dele(ディーリー)ドラマの全あらすじネタバレ&キャスト!1話2話の内容

dele ドラマ

スポンサーリンク



dele(ディーリー)ドラマが7月27日に放映スタート!

毎週金曜の11:15~という深夜枠ですが、面白いと話題で人気急上昇!

それもそのはず!

deleの主演は山田孝之さんと、菅田将暉さん。イケメン演技派のお二人がW主演のようなかたちでストーリーを引っ張ります。

ファンにはたまらん。

ファンじゃなくてもめっちゃ面白い!

deleのドラマはビデオパスの見逃し配信で偶然目にしました。2018年8月現在ならば、月額約500円のビデオパスで、面白ドラマの多数視聴ができるのでおすすめです!

初めて登録される方はぜひ、1ヶ月無料キャンペーンをご利用くださいね!

ビデオパスは安い上に見逃し配信も過去作品や映画も多数、見放題になっていることが多く、自信をもっておすすめできる動画配信サービスです!


【dele】ドラマ・1話のあらすじ・ネタバレ


「何でも屋」のような人助けの仕事に就いている真柴祐太郎(菅田将暉)は、ある母親の依頼で、離婚した夫に引き取られた子供が虐待にあっているため助けるよう頼まれる。

そして、その母親の依頼どおり子供を連れ出したところを、「誘拐犯」として警察に逮捕されてしまう。

祐太郎(菅田)の人の良さが前面にでた裁判で、悪意なかったとして無事に不起訴。

検察側でさえも、祐太郎に情を移し、その後依頼人である母の願いどおり、子供が父親の虐待から保護されたことを告げる。

裁判の後、自分を弁護してくれた腕のいい弁護人(麻生久美子)への弁護料のかわりに、彼女の弟・坂上圭司(山田孝之)の助手をしてほしいと頼まれる祐太郎。

祐太郎が坂上姉(麻生久美子)に連れてこられたのは、大きなパソコンが複数ある殺風景な部屋。

部屋の住人である坂上圭司もまた、無愛想で終始不機嫌な様子。

ココで坂上は、あらかじめ依頼された依頼人の「死」を確認したら、その依頼人のスマホやパソコンの指定されたデータを即時、消去(dele)することを仕事として行っていた。

最初はわけもわからず言われるままに手伝う祐太郎。

例えば依頼人からあらかじめ「自分が30時間以上パソコンにアクセスしなかったら、死亡確認して、確認が取れたらデータを消去して欲しい」

などと依頼されている。

その後、30時間以上通信が途絶えたら、坂上(山田)の元へと連絡が入る手はずとなっているのだった。

それを受けた坂上は、電話や現地確認で依頼人の死を確認したのち、死亡が確認できたらデータを削除する。

祐太郎(菅田)はあるジャーナリストの死亡を確認してくるよう、圭司(山田)に言われる。

しかし祐太郎が向かった先の家で、依頼人はなぜかまどから転落するという不審死を遂げていた。

死亡に代わりはないものの、依頼人であるジャーナリスト・安岡(本田章一)が、一人息子の誕生祝の準備をしていたことなどから「殺人」の疑いも出てきた。

通常の仕事としてデータを削除しようとする圭司(山田)に対し、事件のヒントが隠されているかも知れないからと、データを見ることを主張する祐太郎(菅田)。

「父親を尊敬している安岡さんの息子のために!」と説得され、仕方なく情報を消さずに見ることにした圭司(山田)。

そこには大物政治家と、警視庁の幹部の密会する姿と、不正に裏金を流用する警視庁の裏情報のリークのネタが隠されていた!

殺された安岡に情報をリークしていた警視庁に勤める会計職員・片山薫(江口のり子)は、自分も殺されるのでは?とホテルに身を潜める。

片山薫(江口)宅を訪れる祐太郎の前に、警視庁の刑事らしき男がいていきなり襲われるが、喧嘩慣れした祐太郎は難を逃れることに成功。

それを聞いた圭司(山田)は片山薫(江口のり子)のクレジットカードの使用履歴を、カード会社の個人情報にアクセスして入手。

「完全に犯罪。ハッカーだ」と揶揄する祐太郎に対し、「ハッカーじゃなくてただのプログラマーだ」と嘯く。

片山のカードの使用履歴から、潜んでいるホテルがわかり、向かう祐太郎と圭司。

しかし警察も同様の情報を同時期に入手して、ホテルで鉢合わせる。

が、死んだ安岡のスマホから片山(江口のり子)に連絡をして、無事に保護し、逃げおおせる。

片山から、警視庁の片山の職場に、警察幹部が裏金を流用した証拠のデータがあると聞かされ、仕方なく警視庁に潜入する圭司と祐太郎。

車椅子の圭司は外で待機し、夜中の警視庁内でパソコンのハードを持ち出そうとする祐太郎。

そこへおそらく安岡を殺した警察幹部の部下たちが現われる。

外にいる圭司の指示で、隣の建物の屋上に飛び移って、何とか逃げる祐太郎(菅田)。

外で車椅子の通行人を装って警察の足止めをする圭司に対し、警察官でありながら容赦なく暴行をふるってきた!

車椅子ごと階段から突き落とされそうになる圭司だが、合気道のような技で見事警察官を投げ飛ばす。

持ち帰ったデータは片山薫(江口のり子)が内部告発し、マスコミの知るところとなり、片山は表彰され、無事だった。

父の死を知った安岡の息子を気にかける祐太郎に対し、奇妙な信頼をかたむけるようになる坂上圭司とその姉。

しかし祐太郎の過去は、明るくて愛嬌のある今の祐太郎からは想像もできないものだったようだった…。

 

dele~ドラマ1話の感想

面白いです。画面に見とれている間に、あっという間にストーリー終了。

 

あら~今期にこんな面白いドラマあったんだ!と早速記事にアップ。

 

山田孝之さんの役が、車椅子の役とは途中まで気がつかなかった…。

 

それにしても、菅田将暉君も山田孝之さんも、ドラマの中では喧嘩が強いことに驚き。

 

菅田将暉は刑事役の男とやりあって、好戦していたし、山田君は同じ男に車椅子ごと押されたのに、手首の返し?みたいな技で逆転勝ちしていました。

 

なぜ車椅子?と思ったけど、公式HPを見て納得。

正体不明の難病らしいです。

 

その辺の山田孝之くんの過去も、そのうち本編でやるかもしれませんね。

 

菅田将暉さんは・・・「イケメンって、髪型がアレでも、やっぱりかっこよく見えるんだな」って感心させられましたよ笑。

 

二人の掛け合いも面白かったです。

天才ハッカーと、町の気のいいチンピラ?のコンビで、難事件を解決していくストーリー。

 

こりゃー私の「推理ドラマランキング!」にぜひランクインさせてもらいたいです!

↓↓deleはビデオパスで見逃し配信中!

 

【dele】ドラマ・2話のあらすじ・ネタバレ


ある日職場に出勤する祐太郎(菅田将暉)がドアを開けると・・・

そこにはヘッドホンから流れる音楽に、一心不乱にノリノリの圭司(山田孝之)の姿が…。

祐太郎がいることに気がつき、気まずい空気が流れるものの「今後はノックしろ」と言い放つ圭司。

「わかりました!」といいつつも、圭司の姉の舞(麻生久美子)に「今度、ノックしないで部屋に入ると面白いものがみれますよ!」とラインする祐太郎。

そこへ新たな依頼人の死亡通知が届く。

依頼人の死を確認するために、依頼人の部屋に「弟」に扮して探りに行く祐太郎(菅田将暉)。

部屋で一人倒れてなくなっている依頼人と、「エンディングノート」という、遺書のようなノートに走り書きされた「deleの人、依頼した記録、消さないで」というメモを発見する。

警察に会わないように部屋を抜け出した祐太郎は、データを削除しようとする圭司を止めて、依頼人のことを調べることに。

データを開示しようとしない圭司を置いて依頼人の実家に行くと、そこには依頼人の詩織(コムアイ)の両親が。

詩織(コムアイ)とは折り合いの悪かった両親は、娘の死を悲しむも、友人に葬式に来て欲しくないという。

友人のふりをして詩織の葬式に来た圭司と祐太郎は、そんな詩織の父親の態度に「娘が成人しているのに、いつまでも子ども扱いするバカな親」と突っかかる。

↓↓deleはビデオパスで見逃し配信中!

死んだ詩織は、音楽家の父の重圧から逃れるために、親と絶縁して家を出たのだった。

詩織の部屋に音楽の機械が多数置かれているのを思い出した祐太郎(菅田将暉)は、詩織が音楽を続けていたことを両親に伝える。

葬式にも誰も来ず、一人の友人もいないと思い込まれていた詩織だったが、実は音楽活動を共にするガールズユニットの仲間と、固い信頼関係で結ばれていたことが判明。

そのガールズユニットが正体を隠して販売していたCDは、2話の冒頭で圭司(山田孝之)がノリノリで聞き入っていた局だとも判明した笑。

「素晴らしい曲だ!」と熱く語る圭司に、ちょっとひく祐太郎と舞。

詩織が生前deleに消去するよう依頼し、心不全で一人なくなる死の直前に、「やっぱり消さないで!」とメモに書き残したのは、ガールズユニットを組んでいる仲間たちとの映像だった。

詩織が固い絆でたくさんの友人に囲まれて幸せであったことを、詩織の両親に伝える祐太郎と圭司。

詩織が幸せな人生を送っていたことを、確執を忘れて、心のそこから感謝する両親。

 

「よかった」という祐太郎(菅田将暉)に対し、「死ぬ直前に『やっぱり消さないで』とメッセージを残したのは、両親への復讐のためだ」という圭司(山田孝之)だった・・・。

 

deleドラマ2話の感想!「復讐」の意味は?


2話の最後が一番気になっちゃいました。山田孝之くんが、「親への復讐のためだと思う」って言ったところ。意味わかりましたか?

 

最初は「え?何で復讐?」と思ったんです、私。でもツイッターの下のコメントを見て納得。

なるほど…それで復讐か。そうかもしれないけど、親子の心温まる回だっただけに、シビアな意見にハッとしちゃいますね。

 

山田孝之君演じる役柄の抱える、闇のひとつかもしれません。でもノリノリだったのはかなり笑えた。

 

その後麻生久美子さんもノリノリだったのにも、笑いました。菅田将暉くんの「なにこの兄弟?」ってぼやきもGOOD。

 

deleのキャスト紹介、菅田将暉と山田孝之の役は?

deleには毎回豪華ゲストが登場します!1話ゲストは江口のり子さんでした。江口さん、いろんなドラマで毎クールお見かけします。

 

脇役だったりゲストだったりと大忙しですよね。

 

別記事の「健康で文化的な最低限度の生活 のあらすじネタバレ!」の記事でも多数、触れさせていただきました。


各ゲストについては以後紹介していくとして、ここでは主役のお二人に触れていきますね!

 

dele・ドラマの山田孝之さんについて!

貫禄ある…鉄板の貫禄を持つ、山田孝之さんが主役。菅田将暉さんとW主演のような感じです。

 

deleでの山田孝之さんの役どころは、天才ハッカーです!

 

と思いきや、deleの1話では「俺はハッカーじゃない。ただのプログラマーだ」と名乗ります。


亡き父親の残した法律事務所を運営する姉・坂上舞(麻生久美子)にちょっと心配されるほどの堅物。頑固で無表情。

 

ひたすら仕事でパソコンと向き合う日々。

 

原因不明の難病で車椅子生活。下半身は麻痺状態だが、dele1話では刑事相手に合気道のような武道を披露。決して軟弱ではない。

 

菅田将暉に振り回されて、データを消すはずの依頼人の不審死の解明などの捜査にしぶしぶ協力。

 

だが、推理ドラマの主人公顔負けの推理力・洞察力・高い知能指数によって、事件の真相をするどく究明。


dele2話では音楽に聞き入ってノリノリの姿を祐太郎(菅田将暉)に目撃され、「部屋に入るときはノックしろ!」と逆切れするシーンも。

 

お気に入りアーティストについて熱弁するなど、菅田将暉演じる祐太郎につられて、徐々に人間らしい一面も見せるようになります。

 

今後ますます人間らしく本心をさらけ出してくる山田君演じる圭司の本音が見どころ!

 

dele2話では「葬式を上げたくない気持ちがわかる、自分もそうだ。」などと言い、依頼人の親との確執を感情的に論じるなど、かつての自身の「親との兼ね合い」や「友人が少ない」などの顔も垣間見える。

 

dele・ドラマの菅田将暉さんについて!

山田孝之さんと並んだもう一人の主役。素直で人懐っこく人情的で明るい役柄。

 

ずばずばと本心をいい、圭司(山田)にも2話目から「ケイ」呼ばわりの距離感。おかげで堅物の圭司も2話目ですでに心開きつつある感じ。

 

しかしdele1話目のラストで、圭司(山田)がネットで祐太郎(菅田将暉)の情報を検索したら、意外な事実が判明したらしい。

 

意味深に圭司が姉(麻生久美子)にネットで検索した祐太郎(菅田将暉)の情報を見せるシーンはあるが、視聴者には隠されたまま。

 

きっと壮絶な過去がある?と推測されます。それもこれから明かされていくのでしょう。

 

祐太郎の過去に関してはdele2話目まではまだまだ不明のまま。

 

しかし祐太郎の気になる性質は徐々に現われ始めています。

 

表向きの人懐っこい素直な人柄と違い・・・

  1. 喧嘩慣れしている(1話の刑事とのもみ合いで判明)。
  2. 「葬式を挙げたくない」に同意している。(2話で友人が少ないからと話す)。

 

素直な祐太郎の性格に惹かれはじめ、心開き始める圭司(山田)の変化がうかがえるが、本当に本心を開いていくのは、祐太郎のほうかもしれません。

 

二人の友情が二人の今後の人生を好転させていくのでは?と推測できます。

 

車椅子の圭司の変わりに、依頼人の死亡確認のために現地に行ったり、依頼人の知り合いに電話をかけるなどの雑用を担当。

 

とっさのごまかしがかなり上手く、機転の利く性格を圭司に認められる。

↓↓deleはビデオパスで見逃し配信中!

さいごに

今クール最高のドラマは、このdeleか「グッドドクター」か迷っちゃうところです。

菅田将暉さんか山崎賢人さんかって感じですよね。

 

本格的な謎解き、じゃないけど、今後事件性を高めていく余地も十分にあるし、期待しています!

 

山田孝之君のハッカー振りが発揮できれば、けっこうな難事件でも簡単(でもないけど)に謎の確信に迫ることができると思うんですよね。

 

dele1話だって、かなり危険な橋を渡っていたから、今後もこうしたスリリングな展開が待っていると期待します。

以下の記事も合わせてご覧くださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です