dele(ディーリー)7話のあらすじネタバレ/圭司と舞はできてる?

dele ドラマ







dele(削除)を仕事としてるのに、毎回データ削除前に見ちゃってるじゃん…

でおなじみの(笑)deleのお時間です。

見逃した方はビデオパスU-NEXTより、見逃し配信をお楽しみくださいね。

早いもので、deleも、もう7話。

>>deleの8話・最終話~圭司と祐太郎の決別?~の記事はこちらから!

柴崎コウも出てきて、橋本愛も出てきて、「ゲストがやけに豪華」なことでも話題を呼んでいますね。

原作にないドラマだけのオリジナル設定もあるdeleについて、原作を元にドラマの最新話の予想記事を紹介いたします。

dele(ディーリー)7話のあらすじ

dele(ディーリー)7話の予告

依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡確認を取った真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele. LIFE」に帰ってきた。死後に削除するよう依頼されていたファイルを、すぐさま消そうとする坂上圭司(山田孝之)。ところが、圭司の姉で弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、隆がある男の息子だと察知し、顔色を変える。その男とは死刑囚・笹本清一(塚本晋也)。8年前にバザー会場でジュースに毒物を混入し、死者4名を出した罪で逮捕されるも、無実を主張し続けている男だった! 削除指定ファイルはこの事件に関するものかもしれない――そう考えた舞は、圭司に中身を見せるよう要請。すると、笹本が毒物を入れたとされる日時に、別の男が不審な粉末をウォータークーラーに投入する映像が出てくる!

 この映像があれば死刑判決を覆せるかもしれない、と考える舞。だが、圭司は証拠として提出するのは契約違反だと難色を示す。そんな中、真相を調べてみることを選択した祐太郎は、事件現場近くで洋食店を営む上野兼人(Mummy-D)から、映像に写っていた男が市会議員・宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を入手。さらに、その事件で上野の娘が死亡していたことも分かり…。

 やがて、圭司と祐太郎はそれぞれ、宮川にまつわる黒い裏事情を入手する。だが、その内容はまるで異なるものだった! しかも調べれば調べるほど、街に暮らす人々から、犯行動機となりうる“裏の顔”が次々と浮かび上がってきて…!?

引用元:テレ朝公式サイト

圭司と舞は姉弟でできてる?

deleの原作の上巻を読むと、圭司(山田孝之)と舞(麻生久美子)の怪しい関係を、祐太郎(菅田将暉)が目撃しちゃって戸惑うシーンが出てきます。

 

え?って思いますよね。舞と圭司は姉と弟なのに。

 

ドラマを見ていると、やけに色っぽくてつやっぽい舞さんにはドキドキしっぱなし。

 

一方で圭司は地下に引きこもりっぱなし。

 

圭司の会う相手は、舞と祐太郎と、年に一度の柴崎コウさんくらい?

 

意外とアクティブだから、外でてるんですけどね。

 

ある日事務所に出勤した祐太郎が、頬をピンクに高揚させた舞さんを目撃。

 

圭司の事務所から出てくるところでした。

 

ごきげんで興奮している舞さんを見て、「オヤ?」と思う祐太郎。

 

事務所に行くと、圭司が言います。

 

圭「あの人(舞)は変態だから」

圭「事務所の家賃代わりに、たまにそういうことを強要される

裕「それって、強要?断れないの?」

裕「兄弟で?え、ほんとに??」

 

なんか途中まで圭司が、まるで「そう」かのように話を進めて祐太郎はたじたじ。

 

読者もたじたじ。

 

なのに、圭司が急に手のひらを返します。

 

舞が「強要」しているのは、圭司の仕事のデータを盗み見すること。

 

人の秘密をこっそり見て、気分が高揚してるのでしょうか?確かに変態だ笑

 

圭「お前のおぞましい想像を二度とするな

ってw

 

読者もたじたじと、おぞましい想像しちゃってすみません。

 

てか、そんな想像させる誘導的な事言っておいて、なに言ってんですか?w

 

意味深な言い方したの圭司のほうなのに、怒られる祐太郎と読者でした。

 

気になるシーン、ドラマでやらないかもしれないから、興味のある方は原作からどうぞ^^;

 

圭司がdeleの仕事を始めた理由

deleのドラマの第5話で、祐太郎が橋本愛ちゃんに、妹の話をするシーンがあります。

 

その人がいなくなっても、世界が全く変わらずに、辛かった

と語る祐太郎。

 

自分にとって大きな存在ほどに、亡くしてしまったら自分がきっと壊れてしまうんじゃ?

と怖くなるものです。

 

妹の死を迎えた後、驚くほど世界が変わらずに、辛かったという祐太郎。

 

もっと劇的に、世界が真っ暗に変化して欲しかったのでしょうか。

 

そうならなくて傷ついたという気持ちを、橋本愛ちゃん演じる百合子の気持ちから、思い出しちゃったんですね。

 

この話が出たとき、ドラマでもきっと原作同様に、祐太郎の妹の死の真相解明に、向かうのでは?

と思いました。

 

となると、避けては通れない、圭司の「dele.Life」を創設した理由。

 

そもそも圭司は何でこんな変な仕事をしているの?

って思いませんでしたか?

 

圭司のプログラミングの能力があれば、こんな妙な実入りの少なそうな仕事をしなくても、

プログラマーとかとしてやっていけそうなのに。

 

HP作る仕事とか、パソコン作業で家の中でできる仕事、たくさんありますよね。

 

なぜわざわざ他人のデータをdeleする仕事を選んだのか。

 

原作ではしっかりと、その理由が出てきます。

 

そしてそれはなんと、祐太郎の過去とも、つながっていたんです。

話数が進んで、原作と同じように話が進めば、そのうちネタバレしますね。

 

そうでなく、deleドラマオリジナルの展開だったら、私も皆様と一緒にドキドキと楽しみたいと思います。

 

ただ、切なく辛い、圭司と祐太郎が「出会うべくして出会った二人」であることだけ、お伝えしておきます。

 

舞は祐太郎の妹の死を知っていた?

原作では、祐太郎を圭司の事務所に引き寄せるのは「夏目」という人物。

 

夏目は天才ハッカーで、歩けなくなった圭司にプログラマーの仕事を教えた人物。

 

すごうでハッカーだが、遊び心も豊富だった?

 

原作でも夏目は名前だけで登場しないから、イメージが沸きにくいんですけどね。

 

deleドラマでは、この夏目の変わりに舞が祐太郎を圭司に引き合わせますよね。

 

だから、ドラマではもしかしたら…

圭司と祐太郎、二人の過去を知っていて、あえて二人を引き合わせた舞こそ、夏目の役割を果たすのでは?

と読んでいます。

 

舞は全てを知っていて、二人を引き合わせた。

だとすると、それは、弟を想って…

というよりは、父の過去の罪と向き合うためでしょうか。

 

さいごに

なぞめいた書き方ばかりしちゃってすみません。

 

deleのドラマは、私個人の意見では、2018年夏ドラマでベストのドラマです!

>>deleの8話・最終話~圭司と祐太郎の決別?~の記事はこちらから!

 

だからこそ、原作と照らし合わせて慎重にあらすじ紹介とネタバレ記事を書いていたら、こんなわけのわからない文章にw

 

私のネタバレでドラマの面白さが半減しないようにとの配慮です。

 

もうちょっとドラマでどこまで再現するのかがわかってきたら、しっかりと原作情報と照らし合わせて、あらすじ予想を立ててみますね!

 

今季最高のドラマdele。

まだ見てない方はぜひ、ビデオパスU-NEXTでご覧ください。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

以下の記事もご覧ください。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です