーザー数は多いです。

4G(LTE)の特徴

第4世代移動通信システムのことで、3Gよりも高速な通信速度となっています。

4Gに該当するサービスとして有名なものは…

  • NTTドコモではクロッシィ
  • auではau 4G  LTE
  • ソフトバンクモバイルではSoftBank 4G LTE

となっています。

3G回線と4G(LTE)の違いは?

両者の大きな違いは、以下の2つです。

3Gと4Gの違いについて
  • 通信速度…4Gが速い!
  • 利用できるエリアの範囲…日本の地方は4Gが使えないことも(2019年現在)

それでは各項目について簡単にご説明します。

通信速度が違う

かつての3Gよりも新しい通信規格の4Gの方が通信速度は速くなっています。

利用できるエリアの範囲が違う

都心部では4G(LTE)が主流となっていますが、山間部などの一部の地域では3Gのみの対応になっている地域も残っているのが現状です。

2019年、4Gが使えない日本の地域はまだまだあるんです。

今後の展開

NTTドコモやauなどのいわゆるキャリアと呼ばれる会社では、3Gを終了させる方向で動いています。

将来的には日本全国4Gで完全モーラされるでしょう。

イモトのWi-FiとグローバルWi-Fiの3G&4Gの料金比較!

海外に行くときに欠かせないWi-Fiのレンタルですが、多くの方がイモトのWi-FiかグローバルWi-Fiで悩むと思います。

そこで、それぞれの料金比較を分かりやすくまとめてみたいと思います。

上記でおぼえた3Gと4Gの違いを含めてみていきましょう!

旅行先別の3G&4G(LTE)回線料金の比較

LTE回線料金イモトのWi-Fi(1日)グローバルWi-Fi(1日)
カナダ未対応

(3Gは1日980円)

1日1270円

(1日250MB)

アメリカ1日1580円

(3日で400MB)

1日970円

(1日250MB)

ドイツ

フランス

イタリア

1日1580円

(3日で400MB)

1日1270円

(1日250MB)

タイ

中国

台湾

香港

1日1580円

(3日400MB)

1日970円

(1日250MB)

上記の表からわかるように、グローバルWi-Fiは1日当たりのデータ通信量を設定していますが、イモトのWi-Fiでは3日400MBが基本となっています。

つまりイモトのWi-Fiは、わりと厳しめの通信制限となっているってこと。

その厳しめ具合がわかるように、少し両者を比較してみましょう!

イモトのWi-FiグローバルWi-Fi
通信制限量1日133MB

(3日で400MB)

1日250MB

みなさんはこの表と料金を見て、イモトのWi-Fiがお得か、グローバルWi-Fiがお得か分かりますか?

利用制限ではグローバルWi-Fiの方が勝っており、金額的に見ても格安な内容。

 

わたしは「15日以上の海外旅行」や「特定サイトからの予約で50%引き」などで比較して、今回はグローバルWi-Fiが格安だったので選びました。

>>グローバルwifiの特定サイトからの割引で、最大50%割引にする方法

 

かといって「絶対グローバルWi-Fiがお得!」とはいえないんですけどね。

その分、イモトのWi-Fiはさまざまなキャンペーンを実施してくれているので、

キャンペーンを利用すればとても安くレンタルすることが出来るんですよ。

>>イモトのWi-Fiのクーポンやお得なキャンペーン情報(2019年夏版)

長期滞在プランによる比較

通常なら、長期滞在すればするほどWi-Fiのレンタル料が高くなっていくことは、みなさま既に周知の事実です。

いずれのレンタル会社でも、30日間で長期割引プランを立てています。

というのも、それ以上の日数になると、現地で通信契約を結んだ方が安くなるからです。

 

それでは、各会社別のプランをまとめてみましょう!

日数金額追加料金
イモトのWi-Fi

30日パックプラン

30日15000円~通常料金

での課金

グローバルWi-Fi

長期割引プラン

30日14200円~1000円~

長期プランは、グローバルWi-Fiの方が少しお安めになっています。

レンタル時の日数を入れさえすれば、勝手に長期割引対応料金が出てきました。

周遊プランによる比較

場合によっては2つ以上の国でWi-Fiを利用する場合もあると思います。

その場合は、各会社の周遊専用プランを利用したほうが安上がりです。

せっかくなので、イモトのWi-FiとグローバルWi-Fiの周遊プランの比較もしたいと思います。

イモトのWi-Fiの周遊プラン

プラン名利用可能な国の数1日当たりの金額
世界周遊プラン200ヵ国以上1580円

(USBなら1280円)

ヨーロッパ周遊プランヨーロッパ40ヵ国以上1280円

(USBなら1080円)

香港・マカオ周遊プラン香港・マカオ限定1280円

(Wi-Fiプランのみ)

※USBプラン…スマホやパソコンにUSBの何かを差し込んで、それで接続する方法

グローバルWi-Fiの周遊プラン

プラン名利用可能な国の数1日当たりの金額
アジア周遊プランアジア16ヵ国組み合わせ次第

970円~1480円

アメリカ特別エリアアメリカ・ハワイ・アラスカ970円
ヨーロッパ周遊プラン49ヵ国1180円

  • 4Gは1480円
  • 500MBは1680円
  • 1GBは1880円
世界周遊プラン200ヵ国以上組み合わせ次第

1880円~2400円

 

周遊プランだけでいえば、様々なプランが多いのはグローバルWi-Fiですが、安さでイモトのWi-Fiに軍配があがります。

ただ、イモトのWi-Fiのデメリットは対応国が少ないこと。レンタルできる空港が少ないこと。

>>イモトのwifiの口コミとグローバルwifiを比較!どっちがお得か徹底検証

 

つまり、イモトのWi-Fiが対応している旅行先に、短期で行く場合は海外行くなら!イモトのWiFiを使い、

そうでないときはグローバルWiFiを利用するのがベストな選択だと思います。

 

↓↓短期旅行ならイモトのwifi、事前申し込みが圧倒的にお得!申し込みは以下のリンクから!


公式ページはこちら

 

おわりに

スマホの3G、4Gの違いから始まり、海外行くなら!イモトのWiFiグローバルWiFiの各パターン別の料金比較をしてきましたが、いかがでしたか?

 

イモトのWi-Fiは割安で、キャンペーン割引も多く、利用者にとってはとてもありがたいですが、

LTEに対応している国が少なく、割高になるのが少し惜しいところです。

 

一方グローバルWi-Fiは、イモトのWi-Fiより少し値上がることもありますが、

様々な国にしっかり対応してくれており、

よく利用する人向けの大容量プランも充実しているところが良いところだと思います。

長期間の割引率も高いんですよね。

 

是非利用しようと思っている方自身が使いやすく、納得できるプランを選び、楽しく安心して海外旅行に行っていただけたらと思います。

以下の記事もごらんください

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です